新桜台から江古田までぶらり。子連れにおすすめのクリスマスに食べたいパンとコーヒーをゲットするコース

親子おでかけ (198)
320views
コースをメモする
新桜台から江古田までぶらり。子連れにおすすめのクリスマスに食べたいパンとコーヒーをゲットするコース

親子で街歩きをしてきました。「新桜台駅」からスタートして「江古田HUT」でオープンカフェを楽しんだ後は「Apollon’s Gold(アポロンズゴールド)」でクリスマスパーティーで使うコーヒーをゲットして「Boulangerie Django(ブーランジェリー・ジャンゴ)」でクリスマス用のパンをチェックします♪最後に「ささや」でおやつを購入したら「江古田駅」にゴールします。

昼からスタート!

1
【13:00】「新桜台駅」スタート!
【13:00】「新桜台駅」スタート! 【13:00】「新桜台駅」スタート!
新桜台駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shin-sakuradai/
「新桜台駅」は西武有楽町線の駅です。西武線池袋駅から西武池袋線に乗車し練馬駅で乗り換えるのが便利です。所要時間は約15分です。
2
【13:30】「江古田HUT」でオープンカフェを楽しむ
【13:30】「江古田HUT」でオープンカフェを楽しむ 【13:30】「江古田HUT」でオープンカフェを楽しむ
江古田HUT
https://www.instagram.com/ekodahut/?hl=ja
「新桜台駅」から徒歩約3分のところに「江古田HUT」があります。こだわりの日本茶とコーヒーをブレンドした新感覚のラテや大人向けにはジントニックが味わえるおしゃれなカフェです。

ぶらりお散歩開始早々、私はさっそく、「江古田HUT」おすすめの「ほうじ茶ラテ」500円(税込)を試してみることにしました。

スイーツは、「やまぶどうアイス」や「濃厚バニラアイス」350円(税込)などがありました。

せっかくなので子ども達はバニラをチョイスし、2人でシェアして食べました。

今日はいいお天気です。オープンカフェでゆったり座りながら、久しぶりに親子3人でお散歩。
「楽しみなクリスマスパーティーで使えるものを探してみない?」と話しかけると、子どもたちは大喜び。さっそく出発することにしました。

3
【14:00】「Apollon’s Gold(アポロンズゴールド)」でコーヒー豆を購入
【14:00】「Apollon’s Gold(アポロンズゴールド)」でコーヒー豆を購入 【14:00】「Apollon’s Gold(アポロンズゴールド)」でコーヒー豆を購入
アポロンズゴールド
http://apollons-gold.com/
「江古田HUT」から徒歩約5分で「Apollon’s Gold(アポロンズゴールド)」に到着します。スペシャルティーコーヒーが専門のこのお店では、クリスマスパーティーで大人がスイーツと共に味わうためのコーヒー豆を調達します。

入店するとまず、カウンター内に珍しい赤色の焙煎機に目を奪われます。
こちらが、お客さんを惹きつけるポイントになっているようです。

壁紙のデザインも個性的。元クリーニング屋さんをリノベーションしたという内装は、都会的でどこか懐かしいオシャレなカフェという印象でもあり、落ち着きます。

20種類ほどあるコーヒーの中から選んだのは、エチオピア産のコーヒーです。

以前他のカフェで、気に入ったフレーバーコーヒーの産地を確認したことがあって、それがエチオピア産のコーヒーだったことを思い出したからです。

こちらの店主の説明では、フルーツとキャラメルのフレーバーが濃厚とのこと。クリスマススイーツに合いそうな理想的なフレーバーだと思いました。

購入した「ETHIOPIA CONGA」800円(税込)の内容量は100gです。

コーヒーを無事にゲットして「アポロンズゴールド」を出ると、向かいの商店の入口にはもうサンタさんが微笑んでいました。忙しいクリスマスシーズンに向けて待機しているのでしょうか。

次はパン好きな子ども達のためにちょっと気になっているパン屋さんに向かいます。

4
【15:00】「Boulangerie Django(ブーランジェリー・ジャンゴ)」でクリスマス用のパンを探す
【15:00】「Boulangerie Django(ブーランジェリー・ジャンゴ)」でクリスマス用のパンを探す 【15:00】「Boulangerie Django(ブーランジェリー・ジャンゴ)」でクリスマス用のパンを探す
ブーランジェリー・ジャンゴ
http://la-boulangerie-django.blogspot.com/
「Apollon’s Gold(アポロンズゴールド)」から徒歩約3分で「Boulangerie Django(ブーランジェリー・ジャンゴ)」に到着しました。バゲットなどのハード系のパンやサンドイッチ、デニッシュ、カンパーニュなどの食事パンに旬の食材を取り入れているので人気があります。

前評判で高得点のハード系も気になるところですが、おいしそうなおかずパンにも目が惹きつけられます。

今回気になった「ムラング」150円は、飾っておくだけでも楽しい気分になるお菓子で、クリスマスにも良さそうです。
大きさは直径8センチ以上はあるかと思うほどの大ぶりサイズです。子ども達も喜んでいました。

更に、「ムラング」の奥にクリスマスパーティーにぴったりの案内を私は発見しました。

「パネットーネ」というクリスマスを代表する、イタリアの発酵菓子が「今年最高の出来」だというのです。
驚いてお店の方に確認したところ、残念ながら今日はまだ焼きあがっていないのですが、お試し価格は800円で、希望する場合は必ず電話予約して来店してくださいとのことでした。

「ブーランジェリー・ジャンゴ」での、クリスマス用のパンとお菓子の品定めは大収穫に終わったので、今日のところは、今すぐ食べたいと思ったおかずパンを購入しました。

「クロックムッシュ」340円と「トマトとハーブのフォカッチャ」240円です。

※価格はすべて税込

5
【15:40】「さゝや」でおやつを購入
【15:40】「さゝや」でおやつを購入 【15:40】「さゝや」でおやつを購入
さゝや
http://www.wagashi.or.jp/tokyo_link/shop/3108.htm
「Boulangerie Django(ブーランジェリー・ジャンゴ)」から徒歩約2分で「さゝや」があります。なんと創業65年以上の和菓子屋さんだそうです。職人が丁寧に仕上げた上生菓子から、贈答用として人気の高い和菓子も並びます。

実は「さゝや」ではクリスマスが近くなると、クリスマス用のお菓子が並ぶという噂を耳にしており、さっそく訪れてみたのですが、今日はまだ少し早かったようで見当たりませんでした。

お店は外観も内装も創業65年以上を感じる趣ある造りです。
「永年、地域の住民に愛され続けている」という様子がしっかりと伝わってきました。

クリスマスのお菓子がなかったので少しがっかりしていた子ども達にはおすすめの「かりんと饅頭」110円(税込)を購入しました。

たくさん歩いたので、おやつに丁度良いサイズです。

駅に向かう途中にあった花屋にはもうクリスマス色に輝くポインセチアが並んでいました。

街がどんどんクリスマス色に染まっていくのがこれからとっても楽しみです。

6
【15:50】「江古田駅」にゴール
【15:50】「江古田駅」にゴール 【15:50】「江古田駅」にゴール
江古田駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/ekoda/
「さゝや」から徒歩6分ほどで江古田駅に到着しました。今日は親子でぶらぶらと散歩をしながら、クリスマスパーティーの準備もできて大満足の1日でした。
また、訪れた場所が全て特徴のあるお店やカフェだったので、日頃からショッピングと食べ物好きな子ども達にまさにピッタリのコースでした。
歩いた道が平坦だったので、小さい子ども連れでもベビーカーで気軽に行けるコースだと思いますので、ぜひ行ってみてくださいね。

※このコースは2018年11月1日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP