桜満開!「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」で手ぶらでバーベキューとアウトドアを満喫する親子コース

親子おでかけ (220)
2053views
コースをメモする
桜満開!「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」で手ぶらでバーベキューとアウトドアを満喫する親子コース

桜が見頃になる季節は、子ども達を連れてワイワイとおいしい食べ物とビールで乾杯したくなる私。今春は、西武立川駅近くの「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」に行ってきました!「西武立川駅」で友達家族と集合したら、手ぶらで「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」へ。たっぷりとお花見バーベキューを楽しんだ後は、アウトドア用品ならなんでも揃う「モリパーク アウトドアヴィレッジ」で、引き続きアウトドア気分を満喫します。この日はカフェタイムもアウトドアグッズを使用した「Snow Peak Eat(スノーピークイート)」で!それでは、おでかけスタートです。

朝からスタート!

1
【11:00】「西武立川駅」からスタート
【11:00】「西武立川駅」からスタート 【11:00】「西武立川駅」からスタート
西武立川駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/seibu-tachikawa/
西武拝島線「西武立川駅」は西武新宿駅から急行で約45分。お隣駅は終点の「拝島駅」です。駅前にはロータリー、大きなスーパーがあり、少し歩くと閑静な住宅街が広がっています。
2
【11:30】「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」でお花見バーベキュー
【11:30】「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」でお花見バーベキュー 【11:30】「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」でお花見バーベキュー
昭和の森ガーデン CAFE&BBQ
https://www.herofield.com/bbq/showanomori/
昭和の森テニスセンター横にある「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」では、手ぶらで簡単にバーベキューが楽しめます。また周りにはテニスコートや映画館、ショッピングモールもあり、今日は子ども達と1日、思いっきり遊びたいと思います!

「西武立川駅」から徒歩で約20分、「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」に到着です。道中には、思わず見とれてしまう綺麗な川「玉川上水」や大きなゴルフ場があり、景色を楽しみながら歩いてきました。

「わあ、桜も咲いてるし、いいバーベキュー会場だね」

濃いピンク色の桜がちょうど満開で、会場内には全面にウッドチップが敷きつめられ歩き心地良く、テンションが上がります。

「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」は事前予約制。ウェブで簡単に予約でき、当日は何ももたずに会場に行くだけ!

「子連れだと荷物が多くなるから、全て揃っているのはありがたいよね!」

「うん。おまけにこんなに本格的なバーベキュー器材を使えるなんて嬉しい。グリルの蓋に温度計までついてるよ」

用意されていた調理器具は蓋付きのバーベキューグリル。火力が強く、蓋をして焼くこともできます。そのため、野菜などは皮付き丸ごと焼くことができ、簡単で衛生的です。

今回、お願いしたメニューは「大人ライトBBQプラン」2980円(税別)と「キッズメニュー」1800円(税別)です。
※写真は大人4人分です。

大人は参加人数分の注文が必要ですが、未就学児はお料理のオーダーは必要ありません。そして、未就学児はソフトドリンクがフリーになっていました!

大人はアルコールドリンクが飲み放題の一人1500円(税別)をお願いし、未就学児以外の子どもは飲み放題のソフトドリンク、一人500円(税別)をオーダー。

バーベキューは3時間制になっています。

ドリンクは、会場内にある高級キャンピングカーの「エアストリーム」でオーダーできます。
こちらがドリンクカウンターになっていて、メニューの中から好きなドリンクをお姉さんに伝えると作ってくれます。カップは都度、交換できます。

アルコールはビール・ワイン・カクテル・ハイボール・サワーがありました。
ソフトドリンクはジュースやソーダ・コーヒー・紅茶はアイスだけなくホットも用意されていました。
ノンアルコールビールもメニューにありますよ。

私がドリンクカウンターに行っている間に、大きなお肉もあっという間に焼けていました!

豪快に焼いて、ハサミで切っていただきます。蓋をしているので、中までしっかりと熱が伝わります。
焦げつくことなく、ジューシーな仕上がりのお肉に子ども達も大満足です。

「キッズメニュー」に含まれていたハンバーガー。ハンバーグにとろけるチーズをのせて、バンズも一緒にバーベキューグリルで温めます。

チーズがとろっとろに仕上がったら、レタス、ケチャップをトッピング。

「お外で食べるとおいしいね」

と子ども達はいつもよりたくさん食べてくれて、親も大喜び!野菜も丸ごと焼くと、玉ねぎやパプリカは特に甘く、おいしくいただけました。

3
【14:30】「モリパーク アウトドアヴィレッジ」でウインドーショッピング
【14:30】「モリパーク アウトドアヴィレッジ」でウインドーショッピング 【14:30】「モリパーク アウトドアヴィレッジ」でウインドーショッピング
モリパーク アウトドアヴィレッジ
http://outdoorvillage.tokyo
バーベキューでお肉をたっぷり味わった後は「モリパーク アウトドアヴィレッジ」へ。「昭和の森 ガーデンCAFE&BBQ」から徒歩5分ほどのところにあります。
目玉はなんといっても、高さ16、5メートルのクライミングウォールです。アウトドアヴィレッジには、たくさんのアウトドアブランドのショップがあるだけでなく、クライミングができたり、ヨガスタジオもあり、様々な体験もできます。

「モリパーク アウトドアヴィレッジ」に到着!2015年3月にオープンしたこちらの商業施設はアウトドアに特化した、他にはなかなかない施設になっています。

全体的に緑が多く、ショップは全て路面店。1店舗ごとの敷地が大きく、ゆったりと見ることができ、リゾート地に来たかのような気分になります。

目標となるクライミングウォールは国際大会も開催可能な本格的な設備です。

「キャンプに行く時、こんなカップ持っていきたいね」

思わず手に取りたくなるようなグッズが、ショップにはたくさん揃っていました。

アウトドア用品の品揃えはもちろんのこと、センスが良いラインナップで、今までキャンプに興味がなかった人も、行ってみたくなるようなお店ばかりでした。

「川を眺めながらのテラス席、気持ち良さそう」

アウトドアブランドのショップの中にはカフェを併設しているお店もあり、食事も楽しめます。

また、ショップの周りではいろんなトレイルが体験できます。
「ロックガーデン道」や「丸太道」など様々なトレッキングの疑似体験ができるので、子ども達は冒険気分。こちらは「切り株道」ですが、たくさんの子ども達が遊びに来ていました。

ショップの一番奥には日本初のサウナ専門店「サウナソッピ」がありました。

なんと、キャンプ場でサウナが楽しめる「テントサウナ」といった商品まで取り扱っています。

店頭に置いてあるサウナのショールーム。子ども達は興味深々です。

中に入って「温度計や煙突がついた小さな家」と名付けて見入っていると、お店のスタッフの方がサウナの説明をしてくださいました。

4
【15:00】「Snow Peak Eat(スノーピークイート)」でカフェタイム
【15:00】「Snow Peak Eat(スノーピークイート)」でカフェタイム 【15:00】「Snow Peak Eat(スノーピークイート)」でカフェタイム
スノーピーク イート
http://sbs.snowpeak.co.jp/eat/archive/20170330-002220.html
「モリパーク アウトドアヴィレッジ」にある「Snow Peak」。谷川岳に魅せられた創業者が、クライマーとして自身も使う登山用品を新潟県燕三条の優れた技術で作りだしたことが始まりのブランドです。
今では様々なキャンプ用品を提供していて、鍛冶職人の技術を駆使した鋳物も人気。その鋳物、スノーピークのダッチオーブンを利用したメニューもこちらのカフェでは楽しめます。

店内ではそこかしこにキャンピング用品が使われています。

テーブルや椅子、コップやスプーンといった食器類も。

そして何より、面白かったのはキャンプに行ったかのような擬似体験ができること!

コーヒーをオーダーすると、スタッフの方より
「スタッフが淹れますか?それとも、ご自身で淹れますか?」
と言われて
「自分で淹れるってどういうこと??」
と聞き返すと、焚火台ドリッパーに案内されました。

子ども達は「するする!作る」と大はしゃぎ。さっそく、作り方を見ながらコーヒーを淹れます。

ドリッパーを組み立て、フィルターをセット。自分で粉も入れます。コーヒーを落とすのは、マグカップでなくキャンプでよく使うシェラカップ。

このシェラカップをセットして、お湯が沸騰するのを待ちます。

お湯を注いで抽出が始まります。子ども達は、コーヒーが出来上がって行く様子を真剣に見ていました。

コーヒーはスタッフの方が淹れても、自身で淹れても500円(税込)。

おやつは、キャンプでおすすめのSnow Peakが販売している鋳物「コロダッチ」を使った「コロダッチでアツアツアップルパイ」580円(税込)をお願いしました。

「コロダッチ」とは焚き火の上で使える小型の調理器具です。鋳物のお鍋のようなもので、蓋がついているため、じんわり火が通り、素材の味を堪能することができます。

カフェ併設の庭では、本格的なアウトドア気分が味わえる焚火を利用したコース料理を楽しんでいるグループも。

「キャンプは憧れだけど、子連れだといろいろ考えて手が出ないって人には、手軽にキャンプ気分が味わえるからいいね」

次回はぜひ、焚火コースにトライしたいと思います。

5
【17:00】「西武立川駅」に「ゴール
【17:00】「西武立川駅」に「ゴール 【17:00】「西武立川駅」に「ゴール
西武立川駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/seibu-tachikawa/
のんびりとカフェを楽しんで、帰り道、クライミングを楽しんでる人を見学したりと、「Snow Peak Eat」からゆっくり30分ほどかけて「西武立川駅」に到着しました。
今日は春の一日を終日アウトドア気分で過ごしました。お花見しながらのお手軽バーベキューは、とっても楽しく、気分爽快。その後に訪れた「モリパーク アウトドアヴィレッジ」では、今まで目にしたこともないようなアウトドア用品や体験ができ、子ども達にとっても貴重な一日でした。こんなところで過ごしていると、次はキャンプに行こう!と家族でどんどん盛り上がり、夏にはキャンプデビューを計画しています。

次回は「モリパーク アウトドアヴィレッジ」で、カフェ利用したい日本発のサウナ専門店「サウナソッピ」。焚火を囲みながら室内でお茶が飲めて、サウナだけなく北欧スタイルが楽しめるみたいです。

※このコースは2019年3月31日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP