下落合でおいしいパンを買って神田川沿いを散歩しながら秋を見つける親子おでかけコース

親子おでかけ (198)
1062views
コースをメモする
下落合でおいしいパンを買って神田川沿いを散歩しながら秋を見つける親子おでかけコース

今回は日に日に秋が深まっていくこの時期におすすめの、親子で気軽に秋を感じられるお散歩コースを紹介します。新宿区にある「下落合駅」で下車したら、すぐ近くに流れる「神田川四季の道」をお散歩。小滝橋近くの小さなパン屋さん「ティコパン」で絶品パンを購入します。再び神田川沿いを歩き「せせらぎの里公苑」でパンピクニック。お昼を食べたら、遊具のある公園を散策しながらひと遊び。帰りに駅のすぐ近くにあるグリーンショップ「hana-fusa」で秋の花を購入します。 それでは、手軽に秋を満喫するお散歩に出発!

朝からスタート!

1
【10:00】「下落合駅」からおでかけスタート
【10:00】「下落合駅」からおでかけスタート 【10:00】「下落合駅」からおでかけスタート
下落合
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shimo-ochiai/
「下落合駅」は西武新宿線の駅です。ターミナル駅である高田馬場駅の隣駅ですが、静かで落ち着いた街並みが広がります。利便性が高く、住みやすい街です。

駅にはエレベーターが完備。バギーのおでかけでも、安心です。

2
【10:10】「神田川四季の道」をお散歩
【10:10】「神田川四季の道」をお散歩 【10:10】「神田川四季の道」をお散歩
神田川
駅の南口からすぐのところに神田川が流れている下落合。徒歩3分ほどで川沿いに出ます。
駅前も静かな下落合ですが、この川沿いまで来ると車もほとんど通らないため、さらに静かになります。
今日は神田川の下落合駅近くから、小滝橋にある「神田上水公園」を目指して歩きます。

途中には自動車・歩行者専用道路「神田川四季の道」の案内がありますよ。

車通りも少なく、子連れでも安心して散歩できる神田川沿いは快適。
所々、紅葉している木を見つけて

「ママ、この葉、綺麗に色づき始めてるよ。」

と発見したのが、嬉しくてたまらないといった娘。

「ほんとだ〜、紅も黄色もあるよ、この葉っぱ」

気になる木があったら、遠慮なく立ち止まりずっと見続けることができるのもこの道ならでは。

こちらは桜の木。春には見事な桜並木となることでしょう。

見上げると遠くに新宿の高層ビルが見え、そんなに都心が近かったんだとびっくりしますが、ウォーキング、ジョギング、サイクリングを楽しんでいる人をたくさん見かけました。

みんな、神田川沿いの景色に癒されて、ほっと一息ついているようです。

まだ緑や黄色の葉があり、いろんな色が楽しめる貴重なひととき。
そういうチャンスを逃さずに気軽に親子でおでかけするには、神田川沿いはぴったりです。

ゆっくりと歩くこと約15分。
小滝橋に出ると、通りの向こうには「神田上水公園」が見えました。

神田川沿いの散歩は今日はここまで。

「さあ、おいしいパンを買いに行こう!」

と娘に声をかけました。

3
【11:10】小滝橋近くの小さなパン屋さん「ティコパン」でパンを購入
【11:10】小滝橋近くの小さなパン屋さん「ティコパン」でパンを購入 【11:10】小滝橋近くの小さなパン屋さん「ティコパン」でパンを購入
ティコパン
小さな小さなパン屋さん「ティコパン」は、気をつけないとうっかり見過ごしてしまいそうです。
しかしながら、その味は実力たっぷり、この辺りでは知る人ぞ知るパン屋さん。

小さな扉を開けると、こだわりの素材で作られたおいしそうなパンが並んでいました!

「わ、おいしいそう!」

早速、パン好きな娘が満面の笑みに。
親子揃って、パンが大好きな私たち。まだ、5歳だというのにハード系が好きな娘はバゲットが気になるようです。

「こちらのハード系のパンは手でこねられているから、きっとおいしいよ」

ベテランパン職人がつくる「ティコパン」では、原材料も職人、みずから厳選しています。
どこの小麦を使っているのか?どこのバターで作っているのか?といった素材情報がこまめにFacebookページで公開されているほど、素材選びにも熱心なパン屋さん。
さてそのお味は!!期待に胸が膨らみます。

「これなんて、栗クリームがたっぷり!」

添加物不使用の茨城産の栗を使ったクリーム。秋の味です。

菓子パンが大好きな私は、こちらの「蒸し栗のクリームパン」180円(税別)ときび砂糖で作られた「メロンパン」180円(税別)を。

バゲットが欲しいとねだる娘には、今日は公園でお昼ごはんにパンを食べるのよ!と説明して、ハード系のペイザンにソーセージが挟まれたおかずパン「タルティーヌ」350円(税別)を購入しました。

こちらは、昼時とあり残りひとつでした!

楽しみで楽しみで、「せせらぎの里公苑」へ向かう道のりは親子揃って足早になっていました(笑)。

4
【12:10】「せせらぎの里公苑」でパンピクニックとひと遊び
【12:10】「せせらぎの里公苑」でパンピクニックとひと遊び 【12:10】「せせらぎの里公苑」でパンピクニックとひと遊び
せせらぎの里公苑
http://www.city.shinjuku.lg.jp/seikatsu/file14_13_00007.html
「せせらぎの里公苑」は、名前にもある通り、せせらぎ、水が流れる公園。市民の憩いの場として、近隣住民に親しまれています。「ティコパン」からは徒歩10分ほど。
公苑は、下水道局落合水再生センターの北側施設の上に作られ、せせらぎの他には、花壇や遊具、雑木林があり、秋には紅葉が楽しめます。

このせせらぎは、夏には子ども達の水遊び場として大活躍しそうですね。

みどりの新宿30選にも入っている「せせらぎの里公苑」。
苑内には、綺麗に手入れされた花壇があり、見ているだけで嬉しくなります。

童謡の「たきび」に出てくるサザンカやツバキもありました。

子ども達が大好きな遊具も揃っています。

こちらは乳幼児用の遊具、その横には子どもが大好きな砂場があります。

この日も、近所の保育園児が遊びにきていました。

私たちは、テーブルとベンチが備え付けられた藤棚の下で、ランチをいただきました。

きび砂糖で作られた「メロンパン」は茶褐色。ほんのり甘く、もう一度食べたい!と思わせる味でしたよ。

そして見つけた看板にはなんと、この公園のせせらぎの水は、下水を濾過処理されたものであると記されており、びっくり。

隣にある「落合水再生センター」で、その濾過の工程を見学できるそうなので、次回はぜひ、予約をして行ってみたいと思います。

5
【14:10】「hana-fusa」で秋の花を購入
【14:10】「hana-fusa」で秋の花を購入 【14:10】「hana-fusa」で秋の花を購入
hana−fusa
http://hana-fusa.com
「hana-fusa」は下落合駅の南口からすぐのところにあるグリーンショップです。公苑から駅に帰る道すがら、素敵な植栽の様子に思わず立ち寄ってしまいました。
「せせらぎの里公苑」の出口から「下落合駅」の南口までは徒歩1分とかからないので、「hana-fusa」にもすぐに到着。

グリーンショップに並べられた小さな鉢植え用の植物にも紅色があり、秋を感じさせます。

看板には「秋植え球根入荷」と書かれていました。チューリップやムスカリはこの時期に植えるんですね。

購入したのは、可愛いネーミングの「チョコレートコスモス」785円(税込)。
色がチョコレートのようですが、なんと、花の香りがチョコレートそのもの!

スタッフの方が、

「お顔を近づけてください!いい匂いがしますよ!」

と教えてくださいました。
お花なのになぜ、チョコレートの香りがするのか?娘はとっても不思議がっていました。

6
【15:00】「下落合駅」にゴール
【15:00】「下落合駅」にゴール 【15:00】「下落合駅」にゴール
下落合駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shimo-ochiai/
「下落合駅」に到着です。今日は小さな娘と一緒でも、手軽に秋を感じることができ大満足。おいしいパン屋さん「ティコパン」に出会えたことも収穫でした!

まだまだ、たくさんの距離を歩くことができない子ども連れやバギーでのおでかけが必須のママには、おすすめのコースです。小さな秋を探しに、ぜひおでかけしてみて下さいね。
※このコースは2018年10月15日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP