毎年来場者数を増やし続けている入間市最大のイベント「入間万燈まつり」を楽しむ女子旅コース

女子旅 (104)
135views
コースをメモする
毎年来場者数を増やし続けている入間市最大のイベント「入間万燈まつり」を楽しむ女子旅コース

今回で39回目を迎えた「入間万燈まつり」。開催初日の10月28日に行ってきました。 「入間市駅」南口からスタートし、会場である「入間市産業文化センター」周辺に向かいます。イベント会場では佐渡芸能「鬼太鼓」を見物、その後フリーマーケット「一坪市」でお買い物を楽しみます。そして「彩の森広場」で入間名物「狭山茶」を使ったあげパンを食べつつ、「彩の森ステージ」で行われる「佐渡芸能」を見物、佐渡の名品「おけさ柿」も購入します。 夕食は「世界のともだち広場」で国際色豊かな食事とステージを堪能。お腹も満足したところで再びメイン会場の「入間市産業文化センター」周辺にて「入間行列」と「ひっかわせ」を鑑賞します。賑わう人々を後に、最後は「入間市駅」駅ビル内にある「花利休」でほうじ茶スイーツを楽しむ女子旅です。 今年は開催日2日間ともあいにくの空模様でしたが、雨をかき消すほどの熱気をたっぶりお届けします。

昼からスタート!

1
【14:00】「入間市駅」からスタート
【14:00】「入間市駅」からスタート 【14:00】「入間市駅」からスタート
入間市駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/irumashi/
西武線池袋駅から、急行に乗り約40分で到着です。

あいにくの、雨が降ったり止んだりを繰り返す天気。
「これくらいの雨なら大丈夫だね。」と言いながら「入間市駅」南口から女子旅スタートです。

南口を出ると「入間万燈まつり」の会場案内がすぐに目に入ります。

会場までは少し距離がありますが、迷わず会場まで行くことができます。

案内に沿って進むとまた小雨が。

しかし、人波ができるほどのたくさんの人、人です!楽しみが増します!

「入間市駅」から10分ほど歩くと「通行止め」の標識が見えてきました。

メイン会場である「入間市産業文化センター」周辺に続く「けやき通り」は歩行者天国になっていました。すでにたくさんの人で大賑わい。屋台もたくさん出ています。

近くにある案内所でイベントパンフレットをもらいます。

2
【14:20】「入間万燈まつり」会場到着
【14:20】「入間万燈まつり」会場到着 【14:20】「入間万燈まつり」会場到着
入間市 産業文化センター
http://www.iruma-mandoumatsuri.com/
たくさんの屋台が立ち並ぶけやき通りを進み、メインステージである「入間市産業文化センター」前の交差点に着くと「佐渡鬼太鼓」のイベント真っ最中でした。

「ちょうどいいときに来たね。」と言いながら目の前で繰り広げられる迫力満点の『鬼の舞』を楽しみます。

鬼太鼓は佐渡に古くから伝わる芸能で、悪魔を払い豊年を祈る神事だと説明がありました。

入間市の姉妹都市である佐渡市から、毎年この「入間万燈まつり」に参加しているそうです。

鬼太鼓を鑑賞後、今度は「ひばり通り」へ行ってみました。
すると、入間市のゆるキャラ「いるティー」に出会いました。
すぐに子どもたちに囲まれ、大人気です。

大人も子どももみんなが楽しめる催し物が色々なところで開催されています。

「豊岡中学校」の校門脇では、太鼓の演奏中でした。

近くで迫力ある演奏が繰り広げられていて、お祭りの雰囲気を盛り上げてくれます。

素敵な衣装の人たちを発見!
声をかけて、写真撮影をお願いしたところ、快くOKしていただきました!
「世界のともだち広場ステージ」でバリダンスをやってきたところだそうです。

「後で『世界のともだち広場』エリアに行こうね!」と確認しあいました。

会場内では山車にもいたるところで遭遇します!

大きな山車は迫力もあってとても華やかです。

入間華太鼓の山車です。こちらでも太鼓の演奏が!

あらゆるところから、太鼓や笛、お囃子や掛け声が聞こえてきて、大賑わいです。

3
【15:00】「一坪市」を楽しむ
【15:00】「一坪市」を楽しむ 【15:00】「一坪市」を楽しむ
彩の森入間公園駐車場
http://www.iruma-mandoumatsuri.com/stalls/
「彩の森入間公園駐車場」ではフリーマーケット「一坪市」が開催されています。

手作りのアクセサリーや木工細工、古着や骨董などのお店が広がっていて、掘り出しもの探しにぴったりです。

早速、掘り出しものを発見です。窯で焼いた手作りの瀬戸物です。

こんな値段で買えるなんて驚きです!

こちらも手作りのブース。
可愛いアクセサリーや小物類がいっぱいです。

季節柄、こんなに可愛らしいクリスマスオーナメントも売っていました。

いろいろと迷いに迷って、「パッチン」(100円税込)を2つゲットしました。

古着や骨董を扱っているブースもありました。
どれもこれも激安。隣では値段交渉をしている方もいました。

私たちも負けてはいられません。

こんなに可愛いマグカップを3個購入できました!
なんとマグカップ1個50円(税込)です。合わせてたったの150円!いい買い物ができました。

友達と、このマグカップでコーヒーを楽しみます!

4
【16:00】「佐渡物産」、「佐渡芸能」を楽しむ
【16:00】「佐渡物産」、「佐渡芸能」を楽しむ 【16:00】「佐渡物産」、「佐渡芸能」を楽しむ
彩の森入間公園
http://www.iruma-mandoumatsuri.com/friendship/
「一坪市」を存分に楽しんだ後は、「彩の森広場」に向かいます。

この「入間万燈まつり」では入間市の物産文化の出店出品はもちろん、入間市の姉妹都市である佐渡市の芸能、物産もいたる所で見ることができます。
「彩の森広場」には佐渡市と入間市の出店が数多く出ています。広場に設置されている「彩の森ステージ」でも多くのイベントが開催されています。

「彩の森広場」に足を踏み入れると、たくさんの出店からの香りに食欲がそそられます。

ちょうど目に入った、入間市の名産「狭山茶」を使った「さやま茶あげパン」の文字に、2人で意気投合!
あげパンを楽しむことにしました。

購入したのは、「さやま茶」と「きなこ」のあげパン(各100円税込)。

両方の味を楽しみたいけど、この大きさなので、2人で半分ずつシェアして食べることにします。

大人気の佐渡の「おけさ柿」(10個入り500円税込)です。

佐渡の柿は大きくて甘い、種のない「おけさ柿」として有名です。この値段で買えるのはお得ですね。こちらも2人でシェアすることにしました。

「彩の森ステージ」で開催されていた阿波踊りを、先ほど購入したあげパンを食べながら堪能。

口の中いっぱいに狭山茶の風味が広がり、まるでお茶をそのまま食べているよう。パンもふわふわでとても美味しかったです。

5
【16:50】「世界のともだち広場」で世界のグルメを楽しむ
【16:50】「世界のともだち広場」で世界のグルメを楽しむ 【16:50】「世界のともだち広場」で世界のグルメを楽しむ
彩の森入間公園
http://www.iruma-mandoumatsuri.com/stalls/
「彩の森広場」の奥へと足を進めると、「世界のともだち広場」が広がります。ここはワールド・キッチンと呼ばれるコーナーで、ブラジルのソーセージや韓国のチヂミ、タイラーメン、エジプトのケバブサンド、スリランカのカレーなど、本場の味と香りが味わえます。

ステージ前で各国の民族音楽を聴きながら夕食を楽しむのにおすすめです。

さすがワールド・キッチンと呼ばれているコーナーだけあって、国際色豊かな出店の数々。どの料理にしようか迷ってしまいます。

とりあえず広場を一回り。今日の夕食は何にしようか、2人で物色します。

「やっぱり広場入口で焼かれている、ブラジルのソーセージは欠かせないでしょう」と2人で購入。

「リングイサ」(300円税込)を頬張ります。
焼きたてのソーセージはオリジナルバジルハーブが香ばしくてビールに合いそうです。

次に目に止まったのは、ひき肉や卵、豆をポテトで包んだペルーのコロッケ、「パパ・レジェーナ」(350円税込)。

上に乗っているソースは、辛子風味のペルーのスパイスにマヨネーズやレモン汁を混ぜたものだそうです。結構ピリ辛です。

フィリピン料理のコーナーで購入した、「プルコギ・チーズ・トルティーヤ」(500円税込)。

甘いプルコギが美味しかったです。

プルコギと一緒に、デザートとして「スイート・バナナ・春巻き」(200円税込)も購入しました。

気になる世界のグルメを一度に楽しめるので、女子旅にぴったり♪

「世界のともだち広場」ステージでは、ちょうど「アンデス フォルクローレ」が行われていました。

アンデスの民族音楽を聴きながら、国際色豊かな夕食を楽しみました。

6
【18:00】「入間行列」、「ひっかわせ」を観賞!
【18:00】「入間行列」、「ひっかわせ」を観賞! 【18:00】「入間行列」、「ひっかわせ」を観賞!
入間市 産業文化センター
http://www.iruma-mandoumatsuri.com/dmg/
まつりに参加する団体がすべて参加して通り全体を使い、金棒引き、高万燈、主催者、姉妹都市を先頭に万燈山車、万燈踊り、伝統山車、伝統屋台・櫓、御輿などが夕闇の中で万燈色豊かに大行列します。
次から次へとやってくるお神輿や山車に、会場は大盛り上がり。最後には入間市産業文化センター前に集結し、「ひっかわせ」を行います。

「入間行列」が始まり、お神輿が続々とやってきます。

強くなった雨を吹き飛ばすように掛け声が響きます。

女性を中心としたお神輿も目の前を通り過ぎていきます。

次々にお神輿がやってきて、会場の賑わいが増していきます!

間近で見るお神輿は迫力満点、雨なんて関係ありません!

たくさんのお神輿が通り過ぎ、次はいよいよ「ひっかわせ」です。

「ひっかわせ」とは、交差点などで山車同士が出会うと、山車の正面を向け合って囃子と踊りを競い合うことをいいます。
特に勝ち負けがあるわけではありませんが、しばらくの時間、囃子を奏で、踊りを披露し合います。

各地域の山車が入間市産業文化センター前の交差点に続々と集結していきます。

山車の上からのお囃子や太鼓、そして人々の掛け声で会場の盛り上がりは最高潮に!

山車の上での踊りやお囃子の共演は本当に迫力満点です。

いよいよ山車がぐるりと集結!

360度、山車に囲まれ圧巻です!!カメラに収まりきらず、本当に残念!

ぜひイベントに参加してこの熱気を体験して欲しいです。

7
【19:00】カフェ「花利休」でほうじ茶スイーツでしめくくり
【19:00】カフェ「花利休」でほうじ茶スイーツでしめくくり 【19:00】カフェ「花利休」でほうじ茶スイーツでしめくくり
新井園本店 入間ペペ店
http://www.seibu-shop.jp/iruma/topics/detail.php?scd=000268&bid=737
賑わう「ひっかわせ」を後に、「入間市駅」へと向かいます。

最後に少しだけ甘いものがほしいね、と入間市駅ビル「西武入間ペペ」内にある、新井園本店併設のカフェ「花利休」に立ち寄ります。

「わあ、美味しそう!」

季節限定のほうじ茶スイーツが目白押しです。

「雨に濡れたから、少し温まりたいなあ。」と、2人とも「くるくるほうじ茶ぜんざい」(432円税込)に決定。プラス100円(108円税込)でほうじ茶を付けてもらえる、ということで「ほうじ茶付」を注文します。

熱いあんこと一緒に香ばしいほうじ茶のアイスが口の中でとろけます。ほうじ茶もとても美味しい!さすが茶処。

こぢんまりとしていますが、他にも美味しそうなお茶関係のスイーツがたくさん!どれも欲しくなってしまいます。

駅ビルにあるので、お祭り帰りのお土産探しにぴったりです。

8
【19:45】「入間市駅」に到着。おでかけ終了です!
【19:45】「入間市駅」に到着。おでかけ終了です! 【19:45】「入間市駅」に到着。おでかけ終了です!
入間市駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/irumashi/
「花利休」から徒歩1分で「入間市駅」に到着。

雨の中のお祭りでしたが、イベントも屋台も盛りだくさんで楽しかったです。とにかく夜の万燈が大迫力できれいで大満足でした。

「明日の最終日にも『おさけ流し』や『万燈真都利行列』といったイベントがあるし、また来たいね!」と話しつつ、お祭りの余韻に浸りながら帰途に着きました。

毎年入場者数を増やしている「入間万燈まつり」、百聞は一見に如かず!人々の熱気と万燈の美しさを満喫しにぜひおでかけしてみてはいかがでしょうか。おすすめです!

※このコースは2017年10月28日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP