武蔵美出身の店主が目指したパン屋とは?

d7f62ff31e82065f753c5f8dadebcad1.jpg

738af1120eaae47b61dde754e7244c2e.jpg

東大和市駅から徒歩7分ほど。住宅街の中のマンションの一階にある「サンサンベーカリー」。隣はコーヒー屋さん。

店主の田淵健さんは玉川上水駅近くの立川市出身。武蔵野美術大学の工芸工業デザインを専攻し、研究室にも在籍していた経歴の持ち主だ。「在学時は家具作家を目指していました。家具を作る工房の横にはショールームを設け、そこでコーヒーを出せたらいいな。コーヒーと一緒にパンも一緒に出せたらもっといいな、という想いがどんどん膨らんできて(笑)。
そんな気持ちから家具ではなく、パン職人の道を志すようになりました」。しかし幼少時からパンは大好きだったというものの、パンに関してはまったくの素人。パンの本を見たり、食べ歩きを重ね、当時世田谷にあった「ラ・フーガス」でパン職人の道をスタートさせた。

「ラ・フーガス」をはじめ、さまざまな店で修業を積んだ田淵さん。ベーカリーをやりたいという気持ちに揺るぎはないものの、あるひとつの店での修行時に疑問を感じたという。
「その店はとにかく量産すればいいという考え。だからクリームやあんこなどのフィリングもすべて仕入れたものを使っていました。出来上がっている生地にそれらを絞り、焼くだけ。僕にはそれがどうしても腑に落ちませんでした」。自分が目指しているのは夫婦二人で切り盛りできるパン屋であるということ。
そこで見つけたのが横浜にある「パナデリアシエスタ」だった。「ここではパン生地はもちろんのこと、フィリングもすべて手作り。店主の目の届く範囲でやっていて、まさに僕の理想のお店でした」。「パナデリアシエスタ」では8年勤め、ついに念願の独立へ。大学時代に知り合ったという奥さまの弘美さんとともに「サンサンベーカリー」をオープンさせた。

fff4a361bbf94e6f092c1c5396f966be.jpg

店主・田淵健さんと奥さまの弘美さん。店名の「サンサンベーカリー」は二人の息子さんのお名前からイメージしてつけたそう。 「わかりやすく、親しみのある店名にしたくて考えました」(弘美さん)

手間を惜しまず、できるだけ手作りにこだわる。

田淵さんがパン作りで大切にしていることはとにかく手作りであるということ。これはカレーパンに入れるカレー、クリームパンのカスタードクリーム、そしてあんパンのあんこまですべてお店で作っている。「やっぱり手間を惜しまず作って食べるとちゃんとおいしいんです。お客さまにも安心して食べていただきたいですからね」。

db477aa805eff19865d7eacc6c8cbd53-1.jpg

「ひよこ豆の自家製キーマカレーパン」(220円)は10種類のスパイスを使ったスパイシーなカレーがクセになる逸品。 パン粉を付けて焼き上げたザクザク感もいいアクセントに。

342dd0f38f6da8adfad26c308555fca6.jpg

自家製カスタードクリームをたっぷり入れた「クリームパン」(180円)。お店のクリームや具は基本的に嬉しい多め。 「他店より1.5倍ぐらいかと思います(笑)」とは田淵さん。食べ応えも十分。

4dea7f18e6ba80e4cebb776ff2d32e48.jpg

和栗の甘露煮とフランス産マロンペーストをデニッシュ生地で贅沢に包んだ「くりのデニッシュ」(330円)。 生地の上にはアーモンドクリームを。さらにソーメンをトッピングしてイガ栗をイメージ。

78a88acf25aa767266b8fb33f7d08768-1.jpgb1572258f21a04fc8a9857e33edea288.jpg

「甘いものが好きなのでジャムも作っています」(田淵さん)。 パンに合わせるのはもちろんのこと、パンに合わせてちょっとした手土産にしても。

毎日食べるものだからこそ、食パンがメイン

もうひとつ田淵さんが大切にしているのは食パン。「僕は毎日食べるものだからこそ食パンを一番メインに考えています。おすすめは3~4枚切りにしてトーストにすること。トーストすると耳の部分はカリッと、中はもっちりとした食感になります」。

9fc60078aa858342aefeabb53e1f1946-1 (1).jpg

夫婦ふたりでこれからも続けていきたい。

夫婦二人で切り盛りするからには少し工夫も必要だ。だから店ではおおまかな焼き上がりのタイムスケジュールを記したものをお客さんに渡している。10時のオープン時にはあんぱん、クリームパンや玄米系のパン、サンドイッチなど。10:30に食パン類が焼き上がり、10:45にはレーズンブレッド、11:15はミルククリーム、11:45には惣菜系や食事パン。そして12時に日替わりパンが焼き上がるスケジュールになっている。

9015164ca00963a638ce4b275a9d11fa.jpg

フランスパン生地にゴーダチーズをたっぷり練り込んだ「チーズブール」(360円)。 ワインのお供にも好適。スライスしてトーストするのがおすすめ。

惣菜パンは約15種、デニッシュなど甘いパンは20種、食事系のパンは10種。計45種を毎日ひとりで焼き上げる田淵さん。「やっぱり自分でできる限り作ったものはやっぱりおいしいんです。僕が焼いて、妻が接客して。これからも夫婦二人、無理なくやっていける範囲でお店を続けていきたいですね。ゆくゆくは息子たちも一緒にが夢だなぁ(笑)」。

テイクアウトだけの小さなお店。だけど店中に田淵夫妻のパンへの愛情と温もりが充満していた。

※価格はすべて税込
※営業時間、販売商品、価格等が変更になる場合がございます。
※写真、記事内容は取材時(2017年11月21日)になります。