幻想的な灯火と花火に酔いしれる!秩父の夏の風物詩「秩父あんどん祭り」レポート

女子旅 (136)
483views
コースをメモする
幻想的な灯火と花火に酔いしれる!秩父の夏の風物詩「秩父あんどん祭り」レポート

秩父の夏の風物詩、「第50回秩父あんどん祭り」に行ってきました!会場は秩父市営墓地となっている聖地公園で、毎年8月16日に祖先の霊を祭る行事として開催されます。まずは「西武秩父駅」をスタートし、駅前のロータリーから無料の送迎バスに乗り、「秩父あんどん祭り」の会場である「聖地公園」に向かいます。会場では出店や屋台ばやしを楽しみ、暗くなってきたころに、墓前あんどんや絵あんどんが点灯するのを見守ります。そのあと卒塔婆供養(お焚き上げ)と打ち上げ花火を鑑賞し、送迎バスに乗り「西武秩父駅」に戻ります。最後に「祭の湯」にある人気ジェラート店「セタリア」でご当地ジェラートを食べて終了です。 あんどんの灯火や、秩父屋台ばやし、打ち上げ花火など、秩父での幻想的な一夜を過ごすことができる「秩父あんどん祭り」、さっそくレポートします!

夕方からスタート!

1
【16:48】「西武秩父駅」スタート
【16:48】「西武秩父駅」スタート 【16:48】「西武秩父駅」スタート
西武秩父駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/seibu-chichibu/
特急レッドアロー号「ちちぶ21号」に友達と乗って、快適に西武秩父駅に到着しました!
西武線池袋駅から西武秩父駅までは、特急レッドアロー号で最短78分。指定席の広々としたシートに座れるので、友達とのんびり話したり、読書をしたりしているうちに、あっという間に到着です。
2
【17:00】無料の送迎バスに乗り「秩父あんどん祭り」会場へ
【17:00】無料の送迎バスに乗り「秩父あんどん祭り」会場へ 【17:00】無料の送迎バスに乗り「秩父あんどん祭り」会場へ
西武秩父駅(バス)
https://navi.city.chichibu.lg.jp/p_festival/1252/
「西武秩父駅」の改札を出たら目の前にバス乗り場があり、「秩父あんどん祭り」会場への無料送迎バスが待機していました。わかりやすい立て看板と大型バスが停まっているので迷うことはありません。

当日は駅を出ると小雨が降り出していたので、急いでバスに乗り込みます。
3
【17:40】「秩父あんどん祭り」会場(聖地公園)で屋台ばやしや出店を楽しむ
【17:40】「秩父あんどん祭り」会場(聖地公園)で屋台ばやしや出店を楽しむ 【17:40】「秩父あんどん祭り」会場(聖地公園)で屋台ばやしや出店を楽しむ
秩父市 聖地公園管理事務所
http://www.chichibuji.gr.jp/event/andon/
送迎バスに乗り20分ほどで会場となっている「聖地公園」に到着しました。「聖地公園」は高台にあり、秩父市営墓地やメモリアルホールの他、児童交通公園、グラウンドなどを擁する広大な公園です。

会場に到着すると、「あんどん祭り」と書かれた大きなあんどんの看板が目を引きます。
遠くから屋台ばやしの音が聞こえてきました!
屋台ばやしや出店のある、秩父公園管理事務所方面に向かいます。

屋台ばやしの演奏の手前側には、たくさん出店が出ていました。
こちらはお好み焼き屋さん。

こちらはカラフルなチョコバナナ屋さん。
お祭りらしい雰囲気たっぷりで買いたくなりましたが、雨が強くなってきたので屋台ばやしに向かいます。

秩父公園管理事務所とレストハウス「やすらぎ亭」の間のスペースで屋台ばやしの演奏がされていました。
地域の子どもたちが少人数のグループに別れて演奏を披露します。

あいにくのお天気でしたが、子どもたちの一生懸命な演奏に観客全員がずっと聴き入っていました。

雨やどりに、隣にある「やすらぎ亭」に入ります。

こちらにはレストランがある他、トイレが使えたり、秩父のお土産も販売しています。

この日はお祭りだったので、缶ビールや焼き鳥などの屋台もありましたよ。

屋台の中で、友達が「これおいしそう!」と見つけたのが「ちちぶメープル アンダギー」(200円税込)。
砂糖の代わりに秩父産のメープルシロップを使ったアンダギー(揚げドーナツ)で、クルミ入りと、クランベリー&クルミ入りの2種類。

友達はクルミ入りを、私はクランベリー&クルミ入りを1つずつ買って食べました。
自然な程よい甘さがとてもおいしかったですよ!

4
【18:00】約1万灯!「墓前あんどん」や「絵あんどん」の点灯を鑑賞
【18:00】約1万灯!「墓前あんどん」や「絵あんどん」の点灯を鑑賞 【18:00】約1万灯!「墓前あんどん」や「絵あんどん」の点灯を鑑賞
秩父聖地公園
http://www.chichibuji.gr.jp/event/andon/
周りが暗くなり始めた18時から、あんどんが点灯されます。

19時15分ごろまでに、約1万灯ものあんどんが全て灯され幻想的な世界が広がります。

あんどんは、墓地から交通公園、駐車場など公園全体に設置されています。

一つひとつのあんどんにオリジナルの絵が描かれた「絵あんどん」は、どれも個性的。
「これかわいいね!」と思わず友達とじっくり見てしまいます。

墓地には、それぞれのお墓に「墓前あんどん」が並んでいます。

広大な土地に、一列に並んだお墓とあんどんが灯される景色は一見の価値ありです。

巨大なあんどんの形をした看板も点灯していました。

「こんなに素敵なあんどんが見られるなんて知らなかった!」
「あんどんは秩父の象徴の一つなんだね!」

気づけば雨もやみ、涼しい風が。
そろそろ卒塔婆供養(お焚き上げ)が始まるとアナウンスがあったので、移動することにしました。

5
【19:00】「卒塔婆供養(お焚き上げ)」を見学
【19:00】「卒塔婆供養(お焚き上げ)」を見学 【19:00】「卒塔婆供養(お焚き上げ)」を見学
秩父聖地公園
http://www.chichibuji.gr.jp/event/andon/
グラウンドに移動すると、卒塔婆が美しく積み上げられ、オブジェのようなものが見えてきました。

卒塔婆は先祖を供養するためにお墓の後ろに立てますが、古くなった卒塔婆は「お焚き上げ」をして処分するそうです。
当日でも受け付けてくれるようで、点火する直前まで近隣の方々が卒塔婆を持ち込んでいました。

19時になると、秩父の地元の男性が松明を持って卒塔婆の周りに集まり、点火します。

点火した途端、一気に炎が広がりました。

炎が付いた瞬間から、暗闇が一気に明るくなり、それとともに炎の熱気が周囲に広がりました。
少し涼しくなった時間帯には心地よい熱気でした。

炎が最大になり、火の粉が舞い上がります。
いろいろな思いが込められた卒塔婆が燃えるのを、しばらく友達と呆然と眺めていました。

6
【19:30】1200発の「打ち上げ花火」を鑑賞
【19:30】1200発の「打ち上げ花火」を鑑賞 【19:30】1200発の「打ち上げ花火」を鑑賞
秩父聖地公園
http://www.chichibuji.gr.jp/event/andon/
お焚き上げを見終わったころ、ちょうど「これからスターマインを打ち上げます」とアナウンスが。

「スターマインってよく聞くけど何だろう?」
「『速射連発花火』のことなんだって。いくつもの花火を組み合わせて、たくさんの花火を短時間に連続して打ち上げる花火のことだそうだよ。」

広い秩父の夜空に1200発の花火がこれから打ち上げられます!

お焚き上げをしていた場所から、墓地を超えたその先で花火が打ち上げられます。

カラフルで大小様々な花火が打ち上げられ、混雑なくゆったりと鑑賞できるのは贅沢な気分になります。

私も友達も「きれいー」と感動しながら、たくさん写真を撮りました。

夏の秩父の澄み切った夜空に打ち上げられる花火は、花火の音以外は何もなく大人の雰囲気でした。

7
【20:20】送迎バスで「西武秩父駅」へ
【20:20】送迎バスで「西武秩父駅」へ 【20:20】送迎バスで「西武秩父駅」へ
聖地公園 送迎バス乗り場
http://www.chichibuji.gr.jp/event/andon/
花火鑑賞をたっぷり満喫して、目の前の無料送迎バス乗り場に移動します。
バス乗り場も思ったほど混雑せずにすぐに乗ることができました。

写真はバス乗り場から見えた花火。
バスに乗る直前まで花火を楽しめました。
8
【20:40】「祭の湯」の「セタリア」でご当地ジェラートを食べる
【20:40】「祭の湯」の「セタリア」でご当地ジェラートを食べる 【20:40】「祭の湯」の「セタリア」でご当地ジェラートを食べる
西武秩父駅前温泉 祭の湯
https://www.seibu-leisure.co.jp/matsuri/index.html
送迎バスに乗り15分ほどで西武秩父駅に到着しました。
駅直結のお土産&食事ができる「祭の湯」に立ちより、おいしいご当地スイーツを食べて帰ります。

「祭の湯」の館内をまっすぐ進むとフードコートの入り口にジェラートショップ「セタリア」があります。
20種類ほどのジェラートがずらりと並んでいて、どれもおいしそう!

秩父のメープルを使ったジェラートや、秩父産のイチゴを使ったものなど、地元の素材を取り入れた、ここならではのラインナップが特徴的です。

悩んだあげく、「ダブル」(500円税込)にして、秩父の日本酒「秩父錦」と「ブルーベリー」を選びました。

「秩父錦」は日本酒のほのかな香りがしてさっぱりとした甘さ。
「ブルーベリー」はブルーベリー本来の味がしっかりと感じられてとてもおいしかったです。

9
【21:25】「西武秩父駅」ゴール
【21:25】「西武秩父駅」ゴール 【21:25】「西武秩父駅」ゴール
西武秩父駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/seibu-chichibu/
「ジェラートおいしかったね!」
「今日はいろんなことが楽しめて最高の夜だった♪」

「祭の湯」を出たら、目の前は西武秩父駅です。
特急レッドアロー号「ちちぶ56号」に乗って帰宅の途につきました。

「秩父あんどん祭り」は、送迎バスでの移動がスムーズで快適、現地では屋台ばやしやあんどん、屋台での食べ歩き、花火など、夏ならではの体験をたくさんできて、大満足の一夜となりました。

みなさんもぜひ一度足を運んでみてくださいね。

※このコースは2018年8月16日に行ってきました

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP