おもてなし力アップ!日本三大茶産地「狭山茶」でおいしいお茶の淹れ方を学ぶコース

女子旅 (154)
1385views
コースをメモする
おもてなし力アップ!日本三大茶産地「狭山茶」でおいしいお茶の淹れ方を学ぶコース

新緑がまぶしい季節になってきましたね!今回は茶葉が芽吹く日本三大茶産地の一つ、「狭山茶」を満喫しにおでかけしてきました!まず、「狭山市駅」を出て、西武バスに乗り「宮野園」でお茶の淹れ方教室に参加します。最後に「狭山茶たっぷりソフトクリーム」を頂いたら、西武バスで移動して「割烹 喜代川」でランチをいただきます。駅までの帰り道、「田丸屋菓子店」で和菓子をお土産に購入して「狭山市駅」に戻ります。 お茶の基礎を学び、狭山のグルメも堪能できる女子旅コース、さっそくスタートしましょう!

朝からスタート!

1
【9:00】「狭山市駅」スタート
【9:00】「狭山市駅」スタート 【9:00】「狭山市駅」スタート
狭山市駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/sayamashi/
西武新宿線「狭山市駅」で友達と待ち合わせ。改札を出たところにカフェなどがあり、お店が充実しているので待ち合わせにも困りません。

狭山市駅は東口と西口があり、どちらも開発が進み駅周辺は整備されています。今日は東口から出発します。
2
【9:20】西武バスで移動
【9:20】西武バスで移動 【9:20】西武バスで移動
狭山市駅
http://www.seibubus.co.jp/
狭山市駅東口を出て、バス乗り場へ。
「狭31狭山台団地行」に乗りバス停「狭山台南」で降り、目的地に向かいます。

運賃は大人(180円税込)です。
3
【9:40】女子力アップ!「宮野園」でお茶の淹れ方教室に参加
【9:40】女子力アップ!「宮野園」でお茶の淹れ方教室に参加 【9:40】女子力アップ!「宮野園」でお茶の淹れ方教室に参加
宮野園
http://miyanoen.com/
バス停「狭山台南」から歩いて10分ほど。
バス通りから脇道に入ると、のどかな景色が広がります。

すると左手に「宮野園」という緑の看板が見えてきます。

明治2年創業、狭山茶を代表するお茶屋さんです。
宮野園では「お茶摘み体験」や「お茶体験プログラム」を随時開催していて、今日は「お茶の淹れ方教室」に参加します!

すぐ隣には宮野園の茶畑が。

狭山茶は静岡茶・宇治茶と並び日本三大茶のひとつで関東以北では生産量が1位。
狭山は、お茶を栽培するには比較的寒い気候のため、お茶の専業農家としての「経済的北限」と言われているそうです。
また、気候により年に1、2回しか収穫できないため、冬の間にお茶の旨味を十分に蓄えた希少な茶葉からお茶が作られます。「味の狭山茶」と呼ばれ味には定評があります。

宮野園のショップを通り抜けて奥に入ると、宮野園の代表で茶匠の宮野圭司さんが笑顔で出迎えてくださいました。

お茶の淹れ方教室は1時間半ほどで、参加費用はひとり(1500円税込)です。宮野さんが「お茶についてもっと知ってもらいたい」という思いから開催されていて、現在は企業研修や海外からの観光客まで幅広い方に人気の教室となっています。

まずは「お茶を淹れるということ」についてのお話。
おいしいお茶を淹れるには、お湯の温度や茶葉の種類について知ることはもちろん、水の種類、誰とどこで楽しむか、心を落ち着かせて淹れるといった多面的な要素が関わっているそうです。

また、値段の高いお茶を淹れれば良いわけではなく、「相手の好みに合わせたお茶を淹れることが大切」という言葉がとても印象深かったです。

次に、茶匠自らが100グラム8000円の高級玉露のおいしい淹れ方を教えてくださいました。
高級とされるお茶ほど「テアニン」という旨味成分が強くカテキンなどの渋み成分が少ないため、旨味を引き出すには、最初は水で淹れるのが良いそうです。

水の量やお茶の注ぎ方、急須の選び方など幅広い知識を丁寧に教えていただき、私も友達もおいしいお茶をいただきながら感心しっぱなし。
メモを取る手が止まりませんでした。

お茶の淹れ方教室でたっぷり学んだ私たちは、宮野園駐車場にある「お茶えもんのVW-BUS CAFE」でスイーツタイム!

「狭山茶たっぷりソフトクリーム(400円税込)」は北海道生乳を使用、狭山茶の挽きたて抹茶をたっぷりかけて香ばしい炒り玄米もトッピング。

玄米のパリパリ感と高級抹茶の濃厚な味がソフトクリームとマッチして、また食べたくなる大人のスイーツでした。

4
【12:00】西武バスで狭山市駅前に戻る
【12:00】西武バスで狭山市駅前に戻る 【12:00】西武バスで狭山市駅前に戻る
狭山台南(バス)
http://www.seibubus.co.jp/
宮野園を後にして、西武バスのバス停「狭山台南」に戻り、狭山市駅に戻ります。運賃は大人(180円税込)です。

バス停「狭山市駅東口」で降り、次はランチを食べにお目当ての場所に向かいます。
5
【12:30】「割烹 喜代川」の料理をカジュアルに楽しめる「喜代川 乱」でランチ
【12:30】「割烹 喜代川」の料理をカジュアルに楽しめる「喜代川 乱」でランチ 【12:30】「割烹 喜代川」の料理をカジュアルに楽しめる「喜代川 乱」でランチ
喜代川 乱
http://www.kappou-kiyokawa.com/about_ran/
朝からお茶について学び、お腹が空いたところで今日のランチスポットに到着。
狭山市駅西口から歩いて7分ほどのところにある「喜代川 乱」です。

こちらは昭和2年から続くお隣の「割烹 喜代川」のメニューをカジュアルにいただけるお店です。

カジュアルに楽しめるお店、と言っても店内のしつらえはモダンな割烹のイメージ。
デートでも使えそうな雰囲気です。

店内は靴を脱いでくつろげる席がメインで、平日のお昼から女性のお客さんが大勢来店していました。

私たちは、ちょっと奥まったテーブル席に座ることに。
ランチは「レディースランチ(1200円税込)」がとてもお得と聞いていたのでさっそくオーダーしました。

お通しにガーリックトーストが出され、松花堂弁当(刺身、サラダ、天ぷら)、鶏肉の卵とじ、ご飯、味噌汁が次々と運ばれてきます。

そして熱々のタイミングで茶碗蒸しも!
ゆずの香りが食欲をそそります。

最後にデザートのバニラアイスクリームまでついて1200円はお得です。

落ち着いた雰囲気の中で、おいしいランチを食べながら、友達と今日のお茶の淹れ方教室の話で盛り上がりました。

6
【14:00】明治35年創業「田丸屋菓子店」で和菓子を購入
【14:00】明治35年創業「田丸屋菓子店」で和菓子を購入 【14:00】明治35年創業「田丸屋菓子店」で和菓子を購入
田丸屋菓子店
喜代川 乱でランチを満喫したら、狭山市駅方面に戻ります。
5分ほど歩いたところに「田丸屋菓子店」を発見!

こちらは創業明治35年、一品一品をお手頃な値段で販売している老舗の和菓子屋さんです。

「はま栗(150円税込)」を購入。

田丸屋菓子店では代々、餡の製法にこだわっているそうです。ショーケースにはたくさんの餡が入った和菓子が並んでいました。

ブルーベリーの「クリーム大福 200円税込)は珍しいですね。こちらもお土産に購入しました。

最後にもう一つ、名物「焼きだんご(100円税込)」を買って食べ歩きをしながら駅に向かいます。

こちらの焼きだんごは、タレが甘くない醤油味。
さっぱりとしたシンプルな味付けで食べやすかったです。

7
【15:00】「狭山市駅」西口にゴール!
【15:00】「狭山市駅」西口にゴール! 【15:00】「狭山市駅」西口にゴール!
狭山市駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/sayamashi/
「田丸屋菓子店」から徒歩3分ほどで狭山市駅西口に到着しました。

今日は老舗のお茶屋さんでのお茶の淹れ方を学び、割烹でランチ、そして昔ながらの製法を大事にする和菓子屋さんまで、歴史あるスポットを巡る女子旅となりました。

これからの新緑の季節は、狭山茶の茶摘み体験も合わせてぜひ楽しんでください!

※このコースは2018年4月18日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP