子どもとボウリングに行こう!初夏をアクティブに過ごしたい親子におすすめおでかけコース

親子おでかけ (227)
2544views
コースをメモする
子どもとボウリングに行こう!初夏をアクティブに過ごしたい親子におすすめおでかけコース

雨の日も暑い日も、年齢問わずみんなで楽しめるスポーツが、ボウリング! 昔のボウリングブームの頃はボウリング場はあちこちにあったそうですが、今は車でないと行きにくい郊外の大型店が多く、マイカーのない我が家では、ボウリング場を探していました。 そんな折、「久米川駅」徒歩5分の場所に見つけました!「久米川ボウル」です。 こちら年中無休で、ファミリーに優しい料金設定。家族連れにおすすめのボウリング場です。 ランチには、「ラ・フルール・ド・セル」でフランス人シェフが作る本格フレンチをいただき、かわいい洋菓子屋さん「おやつ屋Sunset(サンセット)」でスイーツをテイクアウトします。 久米川駅周辺で元気に遊べるおでかけコースです。

昼からスタート!

1
【11:20】「久米川駅」南口から出発
【11:20】「久米川駅」南口から出発 【11:20】「久米川駅」南口から出発
久米川駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/kumegawa/index.html
西武新宿線「久米川駅」へは、「西武新宿駅」からだと30分ほどです。
私たちは、西武池袋線方面から向かったので、「所沢駅」で乗り換えて2駅目でした。
10両編成の電車の場合、7両目付近に乗っていると、エレベーターへの乗り継ぎがスムーズでしたよ。

今回の最大の目的は、ボウリング!
ホームに降りるとすぐ、大きな「久米川ボウル」の赤い看板が目に入りました。
簡単な地図も掲載されていたので、改めて道のチェックができました。

もちろん、オムツ替え台のある多機能トイレが駅にあるので、子ども連れでも安心です。
さぁ、出発しましょう!

2
【11:30】子どもと本格派のフランス料理を「ラ・フルール・ド・セル」でランチ
【11:30】子どもと本格派のフランス料理を「ラ・フルール・ド・セル」でランチ 【11:30】子どもと本格派のフランス料理を「ラ・フルール・ド・セル」でランチ
ラ・フルール・ド・セル
http://www.r-lafleurdesel.com/
「久米川駅」から徒歩3分、一本路地を入ったところに、フランス国旗が掲げられた素敵なお店があります。「ラ・フルール・ド・セル」は、手軽に本場のフレンチが楽しめるお店です。今年で開店10周年だそう。
一見敷居が高そうに見えますが、ランチタイムは子ども同伴歓迎なので、安心して入店できます。
コースを頼む場合は、電話予約をして11時半の開店の頃に訪れた方が落ち着いて食事ができるかと思います。

※以下、金額は税別表記

品よくレンガが使われ、温もりを感じる店内。
厨房の小さな小窓から、一番に入店した私たちにシェフが優しくほほえみかけてくれました。
14歳から料理の世界に入り、ヨーロッパ各地のレストランで技術を磨いてこられたそう。
料理長を務めていたロンドンのレストランでは、ミシュランの一つ星を獲得したこともあるという凄腕のシェフです!

リーズナブルで子どもにおすすめなのが「グラタンランチ」(850円~) 小さなスープとミニデザート、ドリンクがついています。
4種類の日替わりグラタンの中から選べます。
「鶏肉とじゃがいものニョッキグラタン」(950円)にしました。
これが「本物のグラタンの味!」と感動してしまうおいしさでした。
できたては熱々なので、やけどしないように気を付けて食べてくださいネ。

そして、私はシェフおまかせのコース「メニュー・デギュスタシオン」(2850円)を注文しました。
前菜、魚料理、肉料理、デザートが少しずつ楽しめるように盛り合わせてあります。
オレンジの香りがするカボチャのスープも、帆立のサラダも、キッシュも全部おいしい!!
写真奥に見えるのが、子ども用に用意してくれた割れないプレートやコップです。
こんな上品なお店でこういう気配りがあるのは、とってもありがたいです。

普段はあまり好きではないお魚料理にも、おいしすぎてこの顔!

お肉料理3種。牛ホホ肉の赤ワイン煮、ローストビーフなど。お皿の色彩も美しいです。
特にそれぞれに添えられているソースが最高で、残すのがもったいなく、パンにつけてどんどん食べていると、お腹がいっぱいになりました(笑)。

食後のデザート、チョコレートやレアチーズのケーキなど。
どれもこれも、下ごしらえから手間ひまかけて作っているのが分かる、すばらしいお料理でした。なかなか他では食べられないフレンチに親子で大満足でした。

金曜日の夜には、食事をしながらライブが楽しめる「ビストロナイト」というイベントがあるそうです。いつか大人のデートにも使いたいお店でした。

3
【13:00】「久米川ボウル」でボウリングやバッティングを楽しもう
【13:00】「久米川ボウル」でボウリングやバッティングを楽しもう 【13:00】「久米川ボウル」でボウリングやバッティングを楽しもう
久米川ボウル
http://www.kumegawabowl.com/
「久米川ボウル」は駅の北口方面、新青梅街道沿いにあります。
年中無休、深夜も営業していて、老若男女幅広い年代に愛されているボウリング場です。
ゲーム料金も、『5ゲーム投げ放題で1500円』や『早朝・平日サービス』など様々な設定があって、お手頃価格で楽しめます。(通常は、12時以降 1ゲームで一般550円 幼児350円 税込です。)
お腹が満たされた後は、こちらでしっかり動いてエネルギーを消費しましょう!

※以下、金額は税込表記

まずは屋外にあるバッティングから始めました。
子どもや女性用にやわらかいボールで打てるコーナーがあったので、怖がることなくバットが振れました。(約2分30秒 200円)
もちろん、プロ野球選手の画像が映り、早い球速で投げ込んでくる男性用の打席もありますよ。

他にも、ストラックアウトやサッカー、テニスができるマシンもありました。
好みに合わせて、多様にチャレンジできます。

続いて店内に入り、ボウリングタイムです。
指5本でしっかりつかめる5ポンドの子ども用ボールがあるので、小さな子どもでも投げられます。
また貸靴(一足300円)がファーストシューズサイズの13センチからあったのが、驚きでした。

ノーガーターレーンなので心配なく、息子が投げているのを見守れました。
コロコロかわいく転がって、パタパタとたくさんピンが倒れて大喜び。
家族でスポーツできるって楽しいね。

ちょっと投げるのに疲れてきたら、ボール用のすべり台で転がすこともできます。
結果スコアは、87でした!
スペアもあったし、上手にできたね!!

2階にもレーンがあり、こちらはかなり上手なシニア世代の方が多いようでした。
ボウリングスクールも開かれています。
また、卓球台(30分600円)やフットサルコート、ゲームコーナーもありました。
一日遊んでいられますね。
カラオケ付きのパーティールームで宴会もできるそうですよ。

4
【15:00】「おやつ屋Sunset(サンセット)」でおやつをテイクアウト
【15:00】「おやつ屋Sunset(サンセット)」でおやつをテイクアウト 【15:00】「おやつ屋Sunset(サンセット)」でおやつをテイクアウト
おやつ屋Sunset(サンセット)
https://www.ssunset07.com/
赤い屋根が目印の「おやつ屋Sunset(サンセット)」は、女性オーナーさん手作りのスイーツが買えるかわいらしいお店。おととし12月にできた、まだ新しいお店です。お客さんの身近な存在になれるようにと「おやつ屋」と名付けたそう。
こちらで、店名の通り”おやつ”を買って帰ります。

※以下、金額は税別表記

季節に合わせたロールケーキや焼き菓子などを、月替わりのメニューで販売しています。
イラスト付き手書きの看板も素敵です♡
訪ねた4月は、いちごやよもぎなど、春を感じられるメニューが揃っていました。

ショーケースの一番上、ごまあんこ、ちょこばなな、ベリーチーズと3種ある「マフィン」(210円)もおいしそう!
他にも「フィナンシェ」(80円)「和三盆のクッキー」(3枚入り200円)「抹茶と金時豆のパウンドケーキ」(200円)など、お土産にしたくなるほっこり優しい雰囲気のお菓子がいっぱいです。

子どもと何種類か選ぶと、「少々お待ちくださいねー」と笑顔で包んでくれました。

実は、今回私たちが狙っていたのは、土曜日限定販売の「シュークリーム」(210円)でした。これがとってもおいしいと、この辺りでは評判なんです。
無事買えて、良かったー♪

サクッカリッとした生地に、カスタードクリームがこんなにたっぷり。
でも重くなく、口当たりがなめらかで、いくらでも食べられちゃいそうな程よい甘さです。
もし土曜日に足を運べるなら、ぜひご賞味ください。

5
【15:20】「珈琲問屋 長澤」で焙煎仕立てのコーヒー豆を購入
【15:20】「珈琲問屋 長澤」で焙煎仕立てのコーヒー豆を購入 【15:20】「珈琲問屋 長澤」で焙煎仕立てのコーヒー豆を購入
珈琲問屋 長澤
http://www.coffeeclub.co.jp/company/
駅に向かって帰ろうとしていたところ、ちょっと待った!
コーヒーのいい香りに引き寄せられて、ふと見ると豆の大きな看板がありました。
「珈琲問屋 長澤」は、久米川駅から徒歩3分のところにある、コーヒー豆を自家焙煎してくれるお店です。
先ほど買ったおやつにこのコーヒーがぴったり!と思い、入店しました。

※以下、金額は税込表記

ずらりとコーヒー豆が入った樽が並んでいます。
こちら、なんと常時60種類の生豆を世界中から取り揃えているそうです。
どれがいいのか迷っていると、店員さんが好みを聞いて、丁寧に説明してくれました。
また初心者には、おすすめの定番豆を使った「スペシャルブレンド」(200g 915円)もあるので、こちらから試してみるのもいいですね。

選んだ豆は、最新式の高速焙煎機を使って、数分で煎りあがりました。
さらに専用の冷風機を使って冷やし、でき上がり!
奥に喫茶コーナーもあり、一杯250円でその場で焙煎したてのコーヒーを飲むこともできますよ。

6
【15:40】「久米川駅」に戻ってゴール
【15:40】「久米川駅」に戻ってゴール 【15:40】「久米川駅」に戻ってゴール
久米川駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/kumegawa/index.html
「久米川駅」に帰ってきました。
「ラ・フルール・ド・セル」でフレンチを味わい、「久米川ボウル」で体を動かして大満足!
さらに、スイーツとコーヒー豆のお土産があるので、帰宅後もおでかけの楽しさが続くようで、親子でニコニコしながら電車に乗りました。
駅周辺の商店街には、他にも魅力的なお店がいろいろあり、まだ奥深い魅力が眠っていそうな予感!

毎月第3日曜日には、「マルシェ久米川」という朝市が開かれるそうです。今度は、東村山市の食をもっとディープに味わいに来ようと再訪を誓いました。

「久米川駅」周辺は、四季折々の自然にあふれていることも高評価でした。
私たちが訪ねたときは桜が見頃。曇り空ではありましたが、ピンクに染まる街を子どもと歩けたことはいい思い出になりました。

※このコースは、2017年4月8日に行ってきました

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP