芸術の秋を楽しもう!親子でアート体験「ポーセラーツ」にチャレンジするおでかけコース

親子おでかけ (237)
775views
コースをメモする
芸術の秋を楽しもう!親子でアート体験「ポーセラーツ」にチャレンジするおでかけコース

実りの秋、そして芸術の秋がやって来ました!いろんなところで様々なアートのワークショップが開催されるこの時期、今日は親子でポーセラーツを体験するために「仏子駅」にやって来ました。こちらの教室では、初心者でも、そして子どもが一緒でも気兼ねなくポーセラーツを楽しめます!「仏子駅」からすぐの「Ada due poterie」でポーセラーツ体験をして作品を仕上げたら、お昼ご飯を食べに「天然酵母 PANJA(パンジャ)」へ。帰りに地域の名産である狭山茶を「丸中園」で買って帰ります!それでは、行ってみましょう!

朝からスタート!

1
【10:00】「仏子駅」からスタート
【10:00】「仏子駅」からスタート 【10:00】「仏子駅」からスタート
仏子駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/bushi/index.html
今日は西武池袋線「仏子駅」にやって来ました。西武線池袋駅から急行に乗り、約40分で到着しました。親子で初のポーセラーツを体験するのにぴったりな教室がこの近くにあります。
教室には10時過ぎに予約を入れていたので、少し急ぎ足で向かいます。
2
【10:10】「Ada due poterie」でポーセラーツを楽しむ
【10:10】「Ada due poterie」でポーセラーツを楽しむ 【10:10】「Ada due poterie」でポーセラーツを楽しむ
Ada due poterie
https://www.kilnart.jp/salon/detail/268
「仏子駅」から住宅街を抜けて、徒歩で約5分。「Ada due poterie」に到着です。閑静な住宅街にある一軒家で開催されているポーセラーツの教室では、プライベートレッスンが受けられます。親子で初体験のポーセラーツ。「上手にできるかな...」と緊張していたので、先生と1対1で教えていただけるのはとてもありがたいです!

「いらっしゃい!」

とても優しい笑顔で迎えてくださった先生。まずはどんな物を作りたいですか?と、サンプルを見せてくださいました。

初心者におすすめのお皿、または、マグカップか小物入れかのいずれか1点を作成します。
所要時間は約2時間。体験料金は3500円(税込)です。

焼成は作品が安定するのを待って、後日行います。

「ポーセラーツ」とは、オリジナルの食器を作るハンドクラフトのこと。
真っ白な陶器に「転写紙」と呼ばれる紙を貼って、自分好みの食器を作ることができます!

先生の手元にもたくさんの転写紙がありました。ゴールドやピンク色、また幾何学模様からストライプなどなど。自分の好きな柄を選べると分かって、娘はかなり悩んでいましたが、大人っぽい黒の小花柄に決定!

「できあがりを想像して選んでね?いいかな?」

と私は声をかけました。

さぁ、いよいよ製作開始です!
最初にものさしで、お皿の縦横の長さを図り転写紙を同じ大きさにカットします。お皿に貼る転写紙はある程度大きいので、ハサミを使って切りました。

次にカットした転写紙を水に浸けて、裏面が濡れたままお皿に載せます。そこからは、丁寧にそして力を入れて、転写紙をお皿に密着させていきます。

転写紙とお皿の間に空気が入ってしまうと浮いてしまい、綺麗に出来上がりません。

「お皿の真ん中から、外へ外へ棒を動かしてね!」

先生に言われた通り「ワイプアウトツール」という、小さなゴムべらのようなもので、その作業を繰り返して行きます。娘も私の真似をして、その作業をしていました。

最後に、娘はお皿の右上に自分のイニシャルを!と、ゴールドのアルファベットをカット。柄が重なっているところは、少しずつ切り抜く作業が必要です。

ここが一番難しく、先生に手伝っていただきながら私が行いました。

続いて、フォークの柄に貼る転写紙をカット。

こちらは小さいので、カッターを使います。
最初は恐る恐るでしたが、慣れてくると、普段工作の時間に慣れ親しんでいるカッティングマットなので、自分が貼り付けたかった小さな花の箇所を、綺麗に切り取っていました。

こちらもお皿と同じように、水に浸けてから、貼っていきます。

フォークの柄にも、同様に転写紙を密着させて貼り付けていきます。

ほら、イメージ通り!

ここまで、かなり集中したのでお茶を飲んでひと休憩します。

先生が持って来てくださったグラスも素敵。

「これも作ったんですよ!」

と先生。100円ショップで購入したグラスに、ゴールド色の柄を転写するだけでこんな素敵なグラスになるんですね!

密着させた転写紙がすっかり安定してから、焼き上げてくださるそうです!

「できあがるのが、とっても楽しみだね!」

と親子で先生に手を振って、さよならをしました。今日はこれで終わりです。

3
【12:30】「天然酵母 PANJA(パンジャ)」で自家製天然酵母パン盛合せ付きのランチを楽しむ
【12:30】「天然酵母 PANJA(パンジャ)」で自家製天然酵母パン盛合せ付きのランチを楽しむ 【12:30】「天然酵母 PANJA(パンジャ)」で自家製天然酵母パン盛合せ付きのランチを楽しむ
天然酵母 PANJA
https://www.go-panja.com
ポーセラーツ体験に集中していた私たちは、すっかりお腹が空いていました。向かうのは「天然酵母 PANJA(パンジャ)」というパン屋さんのカフェです。仏子駅を越え、入間川を渡った先にある国道299号線沿いにあります。「Ada due poterie」からは約20分で到着です。

店頭には、駐車場で車を誘導しているおじさんがいらして、混雑しているようでした。

「すぐに食べられるかな?」

と少し不安になっている様子の娘。

店内に入ると、最初にパン屋さん。その奥に大きなダイニングがありました。

席数も多く、適度にテーブルとテーブルの間隔が空いているので、子連れでも気兼ねなく入れました。

よく見ると、ソファ席には「赤ちゃん優先席」と立札があり、とても気の利いたカフェであると分かり、嬉しくなります。

わたし達は一番奥の、窓側の3人席に座りました。

大きな窓から見える、紅葉し始めたお庭の木々。気持ちいいですね。

店頭にあったメニューを見て、オーダーは決めていました。
「選べるPANJAランチ」1380円(税別)です。3つメイン(ソーセージ or ハム or タンドリーチキン)から好きなものを選ぶことができるプレートに、こちらのお店自慢のパンの盛合わせがついている欲張りなランチセット。

ボリュームがあると伺っていたので、娘とシェアしました。

最初にスープが登場です!今日は白いんげんの入ったコンソメスープ。
ランチは、スープかデザートかを選べるようになっており、私たちはスープをセレクトしました。

「ママ、スープおいしい!お腹空いちゃったから全部、飲んじゃうかも」

続いてプレート、ハム、サラダの盛り合わせが登場です。こちらもボリュームたっぷり!

お野菜は、契約農家の有機野菜を使用しているそうです。野菜はもちろん、オニオンドレッシングもとてもおいしかったですよ。

自家製天然酵母パン盛合せは6個入っていたので、本当にお腹いっぱいなりました。
惣菜パン、トースト、バゲットなどバランス良く入っていて、食べきれない場合は、ビニール袋が置いてありますので、持ち帰ることができます。

ランチについていたドリンクは、アップルティーにしました!

大満足!ご馳走様でした。

そして、精算すると、パンを購入する時に使える100円券が付いてきました!
「もちろん、買います買います!」と、気分が盛り上がっていた私は、スイーツパンの「マスカットのデニッシュ」298円(税別)、「アップルパイ」298円(税別)をお土産に買いました。

4
【14:00】「丸中園」で名産の狭山茶をお土産に購入
【14:00】「丸中園」で名産の狭山茶をお土産に購入 【14:00】「丸中園」で名産の狭山茶をお土産に購入
丸中園茶製造
https://www.sayamacha.org/item/
「お腹いっぱいだね。駅までゆっくり歩こう!」と国道沿いを歩いていると、狭山茶の幟を発見。名産のお茶を買っていくことにします。「丸中園」はお茶の製造、販売もされているお店です。「天然酵母 PANJA」からは徒歩で約5分。

店内に入ると、ほとんどのお茶が「新茶」マークです。

以前、狭山茶の煎茶をいただき、とてもおいしかったので、「上級煎茶」1620円(税込)を購入しました。

駅への帰り道、住宅街の真ん中にもお茶畑がありました。

「さっき、買ったお茶は、ここで作られていたのかもしれないね?」

と娘に言うと、お茶がこのように栽培されていることに少しびっくりした様子でした。

5
【14:20】「仏子駅」にゴール
【14:20】「仏子駅」にゴール 【14:20】「仏子駅」にゴール
仏子駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/bushi/index.html
「丸中園」からのんびりと畑を見たり、入間川を見たりして徒歩15分ほどで駅に到着しました。
「ポーセラーツ楽しかった!できあがりが楽しみだね。」という娘に、手先が器用になってきたな〜と、娘の成長に私も嬉しくなりました。
帰りの電車ではできあがったお皿で何を食べようか?と二人で考えて、いつのまにか寝てしまいました。皆さんも、秋の一日を親子で何かを作ってみませんか?きっと、いい思い出になるはずです!※このコースは2019年9月17日に行ってきました。

じっくりと落ち着くのを待ってでき上がったお皿とフォーク!最初に載せたのは、大好きなケーキでした。

これからもずっと大切に使っていこうと思います。先生、ご指導ありがとうございました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP