高田馬場駅から「肥後細川庭園」まで春散歩するデートコース

デート (165)
117views
コースをメモする
高田馬場駅から「肥後細川庭園」まで春散歩するデートコース

今日は快晴、お散歩日和!そんな日におすすめの、日本庭園「肥後細川庭園」を堪能するデートコースをご紹介します。西武新宿線の「高田馬場駅」に集合して、神田川沿いを面影橋まで歩きます。橋のたもとにある地元の人気店「甜甜(デデス)」で中華ランチを満喫し、再び神田川沿いを歩いて「肥後細川庭園」へ。都会の真ん中にあるとは思えない、梅の咲く静かな庭園を散策します。帰りに面影橋近くに長年本店を構える「愛国製茶 本店」で一服し、お土産を選んで「高田馬場駅」へ帰ります。 それでは、行ってみましょう!

昼からスタート!

1
【13:00】「高田馬場駅」からスタート
【13:00】「高田馬場駅」からスタート 【13:00】「高田馬場駅」からスタート
高田馬場駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/takadanobaba/
今日は西武新宿線「高田馬場駅」で彼と待ち合わせです。
西武新宿駅から一駅の「高田馬場駅」は他路線との乗り換えができるターミナル駅。いつもたくさんの人で賑っています。
2
【13:10】地元で愛されている中華料理「甜甜(デデス)」でランチ
【13:10】地元で愛されている中華料理「甜甜(デデス)」でランチ 【13:10】地元で愛されている中華料理「甜甜(デデス)」でランチ
甜甜
高田馬場駅から神田川沿いを歩き、面影橋を渡ってすぐの所にある、地元で人気の中華料理屋さん「甜甜(デデス)」。店名が書かれた赤い看板と入口が目印です。駅からは徒歩で10分ほど。
「スープ、ザーサイまで付いたランチが850円って安くない?入ってみようよ!」可愛い店先も気に入った私の提案で、今日はこちらのお店でお昼をいただきます。

店内も赤を基調とした、中華を感じさせる内装。
「中華街のお店みたいだね」

2人がけのテーブルが4席、4人がけのテーブルが2席。
こぢんまりとした店内は綺麗に整頓されていて、清潔感があります。

単品メニューもありますが、おすすめのランチセット850円(税込)にしました。

この日は3種類のランチがあり、
・木くらげと卵と豚肉、竹のこ炒め
・生姜焼
・水餃子(5ケ)

「皮も手作りって書いてある水餃子に決まり!」

二人揃って、こちらのメニューに。

オーダーしてから蒸しているのでしょう、他のランチメニューより少々時間がかかって登場!

蒸籠を開けると、手作り餃子が出てきました!

肉厚の皮はもちろん手作りです。

ランチは他に、スープ・ザーサイ・野菜の漬物・炒め物までついて小皿もたくさん。

「おいしかったね。いろいろ少しずつ食べられてうれしかった!」

夜もおいしそうなメニューがたくさん。今度は、ディナーで利用したいと思います。

3
【14:10】春を感じる日本庭園「肥後細川庭園」で穏やかなひとときを過ごす
【14:10】春を感じる日本庭園「肥後細川庭園」で穏やかなひとときを過ごす 【14:10】春を感じる日本庭園「肥後細川庭園」で穏やかなひとときを過ごす
肥後細川庭園
https://www.higo-hosokawa.jp/
「甜甜」から再び神田川沿いをゆっくり歩いて、10分ほどで「肥後細川庭園」に到着。この庭園周辺は、幕末、旧熊本藩主細川家の江戸屋敷でした。今は、その土地を活かして「池泉回遊式庭園」となっています。
湧水を利用した見事な池、細川家の学問所として使用されていた「松聲閣(しょうせいかく)」などを見学。歴史に想いを馳せます。

住宅街に突如現れた入口。

「立派な門だね」

細川家は、第18代当主「細川護熙」氏が総理大臣を務めたこともあり著名なお家柄です。

門を入ってすぐ左手にある「松聲閣(しょうせいかく)」。
この建物は、細川家下屋敷の学問所として使用されていたようです。

昔の建物を保存、そして修復を加え、平成28年にリニューアルされました。

館内に入ってまずは、1階を散策します。こちらは、縁側からの眺め。

「こんな眺めを満喫して、日常を過ごしていたのかな?」

周囲が住宅街ということもあり、静かな館内。所々に歴史に触れる案内もあり、自分のペースで見学を楽しむことができます。

「抹茶もあるみたいだよ!」

彼が看板を見つけました。

「松聲閣」の一室は喫茶スペースになっていて、抹茶とお菓子がいただけます。

※ 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月中は休業。

次は庭園に出て、少し高台まで歩きました。
遠くにはビルが見え、都会の真ん中にこの庭園があると気づきます。

また、庭園には熊本の武家社会で生まれた伝統的な園芸「肥後六花」のうち、肥後椿、肥後芍薬、肥後花菖蒲、肥後山茶花の4つが植えられています。

次回はぜひ、花が咲いている時期に訪れてみたいと思います。

4
【15:30】「愛国製茶 本店」で春らしいお土産を購入
【15:30】「愛国製茶 本店」で春らしいお土産を購入 【15:30】「愛国製茶 本店」で春らしいお土産を購入
愛国製茶 本店
http://www.aikoku-seicha.co.jp/
「肥後細川庭園」を後にして、駅までの帰り道「愛国製茶 本店」に立ち寄りました。
面影橋を通った時に気になっていたお茶屋さんです。庭園からは徒歩で10分ほどの距離です。

「愛国製茶」は百貨店などに多数お店を構える老舗のお茶屋さんで、こちらが本店です。

創業者は漢文学者で、戦争前の不安な世の中に茶道で重んじられている「和敬の心」を広く普及させたいという想いから、お子さんと一緒に起業したことが始まりだそうです。

店内は、鉄製の茶釜が置かれていたり、一服できるスペースがあったりと、ゆったりとした造り。落ち着いてお茶を選ぶことができます。

今日は本店でのみ取り扱いがある「山吹」を淹れてくださいました。

静岡・掛川の煎茶です。

抹茶を使ったお茶菓子も販売されていました。

こちらは表参道に店舗を持つ「Tea-Tsu(ティー・ツー)」というブランドのもの。

窓からの眺めも良く、気持ちのいいお店。

スタッフの方におすすめを伺ったり、ゆっくりと商品を選ぶことができました。
私は友人に日本茶とハーブティーをブレンドしたお茶を買いました。

5
【16:00】「高田馬場駅」へゴール
【16:00】「高田馬場駅」へゴール 【16:00】「高田馬場駅」へゴール
高田馬場駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/takadanobaba/
「愛国製茶 本店」から徒歩で約10分、「高田馬場駅」が見えて来ました。今日のデートはこれで終了です。
今回は、池泉回遊式庭園が見事な「肥後細川庭園」を満喫しました。
気兼ねなく手軽な料金で楽しめる中華料理「甜甜」や、落ち着いた「愛国製茶 本店」も、神田川沿いの散策途中に立ち寄るのにピッタリです。

みなさんも暖かい日が増えるこの季節に、ぜひおでかけしてみてくださいね。都心とは思えない穏やかな時間を過ごせると思います!

※このコースは、2020年2月6日に行ってきました

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP