三峰

五感で味わう!アクティビティも楽しめる長瀞満喫コース

美しい渓谷や岩畳、宝登山などの豊かな自然が溢れる長瀞は、グルメもアクティビティも大満足できる人気の観光エリアです。かき氷の人気店「阿左美冷蔵 宝登山道店」でふわふわのかき氷に舌鼓、美しく澄んだ荒川では「長瀞ラインくだり」が楽しめて間近で見る岩畳に圧巻!ランチには「松ばや」で鮎丸々一匹を使った豪快な鮎めしを堪能して、歴史ある「岩畳通り商店街」にある「豆の大沢屋」では甘納豆のお土産を。おなかが満たされた後は「宝登山ロープウェイ」に乗って宝登山の頂から雄大な秩父の山々の景色をたっぷりと楽しめます。最後に「宝登山神社」でミシュラン一ツ星を得た美しい拝殿で参拝。食べて遊んで五感全てで長瀞を堪能できる大満足コースです。

START

01 08:30a.m.「西武線池袋駅」から特急で「西武秩父駅」へ出発!

「西武線池袋駅」の改札近くの窓口で特急券-乗車券(1,480円税込)を購入しましょう。特急券のみの場合は券売機が改札の外と中にあるのでそちらで購入できます(700円税込)。切符を購入したら8:30発の特急ちちぶ7号に乗車して「西武秩父駅」までの約1時間20分の電車の旅を楽しんでください。これから行く長瀞の各スポットを調べたり、都心から一変したのどかな風景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

02 09:52a.m.「西武秩父駅」到着

「西武秩父駅」に到着しました。次は西武鉄道から秩父鉄道に乗り換えて「長瀞駅」まで行きます。

秩父鉄道の一番近い駅である「御花畑駅」は「西武秩父駅」から徒歩10分。改札を出たら左手にすすみ、「西武秩父駅前温泉 祭の湯」の前をまっすぐ歩きます。

「西武秩父駅前温泉 祭の湯」の前を通り、そのまま進んでつきあたりを左に曲がります。

「御花畑駅」までは案内板がたくさん設置してあるので迷う心配もなしです。その先も道なりに進みます。

2車線の道路に出たら左折します。先に見える踏切の奥が「御花畑駅」です。線路を渡って右折するとトイレがあり、その脇の細い道を歩くと「御花畑駅」に到着です。

03 10:18a.m.秩父鉄道「御花畑駅」から「長瀞駅」へ!

「各駅停車熊谷行きに乗車して、「長瀞駅」で降車します。約20分のローカル鉄道の旅を楽しみましょう。

04 10:39a.m.「長瀞駅」に到着

「長瀞駅」はレトロで可愛らしい駅舎が特徴的です。また駅舎の前には昔ながらの丸型ポストがあります。今では数少なくなっている貴重なポストなので、記念に写真を撮ってみては?

05 10:50a.m.天然氷のかき氷を味わう「阿左美冷蔵 宝登山道店」

「長瀞駅」から「阿左美冷蔵 宝登山道店」までは徒歩5分。駅正面の鳥居をくぐった先にあります。

お店の前には氷の、のぼりやレトロなかき氷機が置いてあり、目印になっています。また多い日には2時間の行列ができることもあるので、朝早くに行くのがおすすめです。(行列は壁づたいに店舗の裏の駐車場へ続きます。)

天井が高く開放的な店内は、大きな窓から陽の光が差しこみます。春には店内から桜が見えます。

明治23年(1890年)の創業から現6代目までずっと変わらない製造方法で作っているかき氷。宝登山の麓にある人工池で作った天然の氷は、冬の間に数10トンほど切り出して冷凍倉庫に保存しておきます。1年中美味しいかき氷はこのように保たれています。

注文したのはあさみの和(わ)スペシャル(1,300円税込)です。小豆あんと黒みつとお口直しの梅干しがついてきます。かけるシロップは抹茶、きな粉、ほうじ茶、しょうがの4種類から選べ、今回は抹茶にしました。シロップと黒みつは阿左美冷蔵オリジナルのもので、ふわふわなかき氷に濃厚な抹茶のシロップがよく合います。小豆や黒みつを加えることで、味の変化も楽しめますね。梅干しは甘酸っぱくてお口直しにぴったりです。

かき氷に満足した後は店内にあるオフィシャルグッズがもらえるガチャガチャ(500円税込)をお土産にいかがでしょうか。トートバック、Tシャツ、手ぬぐいなど和を感じるオリジナルの商品が当たり、どれも可愛いのでおすすめです。

06 12:15p.m.圧巻の渓谷を間近で見られる「長瀞ラインくだり」

かき氷で小腹を満たしたところでいよいよアクティビティの時間です。「阿左美冷蔵 宝登山道店」から徒歩10分にある「長瀞ラインくだり」案内所で受付をしましょう。今回は人気の高いAコース(1,800円税込)に乗船します。他にもカエル岩が見られるBコースと、AとBの両方を味わえる全コースの3つがあります。

Aコースの乗船場は上流の親鼻橋なので、そこまでは無料のシャトルバスに乗って移動します。

船乗場ではライフジャケットが手渡されるのでショルダーバックなどを持っている場合は外して着用してください。荷物は船の座席の下に置いたり手でしっかりと持って乗船してください。

いよいよラインくだりスタート!荒川を緩やかに下りだすと、地殻変動によって海底にあった岩が隆起してできた岩畳の断片が目の前に!貴重な体験ができます。

ベテランの船頭さんの舵裁きは抜群な上に、軽快なおしゃべりで乗客を楽しませてくれます。約20分の船旅もあっという間に感じました。帰りは岩畳で下船するのでライフジャケットを返却して、そのまま「長瀞岩畳通り商店街」へ。

07 01:40p.m.新鮮な鮎を堪能!「松ばや」でランチ

ラインくだりの下船場所から本日のランチ「松ばや」まで徒歩5分。「長瀞岩畳通り商店街」の中にある、創業50年以上続く「松ばや」では鮎料理を専門に出しています。

店先では鮎の塩焼き(500円税込)のいい香りが漂います。外で串にかぶりついて豪快に食べるのもいいですね。

店内奥には日本伝統の囲炉裏を囲んだ席があります。優しい光が灯る内装は和の雰囲気で心が落ち着きます。今回はせっかくなので囲炉裏のテーブルでいただきます。

鮎を丸ごと一匹と秘伝のだしで炊き上げた鮎めし (1,500円税込)は、鮎の出汁が効いた味付けにお箸が止まらなくなります!副菜4品に冷奴、お味噌汁とボリュームたっぷりなところも嬉しいですね。また鮎の塩焼き(500円税込)は身がぷりぷりしている上に柔らかく簡単にほぐれて絶品です。

08 02:00p.m.「長瀞岩畳通り商店街」でお土産選び

「松ばや」の前には「長瀞岩畳通り商店街」が続いています。100年ほどの歴史がある商店街にはたくさんの試食ができるお土産屋や昔ながらの射的屋など、わくわくするようなお店が並びます。

商店街をぶらぶらと散歩していると可愛らしい猫の看板のお店を発見しました。こちら「豆の大沢屋」といって、甘納豆や煮豆以外にも漬物などの特産物も販売している人気店です。

豆の大沢屋
http://www.mameya-osawa.com

店内には数十種類に及ぶ甘納豆や煮豆などの豆商品が並びます。豆はもちろん漬物など、ほとんどの商品が試食できます。お茶も自由に飲むことができる嬉しいサービスも!

一番人気はご主人が3日かけて作るそら豆の甘納豆(280円税込)です。朝一番に仕込みをして煮ていく甘納豆は甘すぎず、豆の味もしっかり活きていて緑茶との相性も抜群です。

甘納豆の賞味期限は1週間、煮豆は2日ほどしかもたないので注意してください。秩父名物のしゃくしな漬け(370円税込)なら賞味期限が2ヶ月程と長いので長旅の場合、お土産におすすめです。

09 03:30p.m.「宝登山ロープウェイ」に乗って自然を満喫

「宝登山ロープウェイ」までは「宝登山神社」の方面へ徒歩20分です。

運が良ければ「長瀞駅」に停車するSL機関車を見ることも!

昭和36年(1961年)から運行しているロープウェイは、レトロな雰囲気の残るゴンドラが魅力です。

(大人往復820円税込)

宝登山頂駅までは全長832mを約5分で移動します。珍しい丸みのあるゴンドラは“もんきー号”と“ばんび号”の2台が運行。宝登山小動物公園のニホンザルとシカにちなんで名付けられました。

2台のゴンドラがすれ違う時がロープウェイの中間地点です。

宝登山頂では桜、ろうばい、梅、つつじなど四季折々の花や木々など、壮大な秩父の山々の眺望が広がります。

到着した「山頂駅」から徒歩10分。森に囲まれた静かな「宝登山神社」の奥宮が山頂付近にあります。

奥宮の後ろを歩いてすぐの山頂にはぐるぐるに巻きついた藤の木があり、自然が生んだ景色に圧倒されます。標高497mの山頂からは運がよければ雲海を見ることもできるそうです。

10 04:45p.m.ミシュラン一ツ星を得た世界的に有名な「宝登山神社」で参拝

ロープウェイで降りてきてから「宝登山神社」までは徒歩5分です。鳥居をくぐるときは前で一礼して、真ん中は通らないようにしましょう。

鳥居を抜けてすぐにある手水舎にて手水を取り、身を清めましょう。

手水を取り終えたら階段を登りいよいよ拝殿で参拝します。1900年前、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)がこの山に登っている最中山火事に遭遇したところ、山の神様が遣わした多くの犬に助けられて無事に山頂にたどり着きました。このことから山頂に神々を祭ったのが始まりと言われています。

目にも鮮やかな極彩色の彫刻は「宝登山神社」の見どころのひとつです。龍や鶴などの様々動物が施されている拝殿・本殿を眺めてまわるのも楽しいですね。

「宝登山神社」は火に関係する神社なので、それにちなんだ珍しいうちわ(300円)はその風で火をおこすことや“うちが和になる”という意味合いがあります。また仰ぐことで福を呼ぶと言われています。縁起物としてお土産にするのもいいですね。

11 05:32p.m.「長瀞駅」から「御花畑駅」へ

「宝登山神社」から「長瀞駅」までは徒歩5分です。

17:32発秩父鉄道各停三峰口に乗車して17:54着の「御花畑駅」で降ります。

12 06:25p.m.「西武秩父駅」から特急で「西武線池袋駅」へ

「御花畑駅」から「西武秩父駅」は行きと同じ道で帰って徒歩10分です。特急券券売機または改札横の窓口で再び特急券(700円税込)を購入します。

「西武秩父駅」18:25発の特急ちちぶ44号に乗車しましょう。車内ではお土産に買った「豆の大沢屋」のそら豆の甘納豆を食べ優しい味わいに旅の疲れも癒やされ、約1時間20分の電車もあっという間です。19:47(土休日ダイヤは19:46)に「西武線池袋駅」に到着しました。食べて遊んで参拝して、日本の魅力を再発見できた長瀞日帰り旅行でした。

GOAL

COURSE MAP

PAGE TOP
PAGE TOP