親子におすすめピクニックコース。「阿須運動公園」と「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」で思いっきり遊ぶおでかけコース

親子おでかけ (227)
6550views
コースをメモする
親子におすすめピクニックコース。「阿須運動公園」と「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」で思いっきり遊ぶおでかけコース

天気の良い日にピクニックをしながら、大人も子どもも思いっきり遊べて大満足のコースを紹介します。「元加治駅」のすぐ近くにある「堀口精肉店」でお惣菜を、「ロンシャン洋菓子店」でデザートを購入してから「阿須運動公園」に向かいます。公園でピクニックランチをした後は、遊具や広場でたくさん遊び、道を挟んで向かいにある「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」でムーミンの世界観を楽しみます。 2つの大きな公園でたくさん遊ぶ、楽しい1日のスタートです!

朝からスタート!

1
【10:30】「元加治駅」からおでかけスタート
【10:30】「元加治駅」からおでかけスタート 【10:30】「元加治駅」からおでかけスタート
元加治駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/motokaji/
おでかけのスタートは西武池袋線「元加治駅」です。
「池袋駅」から急行で約45分で到着です。

7両目に乗るとエレベータも近く便利です。
2
【10:45】「堀口精肉店」でランチ用のお惣菜を購入
【10:45】「堀口精肉店」でランチ用のお惣菜を購入 【10:45】「堀口精肉店」でランチ用のお惣菜を購入
堀口精肉店
「元加治駅」の改札を出て、わずか1分のところにある「堀口精肉店」でランチ用のお惣菜を購入します。

こちらは、地元の方に愛される昔ながらのお肉屋さんです。

揚げ物系のおかずの他に、ポテトサラダや卯の花などのお惣菜も豊富で、看板に「おかずハウス」と書いているのも納得です。

今回は「メンチカツ」115円(税込)と「ポテトサラダのロースハムサンド」80円(税込)を購入しました。

たくさんの種類があったので、帰りに夕飯のおかずを買うのにもよさそうです。

3
【11:00】「ロンシャン洋菓子店」でデザートを購入
【11:00】「ロンシャン洋菓子店」でデザートを購入 【11:00】「ロンシャン洋菓子店」でデザートを購入
ロンシャン洋菓子店
ピクニックのおかずを買ったら、次はデザートを買いに行きます。

「堀口精肉店」から2分ほど行ったところにある「ロンシャン洋菓子店」。
こちらも古くからある地元で愛されているお店のひとつです。

こぢんまりとして、どこか懐かしさを感じる街の洋菓子店という雰囲気です。

手土産にもってこいの焼き菓子から、ケーキまでたくさんの種類が並んでいます。

ケーキも300円前後のものが多くどれもおいしそうです。

今回はお土産に買って帰るのではなく、ピクニックで食べやすいものがよかったので、ケーキは断念。

カッププリンも110円(税込)で売っていたので、プリンと悩みましたが・・・

娘が「ケーキがいい!!」というので個包装されていた「チョコレートケーキ」110円(税込)と「レモンケーキ」110円(税込)を購入しました。

4
【11:30】「阿須運動公園」でピクニックランチの後、思いっきり遊ぶ
【11:30】「阿須運動公園」でピクニックランチの後、思いっきり遊ぶ 【11:30】「阿須運動公園」でピクニックランチの後、思いっきり遊ぶ
阿須運動公園
https://www.city.hanno.lg.jp/facility/detail/222
ピクニック用のおかずとデザートを買ったら、お待ちかねの公園へ向かいます。
「阿須運動公園」は「ロンシャン洋菓子店」から徒歩20分ほどで到着します。

入間川沿いに広がる自然豊かな公園です。
訪れたこの日は桜が満開で、ピクニックにピッタリでした。

まずはさっそくピクニックランチ。
桜の下にシートをひき、先ほど買ったお惣菜と持参したおにぎりを食べます。

「メンチカツ」は油が違うのかカラッとしていて、冷めていてもとてもおいしかったです。

「ポテトサラダのロースハムサンド」はほんのり甘いポテトサラダとハムの塩気がとても合い、くせになるおいしさでした。

目の前の遊具を見て、早く遊びたくてしょうがない娘はお惣菜とおにぎりを食べ終わると
「ケーキは後でおやつに食べる!」と言って、さっそく遊びに行ってしまいました。

ちびっこ広場と呼ばれる遊具のある広場には、複合遊具が大小2つあり、小さな子どもでも安心して遊べるようになっていました。

小さい方の遊具の前は砂場になっていて、そこでもたくさんの子どもが遊んでいました。

他には大きなネットツリーがありました。

広々とした芝生エリアもあり、こちらでボール遊びやバドミントンなどをすることもできます。

大地の泉と名付けられたところでは夏には水遊びができるようです。
水がないこの時期でも、子どもたちがたくさん遊ぶ大人気の場所でした。

他には、古代広場という変わったオブジェのある広場もありました。

広い公園で思いっきり遊んだら、お腹が減ったので、古代広場にあるベンチでおやつタイムにします。

「チョコレートケーキ」も「レモンケーキ」もバターたっぷりでなんだか懐かしい味がしました。
こんなにバターたっぷりでおいしいのに110円とはびっくりです。
娘は口いっぱいにかぶりついてうれしそうに食べていました。

5
【14:00】「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」でムーミンの世界観の中で冒険
【14:00】「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」でムーミンの世界観の中で冒険 【14:00】「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」でムーミンの世界観の中で冒険
あけぼの子どもの森公園
https://www.city.hanno.lg.jp/akebono/
たくさん食べて、たくさん遊んで、「阿須運動公園」を満喫したら、道の向こうにある「あけぼの子どもの森公園」へ向かいます。

この「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」はムーミンからインスパイアされて造られた、自然あふれる素敵な公園です。

「阿須運動公園」と「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」を結ぶ「あけぼの橋」を通れば、交通量の多い道路を渡らずに安全に公園を行き来することができます。

この日は橋から満開できれいな桜を間近で見ることができました。

「あけぼの橋」を渡り終えたら駐車場を通って一番奥まで行くと、「あけぼの子どもの森公園」に到着です。

ここから少し長い坂道を上って行くとムーミンの世界が広がっていました。

事前にムーミンの絵本やDVDを見ていた娘は、目の前に広がるムーミンの世界に大興奮でした。

特にキノコ型のおうちとスナフキンがよくいる「水浴び小屋」が気に入ったようです。

「ムーミンいるかな??」と探し始めました。

おうちの中にも入ることができます。

靴を脱いで入ると、ムーミンが住んで居るかのような台所や居間・暖炉があり娘は大興奮でした。

隠し部屋のようなところもあったり、どこでも好きなように登ったり降りたり、かくれんぼしたりと子どもが好きそうな工夫がたくさんある素敵なおうちになっています。

ツバの広い帽子を被ったような外観の「子ども劇場」は下の階に水が流れ落ちて池があり、まるで洞窟のようになっています。

下の階は管理事務所とトイレになっていて、上の階は手作り玩具がある多目的ホールで自由に遊べるようになっています。

その奥には丸太の壁が波打つ様な特徴的な建物「森の家」があります。
ここは図書室と資料室があり、童話を読みながらゆったり過ごせるようになっています。

たくさんの素敵な建物と自然が調和し、絵本の中に入り込んだような不思議な気分になりました。

6
【16:00】「元加治駅」に到着。おでかけ終了!
【16:00】「元加治駅」に到着。おでかけ終了! 【16:00】「元加治駅」に到着。おでかけ終了!
元加治駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/motokaji/
1日めいっぱい遊んだら、「元加治駅」に戻って今日のおでかけは終了です。

「阿須運動公園」と「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」はどちらも広く、子どもはもちろん大人もとても楽しめました。
どちらものんびりピクニックをするのにちょうどよいので、幅広い年代が楽しめます。
親子でおでかけはもちろん、おじいちゃんおばあちゃんを誘って遊びに行くのにもおすすめの場所です。
またどちらの公園も子どもの性格やその日の気分に合わせていろいろな遊び方のできる素敵な公園なので、ぜひまた近々行きたいと思っています。

※このコースは2017年4月8日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP