古書店や老舗喫茶でのんびり時間を楽しもう。春の玉川上水緑道を散策する女子旅コース

女子旅 (143)
1448views
コースをメモする
古書店や老舗喫茶でのんびり時間を楽しもう。春の玉川上水緑道を散策する女子旅コース

今日のおでかけは西武国分寺線の「鷹の台駅」からスタート。玉川上水緑道と緑道沿いにある、おしゃれなスポットを楽しみます。春らしいお天気に誘われて「鷹の台駅」で降りたら、歩いてすぐの「玉川上水緑道・鷹の橋」から緑道に入ります。春を待つ静かな緑道を味わって、お腹が空いたら「カフェいずん堂」でランチをいただきます。お食事後は緑道沿いにある小さな古書店「みどり文庫」で本探し。再び、緑道に戻り「鷹の台駅」を超えて、駅の目の前にある「中央公園」を散策します。最後に「喫茶シントン」で今日のおでかけを振り返りながらカフェタイム。おしゃべりにも花が咲く、玉川上水緑道お散歩コース、さあスタートです。

朝からスタート!

1
【10:30】「鷹の台駅」からスタート
【10:30】「鷹の台駅」からスタート 【10:30】「鷹の台駅」からスタート
鷹の台駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/takanodai/
西武国分寺線「鷹の台駅」は各駅停車が停まり、東京都内にありながら単線というのんびりとした駅です。西武国分寺線・拝島線の小川駅からは1駅、約2分で到着するので、他線への乗り換えにも便利です。

改札はひとつ、小川・東村山方面ホームにあります。

小川・東村山方面ホームには、国分寺方面ホームに行くエレベーターがあり、ベビーカーでも安心です。

2
【10:40】玉川上水緑道をお散歩
【10:40】玉川上水緑道をお散歩 【10:40】玉川上水緑道をお散歩
玉川上水緑道
http://musashinoparks.com/kouen/tamagawa/
電車からも見えていましたが、「鷹の台駅」から徒歩3分ほどで緑道に到着です。玉川上水が静かに流れている様子をまずは橋から眺めてみます。

緑道散歩の起点となる「鷹の橋」。この街に住む人も橋からの眺めにしばし足を止めていました。

「いいね、こんな景色を見ながら駅に行けるなんて。」

「そうだよね、早朝も気持ちいいだろうね。」

緑道沿いには、ちょっと寄り道したくなるお店が所々にあります。

緑道ですれ違った人々は、地元の方と思われる、買い物袋を持った母と子どもや、カメラを抱えた男性達、そして女子高校生といろんな年齢層の方がいました。

ランニングしても気持ち良さそうです。なんといっても、アスファルトでなく優しい土の上を走れるのですから。枯れ葉が積もっているところはフカフカです。

緑道を歩くこと、のんびり30分。右手に、とても面白い遊具のある公園が見えてきました。上水公園です。

「この辺りの右手に、今日のランチ処があるんだけど。」

「公園を通り抜けて、バスが走っている大通りに出ようか?大通り沿いにはお店見えないけどね。」

「この路地を入ってみる?」

と友人が選んだのは、この可愛い看板の左手にある路地でした。なんてことのない住宅街に入る道。しばらく歩いていると、左手に「いずん堂」の暖簾が!!大正解でした。

3
【11:30】「カフェいずん堂」で新鮮野菜たっぷりランチ
【11:30】「カフェいずん堂」で新鮮野菜たっぷりランチ 【11:30】「カフェいずん堂」で新鮮野菜たっぷりランチ
カフェ いずん堂
http://izundou.com
「武蔵野美術大学の麓にひっそりと佇むカフェ」と店主がうたっているように、静かな「カフェいずん堂」。こちらのお店の一押しメニューは、旬の地元野菜をたっぷり使っているランチです。野菜は、ほとんどが色彩豊かな「清水農園」のものだそうです。
今日は、サラダとピクルス、BLTサンドのきゅうり、レタス、トマト!とにかく野菜がたっぷりのおすすめ定番メニュー「BLTサンド」(800円税込)をいただきました。サラダのドレッシングはいずん堂製にんじんドレッシングです!

「鷹の台駅」からのんびり歩くこと20分。高層マンションなどない、静かな住宅街に「カフェいずん堂」があります。周りにお店はなく、突然現れる大きな紫の暖簾が目印です。

「ここだ!道があっているか?ちょっと不安になったよね。」

「ほんと、緑道沿いでもないし、まったくの住宅街だからね。お店があるなんて・・・」

店内は大人が似合う落ち着いた雰囲気。武蔵野美術大学に近いため、大学の卒業や修了制作展といったイベントに合わせて、期間限定メニューなども提供しているそうです。

また、月に1回の日曜日にはお庭で「野菜のマルシェ」を開催。

とにかく、店主が「いい」と感じた食材、器、家具、本などが存分に味わえるカフェです。

通されたのは、お店の一番奥の座敷席。枯山水のミニチュアのようなものが見えるガラスのテーブル。

「いいね。」
としっとりとした声を出す友人。
二人とも感じたのは、高い声や、大声は似合わないお店。すっかり、しとやか女子になりすました私たちでした。

窓から見えるお庭も素敵です。

食後には、女子二人揃って「ココア」(600円税込)を注文しました。
とても濃い、ホットチョコレートのようなココア。

「うーん、まるでデザート。」

「ほんと、心も身体も温まる〜」

「次回はあの、懐かしいロッキングチェアでお茶したいな〜」

お店を出てから友人がつぶやきました。

シュンシュンとお湯の沸く音が聞こえてきそうな静かな「カフェいずん堂」。たくさん、落ち着いた声で話したくなるカフェでした。

4
【13:30】古書「みどり文庫」でお気に入りの本を探す
【13:30】古書「みどり文庫」でお気に入りの本を探す 【13:30】古書「みどり文庫」でお気に入りの本を探す
みどり文庫
「カフェいずん堂」から徒歩15分ほどで一軒家のような「みどり文庫」に到着。
「鷹の台駅」から緑道を歩いて、最初の大通りとの交差点のすぐ横にあります。

住宅の1階を古書店にした、とても小さなお店。「良書を人から人の手へ」というポスターが店内に貼られ、その温かい気持ちが伝わってきます。

天井は高く、本がずらりと並んでいて、通路は人ひとりがやっと通れるほど。

「吹き抜けが気持ち良いね。」

店内にはクラシックが流れ、アトリエのよう。

写真集や絵本、綺麗に並べられた本は、つい手に取りたくなります。

様々なジャンルの本があり、武蔵野美術大学が近いからでしょうか?写真集や洋画家の作品集などがたくさんありました。

私たちはしゃべるのも忘れて、気になる本を試し読み。静かな時間を過ごしました。

私が購入したのは、他の本屋さんでは目にした事がなかった「神谷美恵子東京研究会」が著者のこの本(300円税込)。

神谷美恵子さんの母校、津田塾大学が近くにあるため、このような本に出会えたのかもしれませんが、嬉しい限り!

5
【14:30】「中央公園」を散策
【14:30】「中央公園」を散策 【14:30】「中央公園」を散策
中央公園
https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/000/000132.html
「みどり文庫」から緑道に戻り、国分寺線の線路を越えると「鷹の台駅」から見えていた大きな公園に到着。「中央公園」です。「みどり文庫」からはゆっくり歩いて10分強。
野球もできる大きなグラウンド、400mトラック、総合体育館、夏にはオープンするじゃぶじゃぶ池や木製遊具もある、総合公園です。

緑道から公園に入る橋。緑道とひと続きのように見えます。

高台にあがる石階段が見えてきました。

「ちょっとした丘を登っているみたい。」

「先には何が見えるのかな?」

階段を登りきると公園を一望できました。

「わあ、あそこ夏にはじゃぶじゃぶ池になるんじゃない?」

「ここなら夏でも涼しそうだよね」

「大きなグラウンドもあるよ」

「みんな生き生き、自分の時間を楽しんでるって感じだね。」

公園には、ターザンロープや木製遊具もあり、近所の子ども達がこぞって遊んでいました。

この遊具広場は北と東の2箇所にあります。

6
【15:40】「喫茶シントン」で鷹の台気分に浸る
【15:40】「喫茶シントン」で鷹の台気分に浸る 【15:40】「喫茶シントン」で鷹の台気分に浸る
喫茶シントン
http://www.geocities.jp/cafeshingtong/index.html
「中央公園」を散策した後に、今日のまとめトーク!女子旅ならではのカフェタイムです。目の前を電車が通る「喫茶シントン」。随分昔からこの街にあったのだろうな〜という外観は、手入れが行き届いていて清潔に保たれています。

注文したのは「ケーキセット」(730円税込)。ケーキはチーズケーキかアップルケーキから選ぶことができました。ドリンクは紅茶かコーヒーからセレクト。

私たちは「鷹の台」の街の風景を楽しみたくて、外が良く見える席を選びました。
駅前なので街行く人を眺めることができます。

店内は静かで、時々、電車が通ると「駅前なんだ」と気付くほどです。

暖かい色合いの照明と、手入れが行き届いた古いチェアを眺めていると心穏やかになります。
ショパンのピアノが静かに流れ「これが鷹の台らしさなのかなぁ。」と思いました。

「古いけど、それを大切にしているお店が多くない?」

「今日お邪魔したお店がそうだよね。どのお店も温かいというか、心地よくて落ち着けるんだよね。」

いただいたアップルケーキも手作りのようで、やさしい味わいで美味しかったです。

決して大きくなく、テーブルとテーブルとの間隔も広くないのですが、落ち着ける店内。そして気軽に立ち寄れる喫茶店。

ひとり、後からまたひとりと扉を開けて「今日も来ました」というお客様が多く、常連さんに愛されていることが伝わってきました。
私たちもまた来たいね、と話しつつ「喫茶シントン」を後にしました。

7
【16:30】「鷹の台駅」ゴール
【16:30】「鷹の台駅」ゴール 【16:30】「鷹の台駅」ゴール
鷹の台駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/takanodai/
「喫茶シントン」から「鷹の台駅」の改札までは徒歩約3分。楽しかった小春日和のおでかけも終わりです。「鷹の台駅」は玉川上水緑道にアクセスが良く、駅前に大きな「中央公園」もあり緑がいっぱい。また、訪れてみたいお店も点在していて、寒い季節や暑い季節の緑道散歩でも休憩できるところがあり一年中お散歩が楽しめそうです。そして何より落ち着いた、温かさを感じるお店が多く、ぜひみなさんも一度、おでかけしてみてくださいね。
※このコースは2018年2月14日に行ってきました。

玉川上水緑道で見かけたシロサギ。野鳥や小動物もたくさんいるそうなので、次回は動物に会いにおでかけしたいと思います!

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP