「飯能春まつり」でお花見デート♪桜の名所「飯能中央公園」でイベントをたっぷり楽しむデートコース

デート (163)
1424views
コースをメモする
「飯能春まつり」でお花見デート♪桜の名所「飯能中央公園」でイベントをたっぷり楽しむデートコース

飯能の春の風物詩「飯能春まつり」に彼と遊びに行って来ました!飯能春まつりは毎年3月下旬から4月上旬の桜の季節に開催されるイベントで、今年は2018年3月31日~4月8日が開催期間でした。まずは「飯能駅」をスタートし、飯能銀座商店街の「伊勢屋」で「花見弁当」を購入します。最初に向かうのはお祭りのメイン会場となっている「飯能中央公園」。飯能中央公園でステージイベントや露店、世界で唯一の鉄腕アトムの銅像を見ながら花見弁当を満喫し、「はるの市」で雑貨などをチェックしたら、もう一つの会場「飯能河原」へ。飯能河原では露店や焚き火イベントなどを楽しみます。飯能の自然をたっぷり感じるおでかけコース、さっそく行ってみましょう!

昼からスタート!

1
【12:00】西武池袋線「飯能駅」スタート
【12:00】西武池袋線「飯能駅」スタート 【12:00】西武池袋線「飯能駅」スタート
飯能駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hanno/
今日は彼と西武線池袋駅で待ち合わせをして、飯能駅にやって来ました。西武線池袋駅から急行に乗ると50分ほどで到着。飯能にはこれまで何度か遊びに来ているのですが、飯能春まつりに参加するのは初めてなので楽しみです!

いつもの飯能市街への入り口、飯能駅北口から出発します。
2
【12:20】飯能銀座商店街にある「伊勢屋」で花見弁当を購入
【12:20】飯能銀座商店街にある「伊勢屋」で花見弁当を購入 【12:20】飯能銀座商店街にある「伊勢屋」で花見弁当を購入
伊勢屋
http://www.magokoron.net/hanno/shop/detail/id/12168
飯能駅北口を出発し、お祭り会場となっている飯能中央公園に向かう途中に飯能銀座商店街があります。飯能銀座商店街は、レトロ感が漂う私も彼も大好きな味わい深い商店街です。

今日は、商店街で和菓子を作り続けて70年以上もの歴史ある「伊勢屋」に立ち寄ることにしました。飯能駅北口からは徒歩約5分です。

こちらのお店は、毎朝手作りで和菓子やお弁当を提供しているとのこと。
草餅や桜餅など、春を感じる和菓子や、定番のおだんごなどがショーケースに並んでいて、とてもおいしそう!

和菓子を選ぼうとしていたところ、彼が「花見弁当」(900円税込)という看板を見て「これにしよう!」と提案してくれました。
春まつりにぴったりのお弁当だったので、迷わずこちらを購入。お弁当の中身はあとでご紹介します!

お弁当を持って、ワクワクしながら飯能中央公園に向かいます。
商店街を抜けると、急に自然豊かな景色が広がり、途中飯能河原を見下ろすこともでき、ちょっとした散策にぴったりです。

3
【12:50】飯能春まつりのメイン会場「飯能中央公園」で世界で唯一の鉄腕アトムの銅像と桜を楽しむ
【12:50】飯能春まつりのメイン会場「飯能中央公園」で世界で唯一の鉄腕アトムの銅像と桜を楽しむ 【12:50】飯能春まつりのメイン会場「飯能中央公園」で世界で唯一の鉄腕アトムの銅像と桜を楽しむ
飯能中央公園
http://www.pref.saitama.lg.jp/chokotabi-saitama/event/201803/hanno1.html
伊勢屋からのんびりと20分ほど歩いて「飯能中央公園」に到着。

今年は桜の開花が例年よりも早く、お祭り会場の桜が心配でしたが、ところどころにまだ桜が咲いていました。公園ではレジャーシートを広げて、お花見を楽しむグループで盛り上がっています。

会場中央のイベントステージでは、「Hanno CBF30(Hanno Cherry Blossom Fes.30」というフェスが開催されていて、飯能を中心に活躍するアーティストなど3人によるライブがありました。

「青空の下で音楽を聞くって楽しいね!」
「うん。お祭り気分が盛り上がるね〜。」

お祭りといえば、屋台ですよね。
飯能中央公園にはたくさんの屋台が並んでいました。

お花見の用意をせずに来ても、屋台があるので気軽にお花見ができていいですね!

「この飯能中央公園に、鉄腕アトムの銅像があるんだって!」

屋台の人に鉄腕アトム像の場所を聞き、行ってみると、今にも飛び出しそうなアトム像を発見!
さらにその隣には、満開の桜の木も!

「お花見はこの場所で決定だね。」

鉄腕アトム像は、飯能青年会議所十周年記念事業の一環として1983年に設置されたそうです。このアトム像は世界で唯一の銅像で、除幕式には手塚治虫氏ご本人が訪れて除幕されたそうです。

ちょうど私たちが訪れた日が、偶然にもアトムの誕生日である4月7日!
桜とアトム像を撮影する人たちが大勢いました。

アトム像を彼と見ていたら、「あ、飛行機!」。
飛行機と桜とアトム像の背中をパシャリ。記念すべき一枚になりました。

桜を楽しんだら、お楽しみのランチタイム!
「伊勢屋」で購入した「花見弁当」をいただきます。

たけのこと山菜のおこわに桜でんぶがたっぷりかかったちらし寿司、
梅麩、たけのこの煮物、そして桜餅など春を感じる内容になっていて感激です。

満開の桜とアトム像を隣にしていただく花見弁当、最高でした。

4
【14:00】飯能中央公園内「はるの市」でお土産探し
【14:00】飯能中央公園内「はるの市」でお土産探し 【14:00】飯能中央公園内「はるの市」でお土産探し
飯能中央公園
http://www.pref.saitama.lg.jp/chokotabi-saitama/event/201803/hanno1.html
花見弁当を食べてお花見を満喫した私たちは、飯能中央公園で開催されている「はるの市」を覗くことに。
植木や雑貨、地元の食材などのお店が並ぶ青空市です。

春らしいカラフルな花が咲く鉢植えがたくさんありました。

こちらはガラスの一輪挿しコーナー。

「これかわいいね!」
「たくさん並ぶとインスタ映えするね〜。」

手作りジャムの販売もありました。
いろんなフルーツのジャムがあり、できるだけ地元産のものを使っているそうです。

どれもおいしそうで迷いましたが、
「ブルーベリージャム」(300円税込)を購入しました。

お土産も買えて大満足の私たちは、もう一つの会場である「飯能河原」に向かいます。

5
【16:00】「飯能河原」を散策&「焚火ソーセージ」を楽しむ
【16:00】「飯能河原」を散策&「焚火ソーセージ」を楽しむ 【16:00】「飯能河原」を散策&「焚火ソーセージ」を楽しむ
飯能河原
http://okumusashi.life.coocan.jp/kawara.html
飯能中央公園から歩いて10分ほどで「飯能河原」に到着。
シンボル的存在の赤い橋「割岩橋」が河原に映えて絶好の撮影スポットになっています。

河原周辺にいくつかのお店が出ているので散策してみることにしました。

飯能河原に降り、道なりに進むと、ウッドデッキのところに地元のお店の露店が並んでいます。おだんごや赤飯などの飯能グルメのほか、地ビールが飲めるおしゃれなカフェなどもありました。

彼が「肉のいい香りがする〜!」と屋台に吸い寄せられ、スペアリブ(500円税込)を購入。
お肉はほろほろとして柔らかく、とてもジューシーでした。

飯能河原周辺にも桜の木がたくさんあるのですが、残念ながら私たちが訪れた時はほぼ散ってしまっていました。

でも、久しぶりに河原で子どものように石を投げて遊んだり、川のせせらぎを聞いたり、水に触れたりと自然を満喫。リラックスした、充実の時間を過ごしました。

「桜は飯能中央公園で見られたから満足だよね。来年また桜を見に来ようね。」
「葉桜の青々とした景色と橋とのショットもきれいだね。」

17時から「焚火ソーセージ」コーナーがオープン。
夕方になり冷え込んできた河原で焚火を囲んで木のベンチが設置され、
ソーセージやマシュマロを焼いて食べることができます。

「ソーセージ」はなんと1本(50円税込)!とってもお手頃な値段でびっくりしました。
焚火でじっくり焼いて食べるソーセージは、アツアツでとってもおいしかったです。

6
【17:30】「飯能駅」ゴール
【17:30】「飯能駅」ゴール 【17:30】「飯能駅」ゴール
飯能駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hanno/
「飯能河原」から15分ほど歩いて飯能駅に到着しました。
今日は飯能の春を五感で感じることができた良い1日でした。

伊勢屋の花見弁当で春を感じ、飯能中央公園で満開の桜と露店を楽しみ、飯能河原で自然と触れ合えて、彼といつもとは違う時間を過ごすことができました。

みなさんも春の飯能をぜひ楽しんでみてくださいね!

※このコースは2018年4月7日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP