GRUTTO PLUSリサーチ

https://grutto-plus.com/research/park-outing/ ママのおでかけスタイルに関する調査 | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]

ママのおでかけスタイルに関する調査 ママのおでかけスタイルに関する調査"

みんなのおでかけや観光の本音と流行をカタチにする「GRUTTO PLUS リサーチ」の第2回は、1歳〜6歳の子供がいるママ500名を対象に、「公園におでかけするときのママコーデ」と「ママが選ぶマザーズバッグのタイプ」、「子供と行ってみたい公園選び」についてアンケートを実施しました。

テーマ
ママのおでかけスタイルに関する調査
有効回答
500人
調査期間
2016年4月18日から4月20日
対象者
全国の1歳〜6歳の子供がいるママ500名
調査方法
WEB

子供と公園におでかけする時に
ママが選ぶパンツスタイルで一番人気は
「スキニーパンツ」67.6.%

子供と公園におでかけする時のママのパンツスタイルについてお聞きしました。
サロペットパンツやオールインワンパンツなど、6タイプのパンツスタイルの中から
現役ママたちが選ぶパンツスタイルとその理由についてお聞きしました。

Q1.子供と公園へおでかけする時のあなたの
パンツスタイルについてお聞きします。
以下の種類のうち「持っているパンツスタイル」
もしくは「買いたいと思っているパンツスタイル」を
3つまでお選びください。

graph graph

スキニーパンツ:338人(67.6%)

ガウチョパンツ:189人(37.8%)

ジョガーパンツ:116人(23.2%)

ショートパンツ:98人(19.6%)

サロペットパンツ:62人(12.4%)

オールインワンパンツ:51人(10.2%)

1位スキニーパンツ 338人(67.6%)、2位ガウチョパンツ 189人(37.8%)、3位ジョガーパンツ 116人(23.2%)という順になりました。ママたちのフリーアンサーを見ると、パンツスタイル選びに共通するポイントは「動きやすさ」。次いで、「体型を隠せる」の2つのコメントが多く集まりました。1位と2位に「スキニーパンツ」と「ガウチョパンツ」が選ばれた理由がわかります。

上位を選んだコメント
コーデしやすい「スキニーパンツ」
  • 流行りものだと服をまた買わないといけないし楽だから (20代 ママ)
  • スキニーは1本あれば着回しがきく (20代 ママ)
  • 動きやすい。1年を通して使える (30代 ママ)
体型を隠せる「ガウチョパンツ」
  • 体型をカバーなおかつオシャレに見えそうだから (30代 ママ)
  • 太ったのでゆったりしたものをえらぶ (40代 ママ)

ママが選ぶマザーズバッグで一番人気のタイプは
「ななめがけショルダータイプ」が
40.4%

おむつにタオル、哺乳瓶、おもちゃなど子供と一緒のおでかけはどうしても荷物が多くなってしまいます。そんなときに活躍するのがマザーズバッグ。マザーズバッグにはショルダータイプや
リュックタイプ、トートバッグタイプ、ヒップバッグタイプなどがあります。
現役ママが選ぶマザーズバッグのタイプとその理由についてお聞きしました。

Q2. マザーズバッグについてお聞きします。あなたが
「持っている」もしくは「買いたいと思っている」
マザーズバッグの種類は以下のうちどれですか?
一つだけお選びください。

graph graph

ななめがけショルダータイプ:202人(40.4%)

リュックタイプ:180人(36.0%)

トートバッグタイプ:109人(21.8%)

腰に巻くヒップバッグタイプ :9人(1.8%)

現役ママが選ぶマザーズバッグのタイプは、ななめがけショルダータイプ(40.4%)、リュックタイプ(36.0%)と2つのタイプに支持が集まりました。この2つのマザーズバッグを選ぶ理由として共通するポイントは、「両手が空くから」。またママの年代別で比較すると、20代ママは「ななめがけショルダータイプ」より「リュックタイプ」を支持し、40代ママは逆に「ななめがけショルダータイプ」を支持していることがわかりました。ママの年齢によって選ぶマザーズバッグのタイプも変わる面白い結果となりました。

上位を選んだコメント
両手が空いて、且つ荷物がサッと出せる「ななめがけショルダータイプ」
  • リュックは両手が空くしいいけれど、すぐ物を出したい時に面倒。斜めだと、子どもを抱っこしながらでも、片手で手を伸ばして中身を取れるから、私は斜めがけのほうがいいです。(20代 ママ 子供 1歳)
  • 子どもを抱っこしたり自転車の後ろに子どもを乗せて走るときに使いやすい。(40代 ママ 子供 5歳)
両手が空き、動き重視の「リュックタイプ」
  • だんだんショルダー型だと使いづらくなり、リュックだと走れる&両手が空く&荷物たくさん入るので便利。だっこもしなきゃいけないので。(20代 ママ 子供 2歳)
  • 両手が空くので便利です。ななめがけを使っていましたが、しゃがんだり抱き上げるときに前にブラーンとなってしまい邪魔でした。(30代 ママ 子供 1歳)

ママが選ぶ子供と行ってみたい公園は、
1位「長い滑り台などアスレチックが
充実している公園」340人(68.0%)、
2位「動物とふれあえる公園」295人(59.0%)

子供の年齢によってママが選ぶ公園とその理由についてお聞きしました。

Q3. あなたが、子供と行ってみたい公園は
次のうちどれですか? 3つまでお選びください。

graph graph

長い滑り台などアスレチックが充実している公園:340人(68.0%)

動物とふれあえる公園:295人(59.0%)

乗り物に乗って信号機や横断歩道など交通ルールを遊びながら学べる交通公園:180人(36.0%)

ハイキングや散策ができる公園:128人(25.6%)

野生の植物・昆虫など、自然観察ができる公園:53人(10.6%)

釣り堀がある公園:18人(3.6%)

ママが選ぶ子供と行ってみたい公園は、「長い滑り台などアスレチックが充実している公園」(68.0%)と「動物とふれあえる公園」(59.0%)に多く支持が集まりました。子供の年齢別で比較すると、「動物とふれあえる公園」は1歳〜2歳の子供のいるママが多く支持し、「長い滑り台などアスレチックが充実している公園」は5歳〜6歳の子供のいるママが多く支持しました。

関連記事
その他の公園

という結果となりました。 子供の年齢とともに行ってみたい公園に変化が見られました。気温が温かくなり、公園おでかけ日和の季節ですので、子供と行く公園選びの参考にしていただければと思います。

GRUTTO PLUSリサーチとは?
みんなのおでかけや観光の本音を探り、流行をカタチにする調査レポートです。今話題の観光スポットやおでかけ時に気にしていることなど、みんなの本音が見えてきます。ぜひおでかけの際には参考にしてみてください。

一覧ページに戻る

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP