朝が苦手な人でもOK!午後から参加できる貴重なブルーベリー狩りと大泉学園グルメを堪能するデートコース

デート (139)
1805views
コースをメモする
朝が苦手な人でもOK!午後から参加できる貴重なブルーベリー狩りと大泉学園グルメを堪能するデートコース

ブルーベリーがおいしい季節になりました。 ブルーベリーが大好きな私は「ブルーベリー狩りに行きたい!!」と思っていたのですが、他の果物狩りは夕方までできるものが多いのに、なぜかブルーベリー狩りは午前中のみ実施しているところがほとんど。 いつもデートは午後からなので、これまでブルーベリー狩りはちょっとハードルが高かったのですが、午後もオープンしているブルーベリー農園を大泉学園で発見!さっそく行ってみることにしました。 「大泉学園駅」で待ち合わせをしたら、まずはコーヒーが大好きな彼のためにお店で焙煎したコーヒーを堪能できる「GONZO CAFE&BEANS」でカフェタイム。 次に、メインイベントである「ベリーズ工房小さな果樹園」でブルーベリー狩りを楽しんだら、住宅街の中の隠れ家イタリアンとして評価の高い「オブリガッツィオーニ」で絶品イタリアンを楽しみます。 それでは、大泉学園駅周辺でおいしいものを満喫するデートのスタートです!!

昼からスタート!

1
【15:00】「大泉学園駅」からおでかけスタート
【15:00】「大泉学園駅」からおでかけスタート 【15:00】「大泉学園駅」からおでかけスタート
大泉学園
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/oizumi-gakuen/
今回のデートは西武池袋線「大泉学園駅」で待ち合わせ。
西武線池袋駅からは準急で3駅目、15分強で到着します。

私は何度か、降りたことのある駅でしたが、彼は初めて降りたそうで
「発車メロディーは『銀河鉄道999』だし、改札にも『車掌さん』がいた!!」とびっくりしていました。

練馬区が「ジャパンアニメーション発祥の地」ということに加え、『銀河鉄道999』原作者の松本零士氏が大泉学園在住なのがきっかけのようです。

思いがけないところで彼が喜んでくれ、幸先のよいスタートになりました。

2
【15:10】「GONZO CAFE&BEANS」でカフェタイム
【15:10】「GONZO CAFE&BEANS」でカフェタイム 【15:10】「GONZO CAFE&BEANS」でカフェタイム
権蔵焙煎所 GONZO CAFE&BEANS
http://gonzo-coffee.com/
まずはおいしいコーヒーを飲みに大泉学園駅南口から徒歩5分のところにある「GONZO CAFE&BEANS」へ向かいます。

入口を入るとすぐ脇に大きな焙煎機がありました。
こちらは店頭で自家焙煎したおいしいコーヒーを飲むことができると評判のカフェです。

残念ながら、訪れた時は動いていませんでした。
間近で大きな焙煎機を見られる機会が滅多にないので、工場見学気分をちょっぴり味わえました。

焙煎機の横には20種類ほどの豆が並び、豆の購入もできるようになっています。

ホットコーヒーであれば店内で、全種類の豆から選んで飲むことができます。飲んで気に入ったものを購入できるのはいいですね!

ホットコーヒーは豆の種類に関わらず、すべて420円(税込)です。

訪れたこの日はとても暑かったので、彼は「アイスコーヒー」450円(税込)、私は「アイスカフェラテ」480円(税込)を注文。
少し甘いものが食べたかったので「オレオ」30円(税込)も注文しました。

アイスコーヒーもアイスカフェラテも「GONZOビターブレンド」を使用しているそうで、苦みとコクのあるとってもおいしいコーヒーでした。
大きなグラスにたっぷりと入っているのもうれしいポイントです。

ソファー席と長椅子型の席のある店内は、のんびりとおいしいコーヒーを飲むのに最適です。

コーヒーのおいしさはもちろん、お店の雰囲気も2人ともすごく好みで「またゆっくり来たいねー!」と話しながらお店を後にしました。

3
【16:30】「ベリーズ工房小さな果樹園」でブルーベリー狩り
【16:30】「ベリーズ工房小さな果樹園」でブルーベリー狩り 【16:30】「ベリーズ工房小さな果樹園」でブルーベリー狩り
ベリーズ工房小さな果樹園
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/norin/syoku/econosanbutu/seisansya/120038.html
「GONZO CAFE&BEANS」を出たら、私がすごく楽しみにしているブルーベリー狩りへ!大泉学園駅の北口側にある「ベリーズ工房小さな果樹園」へはゆっくり歩いても20分かからずに到着しました。

住宅街にある看板が見えたら、「ブルーベリー」と書かれたのぼりに向かってさらに進むとすぐブルーベリー畑に到着です。

ブルーベリー狩りは午前中しか実施していないところが多いのですが、こちらの「ベリーズ工房小さな果樹園」は午後もオープンしている貴重な農園です。

午後の営業時間は15:00から17:30(水曜・日曜のみ)まで、私たちのように朝が苦手な人でもブルーベリー狩りを楽しむことができます。

説明を受け、虫さされ防止のための手袋をつけたらさっそくブルーベリー狩りのスタートです。

ブルーベリーは13品種・140本が植えられていて、時期をずらして育てているので今年のように暑い夏でも影響を受けず8月下旬までブルーベリー狩りを楽しむことができるそうです。

ブルーベリーは追熟しない果物なので、色が濃く耳たぶほどの柔らかさのものを選んで摘み取ります。

ブルーベリーの木はあまり大きくないので、背の低い私はもちろん、小さなお子さんでも簡単にとることができます。

こちらの農園のブルーベリーは「東京エコ50」という「東京都エコ農産物認証制度」を受けています。
「東京エコ50」は「都の慣行使用基準」から化学肥料や化学合成農薬の使用を50パーセント以上削減した農産物ということ。

安全・安心なブルーベリーなので、家族での夏の思い出作りにもぴったりだと思います。

摘み取ったブルーベリーは100グラム200円(税込)で持ち帰ることができます。

今回は彼と2人で約400グラム摘み取ったので、800円(税込)を支払い2パックに入れてもらいました。

摘み取り終わってから気づいたのですが、ブルーベリーの他にブラックベリーも植えられていて、ブラックベリーの摘み取りもできるようです。

大好きなブルーベリーを自分で摘み取ることができて、スーパーなどで買うよりも新鮮で甘い!さらに安く手に入れることができて、とっても幸せな気分で農園を後にしました。

4
【18:00】「オブリガッツィオーニ」で絶品イタリアン
【18:00】「オブリガッツィオーニ」で絶品イタリアン 【18:00】「オブリガッツィオーニ」で絶品イタリアン
オブリガッツィオーニ
http://obbligazioni.tokyo/
おいしいブルーベリーをたくさん摘んで、ブルーベリー狩りを満喫したら、「ベリーズ工房小さな果樹園」のすぐ近く、徒歩1分ほどのところにある隠れ家イタリアン「オブリガッツィオーニ」でおいしいと評判のイタリアンをいただきます。

看板は大きくなく、美容室など他の店舗も同じ建物にあるので少しわかりづらいかもしれません。
私は素敵な中庭のある建物というのを知っていたので、ブルーベリー農園の最初に見た看板の目の前にある素敵な建物がそうだとすぐに気づきました。

「普段使いから記念日まで気取らずに使える隠れ家イタリアン」という評判を聞いていたので、期待が膨らみます。

お店の中には、ピアスなどのアクセサリーを販売しているコーナーがあるほか、キッズスペースもありました。
ランチ時には地元のママたちを中心に人気のお店なのでしょうね。

まずは乾杯!
彼は大泉学園駅周辺ではこちらでしか飲むことができないという、国産超絶プレミアムビール「GARGERY23(ガージェリー23)」の中からフルーティーな香りとさわやかな苦みの「wheat(ウィート)」970円を注文。
おしゃれなグラスに入れられて、とてもプレミアム感がありました。
(注ぎ方で味や香りが変わっていくそうです!!)

私は自家製「サングリア(白)」538円を注文しました。

メニューはどれもおいしそう!
どれにしようか悩んだ結果、前菜は「シェフにお任せ!前菜の盛り合わせ」2人前2050円を注文。

思った以上に豪華な前菜で、どれもおいしく、2人とも大満足。

私も彼も大好きな「アヒージョ(バケット付き)」1078円は鶏肉にヤングコーン・ジャガイモが入った普段食べるアヒージョとはひと味違って、こちらもとてもおいしかったです。

注文したものすべてがおいしく、お酒が進みます。
ビールの種類が多めで彼は2杯目に「コロナ」646円を注文していました。
(私は自家製サングリアが気に入り、2杯目も同じものを飲みました。)

最後にオーダーした「ボンゴレビアンコ」1402円はとても大きなあさりとハマグリがたっぷりと入っていて、食べ応え十分。

期待以上の絶品イタリアンに彼も私も大満足でお店を後にしました。

※価格はすべて税込

5
【20:00】「大泉学園駅」に到着。おでかけ終了!
【20:00】「大泉学園駅」に到着。おでかけ終了! 【20:00】「大泉学園駅」に到着。おでかけ終了!
大泉学園
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/oizumi-gakuen/
絶品イタリアンでおなかいっぱいになったら「大泉学園駅」に戻り、今日のデートは終了です。
「オブリガッツィオーニ」から大泉学園駅までは徒歩15分かからずに到着しました。

採れたてのブルーベリーはお店で買ったものよりおいしく大満足だったのはもちろん、他の2つのお店でも大泉学園グルメを堪能することができ、どのスポットも期待以上でした。
「GONZO CAFE&BEANS」も「オブリガッツィオーニ」も大好きなお店になったので、また行きたいです。
自信を持っておすすめできるコースですので、みなさんもぜひおでかけしてみてください。

※このコースは2018年7月22日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP