沼袋駅で食べ歩きデートを満喫。昭和レトロな商店街散策と沼袋グルメを楽しむデートコース

デート (139)
1672views
コースをメモする
沼袋駅で食べ歩きデートを満喫。昭和レトロな商店街散策と沼袋グルメを楽しむデートコース

今日はおでかけ日和。彼と沼袋駅前の商店街と桜並木が見事な新青梅街道沿いにある「山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館」を訪ねて来ました。「沼袋駅」を出発して、まずは昔ながらのお店が連なる駅前の商店街をそぞろ歩き。「かなものの店 並木」「文具のみつばや」でお店の雰囲気を楽しみ、「伊藤精米店」でおにぎり、童謡「およげたいやきくん」が流れる「越後屋」でたいやきを購入。新青梅街道に出たら、「山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館」の少し先に見える桜並木を楽しんでから、民俗資料館を見学します。帰りは「ミカドコーヒー中野沼袋店」でひとやすみ、「沼袋駅」にゴールします。この街の歴史と昭和レトロを楽しむ、のんびりデートコース、さあスタートです。

朝からスタート!

1
【11:00】西武新宿線「沼袋駅」で待ち合わせ
【11:00】西武新宿線「沼袋駅」で待ち合わせ 【11:00】西武新宿線「沼袋駅」で待ち合わせ
沼袋
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/numabukuro/
今日は西武新宿線「沼袋駅」で彼と待ち合わせ。改札は北口と南口があります。
新宿方面から来た私は南口から下車するので、野方方面から乗車して北口を利用する彼が踏切を渡って迎えに来てくれます。

沼袋駅は各駅停車が停まり、西武新宿駅からの所用時間は10分強の駅です。
2
【11:10】昭和レトロな商店街めぐり1「かなものの店 並木」
【11:10】昭和レトロな商店街めぐり1「かなものの店 並木」 【11:10】昭和レトロな商店街めぐり1「かなものの店 並木」
(株)並木商会 かなものの店 並木
https://www.facebook.com/kanamono.namiki/
「沼袋駅」の北側にある駅前商店街「沼袋親交会」。新青梅街道まで続くこの商店街は昭和の香りがする、ほのぼのとしたお店がたくさんあります。

そのひとつ、まずは「かなものの店 並木」を覗いてみます。

「沼袋駅」の北口からは徒歩3分。パチンコ屋さんがある角を左に入っていくとローマ字で「NAMIKI」書かれたお店が見えてきます。真向かいにはお肉屋さんがありました。

とってもカラフルなお鍋ややかんが並んでいる「かなものの店 並木」。
昭和レトロというより、ハイセンスな雰囲気がするのですが・・・

突然、彼が
「あれ、何?かなものじゃないのが陳列されている」
「えー!!!猫だよ。置物じゃないよ、寝てるだけよ」

なんと、売り物の「七輪」に座布団がひいてあり、その上で寝ているのです。

二人でびっくりするやら、吹き出してしまうやら。
やはり、昭和らしいお店でした。

3
【11:20】昭和レトロな商店街めぐり2「文具のみつばや」
【11:20】昭和レトロな商店街めぐり2「文具のみつばや」 【11:20】昭和レトロな商店街めぐり2「文具のみつばや」
文具のみつばや
http://www.heart-beat-nakano.com/shop/27024.html
「文具のみつばや」はとても小綺麗な店舗で、奥に深い、細長いお店です。店頭には文具だけでなく、ちょっとした買い物袋などが陳列されていました。
「こういう品揃えが昭和なんだよねー」
と彼がつぶやきます。

「かなものの店 並木」からは徒歩約3分です。

店内に入ると、カードやペン、シールなど細かい商品がきちんと整列して並んでいます。

「さすが、文房具屋さんだね」
「そうだね、このお店、店内は平成じゃない?」

と訳の分からないことを言う彼に、大笑いしてしまいました。

「こうやって、まとめて特価になっている光景、懐かしいな」
「そうだね、小学生の頃、こういうの重宝した!」

ずいぶん、昔のことを懐かしく思い出した二人でした。

4
【11:30】昭和レトロな商店街めぐり3「伊藤精米店」
【11:30】昭和レトロな商店街めぐり3「伊藤精米店」 【11:30】昭和レトロな商店街めぐり3「伊藤精米店」
伊藤精米店
http://www.heart-beat-nakano.com/shop/27009.html
次はおにぎりやお惣菜も販売しているお米屋さんです。「伊藤精米店」は愛想の良いご夫婦が切り盛りするお店。創業は昭和26年で、今は3代目だそうです。
「文具のみつばや」からは徒歩2分ほど。

おにぎりはケースに入っていて、清潔です。
ちょっとしたお惣菜もあるのは便利ですね。

お寿司に適したお米が少量で販売されていました。

「家でお寿司を作る時にどうやってお米を炊いたらいいのかな?っていう方、多いの。なので、普通に炊いてもおいしいすし飯になるお米をブレンドしたの」

とても気の利いたお店だと感心した私たち。

「民族資料館と桜を楽しむ前にどこかで食事しようかと思ってたけど、テイクアウトして外で食べない?」
「賛成!おにぎり、おいしそう」

購入したのは「鮭おにぎり」145円と「天むす」165円、「いなり寿司」215円。

おにぎりは「山崎記念 中野区立歴史民俗資料館」の庭園で、おいしく頂きました!

※価格はすべて税込です

5
【11:40】昭和レトロな商店街めぐり4「越後屋」
【11:40】昭和レトロな商店街めぐり4「越後屋」 【11:40】昭和レトロな商店街めぐり4「越後屋」
越後屋
「商店街もあと少しだね」

と話していると、どこからか「およげたいやきくん」の音楽が聞こえてきます。
通りの右側にある「越後屋」と書かれたお店から流れてきているよう。ショーケースには和菓子やおにぎりがいっぱい並んでいます。でも、たいやきは見当たりません。

「あったよ!こっちの保温ケースに」

見ると「あんこ」「クリーム」「キャラメル」「チーズ」「チョコレート」とたくさんの種類のたいやきがありました。
まだ、少し肌寒いこの季節、温かい食べ物が恋しくなります。

綺麗なたいやきの型を見ると、ますます食べたくなった私。

結局、おやつに「あんこ」130円(税込)を購入。
「たくさん、おにぎり買ったけど大丈夫?」
と彼に言われ、我にかえりましたが、手にした温かさに満足。

「さあ、新青梅街道はすぐそこ。桜が見れるよ!」

6
【12:20】「山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館」を見学
【12:20】「山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館」を見学 【12:20】「山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館」を見学
山崎記念 中野区立歴史民俗資料館
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/403200/d007258.html
「越後屋」から新青梅街道を右折し、徒歩5分で「山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館」に到着。でも、この先に街道沿いの桜並木が見えていたので、私たちはこの民俗資料館をいったん通り過ぎて、桜並木をのんびり楽しんでから、戻ってきました。

新青梅街道より少し奥にある建物なので、見過ごしてしまいそうですが、街道沿いにはちゃんと看板が出ています。

こちらの資料館では中野の風土、暮らしといった視点で展示がされ、その歴史を知ることができます。また、この土地が名誉都民の山﨑喜作氏より寄贈されていることから「山崎記念」と名付けられています。入場料は無料です。

資料館の2階は常設展で、郷土の歴史を知ることができる様々な展示があります。

1階では、「おひなさま展」や「端午の節句の飾りもの」といった、特別展が年間を通じて行われています。

私たちが気に入ったのは、こちらのお庭。資料館の横にある、山﨑家の庭園です。

木製のベンチに腰掛けて、ゆっくりと庭園を眺めてしまいました。

普段は一般開放されていない「山﨑家」のお庭。茶室もあるそうで興味津々です。
覗きこんでいる私を見て、彼が

「毎年、開放される時期もあるみたいだから、また来ようね」と優しく声をかけてくれました。

そしてなんといっても、これには目を見張りました。大きすぎる漬け物用の樽。「とうご」と言われ、鷺宮(さぎのみや)にある漬物工場で実際に使われていたそうです。

この辺りも昔は随分違う風景だったんだろうなぁと思いました。

7
【14:00】「ミカドコーヒー中野沼袋店」で休憩
【14:00】「ミカドコーヒー中野沼袋店」で休憩 【14:00】「ミカドコーヒー中野沼袋店」で休憩
ミカドコーヒー 中野沼袋店
資料館を見学して、駅に向かう途中「ミカドコーヒー中野沼袋店」でカフェタイムです。「山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館」からは徒歩5分。
その昭和な外観に惹かれ、彼がぜひとも入りたい!と、狙っていた喫茶店です。

店内は緩やかな照明、雰囲気で、お客さん一人ひとりが自分の世界を楽しんでいるよう。

「この照明も年季が入っているね〜」

「ほんと、いい灯になってるね」

オーダーは、彼も私もホットコーヒー「ミカドブレンド」(380円税込)のマイルド。

初めて来たけれど、なんだか落ち着く喫茶店で、二人とものんびりしてしまいました。

8
【15:20】「沼袋駅」にゴール
【15:20】「沼袋駅」にゴール 【15:20】「沼袋駅」にゴール
沼袋駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/numabukuro/
「ミカドコーヒー中野沼袋店」から徒歩5分強で北口にゴール。今日は、沼袋駅前の昭和レトロな商店街を楽しんで、中野の歴史民俗資料館を訪ねたりと、この街の昔から近代までを垣間見るようなデートでした。その時間は休日にぴったり、のんびりとしていて癒されます。今回は新青梅街道沿いの桜並木も楽しめ、また違う季節にもおでかけしたいと思います。
※このコースは、2018年3月8日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP