長瀞の新春イベント「七草粥まつり」で無病息災を願い、秘湯「満願の湯」で温まるデートコース

デート (163)
183views
コースをメモする
長瀞の新春イベント「七草粥まつり」で無病息災を願い、秘湯「満願の湯」で温まるデートコース

秩父・長瀞の「長瀞山不動寺」で開催される恒例イベント「七草粥まつり」に彼と行って来ました!今年一年無病息災で過ごせるようにと願いながら、西武秩父線の「西武秩父駅」に到着。秩父鉄道に乗り換えて「御花畑駅」から「長瀞駅」へ向かいます。「長瀞山不動寺」に参拝し、境内で行われている「七草粥まつり」で熱々の「七草粥」をご馳走になります。秩父特産のお漬物や梅干しなどの試食もたっぷり楽しんで、「ガーデンハウス有隣」で温かいうどんランチ。最後に長瀞の秘湯「満願の湯」でご利益を期待しつつ身体を癒して「西武秩父駅」に戻ります。 さぁ、身体をいたわる新年デートに行ってみましょう!

朝からスタート!

1
【10:53】「西武秩父駅」からスタート
【10:53】「西武秩父駅」からスタート 【10:53】「西武秩父駅」からスタート
西武秩父駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/seibu-chichibu/
今年の初デートは「西武線池袋駅」9時30発の特急ラビュー「ちちぶ9号」でおでかけです。

新型車両の特急ラビューに初めて乗車する彼は、子どものように喜んでいました。

西武秩父駅には、乗り換えなしで最短78分で到着します。
特急料金は、大人710円です。

「ラビューはとにかく窓が大きくて気持ちがいいね!これからどんな景色が見られるか楽しみだ」

車窓の景色が街から山、川へと変わっていきます。
広々とした窓から景色の移り変わりも堪能できる特急ラビューはとってもおすすめ!

2
【11:00】「御花畑駅」から、秩父鉄道で「長瀞駅」へ
【11:00】「御花畑駅」から、秩父鉄道で「長瀞駅」へ 【11:00】「御花畑駅」から、秩父鉄道で「長瀞駅」へ
御花畑駅
https://www.chichibu-railway.co.jp/station/29_ohana.html
西武秩父駅からは徒歩約5分で「御花畑駅」に到着。この駅から秩父鉄道で「長瀞駅」に向かいます。
「『芝桜駅』って書いてあるよ?合ってる?」と彼からの質問。

こちらの駅は「芝桜」で有名な羊山公園にも近いので、通称「芝桜駅」と呼ばれていることを話すと、彼は納得して頷いていました。

西武秩父駅からは、要所要所にこのように案内があるので、迷わずにすぐにたどり着くことができますよ。

また、秩父鉄道の切符は駅員さんが「カチッ」と切ってくれる昔ながらの硬券タイプ!

レトロな気分を味わえて、旅気分もさらに盛り上がります。

3
【11:30】「長瀞駅」に到着
【11:30】「長瀞駅」に到着 【11:30】「長瀞駅」に到着
長瀞駅
http://www.chichibu-railway.co.jp/station/22_nagatoro.html
約30分で「長瀞駅」に到着です。改札はもちろん自動でなく、駅員さんが切符を回収!

駅舎も昔の建物をそのまま利用しているような木の造りで、とてもかわいかったです。
4
【11:50】「長瀞山不動寺」に到着!無病息災に効くという「七草粥」をいただく
【11:50】「長瀞山不動寺」に到着!無病息災に効くという「七草粥」をいただく 【11:50】「長瀞山不動寺」に到着!無病息災に効くという「七草粥」をいただく
長瀞不動寺
https://www.nagatoro.gr.jp/category/news/page/2/
「長瀞山不動寺」は、山の中腹、梅の名所「宝登山」のロープウェイ駅近くにあります。
こちらのお寺で毎年1月7日に行われている恒例の「七草粥まつり」。今年一年の無病息災を願って、たくさんの人が参拝する人気のイベントです。境内の大釜で炊かれるお粥はなんと、約2,500食分!食べ損なってはいけないと前日に電話でお寺に伺ったところ、「11時から14時頃までやっていますが、売切れはないので、大丈夫です。午後1時までにはお越し下さい」とのことでした。

「長瀞山不動寺」までは「長瀞駅」から緩やかな坂を20分ほど上って到着しました。

この日、参拝した人に振る舞われる七草粥。
到着した時はまだ参拝の列ができていましたが、15分ほど待ってお参りできました。
次に七草粥の列に並びます。

七草粥が炊かれている大釜の前には、七草が展示されていました。

「なかなか、覚えられないんだよな」

と彼は一生懸命に七草の名前を呟いていました。

とうとう私たちの番が来ました!
大きな大きな釜で炊かれていた、七草粥。とてもおいしそうです。

「おかわりもしてくださいね。どうぞ温まってください」

とよそってくださったお粥。器を手にしただけで温まります。

たっぷりあるお粥は、七草以外にもにんじんなどの野菜が入って具沢山です!

「火傷しそうだよね、ふうふうしてからいただこう!」

七草粥を楽しむ老若男女。ベンチに腰かけてお粥を頬張る頬は、みんなほんのりと赤くなっています。

こちらは、七草粥のトッピングとして置かれていた「味噌」。
とってもお粥に合い、おいしさ倍増!
他には梅干しも用意されていましたよ。

彼は「七草粥」のあまりのおいしさにおかわり!
1杯目は味噌、2杯目は梅干しを入れて味わっていました。

また、境内には長瀞の名産品がずらりと揃っている露店が出されていました。

ほとんどの品が試食を用意してくれているので、訪れた人は味見をして気に入ったお土産を手にしていました。

5
【13:10】「ガーデンハウス有隣」でランチ!冬季限定の「おっきりこみうどん」を食べる
【13:10】「ガーデンハウス有隣」でランチ!冬季限定の「おっきりこみうどん」を食べる 【13:10】「ガーデンハウス有隣」でランチ!冬季限定の「おっきりこみうどん」を食べる
ガーデンハウス有隣
https://www.chichibu-railway.co.jp/nagatoro/g-yurin.html
「七草粥」を堪能して身体もホカホカになった後は、お昼ご飯を食べに、坂の途中にある「ガーデンハウス有隣」に向かいます。こちらでは地元名物の「おっきりこみうどん」がいただけます。
お粥をおかわりした彼も、この名物を食べたい!と意気込んで入店。

「長瀞山不動寺」からは徒歩で約5分です。

秩父名物の「炙り豚みそ重」や「わらじかつ丼」も提供しているこちらのお店は、長瀞にいくつかの店舗を構える人気店のひとつです。

店内は天井が高く、山小屋風。

団体での利用も多いとのことで、テーブルは80席ほどあるそうです。

また座敷席もあります。
くつろげそうな落ち着いた雰囲気です。

オーダーは「おっきりこみうどん」900円(税込)をひとつにして、二人でシェアしました。

味噌うどんですが、味は濃すぎず、野菜がたっぷりでヘルシー。出汁は少しだけとろみがあり、麺に絡んでこれも美味。

ご馳走様でした!

6
【14:00】「満願の湯」へ、無料送迎バスで向かう
【14:00】「満願の湯」へ、無料送迎バスで向かう 【14:00】「満願の湯」へ、無料送迎バスで向かう
長瀞駅前
http://www.chichibuonsen.co.jp
お昼ご飯も堪能して、再び「長瀞駅」まで戻って来ました。「ガーデンハウス有隣」から駅までは徒歩で約15分。こちらで駅まで迎えに来てくれるという「満願の湯」のバスへ乗り込みます。

予約した時間にちょうどにバスが到着。私たち以外にも何名か乗車していました。
7
【14:20】奥長瀞の自然峡にある「満願の湯」で温まる
【14:20】奥長瀞の自然峡にある「満願の湯」で温まる 【14:20】奥長瀞の自然峡にある「満願の湯」で温まる
満願の湯
http://www.chichibuonsen.co.jp
「満願の湯」は地元の秘湯です。奥長瀞の渓谷沿いにあり、日帰りの天然温泉で一日、ゆったりと過ごせる施設が揃っています。名前にあるように、「必ず願いが満つる」と言われる満願の滝を見ながら入浴することができます。



「今日は七草粥で無病息災も祈願できたし、温泉で身体を癒せるなんて!今年は健康に過ごせそうだね」

私も彼もとても温泉を楽しみにしていました。

「長瀞駅」からは無料送迎バスで約20分で到着しました。

受付で大人ひとり850円(平日料金・税込)の入浴料金を支払い、振り向くとお土産売り場が!
秩父の名産がずらりと並んでいます。

「農産物も販売されているし、後で買おうね」
「これだけあったら、たくさん購入したくなっちゃうね」

日帰り湯処なのでフェイスタオル・バスタオルが250円(税込)でレンタルできます。

お土産が多くなる私たちにとって、手ぶらで寄れるのはとても有り難かったです。

浴場にはシャンプー・リンス・ボディーシャンプーも完備。

奥長瀞の渓谷沿いにある露天風呂は最高でした!願いが叶うという「満願の滝」を眺めながら、絶景にうっとり。せせらぎの音と、時々聞こえる野鳥の声にもうっとり。
内風呂にはサウナと源泉の水風呂があり、サウナーにも喜ばれているようです。

帰りに、彼が秩父名産の「イチローズモルツ」を購入しようと思ったら、なんと今は売切れとのこと。人気なんですね!

2階にはごろりと寝転んで過ごせる休憩場所もあるので、湯上り後もゆっくりと過ごしました。

また、帰りの送迎バスは自分たちの好きな時間に予約が出来ましたよ!

8
【16:30】「長瀞駅」に到着
【16:30】「長瀞駅」に到着 【16:30】「長瀞駅」に到着
長瀞駅
http://www.chichibu-railway.co.jp/station/22_nagatoro.html
.

「満願の湯」で心も身体も癒されて、再び「長瀞駅」まで戻ってきました。
駅までは、送迎バスで約20分です。

ここからのんびり、秩父鉄道に乗って「御花畑駅」に戻ります。
9
【17:00】「西武秩父駅」にゴール
【17:00】「西武秩父駅」にゴール 【17:00】「西武秩父駅」にゴール
西武秩父駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/seibu-chichibu/
「長瀞駅」から「御花畑駅」を経由して、約30分で「西武秩父駅」に到着です。あたりはすっかり暗くなっていました。

温泉で温まってほっこり気分の彼は、帰りの特急でものんびりできたので「電車のおでかけいいね!」と喜んでいました。

今日は新年早々、無病息災を願って「七草粥」をいただき、天然温泉で心身ともに癒されてすっかり充電。今年は、とびきり元気に過ごせそうな気がします。

※このコースは2020年1月7日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP