「川越まつり」でおすすめコース。絢爛豪華な山車や迫力のある曳っかわせ、COEDOビールを楽しむデートコース

デート (161)
2562views
コースをメモする
「川越まつり」でおすすめコース。絢爛豪華な山車や迫力のある曳っかわせ、COEDOビールを楽しむデートコース

ユネスコの無形文化遺産のひとつに登録された「川越氷川祭の山車行事」も行われる「川越まつり」。 たくさんの山車が出て、川越の街を彩り、「小江戸川越」らしい江戸の情緒を残す趣のあるお祭りです。 今回は、そんな「川越まつり」に行ってきました。 まずは、川越に来たら絶対に飲みたいCOEDOビールを買うために「伊勢源」へ。 おいしいCOEDOビールを飲みながら、蔵造りの街並みへ向かいます。 途中、おしゃれな植物プラントを販売している「KIYOU KAWASHIMA」に寄り道してから、「宵山の山車揃い」を見学し、川越まつりのメインイベントである「曳っかわせ」を鑑賞します。 迫力のあるお祭りを満喫したら、お祭りの喧騒から離れ、「キッチンtobibako」でおいしいごはんとお酒をいただきます。 それでは、「川越まつり」で盛り上がる、お祭りデートのスタートです。

夕方からスタート!

1
【17:20】「本川越駅」からおでかけスタート
【17:20】「本川越駅」からおでかけスタート 【17:20】「本川越駅」からおでかけスタート
本川越駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hon-kawagoe/
西武新宿線の終点駅である「本川越駅」が今回のおでかけのスタート地点です。
始発の西武新宿駅から本川越駅までは特急レッドアロー号で最短44分で到着、周辺には観光スポットがたくさんある駅です。
平日休日問わずたくさんの人が訪れますが、特に今日はこれからお祭りに向かう人でいつも以上に賑わっています。

駅を出るとロータリーにも出店などがたくさんあり、すごい人でした。

ロータリーを出て、少し行ったところに「まつり臨時案内所」がありました。
こちらでパンフレットを配布していたので入手。
パンフレットにはイベントの案内はもちろん山車一覧や宵山での山車位置図が掲載されていました。

2
【17:30】川越地酒の老舗「伊勢源」で「COEDO」ビールを買う
【17:30】川越地酒の老舗「伊勢源」で「COEDO」ビールを買う 【17:30】川越地酒の老舗「伊勢源」で「COEDO」ビールを買う
伊勢源酒店
https://www.koedo.com/isegen/index.html
まずは、川越に来たら絶対に飲みたい川越のクラフトビール「COEDO」を買うために「伊勢源」へ。
こちらは大正浪漫通りにある明治元年創業の酒屋さんです。
お店の雰囲気からも、歴史ある酒屋さんだということがわかります。

この日は店頭で「COEDO」や川越の地酒「鏡山」の樽酒も販売していました。
「COEDO」は定番の5種類の他、埼玉出身ミュージシャンでボーカルは川越出身という「ASIDMAN」の音楽を聴かせながら発酵させたというコラボレーションビール「彩-Sai-」も先行販売されていました。

せっかくなので、私も彼も「彩-Sai-」500円を購入。
とってもおいしかったです。

「鏡山」の樽酒は枡酒で500円で販売されていました。
こちらもおいしそうで、たくさんの人が購入していました。

店内では「COEDO」の川越市内限定ビール 恋あかり「朝虹-Asaniji-」860円、「月下-Gekka-」860円が販売されていました。
飲んでみたいと思ったのですが大瓶だったので、後で買いに来ることにしました。

※価格はすべて税込

3
【17:40】「KIYOU KAWASHIMA」でおしゃれな植物のアート作品を鑑賞
【17:40】「KIYOU KAWASHIMA」でおしゃれな植物のアート作品を鑑賞 【17:40】「KIYOU KAWASHIMA」でおしゃれな植物のアート作品を鑑賞
KIYOU KAWASHIMA
http://kiyoukawashima.com/
COEDOを飲みながら、散策をします。
川越らしい蔵造りの街並みから1本路地を入ったところに、素敵な植物の現代アートのお店を発見しました!!

「KIYOU KAWASHIMA」は、プランツクリエイターであるカワシマタカヒロ氏による植物ブランドのお店です。

お店の中いっぱいに斬新な作品が展示されていて、植物を使った現代アートの展示を見ているような気分になります。

カメラや靴など日常よく目にするものが鉢に使われていて、その発想に驚かされます。

あまりに斬新過ぎて、私たちが購入するには勇気がいるものも中にはありますが、ミニサボテンの鉢植えなど手頃なタイプも販売されていました。

ちょうど、作品制作中だったので少しお話を聞いてみると「美女と野獣」をテーマにしたものを作っているとのことでした。
1年くらい飾って楽しめるということだったので、ギフトにもぴったりです。

古き良き「小江戸川越」のイメージとは少し違うお店ですが、メイン通りを外れてもこんなに素敵なお店があるとは思いもしませんでした。

細い路地を入ると、いろいろなお店があるのも川越の魅力だなぁと再発見し、ますます川越が好きになりました。

4
【18:00】川越まつり「宵山の山車揃い」を見学
【18:00】川越まつり「宵山の山車揃い」を見学 【18:00】川越まつり「宵山の山車揃い」を見学
川越まつり 宵山
http://www.kawagoematsuri.jp/index.html
2016年にユネスコの無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」のひとつとして登録された「川越氷川祭の山車行事」も行われる「川越まつり」。
毎年10月の第3日曜日とその前日の土曜に行われるこのお祭りは、360年も続いている歴史のあるお祭りです。
精巧な人形を乗せた豪華絢爛な山車が何台も街中を曳きまわしされる様は圧巻で、特に山車と山車がすれ違う際の迫力は見物客を圧倒します。

まずは、落ち着いて山車やお囃子をみることができる「宵山の山車揃い」へ。
山車に提灯が灯り、居囃子を披露。落ち着いて山車やお囃子をみることができます。

もともとは、山車に関わる人の夕食や休憩等で一時的に山車を止めている姿をいつの間にか「宵山」というようになったようです。
そんなこともあり、各山車は参加町の会所等に停車されていて、至る所で見ることができます。

この日は雨の影響で人形が乗っていない山車が多かったのですが、私たちが訪れた時、雨がちょうど止んでいたため、人形が乗っている山車も見ることができました。

「人形が乗っている山車が見れて良かったね!」

「やっぱり素敵よね、本来の姿が見れてラッキーだったね!」

各町によって人形も山車にも特長がありました。もちろんお囃子に出てくるキャラクターも様々で猿や獅子舞などがあり、私たちは何カ所も見て楽しみました。

子どもたちにお菓子を配っていたり、手を振ったりと愛想のよい猿が乗った山車は大人気でした。

川越まつりのお囃子で代表的なキャラクターのひとつに狐があります。
その関連で、川越まつりの露店や蔵造りの街並みにある店舗では狐のお面が売られています。
シンプルで昔ながらの雰囲気の真っ白なものや、カラフルなものまで多種多様です。

お面を付けて歩いている人も多く、せっかくなので私も買いました。
私が買ったものは、1000円(税込)でしたが、お店によってデザインやサイズ、価格も違います。
ぜひ、お気に入りの一品を見つけて被ってください。お祭り気分が一層盛り上がりますよ。

5
【19:00】川越まつり「曳っかわせ」を鑑賞
【19:00】川越まつり「曳っかわせ」を鑑賞 【19:00】川越まつり「曳っかわせ」を鑑賞
川越まつり 曳っかわせ(連雀町交差点)
http://www.kawagoematsuri.jp/index.html
いよいよ、川越まつり夜のメインイベントである「曳っかわせ」を鑑賞します。
中央通り、蔵造りの街並みの各交差点で繰り広げられる「曳っかわせ」。
山車が四つ角などで他の町の山車に出会うと、正面と正面を向き合わせ、囃子の競演が始まります。周りの曳き方衆の提灯が激しく乱舞する光景は圧倒的な迫力があります。
この「曳っかわせ」で祭りは最高潮に盛り上がります。

「曳っかわせ」は交差点で行われるのですが、交差点で他の山車と必ず会うというわけではありません。
また、山車がどの方向から来るかにより、「曳っかわせ」がどの交差点で行われるかも違うので、臨機応変に移動する必要があります。

私たちは「連雀町」交差点で鑑賞することに。
少し待っていると、ちょうど2台の山車が出会いました!!
「宵山」で見たお囃子も素敵でしたが、やはり2台でのお囃子は掛け合いのようなシーンもあり見応えがありました。

曳き方衆の提灯が乱舞する光景は圧倒的で迫力満点です。

多い時には4、5台の山車で行われることもあるようで、さらに迫力満点。
私たちは残念ながら、3台以上による「曳っかわせ」は見ることができなかったのですが、2台でも十分迫力がありました。

夕食を食べるために移動をしている時、別の交差点を通るとちょうど山車が来ました。
他の山車はいなかったのですが、お囃子を披露してくれましたよ。

乗っていたのは、宵山では見ていなかった「天狐」だったので得した気分です。
彼は「方向転換する時、ジャッキアップするんだね。」
と、別の視点で見ていました。
混雑していない場所だからこそ見ることができた光景に、得した気分でした。

後から知ったのですが、「川越まつりナビ」というスマホアプリを入れておくと、山車の位置がリアルタイムでわかるようです。
これを使っていたら、4台以上の山車が「曳っかわせ」をするところが見られていたかもと思うと残念です。
来年はぜひ、このアプリを使用したいと思っています!!

6
【20:00】「キッチンtobibako」でおいしいごはんとおいしいお酒で乾杯
【20:00】「キッチンtobibako」でおいしいごはんとおいしいお酒で乾杯 【20:00】「キッチンtobibako」でおいしいごはんとおいしいお酒で乾杯
キッチンtobibako
https://twitter.com/tobibako_kt
屋台フードもおいしく、お祭りを楽しめますが、10月半ばなので少し寒さも気になります。
特にこの日は前日から急に寒くなったこともあり、夕食はお店で食べることにしました。
「連雀町」交差点から10分ほど歩いたところにある「キッチンtobibako」でお祭りの喧騒とは離れゆっくり食事をします。

小さな看板が出ているだけなので、うっかりすると通り過ぎてしまいます。
それだけひっそりと営業しているのに、おいしいごはんが食べられると評判で連日混雑している「知る人ぞ知る」人気のお店です。

訪れた時はちょうどお客さんが帰ったところで、無事入店できました。

ビール・ワイン・日本酒・焼酎と幅広い種類のお酒と、お酒によくあう野菜中心のメニューが豊富に揃っています。
食事メニューは黒板に書かれているので、そちらから注文。
種類の多さにびっくりしました。

彼はクラフトビールを注文。
この日あったのは7種類で、その中から「LONDON PRIDE」780円を選んでいました。

私はカクテル400円の中から「ウォッカ+グレープフルーツ」をお願いしました。
今回は注文しませんでしたが、ウィスキーもあり希少な「イチローズモルト」も置いてあるようでした。

まずは、今日見られた迫力ある「川越まつり」に乾杯です!

料理は「おまかせ3点盛」500円、「奈良漬けしそ海苔カマンベール」400円をまず注文。
「おまかせ3点盛」はナムル・お浸し・ポテトサラダでした。
どれもおいしく、野菜たっぷりで優しい味です。
「奈良漬けしそ海苔カマンベール」は絶妙な組み合わせで、お酒とよく合います。

「豚のロースソテーてりやきチーズ」480円はお肉がすごく柔らかくておいしく、お祭りの話で更に盛り上がります。

「曳っかわせの曳き方衆の提灯は圧巻だったね!」

「山車は2台でも十分迫力あるのに、3台4台ってどんな光景だろうね。来年も見たいね〜」

次に注文した「パリパリチーズ」380円と「アボカド納豆そぼろ丼」550円も素朴でおいしい味でした。

どれを頼んでも間違いなくおいしいのに良心的な値段で、ふたりとも大満足でした。

ランチでは定食を食べられるそうで、今度はランチにも来てみようと思っています。

※価格はすべて税込

7
【22:00】「本川越駅」に到着。おでかけ終了!
【22:00】「本川越駅」に到着。おでかけ終了! 【22:00】「本川越駅」に到着。おでかけ終了!
本川越駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hon-kawagoe/
おいしい料理とお酒を満喫し、「本川越駅」へ戻ります。
10分ほど歩いて駅に到着したら、本日のお祭りデートは終了です。

帰りも特急レッドアロー号に乗って西武新宿駅まであっという間に到着しました。

「川越まつり」は初めて行ったのですが、大迫力で見応え十分でした。
今回は夜のお祭りを楽しみましたが、昼に行われる「山車巡行」や2日目に行われる「山車揃い」なども1カ所に多くの山車が並び迫力がありそうなので、来年は昼と夜の両方を楽しみたいなと思っています。

※このコースは2017年10月14日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP