【ちちんぶいぶい秩父】春の秩父へ日帰りプチ旅!土屋太鳳さん出演のCMロケ地をめぐる女子旅コース

女子旅 (88)
2590views
コースをメモする
【ちちんぶいぶい秩父】春の秩父へ日帰りプチ旅!土屋太鳳さん出演のCMロケ地をめぐる女子旅コース

土屋太鳳さんが出演している【ちちんぶいぶい秩父】のCMでロケに訪れたスポットを巡り、秩父を観光するコースです。女友達と2人で特急レッドアロー号に乗って桜満開の秩父へ! 長瀞にあるお蕎麦の有名店「もみの木」でランチをし、観光名所「長瀞岩畳」や「宝登山ロープウェイ」を見学。秩父のパワースポット「秩父神社」を参拝し、締めくくりはコスパ最高の地元の名店「ホルモン心」で焼肉!帰りの電車まで少し時間があったので、オープンしたばかりの「祭の湯」でお土産を購入します。 女友達と行く日帰りプチ旅!桜満開の秩父へさっそく行ってみましょう!

朝からスタート!

1
【10:53】「西武秩父駅」からスタート!
【10:53】「西武秩父駅」からスタート! 【10:53】「西武秩父駅」からスタート!
西武秩父駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/seibu-chichibu/
西武線池袋駅9:30発の特急レッドアロー号に乗りました。
西武線池袋駅から西武秩父駅までは特急レッドアロー号で最短78分で到着。
特急レッドアロー号は満席になる可能性もあるので、事前に指定席券を購入しておくことをおすすめします。西武秩父駅までノンストップで楽々到着です。
窓も広くて席もゆったり、とても快適でした。

改札を出ると観光ガイド版があります。秩父エリアに初めて来た友達は興味津々。さっそくチェックしていました。

西武秩父駅から長瀞方面へ向かいます。
長瀞へは西武秩父駅から歩いてすぐの「御花畑駅」から電車に乗ります。途中の市役所前では満開の桜を見ることができました。

2
【11:10】秩父鉄道「御花畑駅」から出発!
【11:10】秩父鉄道「御花畑駅」から出発! 【11:10】秩父鉄道「御花畑駅」から出発!
御花畑駅
http://www.chichibu-railway.co.jp/station/29_ohana.html
西武秩父駅から徒歩5分ほどで「御花畑駅(別名:芝桜駅)」に到着です。
木造平屋建ての駅舎で、国の指定有形文化財にも登録されています。

電車は1時間に数本しか走っていないので、電車の到着時間が近くになると、駅員さんが立ちホームへ入場できるようになります。

動物柄のジオパークトレインが到着しました。車内もたくさんの動物の説明などが書いてあり、なかなか面白かったです。

3
【11:40】「もみの木」でお蕎麦ランチ
【11:40】「もみの木」でお蕎麦ランチ 【11:40】「もみの木」でお蕎麦ランチ
文吉蕎麦 もみの木
https://www.nagatoro.gr.jp/shisetsu/%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%AE%E6%9C%A8/
「上長瀞駅」で途中下車。お蕎麦の有名店「もみの木」でランチを食べることにしました。
お店の前には綺麗なお花がたくさん咲いています。
ランチ営業は11時からで、お蕎麦がなくなり次第終了とのことです。

テーブル席は既に満席で、窓側のカウンター席に通していただきました。
店内は明るく木の温もりが感じられる落ち着いた雰囲気です。

メニューを見て真剣に悩む友達。「ざる」にしようと話していましたが、ざるにも「くるみだれ」や「とろろ」があり悩んでしまいました。

「せっかくだから天婦羅も食べたいよね。」と、私。
「1人前が700円で、2〜3人前が1200円だからそっちをとって分けたほうがお得だよね。」と友人。

2人ともざるそばのとろろ(1000円)をオーダーし、天婦羅2〜3人前(1200円)を分けることにしました。
運ばれてきたのは、きれいな色のお蕎麦!
とろろもお箸で持ち上げられるほどの粘り気です。
味も噛みごたえもしっかりとした美味しいお蕎麦でした。
※全て税込

一緒に注文した天婦羅は2〜3人前でこの量です。
「春菊とか柔らかいものから食べてね。サツマイモやかぼちゃみたいな固いものは時間が経ったほうが甘みが増すから」とお店の方が教えてくれました。
野菜の甘みを感じることのできるサクサクの天婦羅はお蕎麦にぴったり、2人で食べるには十分すぎるボリュームでした。

4
【13:00】「長瀞駅」から観光スタート!
【13:00】「長瀞駅」から観光スタート! 【13:00】「長瀞駅」から観光スタート!
長瀞駅
http://www.chichibu-railway.co.jp/station/22_nagatoro.html
お天気も良かったので「もみの木」から長瀞駅まではお散歩をすることに。
20分ほど歩いて「長瀞駅」に到着しました。
とてもレトロな駅で「関東の駅百選」の駅にも認定されています。

長瀞の最初の観光地「長瀞岩畳」へ向かいます。
長瀞岩畳までは「長瀞岩畳通り商店街」を通って行きます。お土産屋さんやお食事処が両サイドにたくさん並んでいて、散策するのにも楽しいです。

特に気になったのが「豆の大沢屋」。
店主が毎日丁寧に作っているという甘納豆や煮豆、お漬物を試食することができます。
商店街の中でもひときわお客様で賑わっていました。
またゆっくりと来てみたいお店です。

5
【13:15】「長瀞岩畳」を見学!
【13:15】「長瀞岩畳」を見学! 【13:15】「長瀞岩畳」を見学!
長瀞岩畳
http://chichibu.c-next.net/entry/iwadatami.html
岩畳通り商店街を散策しながら「長瀞岩畳」に到着。
荒川が、岩を地帯を侵食することによって、奇岩に富んだ断層や岩石段丘を作り上げ、こうした「岩畳」という景観を作り上げているそうです。
この一帯は「長瀞」として国指定の名勝・天然記念物にもなっています。

「長瀞岩畳」も圧巻でしたが、水のキレイさにとても癒されました。
この荒川ではライン下りが名物となっています。

橋の向こうとこちらでお互いを撮り合ったり、セルフタイマーでツーショットを撮ってみたりして過ごしました。
いろいろな場所で試してみましたが、なかなか絶景をバックにツーショットを撮るのは難しかったです。でも試行錯誤しながら撮影する、そんな時間も楽しかったです。

ここでも綺麗な桜が咲いていました。

6
【14:00】「宝登山ロープウェイ」で宝登山山頂へ
【14:00】「宝登山ロープウェイ」で宝登山山頂へ 【14:00】「宝登山ロープウェイ」で宝登山山頂へ
宝登山
http://hodosan-ropeway.co.jp/
長瀞岩畳を見学した後は、次の観光名所へ。宝登山麓駅から「宝登山ロープウェイ」に乗ってみます!

宝登山麓駅までは長瀞駅から徒歩で15分ほど。その道が桜のトンネルになっていて、圧巻の一言でした。「ちょうどいい時期に来たね!」と友人と大はしゃぎ。
オンシーズンの土日は長瀞駅から送迎バスも走っています。

30分に1本のペースで2台のゴンドラが山麓駅と山頂駅を行き来しています。
ゴンドラにはガイドのお姉さんが乗り込み、毎回丁寧に案内をしてくれます。放送ではなく、生の案内を聞くことができるのは魅力ですね。

約5分で標高453メートルの宝登山頂駅へ到着です。
ロープウェイの料金は大人往復820円(税込)です。

こちらが宝登山山頂からの景色です。
山頂駅には蝋梅園、梅百花園があり、たくさんの綺麗な花を見ることができます。
他にも小動物公園や宝登山神社などたくさんの観光スポットがあります。次回時間があったらもう少し山頂付近でゆっくりと過ごしてみたいなと思いました。

7
【16:15】「秩父神社」を参拝
【16:15】「秩父神社」を参拝 【16:15】「秩父神社」を参拝
秩父神社
http://www.chichibu-jinja.or.jp/
15:46長瀞駅発の電車で御花畑駅まで戻ります。
最後の観光は秩父のパワースポット「秩父神社」を参拝します。

「秩父神社」は三峯神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社と呼ばれ、秩父の総鎮守です。ユネスコの無形文化遺産としても登録された例祭「秩父夜祭」で知られている神社です。

秩父神社境内の見所は4つ。
子育ての虎、お元気三猿、北辰の梟、そして、つなぎの龍。
それぞれ看板にも丁寧に説明がされているのでゆっくりと見て回りました。

こちらの神社には「水占みくじ」というちょっと変わったおみくじがありました。
御神体山「武甲山」を水源とするこちらの小川でおみくじを浸し、良運を授かるようお祈りするものだそうです。

せっかくなので私たちもやってみることにしました。
初穂料200円を入れて、好きなおみくじを選びます。

選んだおみくじを開いて小川に浸すと文字が浮かんできます。
私も友達も大吉でした。
「何かいいことありそうだね!」と話しながら神社を後にしました。

8
【17:00】地元の名店「ホルモン心」で夕食を!
【17:00】地元の名店「ホルモン心」で夕食を! 【17:00】地元の名店「ホルモン心」で夕食を!
ホルモン心
https://www.facebook.com/pages/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E7%84%BC%E3%81%8D-%E5%BF%83-%E3%81%97%E3%82%93-/257207630984955
まだ明るい時間ですが、たくさん歩いてお腹も空いたので夕ご飯を食べることにします。
秩父神社からは歩いて10分ほどの距離にある「ホルモン心」へ。
こちらは地元の人で賑わう有名店。メディアでもよく紹介されていて、テレビの取材などもよく来るそうです。

17時開店のお店へは1番乗り。
靴を脱いで上がる広い座席タイプのお店です。

オーダーをすると炭の七輪が運ばれてきます。
いい雰囲気!やっぱり炭と七輪で食べる焼肉は一味違いますよね。

そして驚いたのがその安さ。
この3皿、奥からシロ400円、上タン500円、バラ肉500円です。しかもこのボリュームで全て1人前です。
※全て税込

一番乗りで入ったお店は、どんどん常連さんとみられるお客様で満席になっていきました。このボリュームでこのお値段で食べられるのであれば、常連さんがたくさんいるのも納得です。
今日撮った写真を見たり、おしゃべりをしたり、友達と美味しいお肉を食べながらゆっくりと過ごしました。2人で2杯ずつ飲んで、食べて4000円弱というコスパの良さでした。

9
【18:40】「西武秩父駅前温泉 祭の湯」でお土産購入!
【18:40】「西武秩父駅前温泉 祭の湯」でお土産購入! 【18:40】「西武秩父駅前温泉 祭の湯」でお土産購入!
祭の湯
http://www.seibuchichibu-matsurinoyu.jp/matsuri/index.html
最後に、西武秩父駅に新しくオープンした「西武秩父駅前温泉 祭の湯」に寄ってお土産を購入することにしました。こちらの施設はお土産エリアの「ちちぶみやげ市」とフードコートの「祭の宴」、温泉エリアの「祭の湯」があり、秩父ならではのお食事やお土産が楽しめる施設のようです。

お土産エリアがこの広さ!何を買おうか迷ってしまいます。今回は一緒に行けなかった友人用にここでしか買えないものを探したいと思います。

女性にうれしいかわいいデザインの御朱印帳が売っていました。御朱印ガールという方たちも登場し、御朱印帳を持っている人が増えていると店員さんが話していました。

こんなかわいいクッキーもありました。どれも女性が好みそうなかわいいパッケージなので、自分用にも何か買いたくなってきました。

散々迷ったあげく、こちらの秩父銘仙デザインのチョコレート(600円税込)を4種類購入しました。パッケージがかわいいので、食べるのがもったいないです♪

施設内にはフードコートもあり、秩父名物のわらじかつ丼や秩父味噌ラーメンなど、ここに来たら一度にたくさんのメニューが楽しめそうです。次回秩父に来たときは、こちらでランチを食べたいと思います。

10
【19:25】西武秩父駅から特急レッドアロー号に乗って帰ります
【19:25】西武秩父駅から特急レッドアロー号に乗って帰ります 【19:25】西武秩父駅から特急レッドアロー号に乗って帰ります
西武秩父駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/seibu-chichibu/index.html
西武秩父駅19:25発の特急レッドアロー号に乗って帰ります。行きの電車でははしゃいでいた私たちですが、さすがに疲れてしまいぐっすりゆったり眠って帰ってきました。

【ちちんぶいぶい秩父】のCMコースのロケ地を巡る旅は、思った以上に充実した旅となりました。次回は日帰りでなく泊まりで来たいね、と友人と話をしました。
長瀞方面におでかけの際は電車の本数が少ないので、事前に予定を立てて行かれることをおすすめします!

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ