年に1度の無料公開!「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」で遊ぶ親子コース

親子おでかけ (217)
509views
コースをメモする
年に1度の無料公開!「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」で遊ぶ親子コース

電車好きに大人気の恒例イベント「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」に行ってきました。「飯能駅」から「無料送迎バス」に乗車して会場へ向かい、まず「車輪転がし体験」と「ブレーキ操作体験」に参加します。ランチの後は「ステージ」や「トラバーサー乗車体験」「お子さま制服撮影会」「プラレール体験」などを楽しんで「西武鉄道物販ブース」にて新型特急車両「Laview(ラビュー)」のお土産も探します。「無料送迎バス」で会場を出た後は「ベーカリー&カフェ OH!PAL」でパンやケーキのお土産を購入して「飯能駅」にゴールします。

朝からスタート!

1
【10:10】「飯能駅」スタート
【10:10】「飯能駅」スタート 【10:10】「飯能駅」スタート
飯能駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hanno/
西武池袋線「飯能駅」は、西武線池袋駅から急行で約50分。「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」がある話題の施設「メッツァ」の最寄り駅です。
2
【10:30】「無料送迎バス」で「武蔵丘車両検修場」へ
【10:30】「無料送迎バス」で「武蔵丘車両検修場」へ 【10:30】「無料送迎バス」で「武蔵丘車両検修場」へ
飯能駅南口ロータリー
https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2019/20190425seibudennsyafesuta.pdf
今日は「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」のイベント開催に伴い、「飯能駅」から会場まで臨時の無料送迎バスが運行されます。バス乗り場は、飯能駅南口にあります。
バスロータリー内には通常のバス乗り場の他に、イベント用の臨時無料送迎バス乗り場がありました。今日は「飯能駅」を最寄りとしたイベントがいくつか同時開催されているため、駅前にはたくさんの人々がいましたが、各乗り場へ誘導してくださる係員の方がいたので迷うことはありませんでした。
3
【11:00】「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」に入場
【11:00】「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」に入場 【11:00】「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」に入場
西武鉄道武蔵丘車両検修場
https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2019/20190425seibudennsyafesuta.pdf
道路が少し混雑していたのでバスは少しゆっくりペース。それでも20分ほどで「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」の会場に到着しました。

今日のイベント会場の「武蔵丘車両検修場」は、普段は電車の車両部品の整備に利用されている建物なので、とても広くて圧倒されます。

この「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」のために、建物の中央にはステージ、その周辺や外側には飲食の屋台が出店されています。

また、西武鉄道を筆頭とした鉄道各社のお土産ブースも充実しています。

いろいろな体験ができるエリアでは「車輪転がし体験」「ブレーキ操作体験」「表示器(LED)操作体験」「トラサーバー乗車体験」「お子さま制服撮影会」「プラレール広場」など、様々な体験ができます。

体験ごとに待ち時間もあるので、子ども達とはお昼を挟んで「とにかくどんどん体験してみよう」という話になりました。

まずは子どもに大人気の「車輪転がし体験」に向かいました。

私達が日頃乗っている電車は部品ごとに解体されて、しっかりとした定期メンテナンスが行われています。

西武鉄道の車輪の強度確認、車両の再塗装などは全て「武蔵丘車両検修場」で行われています。

続いてお隣の「ブレーキ操作体験」も行いました。

「ブレーキ」とは普段、車体の下に付いているブレーキ部分の一部のことを表しています。

「空気を利用して電車にブレーキをかけています」という説明を受けました。

なるほど「電車の停止の時の、シューシューという音が空気の音だったんだ!」と知ることができました。

更に訪れた奥の模型コーナーでは、2019年に誕生から40周年を迎え今でも走行している「新101系」が特集されていました。

私はこちらの珍しい色調の車体が気になり、会場内の係の方に聞いてみたところ、先ほどの模型コーナーで特集されていたものと同じ「新101系」だということがわかりました。

今でも色調を変えて「西武多摩川線」など一部の区間で運行をしているということでした。

4
【12:30】「西武・電車フェスタ2019」会場内でランチ
【12:30】「西武・電車フェスタ2019」会場内でランチ 【12:30】「西武・電車フェスタ2019」会場内でランチ
西武鉄道武蔵丘車両検修場
https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2019/20190425seibudennsyafesuta.pdf
お昼は会場の外や建物内中央エリアに並ぶ、地元の特産品などを集めた屋台を巡りました。

まずは屋外の屋台で「焼きそば」400円(税込)と「ポテトフライ」300円(税込)を購入しました。

屋外の屋台はたくさんあり、何を買うかとっても迷いました。

私達は可愛らしいキッチンカーの「タイ屋台ごはん」に立ち寄り、「カオマンガイ」700円(税込)を購入しました。

ジャスミン米が使用されていて、本場の味。暑い日にぴったりで、選んで正解でした。

食後は建物内中央の屋台で「加藤牧場の手づくりアイス」を発見し、立ち寄りました。

子ども達は「ストロベリー」200円(税込)を選んで仲良く食べました。

5
【13:30】「ステージ鑑賞」や「お子さま制服撮影会」「トラバーサー乗車体験」に参加
【13:30】「ステージ鑑賞」や「お子さま制服撮影会」「トラバーサー乗車体験」に参加 【13:30】「ステージ鑑賞」や「お子さま制服撮影会」「トラバーサー乗車体験」に参加
武蔵丘車両研修場
https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2019/20190425seibudennsyafesuta.pdf
ランチの後は、鉄道ものまね「立川真司」さんのステージを鑑賞をしたり「トラバーサー乗車体験」「お子さま制服撮影会」「プラレール体験」に参加しました。

人気の「マルチプルタイタンパー」との撮影会に向かいました。

主に夜間に線路の点検を行っているそうです。珍しいヘルメットと制服で撮影できます。更に、クジに当たれば車内見学もできるため、親子の行列ができていました。

私達は、残念ながらクジには外れてしまいましたが、「保線係員」の制服で格好いい写真を撮ることができました。制服は100から150サイズまでありました。

制服撮影は他にも西武鉄道の駅係員の制服や帽子を着用して撮影できるコーナーもありました。

普段は車体を運んでいる「トラバーサー」に人間が乗ってみよう!という「トラバーサー乗車体験」は、まるで船に乗っているようでした。

アトラクションのように楽しめ、子ども達に大人気でした。

小さな子どもに大人気の「プラレール体験」のコーナーもありました。

「ミニ電車」で遊んだり撮影できるコーナーは、フォトスポットがたくさんあり、長蛇の列でした。

6
【15:00】「西武鉄道」の物販ブースで新型特急車両「Laview(ラビュー)」などのお土産探し
【15:00】「西武鉄道」の物販ブースで新型特急車両「Laview(ラビュー)」などのお土産探し 【15:00】「西武鉄道」の物販ブースで新型特急車両「Laview(ラビュー)」などのお土産探し
西武鉄道武蔵丘車両検修場
https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2019/20190425seibudennsyafesuta.pdf
たっぷり楽しんだ後は、お土産コーナーにも立ち寄りました。「西武鉄道」の物販ブースでしか購入できない商品も多いという今回の「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」のイベント。なんと言っても目玉は、新型特急車両「Laview(ラビュー)」関連の商品だと思い、探してみました。

各鉄道会社のブースの中で一際目立っていた「西武鉄道」のブースには並んで入場しました。

「西武鉄道」のブースでは、ペンギンの可愛いキャラクター「コウペンちゃん」グッズも一般発売に先駆けて発売されていました。

特に人気があったのは新型車両「Laview シートクッション」3500円(税込)で、会場内で早々に購入して持ち歩く人を何人も見かけました。

同じく「Laview」の「ラビュープラレール」2370円(税込)も子ども達に大人気でした。

この会場でしか買えないグッズが多いので、それを狙ってみるのもおすすめです。

7
【15:20】「無料送迎バス」で「飯能駅」に向かう
【15:20】「無料送迎バス」で「飯能駅」に向かう 【15:20】「無料送迎バス」で「飯能駅」に向かう
西武鉄道武蔵丘車両検修場
https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2019/20190425seibudennsyafesuta.pdf
会場からは無料送迎バスで「飯能駅」に戻ります。無料送迎バスは、利用者でバスが満席になると随時発車します。イベントの終了間際になるほど混雑します。
8
【15:50】「ベーカリー&カフェ OH!PAL」でパンやケーキのお土産を探す
【15:50】「ベーカリー&カフェ OH!PAL」でパンやケーキのお土産を探す 【15:50】「ベーカリー&カフェ OH!PAL」でパンやケーキのお土産を探す
Bakery and Cafe OH!PAL
https://www.hrs-jp.biz/works/oh-pal/
無料送迎バスで15分ほどで戻ってきた「飯能駅」のバス停から歩いてすぐのところに「ベーカリー&カフェ OH!PAL」があります。西武飯能ステーションビル「西武飯能PePe」に入っている「ホテル・ヘリテイジ飯能sta.」の1階にあり、毎日ホテルで製造されたパンが直送されてきます。パンの他にケーキもあり、カフェスペースにはソファー席もあるのでゆっくり寛ぐことができます。

訪れた時間帯は15時過ぎだったので、ショーウィンドウ側のパンはほとんど売り切れていました。

ケーキ類はショーウインドウに陳列されていました。

今日は子ども達の好きなものを選びました。

「キューブカレーパン」220円(税込)と「コッペパン(いちごバター)」150円(税込)を各2個購入しました。

帰宅後、皆で食べたところ、キューブカレーパンの中に詰まった、たっぷりのカレーに驚きました。

コッペパンもおいしく、きっと「どれを購入しても当たりだったんだな」と思いました。

9
【16:10】「飯能駅」にゴール
【16:10】「飯能駅」にゴール 【16:10】「飯能駅」にゴール
飯能駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hanno/
「ベーカリー&カフェ OH!PAL」から徒歩1分ほどで「飯能駅」に到着です。ほぼ毎日のように利用している、子ども達も大好きな電車。人々の生活を快適にするために、日々電車の点検をしてくれている人たちがいるということを今回改めて実感しました。以前から行きたいと思っていた「西武・電車フェスタ2019 in 武蔵丘車両検修場」は、予想通り大人気でたくさんの来場者で賑わっていました。展示や体験内容もこの日限定のものばかり。幅広い世代に対応している内容の濃いイベントだと感じました。また参加したいです。

※このコースは2019年6月1日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP