広大な米軍基地が一般公開される貴重なイベント「横田基地日米友好祭2019」でアメリカ気分を味わうデートコース

デート (157)
1538views
コースをメモする
広大な米軍基地が一般公開される貴重なイベント「横田基地日米友好祭2019」でアメリカ気分を味わうデートコース

年に1度、東京都福生市にある横田基地で2日間に渡り開催される「横田基地日米友好祭」に参加してきました!横田基地日米友好祭は、航空機や装備の地上展示やアメリカンな屋台を楽しむことができるということで、毎年大勢の人で賑わいます。今回は、最近海外旅行に行けてない彼と一緒に、アメリカ気分を満喫しようとやってきました。まずは西武拝島線「拝島駅」を出発し、徒歩約20分で横田基地日米友好祭の会場入り口となる「横田基地第5ゲート」に到着します。会場に入ったら、様々な基地の展示を楽しみ、敷地内にたくさん出されたアメリカンな屋台を満喫し、ランチをします。会場を出たら、横田基地周辺に広がる「福生ベースサイドストリート」を散策し、その中にあるベーグルショップ「Hoop」で横田基地日米友好祭限定ベーグルを購入し、「拝島駅」に戻ります。それではアメリカンな気分を味わいに、さっそく行ってみましょう!

朝からスタート!

1
【9:30】「拝島駅」からおでかけスタート
【9:30】「拝島駅」からおでかけスタート 【9:30】「拝島駅」からおでかけスタート
拝島駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/haijima/
今日は西武拝島線「拝島駅」で彼と待ち合わせ。改札付近には、「横田基地日米友好祭2019」関連のグッズを販売する出店があり、駅周辺は横田基地に向かう人で賑わっていました。
大勢の人の流れに沿って横田基地に向かうため、道に迷うことはありません。
2
【10:00】「横田基地」第5ゲートから会場へ
【10:00】「横田基地」第5ゲートから会場へ 【10:00】「横田基地」第5ゲートから会場へ
Yokota Air Base
http://www.airliftmagazine.com/friendship-festival-2018
拝島駅から会場となる横田基地に入るには、「第5ゲート」からのみ。駅から20分ほど歩いていると、「第5ゲート」交差点に到着します。
交差点付近はイベントに参加する人でごった返していました。

第5ゲートから中に入ると、身分証明書の提示をして、手荷物検査を受けます。
まるで空港での手続きのようですね。

免許証やパスポートのように顔写真付き身分証明書が必要になりますのでお忘れなく。

検査が終わり、広大な基地を歩き進んでいくと、米軍の方による武器などの展示がされていて多くの人が見学していました。

普段目にすることのない米軍の装備がそこかしこに展示されています。
こちらは軽装甲機動車。
5500kgもあり、最高速度は時速100kmだそうです。

メイン会場に入ると、大きな米軍航空機の展示があり目を奪われます。
航空機の近くでは記念撮影をする人がたくさんいました。貴重な思い出になりますね。

3
【11:00】会場でアメリカンな屋台を満喫する
【11:00】会場でアメリカンな屋台を満喫する 【11:00】会場でアメリカンな屋台を満喫する
Yokota Air Base
http://www.airliftmagazine.com/friendship-festival-2018
広大な敷地内を歩きながら様々な展示を見ていたら、だんだんお腹が空いてきました。会場には米軍や自衛隊員を中心としたアメリカンな屋台がたくさん出ています!

値段も、円とドルで書かれているのが特徴。ドルでの支払いも可能なのが面白いですね。
私はアメリカンなランチをがっつりと食べたかったので、長蛇の列が続くステーキ屋台に並ぶことにしました。

注文したのは「ステーキ」(1200円)と「缶ビール」(300円)。注文をすると、ボトル入りのミネラルウォーターを1本サービスしてくれました。

ふたを開けると、こんなに厚みのあるステーキ!スイートコーンが添えられています。
柔らかくて、肉の旨みを十分に感じる食べ応えのあるステーキでした。

ステーキを食べた後にお店を見ていると、「フライドオレオ」(1個100円)というのを発見。フライドオレオのお店が複数あったので、米軍にとっては日常のおやつなのかもしれませんね。

米軍グッズの販売もたくさんあり、大勢のファンが押し寄せていました。

ちょっと甘いものが食べたいなと思っていたら、とっても可愛い色合いの屋台を発見。「シナモンロール!」と連呼しています。
シナモンロールが大好きな私と彼は、迷わず買うことに。

こちらが「シナモンロール」(500円税込)。
しっとりしていて、そしてシナモンの香りがたっぷりと感じられて、とても美味しかったです。

彼も「串に刺してあるなんて面白いね!」と楽しんでいました。

4
【13:00】アメリカンなストリート「福生ベースサイドストリート」を散策
【13:00】アメリカンなストリート「福生ベースサイドストリート」を散策 【13:00】アメリカンなストリート「福生ベースサイドストリート」を散策
福生ベースサイドストリート
http://www.fussabasesidestreet.com/
横田基地に沿って走る国道16号線は「福生ベースサイドストリート」と呼ばれ、アメリカの雰囲気が漂うショップやレストランが点在します。

横田基地で友好祭を満喫した私たちは、アメリカ気分を楽しみながら通りを散策することにしました。

こちらはアメリカンな雑貨が揃うお店「BIG MAMA」。
赤いファサードが目を引きます。

店頭にもたくさんポップで可愛いグッズが並んでいました。
見ているだけでもワクワクしてきますね!

こんな可愛いイスもあります。
疲れたらここで休むのも絵になりますね。

ミントグリーンが印象的なこちらのお店は、アメリカンなスイーツを提供する「the Mint」。

「the Mint」の店頭には、とっても可愛いカップケーキが並んでいました。
お土産にもおすすめです。

5
【14:00】ベーグル専門ショップ「Hoop」で限定ベーグルを購入
【14:00】ベーグル専門ショップ「Hoop」で限定ベーグルを購入 【14:00】ベーグル専門ショップ「Hoop」で限定ベーグルを購入
Hoop
https://www.facebook.com/hoopbagel8877/
国道16号線を横田基地を背にして歩いていると、左手に大きな「Hoop」という看板が見えてきます。
おしゃれなベーグル専門ショップで、カフェも併設しています。

お店に入ると、広々とした店内にたくさんの種類のベーグルが並んでいて壮観です!
商品名が書かれたPOPも可愛い。

「友好祭2019」限定ベーグルを発見!
その名も「レインボーベーグル」!カラフルでとっても楽しいベーグルですね。

私が彼と購入したのは、「友好祭スペシャルプライス」と書かれた「オリジナルトリュフベーグル」(100円税別)。
トリュフが香る本格的な味のベーグルで、もっと買えばよかった!と後悔したほどです。

店内奥には、居心地の良さそうなカフェエリアが見えました。
次回はカフェタイムをこちらで過ごしたいと思います。

6
【14:40】「拝島駅」ゴール
【14:40】「拝島駅」ゴール 【14:40】「拝島駅」ゴール
拝島駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/haijima/
「Hoop」から歩いて25分ほどで拝島駅に戻ってきました。今日は横田基地友好祭2019に初めて参加しましたが、これほど珍しく、ファンが大多数いるイベントとは想像していませんでした。航空機や屋台を満喫しにまた参加したいと思います。そして、周辺に広がる「福生ベースサイドストリート」も、アメリカ気分を楽しめるので横田基地のイベントと合わせて散策するのにぴったりでした。ぜひ皆さんも来年参加してみてくださいね!

※このコースは2019年9月14日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP