制限がある方も食べたい料理が必ず見つかる多彩なメニュー

お店の外観も可愛らしいが、店内に入るとさらにパワーアップ。あちこちにカラフルな旗やポンポン、こどもたちの写真が飾られているし、手作りのアクセサリーなどが並べられて、何でもアリのにぎやかな雰囲気だ。席はカウンターも含めて21席ほど。ベビーチェアがたくさんあり、小さなお子さんを連れたお客さまも気兼ねなく食事ができるよう、やさしい配慮が感じられる。
お店ではお子さんとの写真の撮影会や、お笑いライブなどのイベントも企画しているそうで、おいしい食事を介してさまざまなお客さまがワイワイ集まるアットホームな空間となっている。

IMG_3936 (1).jpeg

a99b1d3d589944d7385fae19ea1fe49d.jpg

メニューをよく見ると、アレルギー表示がきちんと明記されているし、大豆を使ったボロネーゼやタコライスなどもあって、アレルギーのある方や動物性食品を制限している方でもオーダーしやすいよう工夫されている。さらに、英語版のメニューが用意されていてグローバル対応もばっちり。

住宅街のこんな小さなお店で......と驚いていると、店主の横山詠津子さんが「キッズカレーは三大アレルギー物質の卵と乳製品、小麦を使っていないんですよ」と教えてくれた。卵や乳製品を使っていなくても、野菜やお肉の甘みやコクが感じられ、驚くほど美味しい。
横山さん曰く、アレルギーがある人もない人も、どんな制限がある人でも、"『食べられるもの』ではなく『食べたい!』と思うメニューが必ず見つかる店"を目指しているのだとか。

0325-costa-menu-special-a3-yellow (1)_page-0002.jpg

a7b7dd17c35100cb0d1b36f32646b051.jpg

乳製品も卵も使わず、つなぎには小麦粉の代わりに米粉を使っているという「キッズAカレー 野菜と鶏そぼろのカレーライス」(550円)

身体の中から温まる!トロトロ牛すじのコラーゲンカレー

こちらで定番人気のメニューと言えば、「オリジナルコラーゲンカレー」。前菜やスープ、デザートから選べるサイドメニュー2品とドリンクが付いて、平日のランチなら1,000円、ディナーには1,650円で食べられる。

国産牛のスネ肉やスジ肉と一緒に、国産の香味野菜をじっくり煮込んでトロトロに溶け込んでいるので、口に入れた瞬間に淡い甘みが感じられるやさしいカレーだ。舌に伝わるスパイスの刺激は適度で柔らかいのに、なぜか身体はじわじわと温まってきて、食べ進むと汗が出てくる。食べ終わるころには心も身体もポカポカしているのだ。カレーって薬膳なんだなあ......となんだか納得してしまう。

e58b585d7f13c1647f8d55e48a880432.jpg

プチプチの食感が楽しいもち麦入りの玄米ご飯でいただく「オリジナルコラーゲンカレー」。白米やバゲットも選択可能だ。

カレーと一緒に選んだのは、「おまかせサラダ」と「とろけるレアチーズケーキ」の2品。季節の野菜を使ったサラダは日替わりとなっていて、この日は柿やキヌアが盛り込まれたサラダ。素材は、特に有機や減農薬などと大げさに謳っているわけではないが、お子さんからご年配の方まで安心して食べられる安全で新鮮なものを選ぶのが基本だそう。

デザートも、レアチーズケーキのほか、「チョコレートブラウニー」や「ベトナム風ココナッツのチェー」、「シナモン&シュガーの揚げパン」などが人気。サイドメニューは、選ぶ品によって70円〜200円ほど追加料金がかかるが、この値段も良心的だ。

d4fcbca106b287ddf175cbc2898caa3c.jpg

「おまかせサラダ」は季節を感じる素材を使う。栄養満点の雑穀、キヌアも。

4fb79d989097fc74ce149cba9d0f4e70.jpg

一番人気のデザートは濃厚なチーズが口の中で広がる「とろけるレアチーズケーキ」。

身体が欲する料理がここにある! 楽しい出会いと心地よい食空間

「コスタ デル ソル」は、"カリーカフェレストラン"と名前が付いているだけあって、コラーゲンカレーのほかにも「タイ風イエローカレー」、「タイ風グリーンカレー」など4種類のカレーをラインナップしている。しかし、実はカレー以外にタコライスやパスタ、ピッツアなど、メインからデザートまで多彩なメニューを揃えているのもこちらお店の魅力。常連さんの中には、カレーのメニューとは別に用意された手書きの"Today"のメニューを真っ先にチェックする人も多いとか。カレー屋さんなのに、なぜこんなに多くのメニューをそろえているのか、その秘密は、店主の横山さんの料理に対する想いにある。

6059288d3e95598fd2e0d0ea90c7b8b6.jpg

このお店をオープンする前は、都心にあるフュージョン料理のレストランでシェフをしていた横山さん。結婚し長女を出産する10日前までそのお店で鍋をふっていた、というほど料理の仕事にのめり込んでいたそう。
出産して店を辞め、子育てに専念しようと思っていたが、やっぱり料理への熱意を抑えられなかった。今より少し駅寄りの場所で物件を見つけ、長女が生後6カ月になった2009年「コスタ デル ソル」をオープン。住宅街で親しんでもらえるよう、メインに据えたのはレストラン時代にもよく仕込んでいたカレーだった。

最初の物件が3年契約だったため今の場所を見つけて移転し、第2子となる長男が生まれて、てんやわんやでお店を切り盛り。店内で寝かせていた長男が泣き出すと、お客さまが代わる代わるあやしてくれたこともあったそう。

7ced18a78ca94c113288f0247226fa19.jpg

長男を寝かせていた場所を、今ではおむつ替えスペースに活用。

子を持つ母になってみて、改めて感じたのは、小さなこどもを連れてゆっくり食事ができるお店がもっとあればいいのに、ということ。
加えて、こどもが安心して食べられるメニューを出してくれるお店も少ない。そうしたことを考えているうちに、「コスタ デル ソル」は自然な流れでこどもにやさしいお店へ変化していった。アレルギーのあるお子さんが来店すれば、その子に合わせたメニューで対応。ヴィーガンのお客さまのためにヴィーガン対応のメニューも考えた。

アレルギーなどの理由で食材を制限されてしまう方は、食事をマイナスの面でとらえてしまいがち。しかし、「これしか食べられない」ではなく「これが食べたい!」と思えるメニューがあれば、食卓はパッと明るくなるはず。

そんな想いから、横山さんはレストラン時代に培ったレシピや技術をベースに、食材についての知識を習得し、お客さんの体質と体調に合わせておいしく食べられるメニュー作りを続けてきたのだ。

32afe6d0e72137aada68c59a823c8a1f.jpg

お子さんの笑顔の写真や、お客さんの手作り作品であふれる店内。

お店の中にあふれるにぎやかな空気やアイテム、たくさんのメニューは、この店を訪れる常連さんや一見さん、1人1人のお客さまがもたらしたもの。そして、お客さまに喜んでもらいたい、おいしいものを食べてもらいたい、という店主の横山さんの想いが作り上げた愛の結晶なのだ。

「最近、お疲れ気味かな......」と思ったら、ぜひこのお店を訪ねてみよう。多彩なメニューの中に必ずや「食べたい!」と思える逸品が見つかるはず。そして、お店を出る頃には、心も身体もポカポカになっているはずだ。

※価格はすべて税込
※営業時間、販売商品、価格等が変更になる場合がございます。
※写真、記事内容は取材時(2018年11月20日)になります。