江古田のパン祭り「えこだパンさんぽ」でグルメとアートを満喫!パン歩きイベントを楽しむ女子旅コース

女子旅 (131)
1022views
コースをメモする
江古田のパン祭り「えこだパンさんぽ」でグルメとアートを満喫!パン歩きイベントを楽しむ女子旅コース

おいしいパン屋さんがたくさんある「江古田駅」周辺。パン屋さんだけでなく、おいしいグルメも多い江古田で毎年恒例となっているのが、パンの食べ歩きイベント「えこだパンさんぽ」。パン好きの友達を誘って、初参加してきました。まずは「南口広場総合案内・受付」でイベントなどの情報が掲載されたパンフレットを入手。最初に「えこだパンさんぽ」のメインである「パン歩きイベント」を楽しみます。その後、芸術を志す人が集まる街としても知られる江古田ならではの「音楽ライブ」を楽しむために旭丘地域集会所へ移動。素敵な音楽を楽しんだ後は、子どもも大人も楽しめる「ワークショップ」へ参加します。最後に今日のお土産「えこだパンさんぽ」でしか買えない「スペシャルパン販売」で特別なパンを、「珈琲豆の清水屋」でパンに合うコーヒー豆を購入し、江古田駅に戻ります。それでは、おいしくて楽しい「えこだパンさんぽ」に出発です!!

朝からスタート!

1
【10:30】「江古田駅」からおでかけスタート
【10:30】「江古田駅」からおでかけスタート 【10:30】「江古田駅」からおでかけスタート
江古田
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/ekoda/
西武池袋線「江古田駅」は西武線池袋駅から3駅目。わずか6分で到着します。
池袋駅からとても近いのに、個人店が多く集まるアットホームな街です。

江古田駅から徒歩10分圏内には私立大学が3つあります。
ドラマ化もされた「のだめカンタービレ」のモデル、武蔵野音楽大学や日本大学藝術学部があり、アートが身近にある街でもあります。

2
【10:30】「南口広場総合案内・受付」でイベント情報等の入手
【10:30】「南口広場総合案内・受付」でイベント情報等の入手 【10:30】「南口広場総合案内・受付」でイベント情報等の入手
南口広場総合案内・受付
https://tonikakuekoda.jimdo.com
江古田の恒例イベントとなっている「えこだパンさんぽ」。春だけでなく、秋や冬に行われることもありますが、今回は2018年2月24日(土)~3月4日(日)に行われました。

まずは、本イベントの情報を入手するために「南口広場総合案内・受付」に行きます。
受付で名前を書くと、「オフィシャルガイドブック」がもらえました。

ガイドブックにはスタンプラリーもついていて、参加店での買い物やイベントに参加するとスタンプを押してもらえるようになっています。

スタンプを3つ集めると、ガチャガチャが1回できます。

受付には、参加店の中からパンと中に挟む具材を購入してオリジナルサンドが作れる「パン歩きイベント」の見本が並んでいました。

「参加費用800円(税込)で自分の好きなオリジナルサンドが作れるんだ!」

どれもおいしそうで、この後どのお店に向かうか2人とも悩んでしまいました。

3
【11:00】パンでグルメをはさんで食べ歩こう!「パン歩きイベント」へ
【11:00】パンでグルメをはさんで食べ歩こう!「パン歩きイベント」へ 【11:00】パンでグルメをはさんで食べ歩こう!「パン歩きイベント」へ
パン歩きイベント 参加店:ブーランジェリー・ジャンゴ
まずは、「えこだパンさんぽ」のメインイベントである「パン歩きイベント」を楽しみます!

選べるお店はベーカリーの7店舗と具材を提供しているグルメ店7店舗。好きなパンとグルメを選びオリジナルサンドを作ります。

最初にお目当てのベーカリーに行き800円(税込)の参加費を支払い、パンを受け取ります。
その後、パンのケースについているカードをグルメ店で渡すと具材がゲットできます。

オフィシャルガイドブックを見て吟味した結果、まずは私が食べたいサンド用のパンが売っている「Boulangerie Django」へ。
江古田駅南口広場から北口にある「Boulangerie Django」までは約5分です。

こちらのお店のイベント用パンはなんと「ピンクのコッペパン」です!!
濃縮ビーツと豆乳の入った身体においしいコッペパンとのこと。
色と味が気になって、私はこのパンを選びました。

かわいいピンクのコッペパンを買ったら、次はグルメ店へ。
「HELLO OLD TIMER」は普段おいしいコーヒーとグルメが楽しめるお店です。今回はイベント用グルメ「BBQプルドチキンとビア・チーズスープ」を提供していました。
間違いなくおいしいであろうBBQソースのチキンにスープが付いてくるという魅力に惹かれ、私はこのお店でグルメを買うことにしました。

友達は懐かしい雰囲気のパン屋さん「マザーグース」でイベント用パン「グラハムとライ麦のカンパーニュ」を購入。
グルメは、この日「マザーグース」で一緒に注文できる「パンコトマテ」の「ハニーマスタードチキン」を選んでいました。
お店の方が、どんなグルメとも相性の良いカンパーニュに「パンコトマテ」の大きなチキンを挟んで渡してくれます。
「マザーグース」ではコーヒーサービスも用意されていました。こんなサービスがあると嬉しいですね!

友人は温かいコーヒーとオリジナルサンドを、私はスープと具材、パンを手にして無料休憩所がある南口広場へ戻ります。こちらで、ゆっくりとオリジナルサンドを作ったり、食べることができます。

早速、私はピンクのコッペパンに具材のチキンを挟みます。
チキンは思っていた以上にボリュームがあり、パンからあふれそうでした。

できあがったら、そのまま広場でランチタイム。
自分で選んだパンとグルメの組み合わせはとってもおいしく、私も友達も味・ボリュームともに大満足でした。

BBQプルドチキンに付いていたビア・チーズスープは、ちょっぴり辛いのにクリーミーでおいしかったです。

4
【12:00】音楽のある街・江古田を楽しもう!「音楽ライブ」へ
【12:00】音楽のある街・江古田を楽しもう!「音楽ライブ」へ 【12:00】音楽のある街・江古田を楽しもう!「音楽ライブ」へ
旭丘地域集会所
http://www.city.nerima.tokyo.jp/shisetsu/community/chiikishukaijo/asahigaoka.html
音楽大学や藝術学部のキャンパスがある江古田は音楽やアートが身近にある街でもあります。

そんな江古田にぴったりの「音楽ライブ」が旭丘地域集会所で行われていました。
旭丘地域集会所は江古田駅南口から徒歩5分とかからない距離でした。

江古田在住の若手音楽家を中心としたライブでチャージ500円(税込)を支払うと、ジャズをメインに素敵な音楽を楽しむことができます。
もちろん、会場は飲食OKなので、「えこだパンさんぽ」で手に入れたおいしいパンを食べながらライブ鑑賞もできます。

私たちが訪れた3月3日は「気楽に楽しくジャズバイオリンコンサート『北床宗太郎 トリオ』」と「のんびり癒しのアコースティックコンサート『ボーカルトリオ』」の2ライブが行われていました。

まずは「日本で最も重要なジャズバイオリニストの1人」と称賛される北床宗太郎さんが率いる「北床宗太郎 トリオ」の「気楽に楽しくジャズバイオリンコンサート」が始まりました。

バイオリン・ウッドベース・ピアノのトリオで、春の童謡やジブリの名曲など誰もが聞いたことのある曲をジャズアレンジし演奏していました。
特に「手のひらを太陽に」のジャズアレンジは新鮮で面白かったです。

続いて行われた女性3人の「ボーカルトリオ」による「のんびり癒しのアコースティックコンサート」は、大人はもちろん子どもたちにも親しみのあるポップスやディズニーの曲が演奏されていました。

「パンのイベントで音楽まで楽しめるなんて思ってもみなかったね!」

至近距離で素晴らしい演奏を500円で楽しむことができ、私も友達も有意義な時間を過ごすことができました。

5
【14:00】子どもも大人も楽しめる!「ワークショップ」へ参加
【14:00】子どもも大人も楽しめる!「ワークショップ」へ参加 【14:00】子どもも大人も楽しめる!「ワークショップ」へ参加
デザイン工房 虎の子屋
https://toranokoya.com
音楽を楽しんだ後は、ワークショップでアートを楽しみます。

今回の「パンさんぽ」では、オリジナルガイドブックを作成したデザイナーさんのお店「虎の子屋」でパン柄の絵付け体験をすることができました。

型を使って、オリジナルのパン柄コースターとミニ手ぬぐいをつくることができます。

コースターは300円(税込)、ミニ手ぬぐいは絵付けが2カ所でき500円(税込)で体験ができます。

私はコースター、友達はミニ手ぬぐいの絵付けをすることに。
8種類ほどあるパン柄から好きな柄を選んで、絵の具を混ぜてトントンと布に色を付けていきます。

私はチョココロネを、友達はチョココロネとフランスパンを選びました。

2人ともトントンと楽しく色付け。
簡単に、そして思いのほか上手にでき上がりました!

すぐ乾く絵の具を使っているので、完成したら袋に入れて持ち帰ることができます。
もちろん洗濯もOK。
使うのが楽しみです。

6
【15:00】えこだパンさんぽでしか買えない!「スペシャルパン販売」
【15:00】えこだパンさんぽでしか買えない!「スペシャルパン販売」 【15:00】えこだパンさんぽでしか買えない!「スペシャルパン販売」
雑穀パンの店ひね
ワークショップを楽しんだら、「えこだパンさんぽ」期間中にしか販売していない「スペシャルパン」を買いに行きます。

「パン歩きイベント」に参加しているベーカリーのうち6店舗で販売されている「スペシャルパン」。
その中から、「雑穀パンの店 ひね」へ。「虎の子屋」からはわずか1分で行くことができました。

販売スペースは小さいですが、おいしいと評判の大人気店。
今回のスペシャルパンは「あんぱん」(150円税込)でした。

有機ゆずピールが入っているという「あんぱん」は北海道産小豆を甘さ控えめに炊いて作ったスペシャルパンです。

他には、オーガニックのチョコチップが入っているという「クランベリーとチョコチップ」(160円税込)も購入しました。

翌日の朝食で食べましたが、「あんぱん」はゆずピールがたっぷり入っていて、大人味のあんぱんでした。

「クランベリーとチョコチップ」もチョコとクランベリーの相性がばっちりでおいしかったです。

7
【15:30】「珈琲豆の清水屋」でパンに合うコーヒー豆を購入
【15:30】「珈琲豆の清水屋」でパンに合うコーヒー豆を購入 【15:30】「珈琲豆の清水屋」でパンに合うコーヒー豆を購入
珈琲豆の清水屋
http://coffeeshimizuya.blog.fc2.com/blog-category-1.html
「雑穀パンの店 ひね」でスペシャルパンを買った後は、歩いて2分ほどの「珈琲豆の清水屋」でおいしい珈琲豆を買って帰ります。

こちらのお店のこだわりは多くのお店である「ブレンド」がないこと。
世界各地の豆を、それぞれの特長に合わせて焙煎しているので、あえてストレートで販売しているそうです。

13種類ほどある様々な珈琲豆から自分好みの豆を選びます。
深煎りが好きな私は「マンデリン 深煎り100g」(600円税込)を購入しました。
黒光りして美しく、おいしそうな香りがしていました。

翌日、淹れてみると深みと苦みのバランスがちょうどよく飲みやすい、とてもおいしいコーヒーでした。

8
【15:50】「江古田駅」に到着。おでかけ終了!
【15:50】「江古田駅」に到着。おでかけ終了! 【15:50】「江古田駅」に到着。おでかけ終了!
江古田駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/ekoda/
珈琲豆を買ったら、「江古田駅」に戻って本日のイベントは終了です。

江古田のパン屋さんへ行ったことは何度かありましたが、「えこだパンさんぽ」は初参加だったので、今まで知らなかったパン屋さんやおいしそうなお店を知ることができました。
自分でセレクトして作るオリジナルサンドや、このイベントでしか味わえない「スペシャルパン」は絶品で、「音楽ライブ」や「ワークショップ」といったイベントも楽しく、江古田の魅力を再発見することができました。

「次回もぜひ、行きたいね!」と友達と約束しました。
パン好きの方に特におすすめしたいイベントです。

ちなみに「スタンプラリー」のガチャガチャではかわいいミニチュアパンのマグネットをゲットしました!!
その時にもらったポケットティッシュもかわいくて、パン尽くしの景品にも大満足の「えこだパンさんぽ」でした。


※このコースは2018年3月3日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP