秋に行きたい!「熊谷守一美術館」のアートと椎名町グルメを楽しむ女子旅コース

女子旅 (131)
317views
コースをメモする
秋に行きたい!「熊谷守一美術館」のアートと椎名町グルメを楽しむ女子旅コース

秋には楽しいことがたくさん!今日は芸術と美食を楽しむ女子旅です。「椎名町駅」で下車したら、住宅街にあるイタリアン「ベッラ ルーナ」で鎌倉野菜がたっぷりのパスタランチをいただきます。お腹が満たされたところで、この街に45年住んだという芸術家、熊谷守一の作品が堪能できる「豊島区立熊谷守一美術館」に向かい芸術鑑賞します。美術館に併設された「カフェ・カヤ」でお茶をいただいた後、原材料にこだわったスイーツを届ける「LABESS」でお土産を購入。心も身体も満たされる秋の女子旅、さあ、行ってみましょう!

朝からスタート!

1
【11:30】「椎名町駅」からスタート
【11:30】「椎名町駅」からスタート 【11:30】「椎名町駅」からスタート
椎名町駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shiinamachi/
西武池袋線「椎名町駅」は西武線池袋駅の隣駅です。西武線池袋駅からは約2分、池袋の高層ビルがすぐ先に見える街ですが、静かで落ち着きがあります。
今日は、食べること、絵を見ることが大好きな友人と駅の改札で待ち合わせ。
2
【11:40】「ベッラ ルーナ」でイタリアンランチ
【11:40】「ベッラ ルーナ」でイタリアンランチ 【11:40】「ベッラ ルーナ」でイタリアンランチ
千早ビル
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132202/13201645/
「まずはおいしいランチを食べに行こう!」と向かったのは、住宅街にある隠れ家的なイタリアン「ベッラ ルーナ」。駅からは、住宅街を歩いて約7分で到着。

ランチタイムは、シェフが振舞うシチリア料理に魅了されたご近所ママさんたちで、すぐに満席になるそうです。

ありました!大通りに面しているわけでもなく、駅にとても近いわけでもない「ベッラ ルーナ」。

「この立地で人気とは、とってもおいしい料理が食べれるんだろうね!」

と友人。

ランチタイムが人気なのは、コストパフォーマンスがいいことも要因。スープ、前菜までついたパスタセットがとてもリーズナブルな価格でいただけるとの事で、今日は席を予約していました。

店内に入ると、賑やかで気さくなイメージ。

4人掛けのテーブルが3席とカウンター席がありました。

オーダーしたのは、本日のロングパスタ「鎌倉野菜とアンチョビ、フレッシュトマトのスパゲティーニ」。

他には「ベーコンと茄子のトマトクリームソースの自家製手打ち生パスタ」、パスタはなく、メイン料理のみの「シチリア風肉団子」がありました。ランチタイムはすべてのメニューに、前菜、自家製パン、スープ、食後のドリンクがついてきます。
お値段はどれを選んでも、1100円(税込)。

最初にサーブされた前菜、自家製パン、スープがこちら。

「前菜のボリューム、種類が多くてびっくりだね!」

前菜もたっぷり、スープまであったのでパスタにたどり着くまで、少々時間がかかってしまった私たち。
ですが、すべてを食べ終わる絶妙なタイミングで、鎌倉野菜が盛りだくさんのパスタが運ばれてきました!

「わあ、色とりどり!おいしそうだね」

前菜の野菜のマリネ、かぼちゃのロースト、ハムが入ったキッシュ、どれもおいしくパスタも美味。アンチョビが入っているはずですが、隠し味的な使い方のようで、ゴロゴロ入っている野菜の甘みが際立っていました。

お腹がいっぱいでしたが、おいしいおいしい!とすべて完食。
食後のドリンクは、ホットコーヒーをお願いしました。

「このお値段で、ここまでボリュームがあると思わなかったね」

「最近食べたイタリアンの中で一番おいしかった!大満足。
お料理を出すタイミングがいいでしょ、だからパスタがもちもちでおいしいんだと思うよ」

二人で、お料理の話に夢中になっていると、

「梨をたくさんいただいたので、コンポート作ったんですよ。どうぞ」

とシェフよりさりげないサービス。この日は特別にデザートまで頂けて、なんてラッキー。

「夜はワインとお料理絶品だろうね!次回はディナーに来ようね」

と友人と約束してお店を後にしました。ごちそうさまでした。

3
【13:00】「豊島区立熊谷守一美術館」で芸術の秋を楽しむ
【13:00】「豊島区立熊谷守一美術館」で芸術の秋を楽しむ 【13:00】「豊島区立熊谷守一美術館」で芸術の秋を楽しむ
豊島区立熊谷守一美術館
http://kumagai-morikazu.jp
「豊島区立熊谷守一美術館」は、住宅街にあるオブジェのような美術館です。
「秋だもん!食だけなく、芸術も楽しまなくちゃね!」と欲張りな友人。木曽で生まれた日本画家「熊谷守一」の旧居跡に建てられた美術館までは、「ベッラ ルーナ」から徒歩で約10分です。

「熊谷守一」は没するまでの45年間、この地で暮らしました。
その様子は、今年公開の樹木希林が奥さん役を演じた『モリのいる場所』という邦画にも描かれています。

ガラスの窓に小さく案内があり、ここが入り口だと気付いた私たち。

ガラス越しには芸術作品がちらほら見えます。

中に入ると、コンクリート打ちっ放しの壁に「熊谷守一」を代表する白い猫の絵が掛けられていました。

入って左側に美術館、右側には階段2段ほどさがったところにギャラリーカフェがあります。

受付で入館料500円(税込)を支払い、美術館へ。

こちらが1階展示室の入り口です。
ドアノブが守一の作品「夕焼け」になっていて、なんとも可愛いですね。

これは守一の作品ではありませんが、所々に陶芸作品が置かれている美術館。

階段の造りも素敵で一枚写真を撮ってしまいました。

コンクリート打ちっ放しの壁には、生前の守一の写真が飾られています。

こちらはトイレに掛けられた守一の作品。
ヒビが入っていましたが、大切に飾られていました。

単純な線だけで描かれているような絵は、どこかに優しさを感じます。

美術館入り口にある彫刻「いねむるモリ」はとても、愛らしい作品でした。

それもそのはず、こちらの彫刻は熊谷の次女、榧(かや)の作品。きっと、父への愛情がいっぱい詰まっているんだ〜と思いました。

4
【14:00】「カフェ・カヤ」でゆっくりとお茶をいただく
【14:00】「カフェ・カヤ」でゆっくりとお茶をいただく 【14:00】「カフェ・カヤ」でゆっくりとお茶をいただく
「カフェ・カヤ」
1階・2階の展示室をじっくり観てから、今度は美術館の半地下にあるカフェで芸術鑑賞しながらお茶をいただくことに。
こちらのカフェには美術館館長を務める、熊谷の次女「榧(かや)」の名前がつけられています。

カフェには、画家でもある榧自身の作品や、陶芸作家の作品が飾られており、美術館らしい空間で、ゆっくりと過ごすことができます。

こちらが、熊谷榧(かや)の作品です。

「お父さんの絵と似てるよね?」

「親子だからね」

窓際には、たくさんの陶芸作品が並んでいます。

「わあ、欲しくなってしまうね、こんなに素敵な器がたくさん」

お腹がいっぱいだったのも忘れて、メニューにあるおいしそうな「クルミの入ったパウンドケーキ」350円(税込)とスパイスの効いた「エベレストティー」400円(税込)をお願いしました。

フォルムが素敵な器に入れられた紅茶は、格別においしそう!

クルミたっぷりのパウンドケーキも、素敵なお皿に。

「器も陶芸作品のひとつよね」

「そう思うよ。私は陶器は磁器と違って、温かみがあるところが好き」

と話は尽きません。

最後にお土産を買ってかえります。ポストカードもお気に入りがたくさんみつかりました。

ポストカードはどれも1枚100円(税込)。

帰宅して、さっそくこのハガキで母へ手紙を書きました。

5
【15:30】「LABESS」でこだわりスイーツを購入
【15:30】「LABESS」でこだわりスイーツを購入 【15:30】「LABESS」でこだわりスイーツを購入
LABESS
https://patisserie-labess.shopinfo.jp
「カフェ・カヤ」で友人とお喋りを楽しんだ後、こだわりのスイーツを提供する「LABESS」に立ち寄ります。
「豊島区立熊谷守一美術館」からは徒歩10分ほどで到着。

「LABESS」のこだわりは厳選された材料を使っていること。すべてのスイーツは保存料、安定剤、乳化剤等は不使用 。もちろん、 マーガリン、ショートニング等も使われていません。

こちらも住宅街にあるお店ですが、赤色の外観に、思わず目がとまります。

外に出ていた看板のイラストもとても可愛いく、女子なら必ず立ち止まってしまいそうですね。

ケーキ屋さんでなく、雑貨屋さんのような雰囲気あるおしゃれなお店です。

入ってすぐ正面にあるガラスケースには、可愛いケーキが。ディスプレイはフランスの街中にある小さな洋菓子屋さんのようです。

「どれもおいしそうだね。」

と話していると、パティシエのオーナーが

「なんでも聞いてくださいね。材料から説明しますよ」

と親切に声をかけてくださいました。

購入したのは、こちらの「バターケーキ」。同じように見えますが「材料が違うので味が全然違うんです!」とオーナーが熱く説明してくださったので、購入しました。

ひとつは奄美諸島の喜美良糖を使用したバターケーキ。もうひとつは、フローラルなフロリダ産のオレンジハニーとオーガニックケーンシュガーを使用したバターケーキです。どちらも220円(税込)。

食べ比べてみると、微妙に甘さが違い、なかなか貴重な体験ができました。

6
【16:30】「椎名町駅」にゴール
【16:30】「椎名町駅」にゴール 【16:30】「椎名町駅」にゴール
椎名町駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shiinamachi/
「LABESS」から徒歩5分ほどで駅に到着。今日は美食家女子にぴったりのコース。そして、この街を愛した芸術家の作品も楽しむことができ、秋にぴったりの街歩きでした。みなさんも、ぜひお友達を誘っておでかけしてくださいね。

※このコースは2018年10月12日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP