究極のオムライスを食べてハイエンドな陶器や紅茶、スイーツで世界を旅する椎名町デートコース

デート (146)
2794views
コースをメモする
究極のオムライスを食べてハイエンドな陶器や紅茶、スイーツで世界を旅する椎名町デートコース

「椎名町駅」周辺で楽しめる、おすすめデートコースをご紹介します。まずは「TOKYO美食伝説 PapiPopi」で究極のオムライスを堪能し、「ロシア雑貨店 マリンカ」で陶器やマトリョーシカに魅了されます。その次は「ジークレフ 目白店」でお土産の紅茶を購入して、最後は「ガッタイオーラ ドルチ」でイタリア伝統菓子のズコットを堪能しながらカフェタイム。まるで世界旅行をしているような1日デートをしてきました。

昼からスタート!

1
【13:45】「椎名町駅」からスタート
【13:45】「椎名町駅」からスタート 【13:45】「椎名町駅」からスタート
椎名町駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shiinamachi/
西武池袋線、池袋駅より各駅停車の電車に乗り1駅目の「椎名町駅」。
所要時間は約2分とかなり近いです。
山手通りがすぐ横を通っていて、目白や要町も徒歩圏内で立地に大変恵まれている場所です。

「便利そうだし、住むならここが良いかも!」と二人で話しながらデートのスタートです。
2
【14:00】「TOKYO美食伝説 PapiPopi」で『究極のオムライス』ランチ
【14:00】「TOKYO美食伝説 PapiPopi」で『究極のオムライス』ランチ 【14:00】「TOKYO美食伝説 PapiPopi」で『究極のオムライス』ランチ
TOKYO美食伝説PapiPopi
http://papipopi.com/
椎名町駅を下車し、歩くこと約6分で「TOKYO美食伝説 PapiPopi」に到着。入口の看板が目印。席数が約30もあり広々としています。
こちらは黒毛和牛のトップブランド、但馬牛の専門店だそうで、美味しさのプロデューサーPapiさんとおもてなしのコンシェルジェPopiさんご夫婦が経営されています。
本物の食材にこだわるお店だそうで、私も彼も期待が高まります。

「究極のオムライス」ダブル(1300円 税込)を注文。
ソースは「デミグラスソース」か「コクうまカレー」が選べます。私はデミグラスソースを注文しました。
・シングル・ダブル・トリプルと、上にのせる但馬牛のボリュームが選べます。

青森県八戸市の指定ファームから届けられる「地たまご」がふわトロで美味です。そこに柔らかい但馬牛の極上肉がのせられて、最高級のコシヒカリのお米と朝摘みクレソン。グルメな方におすすめなオムライスです。

セットドリンク「本日のドリンク」で「りんごとレッドベリーのミックスジュース」(320円 税込)を注文しました。色と見た目が可愛いくさわやかでフレッシュ感のあるお味でした。

ステーキやビーフカツにフォアグラ、この他にもメニューが充実していて、カキフライやメンチカツ、コロッケなどのトッピングもできて、コース料理やプレートメニューもあるそうです。

一皿一皿に真心を込めて作ってくれていて、一皿ごとに店主の愉快なトーク(料理説明)を聞くことができます。全てのメニューのご飯は大盛り無料だそうです。気付かなかったね~っと後から知り2人で後悔(笑)。

店主の温かい人柄の溢れるお店で、こだわり抜いたお料理に感動したことはもちろん、ご家族でお祝いのお食事をされていたりする様子などを見て、すっかりお店のファンになってしまった私たち。
「次回はコース料理を食べようね!」

ドリンクの種類も充実しています。こちらはPapiPopiオリジナルの焼酎で、麦、芋と2種類あり人気だそうです。このほかにもビール、ワイン、カクテル、日本酒、シャンパンまで品揃えがあります。これだけ豊富なら、ゆっくりとお食事が楽しめそうですね!!

3
【15:30】「ロシア雑貨店 マリンカ」でマトリョーシカ、インペリアルポーセレン(皇帝専属陶器)やグジュリ陶器を見る
【15:30】「ロシア雑貨店 マリンカ」でマトリョーシカ、インペリアルポーセレン(皇帝専属陶器)やグジュリ陶器を見る 【15:30】「ロシア雑貨店 マリンカ」でマトリョーシカ、インペリアルポーセレン(皇帝専属陶器)やグジュリ陶器を見る
ロシア雑貨店 マリンカ
http://www.marinka-zakka.com/
お腹がいっぱいになった後は、ロシア雑貨のお店を訪れます。
一軒家のお宅の1階部分がお店です。住宅街に、こんなにお洒落なお店があるなんて驚きました。

店内に入りマトリョーシカに目を奪われました。
「可愛い~!」と私。雑貨が好きなのでこのお店に大興奮です。

見てくださいこのマトリョーシカの数!!
「こちらで作っているのですか?」と思わず聞いてしまいましたが、全ての商品はロシアから輸入しているそうです。

ひとつひとつ表情が違ってとっても可愛い!同じ商品はないので、目を凝らしてお気に入りのものを探します。

どれも可愛くて、散々迷ってこちらを購入しました。
左から「マトリョーシカのコマ」(500円 税別)・「マトリョーシカキーホルダー」(700円 税別)・「マトリョーシカストールピン」(800円 税別)
気になるものがあたくさんあったので、また見に行きたいと思います。

こちらの「グジェリ陶器」はロシアの伝統的な陶磁器で、青色と白色を基調に作られた、綺麗で高級感あふれる陶器です。どんなお料理もこちらの陶器の上に乗せたら、より綺麗に輝かせてくれそうです。そんなことを想像していたら、揃えたくなりました。

この繊細な模様の入った陶器。「インペリアル・ポーセレン」 は、ロシアを代表する名磁器で、 260年以上の歴史のある陶器です。グジュリ陶器とはまた違う、綺麗で艶やかな高級感あふれる陶器に魅力を感じ、「こんな陶器で紅茶を飲んでみたいね」と彼と話しました。

こちらの商品は「ベレスタ」というそうです。
白樺の樹皮で作らているロシアの伝統工芸品で、職人さんのぬくもりを感じ、1つ1つの細かい仕上がりに感動しました。

4
【16:15】「ジークレフ 目白店」でお土産を購入
【16:15】「ジークレフ 目白店」でお土産を購入 【16:15】「ジークレフ 目白店」でお土産を購入
ジークレフ 目白店
http://www.gclef.co.jp/shop/mejiro.php
迷いながら歩くこと10分弱で目白通り沿いのお店「ジークレフ 目白店」に到着。前のお店で買い物に夢中になってしまい、実はのどがカラカラだった私たち。店内に入ったらお店の方が試飲用の紅茶を持ってきてくださいました。美味しい紅茶で心も体もほっとリラックスできました。

色々な種類の紅茶があって悩んでしまいますが、店員さんがひとつひとつ丁寧に説明をしてくれたので、好きな紅茶を買うことができました。

ジャムの種類も豊富。
缶に入った紅茶もあるので、セットでプレゼントやお土産にしてあげても喜ばれるだろうな~。

お土産用にこちらを購入しました。
「ローズペコー50g袋」(972円税込)
「マサラチャイセット」(1082円税込)
普段はコーヒー派の私も、紅茶も良いなと改めて感じました。
おうちで紅茶を入れて彼とまったりしたいと思います。

5
【17:00】「ガッタイオーラドルチ」でカフェタイム
【17:00】「ガッタイオーラドルチ」でカフェタイム 【17:00】「ガッタイオーラドルチ」でカフェタイム
ガッタイオーラ ドルチ(Gattaiola dolci)
http://gattaiola.net/
椎名町駅から徒歩約5分に位置するこちらのお店。
住宅街の片隅にある小さなオステリアですが、入口からセンスが良くつい立ち止まって見てしまいます。

「日本からヨーロッパに飛んで来た感じがするね。」
「イタリアに本当にありそうなお店だね。」

ズコットとはセミフレッド(氷菓)ジェラートの元祖で、名前の由来は聖職者の頭巾ズケットに似ていることからつけられたそうです。
念願のズコットが食べられるので嬉しい!私は「ズコットとカフェテリア」のセット(1050円 税込)を注文しました。飲み物の種類は、コーヒーや紅茶、ワインなど11種類から選べるお得なセットです。
ふわふわのドーム生地の中にリコッタチーズクリーム、さらにチョコレートやナッツを合わせたものが入っていて、美味しくて、触感もアクセントがあり、あっという間に完食してしまいました。彼にケーキ食べるのいつも早すぎだねと言われつつ。

店内にはフレスコ画とアンティーク・ジノリのコレクションが飾られていて目を奪われます。
どこを見ても、なかなかお目にかかれないものばかりで新鮮です。

カウンターはこのような感じで紳士な常連のお客様がいらっしゃいました。
私も常連さんになりたいな~。

まもなくこちらの食器などが並んだアンティーク調のお店もOPENするそうなので楽しみですね!

6
【18:00】「椎名町駅」ゴール
【18:00】「椎名町駅」ゴール 【18:00】「椎名町駅」ゴール
椎名町駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shiinamachi/
「1日あっという間に過ぎちゃったね。」と話しながら、日が暮れて「椎名町駅」の南口に到着。

絶品オムライスを食べて、ロシア雑貨や陶磁器を見て、紅茶の専門店に立ち寄り、最後はイタリアのスイーツでまったり・・・日本にいながら、まるで海外旅行に行った気分を味わえる今回のデートコースでした。目や舌の肥えたお相手と行っても満足してくれるとオススメのコースです。

次回は、海外旅行が好きだけど、足を痛めて行けなくなってしまった母とも一緒に行ってみようと思います。必ず喜んでくれると思います。

※今回のデートコースは2017年3月3日に行って来ました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP