「池袋ジャズフェスティバル」でジャズライブを満喫!肉バルやベルギービールで昼飲みを楽しむ週末デートコース

デート (155)
919views
コースをメモする
「池袋ジャズフェスティバル」でジャズライブを満喫!肉バルやベルギービールで昼飲みを楽しむ週末デートコース

爽やかな風が心地よいこの季節に、毎年開催される「池袋ジャズフェスティバル」。週末の2日間、池袋の街角がジャズのライブ会場と化し、サックスやトランペットが鳴り響きます。街行く人がみんなジャズに酔いしれる、そんな「池袋ジャズフェスティバル」に今年は彼とおでかけしてきました。「西武線池袋駅」で彼と待ち合わせしたら、まずメイン会場の「池袋西口公園(A会場・B会場)」に向かいます。いくつかバンドの演奏を楽しんだら、次は至近距離で演奏が聴けるお隣の会場「東京芸術劇場前広場」でジャスを満喫。スイングしたら、やはりアルコールが欲しくなって、東京芸術劇場にある「ベルギービール カフェ ベル・オーブ 東京芸術劇場」で乾杯!ほろ酔い気分で次の会場「元池袋史跡公園」に向かいます。こちらでも、たっぷりジャズを楽しんで、最後に「肉バル アンタガタドコサ池袋」で乾杯!昼間から、開放的な屋外で大音量の音楽とビールを楽しむイベントデート、さあスタートです!

昼からスタート!

1
【13:00】「西武線池袋駅」からスタート
【13:00】「西武線池袋駅」からスタート 【13:00】「西武線池袋駅」からスタート
池袋駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/ikebukuro/
今日は、彼と「西武線池袋駅」で待ち合わせ。
1階改札で待ち合わせをして、「池袋ジャズフェスティバル」の会場である駅の西口方面へは、地下通路を歩いて向かいます。

二人とも、お昼から気持ちいい屋外でジャズの生ライブが聞けるとあって、いつもと違うテンションで集合。

「天気もいいし、良かったね!」
「おまけに無料でジャズライブが聞けるなんて、ウキウキだね」
2
【13:10】メイン会場となる「池袋西口公園(A会場・B会場)」へ
【13:10】メイン会場となる「池袋西口公園(A会場・B会場)」へ 【13:10】メイン会場となる「池袋西口公園(A会場・B会場)」へ
池袋西口公園
http://www.ikebukurojazz.com
最初に「池袋ジャズフェスティバル」のメイン会場となる「池袋西口公園」に向かいます。「池袋ジャズフェスティバル」は2018年、記念すべき15周年を迎えるイベント。全部で10の会場で演奏が行われ、この日は池袋の西口方面が心地よい音楽で盛り上がります。

演奏スケジュールは午前11時から夜の8時半までぎっしり。たっぷりとジャスを味わうことができます。

見えてきました!会場です。

「噴水がある、ここが池袋西口公園。たくさんの人が聴きに来ているね」
「ここがフェスティバルのメイン会場だから、2つもステージがあるね!」
「去年は、約200バンドぐらいが出演したらしいよ!」

最初にイベントの詳細が書かれたパンフレットを入手します。
こちらの受付では、スタンプラリーの案内もあり、10会場、すべてのスタンプを集めると、限定ピックキーホルダーがもらえるそうです。(限定ピックキーホルダーは、各日先着100名)

会場内にはドリンクなどが販売されていて、ふらっと立ち寄っても大丈夫!ドリンク片手に、ライブを楽しめます!

「A会場とB会場って前の2つのステージのことね!」
「そうそう、プログラムを見ると、各ステージで交互に30分ずつ演奏するんだ」
「A会場のステージは大きいから、バンドの人数が多くて迫力あるね」

ちょうど、A会場のステージでは「YMCA」が演奏され、会場のお客さんも例の振り付けを楽しんでいました。

3
【14:30】舞台が近くてライブ感たっぷり!「東京芸術劇場前広場」の演奏会場へ
【14:30】舞台が近くてライブ感たっぷり!「東京芸術劇場前広場」の演奏会場へ 【14:30】舞台が近くてライブ感たっぷり!「東京芸術劇場前広場」の演奏会場へ
東京芸術劇場
http://www.ikebukurojazz.com
「池袋西口公園(A会場・B会場)」からも見えていたお隣にあるこちらの会場は、東京芸術劇場の目の前にステージがあります。
こちらでは、4〜5名で構成される比較的小規模なバンドの演奏を楽しむことができます。舞台も至近距離なので、よりライブ感が盛り上がり、会場を取り囲む人々の中には踊り出す人も!

「スタンプラリー、やってるよ!押してもらったら?」
と彼。

ギターのピック型のキーホルダーがもらえるとあって、男性がたくさん参加されていました。

「スタンプラリーに男性が参加しているのって、私、初めて見たかも」
みんな相当ジャズ好きのようですね!

もちろん、ライブもノリノリ!舞台が近いため、観客はみんなリズムに乗って、楽しそうです。

「目の前の親子、二人で揺れてるね!かわいい」

「ステージの演奏者、変わったよ!」

こちらの会場では1バンド40分の演奏が行われます。

「このバンド、アフリカっぽい太鼓の音がいいよね」
「ほんと。演奏者は女性だけど迫力ある音だね」

4
【15:30】「ベルギービール カフェ ベル・オーブ 東京芸術劇場」で乾杯
【15:30】「ベルギービール カフェ ベル・オーブ 東京芸術劇場」で乾杯 【15:30】「ベルギービール カフェ ベル・オーブ 東京芸術劇場」で乾杯
東京芸術劇場
http://www.belgaube.jp/page/tokyo
ほど良くサウンドを楽しんだところで、ちょっとアルコールが飲みたくなった二人。ベルギービールが楽しめるカフェでしばし、休憩することにしました。

こちらのおいしそうな色のビールは、私がオーダーした「フローリス・フランボワーズ」1120円です。

「ジャズをもっと楽しむためにも、やっぱり飲まない?」
「そうだね、汗もかいたし、ビール飲みたくなっちゃった」

と向かったのは「東京芸術劇場前広場」の会場から見えていた「ベルギービール カフェ ベル・オーブ 東京芸術劇場」。

さっそく、東京芸術劇場に入ってみると、1階は天井が高い空間でとっても気持ちいい空間。
そして、お目当のカフェもこのフロアにあるので、奥に進んでみます。

「あったよ!こっちのオープンな席も気持ち良さそうだね!」
「会場から見えていたテラス席もいいし、どうしようか?」

「大人の雰囲気を味わえる、カウンター席にしない?」
と揺れる私たち。結局、カウンター席にしました!

また、そんなわがままにも嫌な顔ひとつしないで案内してくださるスタッフの方は素晴らしい!と思いました。

私が注文したビールは、女性が好みそうなフルーツをビールに漬け込み醸造されたもの。
彼は修道院ビールである「ジネビア」1000円をオーダーしていました。いずれも自社輸入しているそうで、他では味わえないビール。

たくさん、いい音楽を聴いたからでしょうか?いただいたビールはとってもおいしく、さらに気分が良くなった二人。

「次回は、こっちのテラス席にしようね」

と、またライブを聴きに次の会場に向かいます。

※価格はすべて税別

5
【16:20】落ち着いてジャズが楽しめる「元池袋史跡公園」へ
【16:20】落ち着いてジャズが楽しめる「元池袋史跡公園」へ 【16:20】落ち着いてジャズが楽しめる「元池袋史跡公園」へ
元池袋史跡公園
http://www.ikebukurojazz.com
「東京芸術劇場」を出て、建物をぐるっと一回りした先に、小さなライブ会場が見えてきました。「元池袋史跡公園」の会場です。
こちらでも、比較的小規模4〜5名で構成されるバンドの演奏が楽しめます。演奏に使われる楽器も間近で見ることができ、ドラムがとても綺麗でした。

こちらに来る途中、さらに小さい規模のバンド、2名で演奏していた会場「ミュージックスタジオ・フォルテ劇場店前」を通り過ぎました。

「しっとり、ゆったり楽しみたい人には、この会場がいいかもね」

「元池袋史跡公園」に着くと、さっそく彼が

「スタンプ、押してもらったら?」

と一言。今回は、彼の方がスタンプラリーに夢中でした。

「元池袋史跡公園」は大通りに面しておらず、人混みとは懸け離れた環境でライブを楽しめます。訪れた時はピアノトリオのバンドが演奏中で、爽やかなジャズが流れていました。

そして次の出演者が、舞台裏で待機。

「この後、演奏するんだね」
「そうそう、夜まで続くから」

私たちは、お腹が空いてきたので夕食に向かいましたが、街はまだまだジャズを楽しんでいる人で溢れていました。

ここ、池袋マルイ前にも会場があり、西口五差路の交差点にはトランペットが鳴り響いていました。

6
【17:00】「肉バル アンタガサドコサ池袋」でスウィングなデートに乾杯!
【17:00】「肉バル アンタガサドコサ池袋」でスウィングなデートに乾杯! 【17:00】「肉バル アンタガサドコサ池袋」でスウィングなデートに乾杯!
肉バル アンタガタドコサ池袋
とっても気持ちよく、半日屋外でジャズを楽しんで、私も彼も上機嫌!やっぱり、もう1杯いきますか!と向かったのは、「肉バル アンタガサドコサ池袋」。肉バルですが、サラダからデザート、もちろんメインのお肉、ピザなどなんでもバランスよくそろっているお店です。少し早めに行ってみると、なんとハッピーアワー中!1ドリンク300円。飲まなきゃ損損!

彼は、まずは「赤ワイン」をオーダー。私は、先ほどの甘いフルーツビールで酔ってしまい、かわいく「ジンジャーエール」をお願いしました。
11時30分から18時まではハッピーアワーで、いずれも300円でした。

一緒にサーブされたのはお通し2人前348円。
アボカドディップと胚芽クラッカーです。

こちらが次にオーダーした「鴨肉の燻製とオレンジ ホワイトバルサミコソース」598円。
オレンジの酸味が効いていて、爽やか!鴨肉もあっさりいただけちゃいました。

さっきのお通しがおいしかったので、彼のリクエストで「豚レバーとクリームチーズのパテ」398円。クリームチーズと豚肉の少し苦味があるお味がベストマッチング。

他には「鶏肉としめじのアヒージョ」798円をオーダーしました。
とっても食べたかった「豚バラ肉スペアリブの甘辛煮」は売り切れ、ただいま仕込み中ということで、次回の楽しみにお店を後にしました。

店内はしっとりとした照明で、落ち着いて飲めます。

私たちは席の予約だけをしていましたが、あとから入って来た複数のグループは、飲み放題付きのコースを予約している方が多かったです。
ゆっくりと過ごせる空間が人気のようですね。

※価格はすべて税別

7
【19:30】「西武線池袋駅」ゴール
【19:30】「西武線池袋駅」ゴール 【19:30】「西武線池袋駅」ゴール
池袋駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/ikebukuro/
「楽しかったね!」
「コンサートに行くのもいいけど、自分たちのスタイルで、ふらっと楽しめる屋外の音楽フェスティバルっていいよね」

ジャズが好きな方でもそうでない方でも楽しめる「池袋ジャズフェスティバル」。無料で自分の好きなバンドをつまみ聴くこともできるので、小さい子ども連れでも安心しておでかけできます!

彼と家族とお友達と、ぜひ、みなさんも来年おでかけくださいね。

※このコースは2018年5月19日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP