今年オープン8年目のご近所に愛されるケーキ屋さん

通りから数歩ほどアプローチを歩いて木の扉をあける、テラコッタの床、アンティーク風の木の家具や鏡が置かれたシックな空間。おとなが3人も入ればいっぱいになる広さだが、洒落たインテリアに囲まれ、しばし日常を忘れてしまう。

e2bad0f1990388a71b80b567df274005.jpg

大きな鏡を置いた木のチェストが焼き菓子の陳列台。まるで雑貨屋さんのようなオシャレな店内。

オーナーの日比野麻里さんが自宅の一角でお店を始めたのは2012年のこと。会社員を辞め、製菓学校で学んだ後、都内のパティスリー2店舗で修業し、友人が営むカフェにお菓子を卸す仕事を7年間経験したという。「製菓学校に入った当時は、自分の店を持つなんて思いもしませんでしたが、家を建てるときに思い切って1階に工房と売場を作りました」と話す。通りの向こうの水道局の緑を眺めながら、ケーキを作るのが本当に楽しいのだそう。

094f8b622d10fa2f62c2e8f961ef0c7c.jpg

小さな冷蔵ショーケースには、この季節限定のいちごのレアチーズタルト、定番の栗のモンブランタルト、ニューヨークスタイルのチーズケーキなどが並ぶ。

お店に並ぶのは、約10種類のケーキと焼き菓子8種類だ。クリームチーズにヨーグルトを加えた甘酸っぱいムースを全粒粉入りタルトとしっとり香ばしいアーモンドクリームの土台に重ねたレアチーズタルトは人気の定番商品。いちご、ブルーベリー、オレンジ、マスカットなど、季節ごとに代わるトッピングのフルーツも楽しみなケーキだ。シンプルだけどコクたっぷりのニューヨークスタイルのチーズケーキも定番として、1年中作っている。

a5a0282a525e8d2512728fbf04e6bb7a.jpg

いちごのレアチーズタルト(500円)は3月いっぱいくらいまで販売。ヨーグルトの入ったさっぱりしたチーズムースと、香ばしいアーモンドクリーム入りタルトがよく合う。

香ばしく焼き上げられた生地がおいしいタルトやクッキー

もうひとつの定番は「栗のモンブランタルト」。同じく全粒粉タルト生地にアーモンドクリームを入れて焼いた土台に生クリーム、チョコレートのスポンジ、栗のペーストがこんもりと層になっている。「エキュルイユ」のタルトのおいしさの秘密のひとつは、この全粒粉のタルト生地にありそうだ。よく焼き込んだ生地はサクサクというよりザクザクで、ときどき出会う小麦の粒のガリッとした食感も香ばしい。

1f8e7209f9e849a201956a6c5792a18c.jpg

通年の人気商品、「栗のモンブランタルト」(450円)は、栗の渋皮煮は上のトッピングだけでなく、生クリームの中にも隠れている。

6bfe735a8730a5759b805c6845242b67.jpg

「かぼちゃとさつまいものタルト」も、ほっくり甘い秋冬の味覚と、ザクザクの全粒粉入りのタルト生地がマッチ。

「とにかく大好き」と日比野さんが話すのが焼き菓子だ。ナッツやドライフルーツの入ったクッキーや、歯応えのある食感が特徴のビスコッティ、ほろほろ口の中でほどけるスノーボール。最新作のフロランタンはキャラメリゼしたアーモンドスライスがぎっしりのったクッキーだ。

e1b05f435b8efdd3b32ebde63af079f2.jpg

焼き菓子の新作「フロランタン」(200円)は、バター風味を感じるクッキーとアーモンドスライスにからまるキャラメルが抜群の相性。

32856954b28b89e149d7b410c6f67a63.jpg

ギフトにもぴったりの焼き菓子。パウンドケーキは定番の「プルーンのしっとりバターケーキ」(650円)と、季節商品の2種類。
現在は「金柑のパウンドケーキ」(680円)だが、抹茶、バナナ、リンゴとシナモンなど、季節ごとにバリエーションが登場する。

どんなリクエストにも応えてくれるデコレーションケーキもおすすめ

お店にうかがった日は日曜日。お店に入ると、ちょうどデコレーションケーキが仕上がったところだった。「いちごがのったショートケーキのご注文がいちばん多いのですが、アリエルやおさるのジョージなど、キャラクターを描いたケーキも作ったこともありました」と日比野さん。お客さんの笑顔のためにリクエストにはできるかぎり対応していると言う。 「誕生日には、あのフルーツのいっぱいのタルトをホールで食べてみたい!」と夢がふくらむ。

6dfa0365b588000efec2662bd716f258.jpeg

いちごとブルーベリーがもりだくさんのデコレーションケーキ。直径15㎝サイズで3200円。ショートケーキ以外にも、タルトやガトーショコラなど、好みのケーキで注文可能。

ところで店名の「エキュルイユ」とはどんな意味なのだろう。「私はクルミが大好きなのですが、そのままではありきたりなので、クルミが好きなリスをフランス語にして、店の名前にしました」。妻、母親という役割と、パティシエールという役割を両立するために、営業日は週に2日間としてきたが、娘にも手がかからなくなってきたので、そろそろ営業日を増やすことも考えているとか。きっと心待ちしにしている常連さんも多いことだろう。

6e93ca0e6dd90b00c5af2e82df418dcc.jpg

écureuilはフランス語で「リス」の意味。チーズケーキと焼き菓子が自慢のお店とわかるお店のプレート。

c6ce68e63f42ffb812fe6503c2d01b13.jpg

オーナーパティシエールの日比野麻里さん。「家族づれのお客さまが多いので、できるだけ国産の素材を選び、白い砂糖は使わないようにしています。乳製品が食べられない人のために豆腐を使ったガトーショコラなども作っています」。

※価格はすべて税込
※営業時間、販売商品、価格等が変更になる場合がございます。
※写真、記事内容は取材時(2020年3月8日)になります。