秋風が気持ちいい!「野火止緑地」を散策して「小平天然温泉テルメ小川」でほっこりするデートコース

デート (139)
1923views
コースをメモする
秋風が気持ちいい!「野火止緑地」を散策して「小平天然温泉テルメ小川」でほっこりするデートコース

今日は東大和市駅近くにある「野火止用水」周辺を彼とお散歩デート。まずは、秋空に誘われて「野火止緑地」へ。奥深い雑木林で森林浴を楽しんだら、この用水を作った様を伝えるブロンズ像「用水工夫像」を鑑賞。近くにある「ラザレ 東大和店」のテラス席でパンをランチに食べて、最後に心も身体もときほぐす「小平天然温泉テルメ小川」でほっこりします。帰りはバスで「東大和市駅」に戻り、おでかけ終了。 それでは、秋風を感じるデートに行ってみましょう!

朝からスタート!

1
【10:30】「東大和市駅」からスタート
【10:30】「東大和市駅」からスタート 【10:30】「東大和市駅」からスタート
東大和市駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/higashi-yamatoshi/
今日は「東大和市駅」からおでかけです。「西武新宿駅」からは急行・拝島行に乗車すると約40分弱で到着し、乗り換えなしでとっても便利です。
2
【10:50】「野火止緑地」を散策
【10:50】「野火止緑地」を散策 【10:50】「野火止緑地」を散策
野火止緑地
https://www.city.higashiyamato.lg.jp/index.cfm/34,5855,360,622,html
「野火止緑地」は野火止用水の周りに広がる雑木林です。クヌギ、コナラといった比較的背の高い樹木が多く、一歩足を踏み入れると、冷んやり。緑地には心地よい風が吹いています。

野火止用水は東大和市駅の南を東西に流れる玉川上水の分水で、江戸時代に開削されました。隣駅の「玉川上水駅」から「東大和市駅」方面に向かって玉川上水緑道を歩いていくと「小平監視所」があり、ここが分岐点となっています。

「野火止用水は東京都の条例で歴史環境保全地域として指定されているんだ」

と、彼が得意げに喋り出しました。
玉川上水緑道へは度々デートに来ている私たち。特に彼はその美しさにすっかりはまって、次はどこを散歩しようか?といろいろ調べてくれているのです。

「分岐点にはそのことを記す看板があるんだけど、東大和市駅を超えるまでは地下に潜っていて、用水は見えないんだ。だから、今日はその流れが見れる駅より東側を散策しよう!」

東大和市駅から徒歩10分ほどで、目の前には綺麗な野火止用水が見えてきました。

まもなく、雑木林に入ります。

「わぁい!やっぱり、気持ちいいね」

「そうだね。さっきまで街だったのに、車の音も聞こえない。癒されるなあ。東京都の保全活動のおかげだね」

見上げると、巣箱がありました。

「何か小動物が住んでるかもしれないね」

楽しい想像が膨らみます。

3
【11:30】「用水工夫像」を鑑賞
【11:30】「用水工夫像」を鑑賞 【11:30】「用水工夫像」を鑑賞
用水工夫像
https://www.city.higashiyamato.lg.jp/index.cfm/34,12623,360,621,html
雑木林を抜けると車道があり、堀具を振り上げた工夫のブロンズ像が見えました。
これが「用水工夫像」です。

「こうやって、昔の人が作ってくれたんだね」

当時の様子が目に浮かぶようです。

「用水工夫像」の袂には「のびどめばし」があり、さらに奥へ続く道がありました。

私たちは、惹かれるように雑木林に入っていきます。

「ますます深くなるね」

「これぞ武蔵野の風景!」

秋風に吹かれて、つい最近まで30度を超える夏日だったことを忘れてしまいそうです。

次に見えたのは「ふれあいばし」と書かれた橋。

この橋の近くでは川面に降りることができ、より一層空気が冷たく感じます。

「この水の流れ、埼玉県新座市付近まで続いているらしいよ」

と彼が教えてくれました。

4
【12:30】「ラザレ 東大和店」でパンランチ
【12:30】「ラザレ 東大和店」でパンランチ 【12:30】「ラザレ 東大和店」でパンランチ
ラザレ 東大和店
https://www.lazalee.jp
「さぁ、お昼だ!ランチしよう」

ちょうど「用水工夫像」から徒歩5分のところにおいしいパン屋さんがあるので、向かうことにします。

「ラザレ 東大和店」はすべて手作り、焼きたてのパンを提供する、この辺りでは人気のパン屋さんです。
特に散歩が気持ちいい「野火止緑地」の近くとあって、地元の方だけでなく、散策とあわせて立ち寄る方も多いとか。

「かわいいね、トトロのパン(172円)があるよ」

「あの雑木林、トトロがいそうだもんね」

「野火止あんぱん(171円)だって!」

他にはゆで卵とカレー味の玉ねぎがはいった「たまごちゃん(190円)」、「フレンチトースト(160円)」を購入。

お店の外にあるテラス席でいただきました。

※価格はすべて税込

5
【13:30】「小平天然温泉テルメ小川」でほっこり
【13:30】「小平天然温泉テルメ小川」でほっこり 【13:30】「小平天然温泉テルメ小川」でほっこり
小平天然温泉テルメ小川
http://www.terme-ogawa.com
散策で程よく汗もかいて、おいしいパンも食べたところで、私にとって今日一番の楽しみである温泉に向かいます。
「小平天然温泉テルメ小川」は、「ラザレ 東大和店」から徒歩10分。小平市にあり、途中で西武線を越えて到着します。

入浴料金は、休日で大人(1028円)です。バスタオルとフェイスタオルがセットの「レンタルタオル(205円)」もあり、手ぶらでも安心です。

「源泉100パーセントの天然温泉なんだよ。美肌の湯って言われるぐらい、いいお湯みたい!」

と大はしゃぎの私を見て、彼は笑っていましたが、リラックスできるとあって、二人ともゆっくりお湯につかることにします。

写真は女性の外湯。
黒っぽい温泉が特長です。

お風呂上がりの待ち合わせは、こちらの休憩室。ゆっくりと過ごせます。

壁に掛けられた大きな絵は、どちらも洋画のような色調でした。

食堂もあり、小腹が空いた彼は、小平名物の「糧うどん(648円)」をオーダー。

「おいしいうどんだ!」

と感激していました。まさか、小平名物まで食べられるとは!
バスの時間となり、また冬にも来たいねと話しながら、温泉を後にしました。

※価格はすべて税込

6
【15:30】バスに乗車
【15:30】バスに乗車 【15:30】バスに乗車
小川寺前
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00016979/00004193/0/
帰りは「東大和市駅」まで、バスで移動します。バス停は「小川寺(しょうせんじ)前」で、「小平天然温泉テルメ小川」から徒歩約1分です。
運賃は180円でした。
7
【15:40】「東大和市駅」にゴール
【15:40】「東大和市駅」にゴール 【15:40】「東大和市駅」にゴール
東大和市駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/higashi-yamatoshi/
乗車して5分ほどで「東大和市駅」に到着。

今日は秋空に恵まれ、玉川上水の分水である「野火止用水」周辺をゆっくりとお散歩できました。玉川上水緑道とよく似ていますが、雑木林がさらに深く、小動物が出てきそうな森の雰囲気を味わえて大満足。

さらに、「小平天然温泉テルメ小川」では、心ゆくまで身体を緩ませてリラックスできました。特に、洋風の外湯の開放感がとてもお気に入り。リピート確実です。
みなさんも、秋風が気持ちいいこの季節に、ぜひおでかけください。リフレッシュできますよ。

※このコースは2018年8月20日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP