ぐるっとプラスでは、安心して楽しくおでかけできる日が早く迎えられますよう、ご利用の皆様には、各都道府県や厚生労働省より発表されました新型コロナウイルス感染症対策の基本方針に基づいた行動をお願い申し上げます。

※掲載内容は取材時点の情報に基づきます。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設・店舗が臨時休業や営業時間の変更を行なっている場合がございます。

入間市初のいちご園!「いちご園大樹」でいちご狩り&ランチとタピオカティーも楽しむ親子おでかけコース

親子おでかけ (239)
1144views
コースをメモする
入間市初のいちご園!「いちご園大樹」でいちご狩り&ランチとタピオカティーも楽しむ親子おでかけコース

今回のおでかけ先は入間市で初のいちご狩りスポットです!西武池袋線「入間市駅」南口からスタート。バスで「健康福祉センター」に向かい「いちご園大樹」でいちご狩りをします。園内の「うどん屋大樹」でランチをした後は、「農産物直売所」でお土産を探し、バス停「健康福祉センター」から再びバスで「入間市駅」へ戻ります。そして駅前にできた「Moe Tea 入間市店」でカフェタイムを過ごして「入間市駅」にゴールします。では春を感じるおでかけに出発しましょう!

朝からスタート!

1
【8:40】「入間市駅」スタート
【8:40】「入間市駅」スタート 【8:40】「入間市駅」スタート
入間市駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/irumashi/
西武線「池袋駅」から急行の飯能行きに乗車すると40分ほどで到着する「入間市駅」。
今日のおでかけのスタート駅です。
改札を出て、南口に向かいます。
2
【8:50】バスで「健康福祉センター」に移動
【8:50】バスで「健康福祉センター」に移動 【8:50】バスで「健康福祉センター」に移動
入間市駅バスターミナル
http://www.city.iruma.saitama.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/000/616/new_kenpuku.pdf
入間市駅南口にバスターミナルがあります。こちらから、「健康福祉センター」行きの「入間市コミュニティバス」に乗車します。運賃は大人200円、子ども(小学生以上)は100円です。

乗車15分ほどで「健康福祉センター」に着きました。

3
【10:00】「いちご園大樹」でいちご狩り
【10:00】「いちご園大樹」でいちご狩り 【10:00】「いちご園大樹」でいちご狩り
ふれあい大樹&いちご園大樹
http://ichigoen-taiju.net/index.php
バス停「健康福祉センター」から徒歩約3分で「いちご園大樹」に到着します。入間市初となる「いちご園」です。「高設栽培」なのでベビーカー利用の小さな子どもから、車椅子の方でも楽しめます。

「いちご園大樹」は30分の食べ放題で、料金は時期によって異なります。

2020年1月5日〜4月5日は、
・中学生〜64歳の大人:2,200円
・小学生:2,000円
・3歳〜未就学児:1,800円
・0歳〜2歳:無料
です。
※料金は全て税込

開園は10時。
入場料を支払い、いちご狩りルールの説明を受けたら、さっそく入場します。

ビニールハウスの中はとても暖かく、入口にあるハンガーラックに上着をかけて順番に入場しました。

いちごの実の成長に合わせて本日摘み取りOKなレーンに案内していただきます。

従業員の方による摘み取り実演もありました。

「実を手に取って斜めに傾けていくとポチッと外れるよ」

高設栽培なので目の前に大きないちごが広がる光景に、みんな大興奮。

いちごを傷つけないように、ゆっくりと優しく摘み取りました。

いちごは「あきひめ」と「紅ほっぺ」の二種類でした。写真はまん丸の「紅ほっぺ」、「あきひめ」の形状はやや細長いタイプでした。

どちらも甘くておいしいのですが、風味に少し違があるのが楽しくて、食べ比べもエンドレス。
時間いっぱい楽しみました!

4
【11:00】「うどん屋大樹」でランチ
【11:00】「うどん屋大樹」でランチ 【11:00】「うどん屋大樹」でランチ
うどん屋大樹
https://www.chanohana-fukushi.or.jp/?page_id=923
いちご狩りを満喫した後は、「いちご園大樹」に併設する「うどん屋大樹」でうどんを食べます。

自家製の武蔵野うどんが人気です。

店内に飾られているメッセージにお店の丁寧さや温かみを感じます。

天ぷらうどんやカレーうどんもおいしそうです。

特にカレーは鶏ガラ、豚ガラ、野菜をアメ色になるまで丹念に煮込んでいるとのこと。
ルーは4種類ブレンドされています。

今日は「かけうどん」430円(税込)にしました。

しっかりとコシのある麺でじっくり味わうことができました。

5
【11:40】「農産物直売所のふれあい大樹」でお土産を探す
【11:40】「農産物直売所のふれあい大樹」でお土産を探す 【11:40】「農産物直売所のふれあい大樹」でお土産を探す
うどん屋大樹
https://www.chanohana-fukushi.or.jp/?page_id=911
「うどん屋大樹」でランチをした後は、同じ敷地内の「農産物直売所のふれあい大樹」で地元特産品のお土産を探します。

「農産物直売所」に併設のパン屋さんには苺がたっぷり入った人気商品があります。

今日の「イチゴサンド」300円(税込)は既に完売していました。

「農産物直売所」で「いちご園大樹」のいちごをお土産に購入することができます。

こちらの商品も大人気で、すぐに売り切れてしまうことが多いそうです。

入間市で栽培された元気な野菜も並びます。

普段スーパーで目にする野菜より鮮度が高く、値段も良心的な印象でした。

入間市のキャラクター「いるティー」がモチーフになっている「いるまんじゅう」は1個100円(税込)から購入することができます。私たちは2つお土産に購入しました。

お土産も買えたし、お腹もいっぱいにもなり大満足。
バス停「健康福祉センター」に向かうことにしました。

6
【12:40】「健康福祉センター」からバス移動
【12:40】「健康福祉センター」からバス移動 【12:40】「健康福祉センター」からバス移動
健康福祉センター停留所
http://www.city.iruma.saitama.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/000/616/new_kenpuku.pdf
「農産物直売所のふれあい大樹」から徒歩5分ほどで「健康福祉センター」バス停へ。
帰りもコミュニティバスで「入間市駅」に戻ります。

帰りの乗車時間は10分程度でした。

運賃は大人200円、小学生以上の子どもは100円です。
7
【13:20】「Moe Tea 入間市店」でカフェタイム
【13:20】「Moe Tea 入間市店」でカフェタイム 【13:20】「Moe Tea 入間市店」でカフェタイム
Moe Tea 入間市店
入間市駅から徒歩約1分のところにある「Moe Tea 入間市店」。猫とヒゲの可愛らしいロゴマークのタピオカミルクティーのお店です。オープンしたばかりだったので、ついでに立ち寄ることにしました。

「黒糖ミルクティー」が看板メニューだそうで、タピオカ以外にプリンなどのトッピングもあり、おいしそうです。

新商品の「オレオミルクティー」Mサイズ500円(税別)にタピオカをトッピングしました。

くだいたクッキーの食感がくせになりそう!ロゴも可愛いですね。

8
【14:00】「入間市駅」にゴール
【14:00】「入間市駅」にゴール 【14:00】「入間市駅」にゴール
入間市駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/irumashi/
「Moe Tea 入間市店」から徒歩約1分で「入間市駅」にゴールしました。今日は早朝からはりきって子ども達が大好きないちご狩りを楽しみました。
「いちご園大樹」のいちごがとてもおいしくて、親子で終始感激しっぱなしでした。「うどん屋大樹」のうどんや「Moe Tea 入間市店」の人気タピオカも試すことができたグルメな1日でした。

※このコースは2020年2月2日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP