しだれ桜の名所「東郷寺」とスイス製法にこだわる「モルゲンベカライ」のパンを楽しむデートコース

デート (143)
438views
コースをメモする
しだれ桜の名所「東郷寺」とスイス製法にこだわる「モルゲンベカライ」のパンを楽しむデートコース

府中100選に入る名木、東郷寺のしだれ桜。メディアなどで紹介されたこともある桜の名所です。今日は彼と一緒に人混みとは無縁の桜の名所界隈でしっとりとお散歩します。「白糸台駅」で下車したら、この街の名店「モルゲンベカライ」でお花見用のパンを購入します。「東郷寺」でしだれ桜を楽しみ、帰りに「マインズショップ多磨店」でお土産を購入。最後に「白糸台中央公園」で西武電車を眺めながら、童心にかえってほっこり休憩し、帰路につきます。それではリラックスできる散策コースにスタートしましょう。

朝からスタート!

1
【11:30】「白糸台駅」スタート
【11:30】「白糸台駅」スタート 【11:30】「白糸台駅」スタート
白糸台駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shiraitodai/
「白糸台駅」は西武多摩川線の駅。西武多摩川線の始発終着駅「武蔵境駅」からは3駅です。乗車時間は約7分で、駅を降りてすぐに学校や住宅街がある、静かな環境。都会の喧騒を離れ、遠くまで来たような気分になります。
2
【11:40】「モルゲンべカライ」でランチ用のパンをテイクアウト
【11:40】「モルゲンべカライ」でランチ用のパンをテイクアウト 【11:40】「モルゲンべカライ」でランチ用のパンをテイクアウト
モルゲンベカライ
「モルゲンべカライ」はスイス製法にこだわる、この辺りでは有名なパン屋さんです。

「駅前も静かだし、落ち着いた気分で今日は過ごせそうだね」

と彼が話しているうちにお店が見えてきました。駅からは徒歩で約5分ほど。辺りにはパンのいい香りが漂っています。

こちらのパンは低温長時間発酵による製法とスイスの伝統的製法によって作られています。

お目当のパンを買いに来る人が多いのでしょう、店頭には各パンの焼き上がり時間が書かれた看板がありました。

「キノコグラタン、焼き立てってあるし、おいしそうじゃない?」

と彼のリクエストで購入。

おかずパンだけでなく、洋菓子風のお菓子パンも種類が豊富。

「私はやっぱり、甘いデニッシュやフルーツが乗ったパンがいいかな〜」

購入したのは
「キノコグラタン」184円、
「グリーンカレーパン」200円、
「フルーツパフ」200円、
「アップルデニッシュ」184円。

「スコーン(カフェオレ)150円はおやつに買っていこう!」

とおやつまで買い込んで、「東郷寺」に向かいました。

青空のもとで食べたパンは最高の味!

焼き立ての「キノコグラタン」はまだ熱々でした。

頬張りながら、あまりの具の多さにびっくり。自家製のキノコグラタンはとってもボリュームがあり、美味しかったです。

「これで184円って破格だね」

クオリティが高いにもかかわらず、お値段が安いことにも感心していた彼でした。

※価格はすべて税込

3
【12:20】府中100選の名木、しだれ桜がある「東郷寺」でお花見
【12:20】府中100選の名木、しだれ桜がある「東郷寺」でお花見 【12:20】府中100選の名木、しだれ桜がある「東郷寺」でお花見
東郷寺(4月上旬の撮影)
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/kirari/special/oterameguri.html
「モルゲンべカライ」からは西武多摩川線の線路を越えて、他線の線路も越えて徒歩約10分で「東郷寺」に到着しました。道は分かりやすく「東郷寺通り」をひたすら歩くだけ。「東郷寺」は、海軍の英雄「東郷平八郎」の別荘跡地にあります。

少し坂を下ったカーブの先に、大きな山門が見えてきました。突如現れた壮厳な門に、彼も私も目を奪われます。

ただならぬ姿の山門は、有名な建築家「伊東忠太」による設計。

「伊東忠太は築地本願寺を作った人だよ」

と彼が教えてくれました。

そしてその門前には、大きなしだれ桜が悠々たる姿で並んでいます。こちらが、府中市の名木100選にも選ばれている桜です。

この日はまだ、門前のしだれ桜は花開いていませんでしたが、満開の光景が目に浮かぶような素晴らしい枝っぷりです。

山門まで登ると、裏には梅の木が咲いていました。この景色も素晴らしかったです。

「来年は絶対、満開の時に来たいね」

先ほど、購入したパンを食べるのも忘れていたほど、光景に見入っていた私たち。
近所の方が通りがかり、

「例年、見頃は3月末ぐらいかな〜」

と教えてくださいました。

東郷寺近くでは早咲きの桜が満開になっていました。

「春だね〜」

静かなお花見ができて、二人は大満足。
何より、あの山門を見ただけで今日は来て良かったと思いました。
あの山門は日本を代表する映画監督、黒澤明の「羅生門」のモデルにもなったそうです。

4
【14:20】「マインズショップ多摩店」でお土産を購入
【14:20】「マインズショップ多摩店」でお土産を購入 【14:20】「マインズショップ多摩店」でお土産を購入
マインズショップ多磨店
https://www.ja-minds.or.jp/farmstand/ms_tama.php
帰りも「東郷寺通り」を歩いて、駅に向かいます。途中、地元の野菜などが販売されている「マインズショップ多摩店」があり、立ち寄ってみることに。

府中市で生産された地場農畜産物だけを販売しているとあり、人が途切れることなく、お店に入っていきます。

店内は通路も広くて、ゆったりしていてとてもお買物がしやすくなっています。

「新鮮な野菜がたくさんあるね!」

「美味しそうな椎茸。府中でも採れるんだね」

他には府中市特産のブロッコリー、ねぎ、見たことがなかった「のらぼう菜」といった、地場産の野菜がたくさん販売されていました。

「この夏みかんお得!しかもジューシーそうじゃない?」

「夏みかん」200円(税込)と「菌床生しいたけ」250円(税込)を購入しました。

5
【15:20】「白糸台中央公園」で西武の電車を見ながら休憩
【15:20】「白糸台中央公園」で西武の電車を見ながら休憩 【15:20】「白糸台中央公園」で西武の電車を見ながら休憩
白糸台中央公園
「おやつもあるし、朝通った公園で休憩しようか?西武の電車も見られるし」
と彼の提案で「白糸台中央公園」でひと休みすることにします。
昔「小鉄」だった彼は、車輛が眺められるスポットであるとチェックしていたようです。

ゆったりとした公園からは、フェンス越しに電車がよく見えました。

「あんな青色一色の電車も走ってるんだね。」

「白色の電車もあるし、ここは西武の車両基地だから比較的いろんな電車が見れるのかも」

公園にあった古い建物は、なんと公会堂。

時々、電車の走る音が聞こえるぐらいでとても静かな公園。日差しを浴びながら、ゆっくり時間を過ごすことができました。

6
【16:30】「白糸台駅」ゴール
【16:30】「白糸台駅」ゴール 【16:30】「白糸台駅」ゴール
白糸台駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shiraitodai/
「白糸台中央公園」から徒歩約3分で駅に到着。今日は「東郷寺」で想像以上の景色を見ることができ、大満足。ふたりの宝物を発見したような気分になり、来年の花見がとても楽しみになりました。
また、白糸台駅周辺の街並みはゆったりとしていて、駅前に商店街やコンビニエンスストアがある「よくある風景」がありません。駅を降りたら、小旅行気分にもなれるので、みなさんもぜひ、足を運んでみてくださいね。

※このコースは2019年3月13日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP