つくる弟と、売る姉と

IMG_5032-e1480475393835.jpg

新井薬師の「八の市」に合わせて毎月8日、18日、28日は特売日。全品20%オフという太っ腹ぶりだ。

「予約が多いから、電話対応がけっこう忙しいのよ。電話とりながら、接客しながらで、ひとりでやってるのでお待たせしてしまうこともあるんですけど、いいお客さんばかりで助かってます」

IMG_5049-e1480475696725.jpg

取り置きのご指名が最も多いのが「パン・ド・ミー(260円)」

サバサバと屈託なく話す青木弘子さんは、店の立ち上げから弟でオーナーシェフの青木学さんを支えてきた頼もしいお姉さん。28年間、学さんがずっとひとりでパンをつくってきたが、3年前からは修業時代の先輩に来てもらうようになり、今は厨房ふたり、 店頭は弘子さんひとりの、3人体制で店をまわしている。

どちらが欠けても成り立たない

「お客さんのことはすべて把握しています。何枚切りなのか、耳をとるのかとらないのか、領収書が必要なのかどうか。自分がしてもらって嬉しいことは、お客さんにもしたほうがいいですよね。マニュアルなんてなくて自分のやり方だけど、だから、楽しいんだと思う」

IMG_5035-e1480475487157.jpg

店名はパン屋を舞台にしたNHK朝の連ドラ『風見鶏』から。1970年代に放送された。

13時に職人のふたりが上がってからは、閉店まで弘子さんひとりで切り盛り。「私にはパンは焼けないし、弟は接客が得意なわけじゃないから、そこはお互いの役目を任せ合ってるの。大変だけど、弟のこんなにおいしいパンだから、そこは絶対にやっていきたいじゃない?」ときっぱり口にした。

IMG_5046-e1480475639104.jpg

パンのにおいは、幸せの香り

取材中、会計時に財布を忘れたことに気がついたお客さんに、お金はあとでいいから、と躊躇なくパンを渡した弘子さん。「機械的に商品とお金のやりとりをするのではなく、お客さんとコミュニケーションをしっかりとりながら、信頼感をもってやっています。店というのは、それを構築していかなければいけないと思うんですよね」と話していたのを、まさに地でいくようなエピソードに出くわした。

IMG_5036-e1480475521102.jpg

こどもに大人気の「チョコアンパンマン」と「チョココロネ(140円)」は、見えやすいよう最下段に陳列してあった。

IMG_5048-e1480475669218.jpg

「チョコアンパンマン」はなんと、アンパンマンの生みの親・やなせたかしさんにも食べてもらったことがあるそうだ。

「姉弟仲はずっといいですよ。人間関係もうまくやっていかないと、お客さんにも伝わるでしょ。こっちが逆の立場で客として他所の店に行っても、そういうのってわかるじゃない?」

IMG_5042-e1480475612251.jpg

そうなのだ。不思議なもので、商品から、店から、そういうものは如実に醸し出される。Kazamidoriのパンに、店全体に、ハッピーなムードが漂っているのも頷けるというものだ。

IMG_5051-e1480475727908.jpg

※価格はすべて税込
※営業時間、販売商品、価格等が変更になる場合がございます。
※写真、記事内容は取材時(2016年11月10日)になります。