新登場の「チャレンジトレイン」と機械遺産「カルーセルエルドラド」を楽しむ、としまえんおでかけコース

親子おでかけ (165)
1670views
コースをメモする
新登場の「チャレンジトレイン」と機械遺産「カルーセルエルドラド」を楽しむ、としまえんおでかけコース

メリーゴーランドが大好きな娘をいつか連れていきたいと思っていた「としまえん」。 2017年9月30日に新登場のアトラクションができたと聞いて早速行ってきました。 まずは、「豊島園駅」をスタートし、「としまえん」へ。新登場の「チャレンジトレイン」で運転手体験をしたら、歴史あるアトラクション「カルーセルエルドラド」を楽しみます。ランチも園内のレストラン「キュートリバティーベル」で頂き、1日「としまえん」を満喫します。最後に「カルーセルエルドラド」生誕110周年を記念したショップ「Dank U!(ダンキュー)」でお土産を買って帰ります。 親子で「としまえん」を遊びつくす1日のスタートです!!

朝からスタート!

1
【10:00】西武豊島線「豊島園駅」からおでかけスタート
【10:00】西武豊島線「豊島園駅」からおでかけスタート 【10:00】西武豊島線「豊島園駅」からおでかけスタート
豊島園駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/toshimaen/
遊園地「としまえん」へは西武豊島線「豊島園駅」がとっても便利です。
西武線池袋駅から直通約15分で到着します。

豊島園駅から「としまえん」まで徒歩1分なので、早く行きたくてうずうずしている子どもに、
「まだ着かないの??」
なんて言われることなく到着します!
2
【10:05】「としまえん」で遊ぶ!
【10:05】「としまえん」で遊ぶ! 【10:05】「としまえん」で遊ぶ!
としまえん
http://www.toshimaen.co.jp/index.html
「としまえん」の正門についたら、入口ゲート手前のチケットブースでチケットを購入します。
うちの娘は4歳で100センチほどの身長なので、入園と「身長110センチ未満のお子さまが利用できるのりもの」が乗り放題になるセット券「キッズのりもの1日券」を購入します。
大人2900円、子ども2400円でした。
(3歳未満は入園・のりものとも無料です。)

チケットを購入したら、早速入園します。
3
【10:10】新登場のアトラクション「チャレンジトレイン」を体験
【10:10】新登場のアトラクション「チャレンジトレイン」を体験 【10:10】新登場のアトラクション「チャレンジトレイン」を体験
としまえん チャレンジトレイン
http://www.toshimaen.co.jp/news/13760/index.html
まずは2017年9月30日に新登場した電車型ライド「チャレンジトレイン」で運転手体験!
西武鉄道の車両を真似して作られた「ミニ電車4種類」の運転を体験することができます。

車両は、ワンハンドルの40000系と30000系の2種類と、ツーハンドルの20000系と2000系の合計4種類です。
(どの車両に乗車するかを選ぶことはできません。)

途中の警笛ポイントできちんと鳴らすことができるか、駅でぴったり停車できるかなどで得点が加点され、100点を目指すようになっていました。(景品はありません。)

我が家は、黄色い「THE西武線」の2000系に乗車できることがわかり、係の人から操作方法や得点の説明などがありました。
娘は、
「さっき乗ってきた電車だ!!」
と2000系が運転できることを知って大興奮していました。

乗り込んだら、いざ出発!!
ツーハンドルなので難しいかな?とも思いましたが、4歳の娘でも問題なく運転できました。

「ボタン押して、鳴らして!!」と教えたり、

「そろそろ駅だから止まってね。」とアドバイスは必要でしたが、初めての運転体験にしては上出来でした。

「踏切を通過し、池袋駅で停車。陸橋を渡って、所沢駅に停車する。」という3分ほどの運転体験でしたが、子どもだけでなく大人も十分楽しむことができました。

体験が終わると、係の人がお土産にシールと「チャレンジトレインうんてんカード」というポストカードサイズのカードをくれました。
娘は「頑張って運転したご褒美」と思ったようで、大喜びで受け取っていました。

私たちは開園後すぐに「チャレンジトレイン」へ向かったので、待ち時間は少なかったのですが、後で前を通った時には60分待ちになっていたので、開園後、早めに行くことをおすすめします。

4
【10:30】生誕110年の回転木馬「カルーセルエルドラド」や他の乗り物を楽しむ
【10:30】生誕110年の回転木馬「カルーセルエルドラド」や他の乗り物を楽しむ 【10:30】生誕110年の回転木馬「カルーセルエルドラド」や他の乗り物を楽しむ
としまえん カルーセルエルドラド
http://www.toshimaen.co.jp/news/carousel-el-dorado_110th.html
NEWアトラクション「チャレンジトレイン」を満喫した後は、「としまえん」で一番歴史のある乗り物「カルーセルエルドラド」へ。

この「カルーセルエルドラド」は1907年にドイツで生まれた回転木馬です。
2017年の今年、生誕110周年を迎えました。
ドイツで活躍した後、アメリカ・ニューヨークのコニーアイランドで大統領をはじめとする著名人を乗せ、たくさんの人に愛されていた回転木馬です。

コニーアイランドの遊園地閉園後、「としまえん」が購入し1971年からは「としまえん」のシンボルとして今日まで活躍しています。

「最初はぶたさんに乗る!!」
アンティークで歴史を感じるメリーゴーランドに大人は思わず見入ってしまいますが、子どもはそんなことお構いなし。
早速、お気に入りを見つけ乗り込みます。

実際に動き出すと、3段になっていてそれぞれの回転速度が違うことに気が付いた娘は、降りるとすぐに
「次は一番早いところに乗る!!」と言って立て続けに2回乗車しました。

メリーゴーランドが大好きな娘は、3段式の「カルーセルエルドラド」がすごく気に入ったようです。

生誕110周年を記念した「カルーセルエルドラド 歴史展」がちょうど開催されていたので、せっかくなので行ってみました。

「カルーセルエルドラド」の歴史を知ることができたのはもちろん、貴重な「無塗装の木馬」も見ることができました。

「カルーセルエルドラド」の「機械遺産認定書」の原物も展示されていました。
「機械遺産」とは、「歴史に残る機械技術関連遺産を大切に保存し、文化的遺産として次世代に伝えることを目的」として、日本機械学会が認定しているものです。
歴史的価値が高く、現役で働いている「カルーセルエルドラド」にぴったりだなと思いました。
他に「練馬区地域景観資源」にも登録されているそうで、そちらの認定書も展示されていました。

また「エルドラドのみどころ」も展示されていたので、次に乗るときにはそのみどころに注目でき「カルーセルエルドラド」に乗る楽しみが増えました。

「歴史展」は2017年12月31日まで開催されているので、「としまえん」を訪れた際にはぜひ見に行くことをおすすめします。

その後もお昼まで、乗り物を楽しみました。

5
【12:30】「キュートリバティーベル」でランチタイム
【12:30】「キュートリバティーベル」でランチタイム 【12:30】「キュートリバティーベル」でランチタイム
としまえん キュート リバティベル
http://www.toshimaen.co.jp/shop/cute.html
午前中からめいっぱい乗り物を楽しんだので、かなりお腹が空いてきました。

「としまえん」の園内には3つのレストランがあるのですが、今回はドリンクバーが種類豊富でお得と話題の「キュートリバティーベル」でランチをします。
「カルーセルエルドラド」の隣の建物で、レストラン「カリーノ」と向かい合っています。

お店の雰囲気はアメリカンな感じですが、メニューはラーメンやカレーなどもあり、大人も子どもも満足できるレストランです。

今回は、ハーフラーメンに肉まんがついた「ハーフラーメンセット」750円に、ミニチャーハンを250円でセットにして、私と娘でシェアすることに。
肉まんは大きくて、単品だと400円。ハーフラーメンセットはとってもお得に感じました。
2人でシェアして食べても十分おなかいっぱいになる、大満足のセットでした。

パパはボリューム満点のカツカレー1000円を注文。
ボリューミーなだけでなく、おいしかったようで、こちらも大満足していました。

上記にそれぞれドリンクバーをセットにしました。

ドリンクバーは食事とセットで注文すると半額の300円になります。
しかも、閉園30分前までならずっと利用可能なのでとってもお得です。

緑のトラックがドリンクバーコーナーになっているので、普通のドリンクバーよりも楽しめて子どもも大喜びです。

カルピスやオレンジジュースなどの定番はもちろん、コーンポタージュやコーヒー、紅茶もあり食後や休憩タイム、ちょっとのどが渇いた時など何度でもおかわりできるので、とても便利でした。

我が家も午後の乗り物の合間や、おやつ休憩などに利用し、たいへん重宝しました。

※価格はすべて税込

6
【13:30】午後も1日券で乗り物を満喫!
【13:30】午後も1日券で乗り物を満喫! 【13:30】午後も1日券で乗り物を満喫!
としまえん
http://www.toshimaen.co.jp/index.html
「キュートリバティーベル」でコストパフォーマンスの高いランチを満喫したら、午後もめいっぱい遊びます。

ちょうちょうの形をした乗り物がお花のまわりを回転する「バタフライダー」はペダルを漕ぐと高く飛べるので食後の運動にもなります。

車に乗り込み水鉄砲で的を狙う「スナッピー」は時々水がかかるので、そのたびに娘は大興奮。

巨大な樹をイメージした「こどもの森」は滑り台がたくさんある大型遊具で、こちらもいい運動になります。

滑り台に行くまでの通り道は大人でも窮屈に感じないので、親子一緒に遊べます。

室内でボールプールやアスレチックが楽しめる「ジャングルハウス」は夏の暑い日や冬の寒い日にはもちろん、子どもを遊ばせ大人が休憩するにも最適な場所でした。

「チャレンジトレイン」の上を走る、身長が90センチ以上あれば乗車可能なローラーコースター「ミニサイクロン」。「としまえん」で不動の人気を誇る「サイクロン」の弟分と言われるミニローラーコースターです。

「ミニ」でも十分楽しく、娘は「もう1回乗りたい!!」と大興奮でした。

バイキングのような動きかと思って乗車した船型の乗り物「ロッキンタグ」は左右にスイングしながら回転するという、思ってもない動きで大人はびっくり。
娘はキャーキャー言いながら、楽しそうに乗っていました。

それ以外にもたくさんの乗り物に何度も乗車し、親子共々「としまえん」を満喫しました。

また、別料金ではありますが、「ふれあいペットガーデン」(ひとり700円)もありました。
ウサギやヤギ、ヒツジ、ワラビーなどいろいろな動物と触れ合えるようになっていました。
こちらではポニーへの乗馬体験(1回500円)もできるようです。

※価格はすべて税込

最後にもう一度「カルーセルエルドラド」に乗ったら、楽しかった1日ももうすぐおしまいです。

7
【16:30】「Dank U!(ダンキュー)」でお土産を探す
【16:30】「Dank U!(ダンキュー)」でお土産を探す 【16:30】「Dank U!(ダンキュー)」でお土産を探す
としまえん Dank U!
http://www.toshimaen.co.jp/news/13289/index.html
遊びつくしたら、最後に「カルーセルエルドラド」生誕110周年を記念したショップ「Dank U!(ダンキュー)」でお土産を探します。
2017年4月29日にオープンのニューショップです。

アメリカっぽい看板が飾られたかわいいお店で、お店の脇にはコカ・コーラの自動販売機も展示されていました。

店内には「カルーセルエルドラド」グッズはもちろん、西武鉄道グッズも販売されていました。

今回は、夜間営業の時にしか見ることができないフォトジェニックな「カルーセルエルドラド」のクリアファイル(100円)を自分用に購入。

娘には「カルーセルエルドラド」の絵本(1000円)を購入。
大好きなエルドラドがお話になっているので、かなり気に入ったようです。
家に帰ってからも何度も読んでいました。

※価格はすべて税込

8
【17:00】西武豊島線「豊島園駅」に到着。おでかけ終了!
【17:00】西武豊島線「豊島園駅」に到着。おでかけ終了! 【17:00】西武豊島線「豊島園駅」に到着。おでかけ終了!
豊島園駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/toshimaen/
楽しかった1日もあっという間に終了し、閉園時間になってしまいました。

駅がすぐ目の前というのは、本当にありがたいです。
大興奮の1日だったので帰りの電車で寝てしまうかとも思いましたが、帰りの電車も2000系の黄色い電車だったので、そちらでも大興奮。
自分が運転した電車と同じものに乗って帰ることができるというのは本当にいい体験だったなと思います。

電車好きなお子さんはもちろん、うちのように電車に詳しくない女の子でも十分に楽しめる新アトラクション「チャレンジトレイン」は、運転体験にもなり本当におすすめです。
室内の遊び場もある「としまえん」は行楽シーズンの秋はもちろん、寒くなってどこに行こうか悩む冬にもおすすめのスポットです。


※このコースは2017年10月1日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP