川越のお正月の風物詩!喜多院「初大師 だるま市」と老舗鰻店「川越いちのや」でランチを満喫する女子旅コース

女子旅 (160)
338views
コースをメモする
川越のお正月の風物詩!喜多院「初大師 だるま市」と老舗鰻店「川越いちのや」でランチを満喫する女子旅コース

川越のお正月といえば、毎年1月3日に喜多院で開催される「初大師 だるま市」。お正月から福を呼び寄せようと、友達と行ってきました!まずは「本川越駅」をスタートして「喜多院」を参拝し、喜多院境内と参道に並ぶたくさんの「だるま市」からお気に入りのだるまを購入します。同じく喜多院の北参道にある「亀屋 妙喜庵」でお年賀の和菓子を買って、川越を代表する老舗鰻店「川越いちのや」へ。大人気店のためウェイティングリストに名前を買いて、「蔵造りの町並み」を散策した後に「川越いちのや」に戻り少し遅めのランチを食べて、「本川越駅」に戻ります。 新春の本川越をたっぷりと満喫して幸運を呼び寄せるコース、さっそく出発しましょう!

朝からスタート!

1
【11:25】「本川越駅」スタート
【11:25】「本川越駅」スタート 【11:25】「本川越駅」スタート
本川越駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hon-kawagoe/
2020年初めてのおでかけは友達と川越の「初大師 だるま市」へ。川越の観光中心地への最寄駅となっている西武新宿線「本川越駅」には、西武新宿駅から特急レッドアロー号で45分ほどで到着します。

今回は、西武新宿駅10時45分発の「小江戸63号」に乗車。お隣の席の方は、だるま市のパンフレットを持っていたので、友達と「やっぱり人気の行事なんだね!」とワクワク。
おしゃべりをしている間にあっという間に本川越駅に到着しました。

2
【11:40】「喜多院」で「初大師 だるま市」を満喫!
【11:40】「喜多院」で「初大師 だるま市」を満喫! 【11:40】「喜多院」で「初大師 だるま市」を満喫!
川越大師 喜多院
https://www.kawagoe.com/kitain/
本川越駅から歩いて15分ほどで「だるま市」の会場である「喜多院」に到着しました。喜多院は「川越大師」とも呼ばれる歴史ある名刹で、境内には重要文化財に指定された建物がたくさんあります。私たちが到着すると、門前からすでに多くの参拝客で大混雑!周辺には露店が並び、大変な賑わいです。

まずは喜多院の本堂である「慈恵堂」を参拝します。
さすが初大師!多くの人々が参拝していましたよ。

参拝をした後は、境内のいたるところに並ぶだるま市をチェックします。
大きさも色も様々なだるまが並ぶ様子は圧巻。見ているだけでもおめでたい気分になります。

「せっかくだから、私たちもだるまを買おうよ!」
「もちろん。たくさんお店があるから色々見てみよう」

だるま以外にこのような招き猫も見かけました。

「こんなに並んでいたらすっごく映えるね!」
「かわいいね〜。どれにするか悩む...」

5、6店舗回った後に、参道にあった露店で「国指定 重要無形民俗文化財 鴻巣の赤物」という看板を発見。
埼玉県鴻巣市の名産のだるまだそうで、気になり見てみることにしました。

「なんだかこのだるま、照りがきれいで美しいね」
「ここで買おう!」

お店の方に、だるまの顔が丁寧に描かれているからおすすめですよ、と教えてもらいました。

小さめのかわいいだるまを購入。
色は様々な種類がありましたが、赤(1,000円税込)と金色(1,200円税込)のだるまを選びました。
色によってご利益が違うそうで、赤は「総合的な運」、金色は「金運」だそうです。

3
【12:30】「⻲屋 妙喜庵」でお年賀の和菓子を購入
【12:30】「⻲屋 妙喜庵」でお年賀の和菓子を購入 【12:30】「⻲屋 妙喜庵」でお年賀の和菓子を購入
⻲屋 妙喜庵
https://www.koedo-kameya.com/shop.html
だるまを買ってご満悦の私たちは、同じく喜多院の北参道にある老舗の和菓子屋「亀屋 妙喜庵」へ。1783年創業という歴史ある和菓子店は、風格ある店構え。だるま市開催日ということもあり、店頭はたくさんのお客さんで賑わっていました。

お店の中に入ると、だるま市で大きなだるまを買った常連のお客さんと思われる方が、にこやかにお店の方と挨拶をしていました。
お正月らしいやりとりを垣間見られて、爽やかな気分になりました。

店内のディスプレイには「旧川越藩御用達」の表示。
これはお年賀に最適!と思い、「迎春菓詰合せ」(1,555円税込)をお土産に購入しました。

4
【12:50】川越を代表する老舗鰻店「川越いちのや」でウェイティングリストに名前を書く
【12:50】川越を代表する老舗鰻店「川越いちのや」でウェイティングリストに名前を書く 【12:50】川越を代表する老舗鰻店「川越いちのや」でウェイティングリストに名前を書く
川越いちのや
http://www.unagi-ichinoya.jp/
「せっかくだから、川越ならではのランチを食べたい!」と、川越を代表する老舗鰻店「川越いちのや」で鰻を食べることにしました。事前に電話でお店に聞いたところ、「1月3日はコースご注文の方のみ予約が可能」とのこと。私たちは予約なしでお店に行ったところ、お昼のピーク時ということもあり、想像以上の大混雑!ウェイティングリストの用紙が5ページ以上にわたってびっしりと名前が書かれていました......。
お店の方に「1時間半以上はかかります」と教えていただいたので、先に川越の町並みを散策し、その後再訪することにしました。
5
【13:10】「蔵造りの町並み」を散策し、お正月風景を楽しむ
【13:10】「蔵造りの町並み」を散策し、お正月風景を楽しむ 【13:10】「蔵造りの町並み」を散策し、お正月風景を楽しむ
蔵造りの町並み
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/welcome/kankospot/kurazukurizone/kurazukuri.html
「川越いちのや」を一旦出て、10分ほどで「蔵造りの町並み」に到着しました。「小江戸」と呼ばれる川越の観光中心地で、江戸時代の町並みを楽しむことができます。この日はお正月ということもあり、通りは観光客でいっぱい!川越グルメや名産品のお店がたくさん並んでいます。

通り沿いにあったお店の「祝い酒」という文字に惹かれ、吸い寄せられるようにやって来ました。日本酒の樽には「鏡山」と書かれています。鏡山酒造は川越にある酒蔵です。

「川越の地酒で新春を乾杯しよう!」

祝い酒(500円税込)を注文すると、地酒「鏡山」をカップに注いでくれて、最後に「寿」という金箔の文字を浮かべてくれました!!

「すごく素敵〜!」
「きっと今年はいいことがあるね!」

祝い酒を飲みながら、蔵造りの町並みを散策します。
「深善美術表具」という掛軸と額縁を取り扱うレトロな雰囲気の店頭には立派な門松が飾られていました。
お正月ならではの風景ですね。

ふと目に止まったガラスのショーケースの中のかわいらしいお飾り。
友達と見ていると、「ここは元デパートがあったところなのよ」と年配の女性が話しかけてくださいました。

先ほどの獅子舞のお飾りは、お話を聞いてから知りましたが、こちらの旧山吉デパートのビルのものでした。川越で初のデパートとして昭和11年に建てられたビルなのだそうです。

川越の歴史を地元の方に教えていただけるというサプライズもあり、楽しい散策となりました。

6
【15:00】「川越いちのや」でお待ちかねの鰻に舌鼓
【15:00】「川越いちのや」でお待ちかねの鰻に舌鼓 【15:00】「川越いちのや」でお待ちかねの鰻に舌鼓
川越いちのや
http://www.unagi-ichinoya.jp/
蔵造りの町並みをたっぷり散策して、大満足で「川越いちのや」に戻りました。
先ほど名前を書いたウェイティングリストを見ると、あと30分くらいで順番が回ってきそうです。
お店の方にお聞きすると、1月3日が一年のうちで最も混雑する日なのだそうです。

15時になった頃、ようやく私たちの順番が回ってきました!
靴を脱いで、シックな和テイストの廊下を歩き、テーブルに向かいます。

室内は、素敵な絵画がいくつも掛けられていて、落ち着いて食事ができる雰囲気です。

メニューは、うな重とひつまぶしが人気の様子。
迷いに迷って、色々な食べ方を味わえる「ひつまぶし」(3,300円税込)にしました。

まずはそのままいただきます。
うなぎのサクッと香ばしい食感と、タレがご飯と絡まり、思わず「うーん」と目を閉じて旨味を噛み締めました。

次は三つ葉を乗せて、出汁をかけていただきます。
あっさりとして、出汁の香りが加わり先ほどとは違う新しい味わい。

「ああ、待って良かったね」
「うん!川越名物が食べられて嬉しい」

お正月のピンと張りつめたハレの日に、老舗の鰻店で食事ができて大満足の私たちでした。

7
【16:04】「本川越駅」ゴール
【16:04】「本川越駅」ゴール 【16:04】「本川越駅」ゴール
本川越駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hon-kawagoe/
「川越いちのや」から歩いて10分ほどで本川越駅に到着しました。特急レッドアロー号「小江戶30号」で西武新宿駅に帰ります。
今日は喜多院で初詣と「だるま市」を満喫し、「⻲屋 妙喜庵」で和菓子を書い、蔵造りの町並みを散策して「川越いちのや」で鰻を食べるという川越ならではの行事と老舗を堪能する王道コースを楽しみました。
川越の歴史とエネルギッシュな町並みで、パワーチャージできました!
福を呼べること間違いなしのこちらのコース、ぜひおでかけしてみてくださいね!

※このコースは2020年1月3日に行ってきました

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP