練馬区立「こどもの森」へでかけよう!穴場の無料プレイパークで外遊びと子連れカフェランチを楽しむ親子おでかけコース

親子おでかけ (237)
4265views
コースをメモする
練馬区立「こどもの森」へでかけよう!穴場の無料プレイパークで外遊びと子連れカフェランチを楽しむ親子おでかけコース

気候も良くなって外遊びにぴったりな季節になってきました。 日常的に気軽に遊びに行けて、外遊びがたっぷりできる場所はないかと探していた時に見つけた「こどもの森」。 普段の公園とは一味違い、思いっきり遊べそうだったのでさっそく行ってきました。 たくさん遊べるように、昼食はおしゃれで子連れにも優しい「つばさカフェ」でエネルギーチャージ。 その後、「小田藤」でおやつを買ってから「こどもの森」へ行き、たっぷり遊びます。 それでは、思いっきり外遊びを楽しむおでかけスタートです。

朝からスタート!

1
【11:20】「小竹向原駅」からおでかけスタート
【11:20】「小竹向原駅」からおでかけスタート 【11:20】「小竹向原駅」からおでかけスタート
小竹向原駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/kotake-mukaihara/
西武有楽町線の「小竹向原駅」は東京メトロ有楽町線・副都心線と接続する大変便利な駅です。
西武池袋線の「練馬駅」から2つ目の駅。

最初に行く「つばさカフェ」へは、4番出口が一番近い出口になります。
2
【11:30】「つばさカフェ」でランチ
【11:30】「つばさカフェ」でランチ 【11:30】「つばさカフェ」でランチ
つばさカフェ
http://www.tsubasa-cafe.net/
小竹向原駅から10分ほど歩いたところに「つばさカフェ」はあります。

こちらには、無添加・オーガーニック・産直野菜を使用したこだわりのメニューがあり、成長期の子どもたちの身体に優しくておいしいものを提供することをコンセプトにしています。
運営しているのは、アクションとアクロバット専門のスタジオ「つばさ基地」です。

身体に優しいメニューはもちろん、ゆったりとした空間にソファー席や小上がり席が用意されていたり、トイレにはおむつ替え台もあるので子ども連れにも優しいカフェになっています。

今回はかわいいイラストが描いてある小上がり席を利用しました。

キッズメニューはおにぎりとドリアの2つから選ぶことができました。
子どもには「キッズドリア」350円(税込)、私は天然酵母パンとハーブソーセージを使用した「とろけるチーズドッグ」450円(税込)を注文しました。

子どもに安心して食べさせられるこだわりのメニューでこのお値段はとってもリーズナブルでありがたいです。

チーズドッグはふんわりとしたおいしいパンとソーセージがよくあってとてもおいしかったです。
娘に少し上げたら「おいしい!!」と大絶賛。
危うく全部たべられてしまうところでした。

キッズドリアも優しい味でとてもおいしく、熱いのも忘れてパクパク食べていました。

デザートもすべて手作りのようで、どれもおいしそうでした。今度はゆっくりお茶を楽しみに来てみたいです。

ブロックや楽器などのおもちゃも置いてあったので、子連れママ友ランチ会などにもとても良さそうです。

3
【13:00】「小田藤」でかすてらを購入
【13:00】「小田藤」でかすてらを購入 【13:00】「小田藤」でかすてらを購入
かすてら小田藤
http://www.odafuji.com/
おいしくてコスパの高いランチに満足したら、おいしいかすてらを買いに「小田藤」へ向かいます。
「つばさカフェ」からは小竹向原駅を挟んで反対側にあり、歩いて15分ほどでした。

「小田藤」は創業50年のかすてら専門店。季節限定のものを含め常時9種類のかすてらが販売されています。

販売場所から工房がよく見えるので、運が良ければカステラづくりを見ることもできそうです。

今回はおやつ用に「気まぐれらすく」350円(税込)とパパへのお土産用に娘が選んだ季節限定かすてら「紅茶」490円(税込)を買いました。

「気まぐれらすく」はかすてらにアーモンド生地をのせて焼いたラスクで、かすてら専門店ならではの商品!

「こどもの森」でたっぷり遊んだ後に、お弁当やおやつを食べることができるコーナーでいただきました。
サクサクでとてもおいしいうえに、一般的なラスクよりも食べごたえがあり、大満足でした。

「紅茶かすてら」も封をあけると紅茶の香りが広がり、ふわふわでしっとりとしたとってもおいしいかすてらでした。

4
【13:30】「こどもの森」でたっぷり外遊び
【13:30】「こどもの森」でたっぷり外遊び 【13:30】「こどもの森」でたっぷり外遊び
こどもの森
http://nerima-kodomonomori.com/
「小田藤」でかすてらのおやつを買ったら、いよいよ「こどもの森」へ。
住宅街の中にある練馬区立公園「こどもの森」は「小田藤」からは歩いて15分とかからない場所にありました。

こちらの公園は一般的な公園とはちがい、滑り台などの「遊具」は一切ありません。
土や木など自然に触れて自由に遊ぶことができるようになっています。

「プレーリーダー」という専門の研修を受けたスタッフが数名常駐していて、子どもたちが安心して遊べる環境作りをしています。
子どもたちの「やってみたい」という気持ちを大切にし、創造的に遊べるきっかけを作ってくれています。

いつも行く近所の公園とはだいぶテイストが違うので、娘は大はしゃぎ。
タイヤで作ったブランコで遊んだり、ハンモックで遊んだりと、いつも以上にいきいきとしていました。

「こどもの森」では自由にいろいろな遊びができます。一生懸命土を掘って川を作ろうとしている子どもがいたり、土や水を使ってお料理をする子どもも。

こちらでは、子ども達が泥団子を作っていました!

一方では、大きな黒板にお絵かきをする子がいたり、置いてあるボールで遊んでいたりと、小さい子から小学生まで楽しそうに遊んでいます。

園内にはキウイ、栗の木もあるので秋には収穫もできるそうです。
訪れた日には使っている子はいませんでしたが、トンカチやのこぎりを使うことができます。小学生になると本格的な建築もできる「建築エリア」もありました。

小学生が何やら水を流して遊んでいるのを見た娘は「やらせて!!」と自ら声をかけ、仲間に入れてもらっていました。

その後も、一緒に遊んでもらい、ホースの水をくぐって遊んだりと、普段なかなかすることができない遊びを思いっきり楽しんでいました。

木登りや泥遊び、水遊びなど自然と触れ合いながらめいっぱい遊ぶことができるので、着替えや大きめのタオルは必須です!!
長靴を持っていくのもおすすめです。(裸足で遊ぶことも可能です。)

水道には石鹸が用意されているほか、着替えスペースやおむつ交換台、お昼寝用のベビーベッドもあるので、小さなお子さん連れでも安心して遊びに行くことができます。

普段の公園とは違った遊び方がたくさんできる楽しい場所なので、すごくおすすめの公園です。

5
【16:00】「小竹向原駅」に到着。おでかけ終了!
【16:00】「小竹向原駅」に到着。おでかけ終了! 【16:00】「小竹向原駅」に到着。おでかけ終了!
小竹向原駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/kotake-mukaihara/
めいっぱい遊んで、おいしいおやつを食べたら、「小竹向原駅」へ向かいます。
15分ほどで駅に到着し、本日のおでかけは終了です。

自然と触れ合いながらめいっぱい外遊びができる場所はなかなかないので、「こどもの森」ではすごくよい経験をさせてあげることができたと思います。
「小田藤」と「つばさカフェ」は、おいしいお店というだけでなく、店員さんも子どもに優しく温かいお店でした。

遠出をしなくても、めいっぱい遊べて、子どもも大人も満足できる今回のコース。ぜひ、おでかけしてみてください。

※このコースは2018年4月9日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP