春休みにおすすめ!おもちゃ付きのキッズプレートランチと室内遊園地「KidsBee」で思いっきり遊ぶ玉川上水駅周辺の親子おでかけコース

親子おでかけ (217)
3183views
コースをメモする
春休みにおすすめ!おもちゃ付きのキッズプレートランチと室内遊園地「KidsBee」で思いっきり遊ぶ玉川上水駅周辺の親子おでかけコース

「玉川上水駅」周辺を親子でおでかけしてきました!まず駅前の「玉上岡元」でおもちゃ付きのキッズプレートランチを楽しんだ後は、「玉川上水駅」北口からバスで「ららぽーと立川立飛」に向かいます。到着後、「ららぽーと立川立飛」正面入口の屋外遊具で外遊びをしてから「KidsBee ららぽーと立川立飛店」に入店。室内遊びをたっぷり楽しみます。帰りもバスで「玉川上水駅」南口に戻り、駅近くの「ステッチ」でお土産を購入して「玉川上水駅」南口にゴールします!春休みの親子おでかけにぴったりのコース、さあスタートです。

朝からスタート!

1
【11:30】「玉川上水駅」スタート
【11:30】「玉川上水駅」スタート 【11:30】「玉川上水駅」スタート
玉川上水駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/tamagawa-josui/
「玉川上水駅」は西武拝島線の急行、準急、各駅停車の停車駅です。
2018年の3月10日から運行する有料座席指定列車「拝島ライナー」の停車駅にもなります。

西武新宿駅からおでかけする場合は拝島駅行きの急行電車を利用するのが便利です。
乗車時間は約50分です。

ホームから改札までは、ベビーカーや小さな子どもとおでかけの際に便利なエレベーターもあります。

改札に向かう手前に、おむつ交換台も完備のユニバーサルトイレがあります。

今日は北口からスタートです。

2
【11:30】「玉上岡元」でおもちゃつきお子様ランチ!
【11:30】「玉上岡元」でおもちゃつきお子様ランチ! 【11:30】「玉上岡元」でおもちゃつきお子様ランチ!
玉上岡元
http://www.c-food.jp/om/
「玉川上水駅」から徒歩約30秒のところに「玉上岡元」があります。

フレンチを中心とした玉川上水駅前のレストランです。ランチはファミレス感覚で利用できます。小さな子連れのママ会も歓迎されていて、ワンプレートメニューや子どもにはガチャガチャができるコイン付きキッズプレートが人気です。
夜はワインの種類が豊富なバルとしても賑わいます。

お店に入ってみてびっくり、既に大勢のお客さんで混雑していました。

広めのテーブル席に案内していただきました。

横では楽しそうなママ会が行われていました。
ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま席につくことが可能なので、ママ達からの人気が高いようです。

隣のテーブルに着いた私たちは、3歳の娘に子ども用の椅子を用意していただきました。

まずはお目当てのガチャガチャができるコイン付きの「キッズプレート」(500円)にしました。娘はカレーライスとエビフライ、プリンなど盛りだくさんで大喜び!

キッズプレートは3種類あります。メインが異なり、カレーライスの他に、ハンバーグ、オムライスがあり価格はどれも同じです。

私は「ハンバーグステーキ キノコクリームソース」1080円 にしました。国産ライスかバゲットを選ぶことができます。ランチセットにはセルフサービスのドリンクが付きます。

肉汁が溢れるジュージーなハンバーグとキノコたっぷりのクリームの相性が抜群で、お米は国産にこだわっているそうです。食感がもちもちで量もたっぷりで、お腹いっぱいになりました。

※価格はすべて税別

娘は最後に楽しみにしていたガチャガチャを回しさらに笑顔が炸裂していました♪

親子で大満足のランチタイムでした。

3
【13:00】「玉川上水駅」北口からバス移動
【13:00】「玉川上水駅」北口からバス移動 【13:00】「玉川上水駅」北口からバス移動
玉川上水駅北口バス乗り場
http://www.tachikawabus.co.jp/keitou
「玉川岡元」から徒歩約10秒のところに「玉川上水駅」北口のバス乗り場があります。

ここから立川バスの「立23立川駅北口行き」に乗り「立飛本社前」で下車します。運賃は大人180円(税込)です。

乗車時間8分ほどで「立飛本社前」に到着しました。ここから楽しみしている「ららぽーと立川立飛」まで向かいます。

4
【13:30】「ららぽーと立川立飛」の屋外遊具で遊ぶ
【13:30】「ららぽーと立川立飛」の屋外遊具で遊ぶ 【13:30】「ららぽーと立川立飛」の屋外遊具で遊ぶ
ららぽーと立川立飛
https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/tachikawa/
「立飛本社前」停留所から徒歩10分ほどのところに「ららぽーと立川立飛」があります。

建物正面に「複合遊具」と「ふわふわドーム」があり、自由に遊ぶことができるため、親子連れで賑わっています!

今日は快晴で日中は外遊びにも最適です。

建物の中に入る前に正面にある遊具で遊ぶことにしました。

「ふわふわドーム」は大人気です。
「裸足で利用するように」と注意書きがあり、裸足で寒くないのかなと一瞬思いましたが、遊んでいる子ども達は楽しくて寒さも気にならないようです。

弾力のある素材のドームで感触がとっても気持ち良く、触ってみては大はしゃぎです。

娘も初めての感触に驚き感動しながら、ドームに上ったり滑ったりして夢中になっていました。

小さな子どもはこの屋外遊具エリアだけでも一日中遊べそうです。

しばらく遊んでから次の屋内遊び場に向かうことにしました。

5
【14:00】「KidsBee ららぽーと立川立飛店」の「遊具のみプラン」で思いっきり遊ぶ
【14:00】「KidsBee ららぽーと立川立飛店」の「遊具のみプラン」で思いっきり遊ぶ 【14:00】「KidsBee ららぽーと立川立飛店」の「遊具のみプラン」で思いっきり遊ぶ
KidsBee ららぽーと立川立飛店
http://www.kidsbee.jp/
屋外遊具から徒歩5分ほどで「KidsBee ららぽーと立川立飛店」に到着です。こちらは「ららぽーと立川立飛」の3階にあるビュッフェダイニングと屋内遊び場が一緒になった施設です。家族みんなで楽しめる!をコンセプトにしています。

今日は「KidsBee ららぽーと立川立飛店」限定のプランを利用します。
14時から入店できる「遊具+ソフトドリンクバー」のプランです。料金は時間制で、遊びながらドリンクバーが利用できます。
・最初の30分は大人200円、小学生以下600円。
・延長料金は30分ごとに大人100円、小学生以下400円。
※価格はすべて税込

とってもゴージャス感に溢れた室内遊び場だな~というのがお店に入った第一印象です。

天井にシャンデリアが飾られていて、ビビッドな青や緑など原色が室内のポイントになっていて気分が盛り上がります。

案内された席から見た遊び場中央には一番人気の滑り台「JUNGLE SLIDER」があります。スリルがあって笑顔で滑る子ども達の歓声が響き渡っています。

席は先着順で指定席です。遊具エリアのすぐ近くに席を確保することができれば、近くで遊ぶ子どもを見ながらの食事も可能です。(3歳以下の子どもは遊ぶときも親の同伴が必須です。)

「遊具のみプラン」もあり、こちらは席に着かないで遊具エリアのみでの利用になります。今回は「遊具+ソフトドリンクバー」のプランにしたので席に座りながら子どもを遊ばせることができました。

ドリンクバーは、食べ物が並ぶビュッフェコーナーの一角にあります。ソフトドリンク、コーヒー、紅茶、ハーブティーが飲み放題です。ハーブティーはルイボスティーや、プーアール茶、スイートハニージンジャーなどがあり種類が豊富でした。

今日はビュッフェは利用しないプランですが、せっかくなのでビュッフェの内容も少し覗いてみました。

自分で好みの具材を選んで作ることができるハンバーガー、ワッフル、唐揚げ、サラダ、洋風のおかずは10種類ほど、中華風角煮もありました。他にもパクチーを使用した麺類やパッタイ、エスニック料理も充実していて驚きました。
ミニケーキなどのスイーツ類も豊富です。メニューは季節ごとにフェアが開催されているので入れ替えがあるそうです。

娘はドリンクバーには目もくれず遊び場に直行です。まず、大掛かりな装置が設置されているボールの部屋に向かいました。

床一面がボールで溢れているだけでなく、頭上には風圧でボールが浮いています。それがとても不思議で面白いのでしょう、じーっと見入ったり、さわろうと必死になって長時間遊んでいました。

また壁には大きなスクリーンがあり、的をめがけてボールを投げるゲームができるようになっていました。

メインの「JUNGLE SLIDER」は最初怖がっていた娘でしたが、一回滑り終えるとすぐに慣れて、その後は「キャーキャー」言いながら繰り返し滑っていました。

子どもの歓声でとても賑やかな店内ですが、遊び場と食事のエリアが分離されているのでテーブルでは気持ち良く食事しながら談笑できます。ママと子ども双方にとって優しい場所だと感じました。

テーブルと椅子の席以外にはお座敷もありました。中央にはベビーゲートがあるので、赤ちゃん連れでもゆっくりと食事ができるように配慮されているのは有り難いですよね。

トイレは「ららぽーと」の建物内のものを利用できます。場所は、KidsBeeの出入り口の正面にあり距離が近いのも助かります。オムツ交換台や授乳室も完備されていました。

娘は1時間たっぷりと遊びました。時間が来ても帰りたくないようでしたが「また今度来ようね。」という約束をして、お店を出ることにしました。

6
【15:30】「立飛東門」停留所からバスで「玉川上水駅」へ
【15:30】「立飛東門」停留所からバスで「玉川上水駅」へ 【15:30】「立飛東門」停留所からバスで「玉川上水駅」へ
立飛東門(バス)
https://www.navitime.co.jp/diagram/bus/00040892/00011677/0/
「KidsBee ららぽーと立川立飛店」から徒歩5分ほどで「立飛東門」停留所に到着します。ここから路線バスに乗り「玉川上水駅南口」に向かいます。運賃は大人180円(税込)です。

乗車時間12分ほどで玉川上水駅南口に到着です。

ここから玉川上水の緑道をお散歩しながらおみやげを探しに行ってみることにしました。

7
【16:00】コミュニティカフェ「ステッチ」でお土産購入
【16:00】コミュニティカフェ「ステッチ」でお土産購入 【16:00】コミュニティカフェ「ステッチ」でお土産購入
ステッチ
http://space.geocities.jp/tama_stitch/cafe_stitch.html
「玉川上水駅」南口から徒歩10分ほどのところにコミュニティカフェ ホームギャラリー「ステッチ」があります。

駅から玉川上水の緑道に沿って歩いていくと打ちっ放しのコンクリートのおしゃれな建物が見えてきます。近づくにつれてカフェだということがわかりました。

日当たりが良く、ベビーカーでも入ることができる広めの店内です。

誰もが集える、自然に優しいお店がコンセプトで、フェアトレードの紅茶やコーヒー、調味料、雑貨類、手作りのお菓子が販売されていました。

「アップルシナモンケーキ」300円(税込)をテイクアウトしました。

帰宅後、親子で分けながら美味しくいただきました。子どもが手づかみでも食べることができるしっかりとしたスポンジでした。

8
【16:40】「玉川上水駅」南口にゴール
【16:40】「玉川上水駅」南口にゴール 【16:40】「玉川上水駅」南口にゴール
玉川上水駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/tamagawa-josui/
「ステッチ」から徒歩10分ほどで「玉川上水駅」南口に戻りました。玉川上水駅周辺の緑道は穏やかで親子でのお散歩に最適だと感じました。

今日は屋外でも室内でも思いっきり遊び、親子で新しい遊び場を発見することができた大満足の一日でした。

娘は「ふわふわドーム」も「JUNGLE SLIDER」もどちらも楽しかったと言っていました。私はなんと言っても「KidsBee」が気に入りました。次回はビュッフェも利用するプランで再訪してみたいですね!

※このコースは2018年2月5日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP