沿線発見レポート

1 cardimg ママブロガー

野菜王国の練馬で秋の味覚を発見!

https://grutto-plus.com/report/001/ 野菜王国の練馬で秋の味覚を発見! | GRUTTO PLUS [ぐるっとプラス]
  • 食欲の秋
    • 発見1
      練馬は野菜が集まる23区内最大の農業地帯
      詳しく見る
    • 発見2
      野菜販売所には珍しい野菜や加工品が!
      詳しく見る
    • 発見3
      地元野菜にこだわった絶品レストランがある
      詳しく見る
発見1

練馬は野菜が集まる23区内最大の農業地帯

練馬で美味しい野菜を探すなら、スーパーよりもおすすめなのがここ。 JA東京あおばが運営する「とれたて村石神井」です。 石神井公園からは歩いて5分程度なので、お散歩のついでに、ぜひ寄ってみてくださいね。
練馬は東京都23区の農地のうち、約4割が集中しているんだそう。だから、この辺りで穫れる野菜は量も種類も豊富なんだって。 ここには毎朝、周辺の農家で穫れた野菜が集まってきます。 近所の人たちはもちろん、遠くから買いにくる人もいるほど人気なので、色々な野菜を見たい人は午前中に来店するのがおすすめみたい。 育ちざかりの子どもには新鮮で、安全な野菜をたくさん食べてほしいから、ついつい色々な野菜が欲しくなっちゃう。 もしも、欲しい野菜があったらお店の人に聞いてみて。みなさん野菜に詳しいので、収穫時期や、次に入ってくる野菜について教えてくれますよ。

発見2

野菜販売所には珍しい野菜や加工品が!

お店には、都内のスーパーでなかなか見かけないような珍しい野菜も並んでいます。 練馬で有名な野菜と言えば、11月に旬を迎える特産品の練馬大根。パリパリとした食感で漬けものに最適なんです。そして、甘みのある練馬産キャベツも人気。キャベツは6月と11月が旬なので、こちらも秋におすすめです。 大きくて薄い花びらをつけているのは「花オクラ」(120円税込)。これは普通のオクラと違って、花びらごと茹でて食べられるんだって。花びらのふんわりした歯ごたえと独特のねばりが楽しめるみたい。子どもはきっと不思議がるだろうな。
お店に並んでいるのは野菜だけではなく、練馬の食材を使った加工品もあるんです。 中でも人気なのは、特産品のキャベツを使った「練馬野菜餃子」(390円税込)と「ロールキャベツ」(580円税込)。キャベツをふんだんに使っているから、さっぱりしていて食べやすいみたい。 お父さんへのお土産には、練馬の麦から作られた「練馬金子ゴールデンビール」(580円税込)を買ってみようかな。練馬の「ビール麦茶」(280円税込)は冬に温めて飲むと、香ばしい香りが広がるそうです。

発見3

地元野菜にこだわった絶品レストランがある

お買い物をした後は、練馬の野菜にこだわっているというレストラン「ボンクラージュ」でランチです。 さっそく注文したのは「サーモンのポルチーニベシャメルグラタンがメインの野菜ソムリエの作るスムージと、練馬野菜と本日のメインランチ」(1,600円税込) セットで付くドリンクは、甘くてみずみずしい「高尾」という葡萄のスムージー。コクのある甘さにハマっちゃいそう。 続いて運ばれてきた「練馬農園サラダのランチプレート」にはカボチャやニンジン、オクラにミニトマトなど、この一皿だけでも十数種類の野菜が使われているんだとか。 見たこともない、鮮やかなピンク色の野菜が入っていたので聞いてみると「ノーザンルビー」というジャガイモでした。滑らかな食感は北海道特産のジャガイモ「メークイン」に似てるかも。
珍しいのでどこで作られているのか聞いてみると、ほとんどの野菜がお店から自転車で5分の専属農園で穫れるんだって。そこでは、年間で60種類もの野菜や果物を作っているそうです。 毎朝採れたての野菜が届くから、素材のどれもが新鮮。見たことがない野菜でも、子どもも喜んで食べてくれました。 練馬には自然が多いと思っていたけれど、東京都23区の半分近くの農地がここにあるなんて驚きです。 販売所やレストランには、今まで見たことがないような珍しい野菜があって、楽しい発見の連続でした。 育ちざかりの子どもには、色々な野菜をモリモリ食べてほしい。野菜をあんなにおいしく料理しちゃうレストランを見習って、私も料理を頑張らなくちゃ。 これからの時期は、旬な野菜が次々と出てくるそうです。季節が変わる頃に、またお散歩に来てみたいな。

原 淳美さん
発見おでかけコース

odekake_img
食欲の秋におすすめ!旬の練馬野菜を探しに親子でおでかけコース
コース記事を読む

その他の発見テーマ一覧

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP