飯能ランチはクラフトビールとグルメバーガーで乾杯!アンティーク雑貨と自然も満喫するデートコース

デート (155)
2272views
コースをメモする
飯能ランチはクラフトビールとグルメバーガーで乾杯!アンティーク雑貨と自然も満喫するデートコース

緑が美しい季節、飯能で自然とグルメを満喫するデートをしてきました!「飯能駅」を出発し、「GEORGE’S BARger(ジョージズ・バーガー)」でクラフトビールとハンバーガーのランチを満喫したら、緑豊かな「飯能河原」を散策します。最後に「REFACTORY antiques」でアンティーク雑貨や家具を見て、「飯能駅」に戻ります。それでは飯能デートコース、スタートです。

朝からスタート!

1
【11:50】「飯能駅」スタート
【11:50】「飯能駅」スタート 【11:50】「飯能駅」スタート
飯能駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hanno/
新緑が美しい初夏の週末、彼と西武線池袋駅で待ち合わせ。急行に乗り約50分で飯能駅に到着しました。
駅の表示に「ムーミンバレーパーク最寄駅」とムーミンのイラストが描かれていて、彼と「かわいいね〜」と盛り上がりました。
2
【12:00】「GEORGE’S BARger(ジョージズ・バーガー)」でクラフトビールとハンバーガーのランチを満喫
【12:00】「GEORGE’S BARger(ジョージズ・バーガー)」でクラフトビールとハンバーガーのランチを満喫 【12:00】「GEORGE’S BARger(ジョージズ・バーガー)」でクラフトビールとハンバーガーのランチを満喫
GEORGE’S BARger
https://www.facebook.com/GEORGES-BARger-1257891430948207/
飯能駅を出て、のんびりと歩いて10分ほどで星条旗が目印の「GEORGE’S BARger(ジョージズ・バーガー)」に到着しました。本格的なハンバーガーが食べられると評判のお店で、今日はこちらでランチをします。

店内はアメリカンな雰囲気。
店名にあるように、夜はバーになるこちらのお店。
カウンター奥にはお酒のボトルがびっしりと並んでいて絵になります。

クラフトビールもあると知り、彼が飲みたいと言うので注文することに。
彼は「ホップハイウェイIPA」(1100円)、私は「デイトリッパー」(1100円)にしてみました。
クラフトビールが缶で提供されたので、お互いに注ぎ合いっこして乾杯。

10分ほどしてハンバーガーが到着。
「ベーコンチーズバーガー」(1200円)。
バンズがしっかりとしていて、パテはぎっしり、レタス、トマトなど野菜もたっぷり入っていて食べごたえがありました。

私たち以外には家族連れのお客さんがいて、店内は和気あいあいとした雰囲気で、のんびりと過ごすことができました。

※価格は全て税別

3
【13:30】新緑が眩しい「飯能河原」を散策
【13:30】新緑が眩しい「飯能河原」を散策 【13:30】新緑が眩しい「飯能河原」を散策
飯能河原
http://okumusashi.life.coocan.jp/kawara.html
「GEORGE’S BARger」から飯能銀座商店街を抜けて西の方に歩いて行くと、美しい新緑と川が見えてきます。飯能の自然スポットとして有名な「飯能河原」です。

遊歩道が周辺に整備され、河原に簡単に降りることができます。
手軽に自然を楽しめるほか、バーベキュー場や飲食店もありますよ。

飯能河原で目を引くのはこちらの「割岩橋」。新緑の緑色と橋の赤色のコントラストが映えます。

木製の橋で川を渡ることもできます。
橋の上を歩いていると振動で少しゆらゆらとするのも一興ですね。

童心に戻った気分で自然を満喫することができました。

4
【14:30】「REFACTORY antiques」でアンティーク雑貨や家具をチェック
【14:30】「REFACTORY antiques」でアンティーク雑貨や家具をチェック 【14:30】「REFACTORY antiques」でアンティーク雑貨や家具をチェック
REFACTORY antiques
https://refactory-antiques.jp/
飯能河原をさらに西方面に歩くと、突如おしゃれな建物を発見!
「REFACTORY antiques」は海外で買い付けたアンティーク雑貨や家具のショップでもあり、アンティークアイテムの仕立て直しやリメイク、オリジナルアイテムの制作を行うアトリエでもあります。

店内はアンティークの小物から家具までいろいろなものが並びます。
海外で買い付けたものばかりだそうで、どれも味のあるものばかり。
前はどんな風に使われていたのだろう、と想像しているだけで楽しくなります。

アンティークをライフスタイル全般から提案するお店の雰囲気を満喫していると、スタッフの方がハーブティーを出してくださいました。

お話を聞いたところ、この場所はもともと木工屋さんだったそうで、当時そちらで働いていた現在の店主が、師匠であるオーナーから引き継いだのだそうです。

ショップの奥にアトリエがあります。
こちらでアンティーク家具の仕立て直しをしているんですね。

大小様々な工具がきちんと整理されて並んでいて、丁寧なお仕事ぶりが想像できました。
また彼と一緒に来たいなと思えるお店でした。

5
【16:00】「飯能駅」ゴール
【16:00】「飯能駅」ゴール 【16:00】「飯能駅」ゴール
飯能駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hanno/
「REFACTORY antiques」からゆっくり20分ほど歩いて「飯能駅」に戻って来ました。
今日はアメリカンな雰囲気たっぷりのハンバーガーでランチをして、飯能河原で緑に囲まれてリフレッシュし、アンティークショップで海外雑貨や家具から刺激を受けて、非日常の半日を過ごすことができました。飯能はおしゃれなスポットも増えてきていて、なおかつ自然もたっぷりあるエリア。
ぜひみなさんおでかけしてみてくださいね!

※このコースは2019年5月17日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP