初詣におすすめのパワースポット田無神社と熱々そばランチで開運祈願!新春を楽しむ女子旅コース

女子旅 (131)
1272views
コースをメモする
初詣におすすめのパワースポット田無神社と熱々そばランチで開運祈願!新春を楽しむ女子旅コース

今日は西武新宿線「田無駅」に初詣に来ました。駅近くの「田無神社」に可愛い御朱印帳があると聞き、パワースポット好きの友人と駅で待ち合わせ。まずは身体を芯から温めるお蕎麦を食べに「たからや」へ。熱々のお蕎麦を食べたあとは、目の前にある「田無神社」で念願の御朱印帳を購入。今年一年、良いことがありますように!とお祈りします。その後は駅前にある「田無アスタ専門店街」のフード専門店で地元土産を物色。最後にオールドアメリカンな喫茶店「フジカフェ」で、たっぷり休憩します。それでは、田無駅のおでかけスタートです。

朝からスタート!

1
【11:30】「田無駅」で待ち合わせ
【11:30】「田無駅」で待ち合わせ 【11:30】「田無駅」で待ち合わせ
田無駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/tanashi/
「田無駅」は西武新宿駅から急行で4駅、所用時間は20分強。都心にも近く通勤急行・急行・準急・各駅停車が停まる便利な駅です。

ホームが1階、改札は2階にあり、天井から太陽が射し込む、明るく綺麗な駅舎です。

2
【11:40】門前そば「たからや」で熱々のお蕎麦を堪能
【11:40】門前そば「たからや」で熱々のお蕎麦を堪能 【11:40】門前そば「たからや」で熱々のお蕎麦を堪能
たからや
http://nishitokyo.shop-info.com/units/36244/takaraya/
まずは、参拝の前に「田無神社」の門前にあるお蕎麦屋さん「たからや」を目指します。「田無駅」からは徒歩7分ほどです。

「やっぱり、お昼でも冷えるね。」
「こんな日は、あたたかい麺類を食べてあたたまってからお参りしよう。」

「田無神社」の真向かいにある、歴史を感じる店構えの「たからや」。北海道産そば粉を使用したお蕎麦が自慢のお店です。

「侘び寂びを感じる看板がいいね。」
「神社の真向かいにあるのも、風情あるよね。」

お蕎麦屋さんらしい、引き戸の扉を開けて店内に入ると、しっとりと落ち着いた日本家屋風。小上がりもあり、初詣にはぴったりなお店でした。
メニューも豊富でお蕎麦だけでなく、うどん、丼物もあります。
その中で「かれ〜南蛮」と書かれた「〜」に惹かれて、友人が

「私、これにする!」
「私も惹かれたのよね。お蕎麦屋さんのカレーってあんかけになっているから、熱々だもんね。」

私達は揃って「かれ〜南蛮」(823円税込)をお願いしました。
あっという間に運ばれてきた「かれ〜南蛮」は、まだグツグツいっているかのような熱々で出てきました。

「いただきます!」
「今年もよろしくね。」
二人ともビールで乾杯!といきたいところですが、まだお参りしていないので、ぐっと我慢しました。

想像通りのカレーあんかけが、お蕎麦に程よくからまりおいしいこと。そして、お蕎麦の量の多いこと!

「2人前ぐらいの量じゃない?」
と言いながらも、私も友人も完食し、お店を出ました。

3
【12:40】「田無神社」で初詣
【12:40】「田無神社」で初詣 【12:40】「田無神社」で初詣
田無神社
http://tanashijinja.or.jp/index.php
「たからや」の通り向こうにある「田無神社」。立派な鳥居は石でできていました。目の前の大きな通りは「青梅街道」です。

こちらの神社は鎌倉時代に創立され、最近は境内にたくさんの神様が祀られている事から、パワースポットとして有名です。

「田無神社」には神社謹製の可愛い「御朱印帳」が頒布されていると聞いて、初詣にやって来ました。

「参道長いね。」
「青梅街道の目の前だけど、一歩入ると静かだね。」
神社は青梅街道と新青梅街道に挟まれるように位置しており、こちらの参道の奥に見えている鳥居から本殿までは「龍神の道」と呼ばれているそうです。

手水社には「白龍の水」と説明書きがあり、境内の井戸から汲み上げた貴い御神水であるとのこと。

まずはこちらで手を清めます。

そして、拝殿に行く前に見つけたのがこちらのおみくじです。
「五龍神みくじ」という、可愛い色違いの龍神の中におみくじが入っています。これは境内に祀られている、金・赤・青・白・黒の龍神を表しているそうです。

「可愛いおみくじだね。」
「龍神なのに、ボテっとしているところがキュートだよね。」

そして横にあったのが「鯛みくじ」です。

「鯛が大漁って感じだね。」

お目当ての「御朱印帳」(1600円税込)も発見!

「綺麗な色だね。袴柄で3色もあるよ!」
「ごしゅいんガールって書いてある、私達のこと(笑)?」

もちろん購入して「御朱印」をいただきました!

こちらが拝殿です。この中に、東京都の指定有形文化財となっている本殿があるそうです。

「今年も良い年になりますように」
静かに手を合わせました。

田無神社の氏子区域は、西東京市のほぼ全域だそう。元旦は、境内に露店が立ち並び、賑やかな神社になります。

4
【14:00】「田無アスタ専門店街」のフード専門店でお土産をさがす
【14:00】「田無アスタ専門店街」のフード専門店でお土産をさがす 【14:00】「田無アスタ専門店街」のフード専門店でお土産をさがす
田無アスタ専門店街
http://www.asta.co.jp/index.html
お目当ての御朱印帳を手に田無駅方面に戻ります。駅前にあるビル「田無アスタ専門店街」の地下にはたくさんのフード専門店が入っていて、地元土産が見つかるとのこと。「田無神社」からは青梅街道を歩いて約7分です。

一番に目に飛び込んだのが、こちらのお店。お肉屋さんの「ザックザク肉の宝屋」です。お肉屋さんとは思えないほど、たくさんのお菓子が揃っていました。

次に手作りハムの店「カッセル」。雰囲気ある店構えです。こちらのお店ではハム、ソーセージはすべて自家製手造りしているそうです。
保存添加物も使用していないと聞いて、購入することにしました。

ソーセージを1本単位で買えるのは嬉しいですね。いろんな種類を試してみたくなります。
「ポリッシュ」(90円税別)と「フランクフルト」(110円税別)、「ジャーマン」(150円税別)の3種類を購入しました。

こちらは「ムッシュM」という洋菓子のお店です。
「ミルクマドレーヌ」(180円税別)の蜂蜜マロンがとてもおいしそう。

「蜂蜜マロンの組み合わせがいいね!」

と二人とも購入しました。

5
【15:00】「フジカフェ」でカフェタイム
【15:00】「フジカフェ」でカフェタイム 【15:00】「フジカフェ」でカフェタイム
フジカフェ
「田無アスタ専門店街」のフード専門店でたくさんのお店を見て、少し疲れた私たち。

田無駅の北側にゆっくりできそうなカフェを友人が見つけてくれたので、「フジカフェ」で休憩することにしました。
「田無アスタ専門店街」からは徒歩約3分です。

店内に入ると、オールドアメリカンな雰囲気、そして音楽。
席と席の間にはプランターや大きなメニュー看板があり、プライベートな空間が保てるようになっていました。

「ほんとだね、ゆっくりできそう。」

そして、何よりコーヒー豆を焙煎するいい香りが店内に漂っています。
私達が、焙煎機を見ていると
「これが焙煎する前のコーヒー豆だよ。」と店長が丁寧に見せてくださいました。

「色が薄いんですね。」
「知らなかった。」
と、会話を楽しんでから席に着きました。

お願いしたのは「カフェオーレ」(430円税込)。実は、こちらのお店、終日注文できるモーニングメニューがあり、とても惹かれたのですが、まだお腹がいっぱいでした。

「次回は絶対、モーニングメニュー食べようね!」
「そうだね。次に来た時は御朱印帳、いっぱいになってるかな?」

おいしいコーヒーを片手に、友人と「今年の抱負」について話をして盛り上がりました。
ゆっくりと時間を過ごし、満足した私たちは「田無駅」に向かいます。

6
【16:30】「田無駅」ゴール
【16:30】「田無駅」ゴール 【16:30】「田無駅」ゴール
田無駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/tanashi/
たっぷりとお喋りを楽しんで「田無駅」に戻って来ました。「フジカフェ」からは徒歩約3分。
今日はお目当ての可愛い「御朱印帳」を入手し、御朱印もいただくことができました。新年早々、達成感を味わえ、幸先良い1年のスタートを切ることができました。

みなさんもぜひ、初詣記念に田無神社の「御朱印帳」を手に入れてくださいね。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP