【ビブグルマン】ミシュラングルメ「麺や金時」で汁なし坦々麺を堪能しボードゲームを楽しむデートコース

デート (139)
451views
コースをメモする
【ビブグルマン】ミシュラングルメ「麺や金時」で汁なし坦々麺を堪能しボードゲームを楽しむデートコース

寒い冬のデートはグルメと室内ゲームで楽しんで暖かく過ごすのはいかが?今日のデートは「小竹向原駅」からスタート。「菓子工房こたけ」でおやつ用のスイーツを購入してから、ミシュランでビブグルマンを獲得した「麺や金時」で人気の「汁なし担々麺」を堪能します。最後に「goonie cafe(グーニーカフェ)」でボードゲームの世界に触れて、最後に「江古田駅」にゴールします。

昼からスタート!

1
【12:30】「小竹向原駅」からスタート
【12:30】「小竹向原駅」からスタート 【12:30】「小竹向原駅」からスタート
小竹向原駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/kotake-mukaihara/
西武有楽町線の「小竹向原駅」は東京メトロ有楽町線と副都心線も接続する大変便利な駅。1日の乗降人員は東京メトロとの直通人員を含めて13万人以上もあるそうです。
今日はそんな乗降人員数の多い便利な「小竹向原駅」からデート開始です!
2
【13:00】「菓子工房こたけ」でおやつ用のスイーツを購入
【13:00】「菓子工房こたけ」でおやつ用のスイーツを購入 【13:00】「菓子工房こたけ」でおやつ用のスイーツを購入
菓子工房こたけ
「小竹向原駅」から徒歩約5分のところに「菓子工房こたけ」があります。ミルク感たっぷりのシュークリームや、ふわふわのショートケーキ、季節のタルトなどが人気です。

今日は、こちらでおやつを購入します。この後、予定しているボードゲームカフェでのお菓子を選びます。

お店に入る前に「定休日が水曜日に変更になった」というお知らせがありました。

また、店内は撮影禁止だそうです。

店内のショーウィンドーには素材感たっぷりのタルトやケーキが並び、300円~500円台の価格帯となっていました。壁面には手作りクッキーなどの焼き菓子類が並んでいました。

今日のカフェタイムは特別に、彼が最近気になっている遊び場「ボードゲームカフェ」に行く予定です。食べ物は持ち込み可能なのでゲームをしながらおやつを食べようという作戦です。

「評判の良いシュークリームやケーキはどれも新鮮でおいしそうだね~」

いろいろ迷って、今回まず選んだのは「シューラスク」180円(税込)でした。

更に、米粉が気になる「米粉のカステラ」180円(税込)も1個ずつ購入しました。

「米粉を使用したお菓子ってなんだか健康そうで良いよね!」

カフェタイムの準備を整えた私達は、もう一つ楽しみにしている有名ラーメン店に向かうことにしました。

3
【12:30】「麺や金時」で名物「汁なし担々麺」のランチ
【12:30】「麺や金時」で名物「汁なし担々麺」のランチ 【12:30】「麺や金時」で名物「汁なし担々麺」のランチ
麺や 金時
https://twitter.com/kintoki0330
「菓子工房こたけ」から徒歩約13分のところに「麺や金時」があります。「ミシュランガイド東京」で2015年から2019年の5年連続でビブグルマンを獲得している有名店だということです。

お店は8席のカウンター席のみで、決して広くはありません。
厳選された材料も限られているため、営業時間中でもオーダー終了してしまう場合があるということを、彼はチェックしていました。

私達は、列に並ぶのは覚悟で来店し到着した時は、既に10名ほどの列ができていました。

ちょうど、外に案内がありましたが「だいたい10名ほど並ぶと待ち時間は30分程度」が目安ということでした。

私達がオーダーしたのは、一番人気と言われる「汁なし担々麺」です。

一人ひとりのオーダーをきちんと確認してから丁寧に作り始める様子。提供されるまでは10分ほど待ったように思います。

店内はいつも訪れるラーメン店とは違い少し緊張した空気が流れていました。

「なんだかものすごくドキドキするね。」

さあ、お待ちかねの「汁なし担々麺」850円(税込)の登場です。

「わあ、いい香り!」

今まで食したことの無い良い香りの担々麺。食べてみてもラーメンの域を超えたかと思われる風味と茹でたての麺が絡み合う素敵な担々麺でした。後で調べると、八角や花椒などのスパイスを上手に利用して今の味を作り出しているようです。

次回は同様に人気の「塩ラーメン」などにもチャレンジしたいと思いました。
ごちそうさまでした!

4
【14:30】「 goonie cafe(グーニーカフェ)」でボードゲームに挑戦
【14:30】「 goonie cafe(グーニーカフェ)」でボードゲームに挑戦 【14:30】「 goonie cafe(グーニーカフェ)」でボードゲームに挑戦
グーニーカフェ
https://gooniecafe.com/
「麺や金時」から徒歩約7分のところに「goonie cafe(グーニーカフェ)」があります。グルメでお腹を満たした後は、最近流行のボードゲームを楽しんでみようということで、駅からも近いこちらのカフェを予定していました。

一人でも大人数でも楽しめるボードゲームの世界。店内の全てのボードゲームのルールは、スタッフが丁寧に説明してくれるので、初心者でもすぐに楽しめる上に、ほぼ毎週コアなイベントも開催されているということで人気を呼んでいます。

広めの店内には、ボードゲームが収納された棚が壁にずらりと並んでいます。
ホームページでは200種類とうたっているボードゲームですが、店員さんに聞いてみたところ、今では400種類以上に増えているということでした。

世界各国のものを取り揃えている中で、もともとボードゲームが盛んなドイツのものが特に多いとのこと。

利用料金は時間制プラス、ワンドリンクオーダーという形式です。
一般の大人は1時間500円で3時間だと1000円。1日フリーパックは2000円とお得です。

ドリンクは、ソフトドリンクやコーヒー、アルコール類まで幅広く取り揃えてあり、300円~の価格設定でした。

私達は「ホットコーヒー」300円をオーダーし、「3時間パック」1000円にしました。

※価格はすべて税込み

まず手始めに開始したのが「スティッキー」という子どもから大人まで遊べるゲーム。

輪っかをテーブルにつけないようにスティックを順番に引いていきます。初心者は単純作業だけで遊べますし、上級者になってくるとスティックの引き方や、引く順番を決めるときに細かい縛りを設けるなど、面白いルールがでてきたり様々な楽しみ方があるようです。

私達が次に選んだのはいくつかのカードゲームです。

彼は、早速「菓子工房こたけ」でセレクトした「シューラスク」を広げました。サクサクしていてほどよい甘さで、コーヒーに良く合っていました。

気になったもの全てを行う時間はないので、今日は3種類ほどのカードゲームを行い、中でもカードを積み上げていく「キャプテンリノ」が、2人でも声を出して笑ったり白熱できたのでとても気に入りました。

おしゃれなおばけ型の缶に収納されているゲームもありました。こちらの「おばけキャッチ」は、頭の回転を要するゲームでした。

「思ったより難しいかも。でも、このゲームアイテムの1個1個が可愛いよね。」

個性的なボードゲームの世界。眺めているだけでも楽しい気分になれるのも魅力だと思います。

「魔法のラビリンス」は、実はこのボードの底に組み込まれている迷路を作るところから始まりました。説明書通りに木枠をはめ込んでいくだけで簡単なのですが、それがこのゲームのトリックと関わっているのです。

仕掛けについての詳細説明はやってみてからのお楽しみということで、ここではあえて省きますが、正に魔法のゲームでした。

「ボードゲームと言っても本当にいろんな種類があるんだね。」

ふと気がつくと家族連れや、私達以外のカップルもやって来ていました。
3時間があっという間の楽しいひとときでした。

5
【17:40】「江古田駅」ゴール
【17:40】「江古田駅」ゴール 【17:40】「江古田駅」ゴール
江古田駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/ekoda/
「グーニーカフェ」から徒歩約1分で「江古田駅」に到着です。辺りはすっかり真っ暗です。「初めてのゲームしかなかったけれど店員さんが親切に教えてくれたから助かった。ここまで楽しめるとは思わなかった。」と彼も満足そうでした。

私達は、今日は他にも「菓子工房こたけ」や「麺や金時」で、初めてのメニューを味わえていたので、かなり充実した久しぶりのデートの時間を過ごすことができました。
小竹向原駅と江古田駅のぶらり散歩にまた来てみたいです。

※このコースは2019年1月19日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP