茶そばにあんみつ、わらびもち。川越グルメの新名物「河越抹茶」を堪能する女子旅コース

女子旅 (101)
11248views
コースをメモする
茶そばにあんみつ、わらびもち。川越グルメの新名物「河越抹茶」を堪能する女子旅コース

前に川越を訪れた時に見かけた「河越抹茶」。今回は友達を誘って河越抹茶を楽しむおでかけをします! 西武線「本川越駅」を出発したら、まずは河越抹茶を使った茶そばを食べることができる「茶そば寿庵 蔵のまち店」でランチ。その後は蔵造りの街並みを散策しながら、「茶和々」で河越抹茶を使ったお土産を探します。 たっぷり散策して歩き疲れたら「川越 椿の蔵」にあるカフェでおいしいあんみつをいただきます。 河越抹茶を様々なかたちで味わうことができる、おすすめのおでかけコースです。

昼からスタート!

1
【11:45】「本川越駅」からスタート
【11:45】「本川越駅」からスタート 【11:45】「本川越駅」からスタート
本川越駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hon-kawagoe/index.html
ランチやお茶がメインのお出かけなのでお昼前に本川越駅で友達と待ち合わせです。
私も友達も何度か川越には来たことがありますが、神社巡りだったり観光メインだったので、今回のようなお出かけは初めてです。

「よーし、今日は河越抹茶を堪能しよー!!」

「たくさん食べるぞー!!」

気合たっぷりでランチのお店に向かって、お出かけスタートです。
2
【12:00】「茶そば寿庵 蔵のまち店」で河越抹茶そばを食べる
【12:00】「茶そば寿庵 蔵のまち店」で河越抹茶そばを食べる 【12:00】「茶そば寿庵 蔵のまち店」で河越抹茶そばを食べる
茶そば寿庵 蔵のまち店
http://www.kawagoe.com/kotobukian/
本川越駅から10分ほど歩くと「蔵造りの街並み」に到着します。
この蔵造りの街並みの中にある「茶そば寿庵 蔵のまち店」へ向かいます。

「この寿庵っていうお店、大正時代から営業していて創業100年以上のお店なんだって。」

「そんなに歴史があるんだね!蔵造の街並みは何度か行ったことあるけど知らなかった。」

「ふつうのお蕎麦も好きだけど、茶そばって好きなのになかなか食べる機会がないから楽しみ♪」

楽しみで会話も弾んでいると、あっという間にお店に到着です。

お店は天井が高く、梁が見える古民家風の建物で落ち着きます。
訪れた時にはテーブル席は満席で小上がりの座敷席に通されました。

メニューは茶そばの他に二八蕎麦もあり、2色セットのお蕎麦はもちろん、ざるそばなどはどちらのお蕎麦がよいか選ぶことができます。

2人とも茶そばの「せいろ」(750円 税込)にしました。

茶そばが来るのを待っているとき、河越抹茶についての案内を発見。
河越抹茶は天下の茶所とされる茶の名園五カ所のうちの一つで、南北朝時代は関東の有力武将に愛されていたそうです。しかし戦国時代になると、栽培していた寺院や武士が衰退し、姿を消してしまったとか。

それから、400年後・・・ 銘茶と呼ばれたかつての河越茶にならい、 旧河越領内にある茶園で丁寧に栽培された高品質の茶葉を厳選し、新たな姿で蘇ったのが現在の河越抹茶だそうです。

「武将も愛したお茶なんだ!」
「そんなすごいお茶を使ってる茶そばだなんて知らなかった。ますます食べるのが楽しみ。」

お待ちかねの茶そばが運ばれてきました。
「おいしそう!!」
2人ともさっそくいただきます。
「ほんのりお茶の香りがして、すごくおいしい茶そばだね!!」
やや甘めの出汁に喉ごしが良いお蕎麦で2人とも箸が進みます。
あまりのおいしさにあっという間に完食です。

食後のそば湯も楽しみのひとつです。
注いでみると・・・
「あれ?普通のそば湯より白っぽい気がしない?」
「普通よりとろっとしてる感じもする」
実際に飲んでみると、普通のお店のそば湯より濃厚な気がしました。

お店の人にそば湯が濃厚でおいしいことを伝えると、そばのゆで汁を提供しているのではなく、わざわざそば湯を作っていると教えていただきました。
2人ともおいしい理由に納得です。

おいしい茶そばとそば湯に大満足。
次は蔵造りの街並みを散策しながら、河越抹茶を使ったお土産探しです。

3
【14:30】「茶和々」で河越抹茶を使ったお土産を購入
【14:30】「茶和々」で河越抹茶を使ったお土産を購入 【14:30】「茶和々」で河越抹茶を使ったお土産を購入
茶和々
次はあらかじめ、河越抹茶のお土産が買えると調べておいた「茶和々」というお店へ向かいます。
茶そばを食べた「寿庵 蔵のまち店」からはわずか1分ほどの距離にあるお店なのですが・・・
途中気になるお店がたくさんあって寄り道しながら向かいます!

「玉ねぎの漬物だって!珍しいね!試食あるから食べてみたい!」とお漬物やさんに寄ってみたり、

「おにぎりとかエビフライのキーホルダー売ってるよ。ちょっとこのお店みてみたい!!」

と入ったお店ではキーホルダーだけでなく、みたらし団子のイヤリングも見つけました。

路地の奥の広場のようなところで、猿回しをしているのも見ることができ、普段あまり見かけない珍しいものをたくさん見つけて、楽しく散策できました。

ようやく目的のお店「茶和々」へ到着です。
店頭では抹茶をひく石臼が置いてあり、実際に挽いていました。

「お茶ってこうやって挽くんだね!初めて見た!」

「お濃茶アイスだって!おいしそう!気になるし食べようかな・・・でもこの後あんみつ食べたいし・・・悩むなぁ。」
友達はソフトクリームを食べるかで相当悩みながら、とりあえず店内へ。

店内にはサブレやダックワーズなど、河越抹茶を使ったお菓子がたくさん並んでいました。
たくさんありすぎて、私も友達も何を買うか悩んでしまいました。

私は「抹茶わらび餅」(540円 税込)を購入。
帰ってから、わらび餅好きの母と食べました。

プルプルすぎずちょうどよい弾力で、かかっている抹茶もしっかり苦味も感じられるくらいの濃さで、とってもおいしかったです。
あっという間になくなってしまったので、もうひと箱買ってもよかったかなぁと後悔したくらいです。

友達は「お濃茶アイス」(500円 税込)が気になって仕方なかったらしく、結局買って食べることに。
こちらのアイスは1日限定50個だそうで、店内のイートインスペースでいただきます。
抹茶が濃く甘さ控えめでおいしかったようで、友達は大満足でした。

4
【15:30】「川越 椿の蔵」の「足湯喫茶 椿や」で河越抹茶を使ったあんみつを食べる
【15:30】「川越 椿の蔵」の「足湯喫茶 椿や」で河越抹茶を使ったあんみつを食べる 【15:30】「川越 椿の蔵」の「足湯喫茶 椿や」で河越抹茶を使ったあんみつを食べる
川越椿の蔵
http://tsubaki-kura.jp/
たくさん散策してお土産も買って満喫したので、最後は蔵造りの街並みを本川越駅方面に戻りながらお茶休憩のできるお店へ向かいます。
「川越 椿の蔵」には「足湯喫茶 椿や」という河越抹茶を楽しめるカフェがあります。

「距離は歩いてないけど、色々見たからゆっくり休憩したいね!!」

「足湯カフェなんて初めて。」

そんな話をしているとあっという間に「川越 椿の蔵」に到着です。

1階奥にあるお目当ての「足湯喫茶 椿や」へ。
先に注文をしてから、外にある足湯に向かいます。

私は河越抹茶を使った「あんみつ」(680円 税抜)を注文し、友達はさっきアイスを食べたからと「河越抹茶ラテ」(600円 税抜)を注文しました。

足湯を利用する際、タオルを持っていなければ、デザインが素敵な「足湯手拭い」(300円 税抜)を購入することもできます。
お土産にもなるので、私も友達も1枚ずつ購入し、足湯へ。

「うわぁ!おしゃれ!!」

「すごい風情あって素敵だね!!」

「あそこに桜の木っぽいのがあるから、咲いたら素敵だね!!」

足湯カフェのお客さんしか入ることができない場所になっていて、
横並びで8人が足湯に入ることができるようになっていました。

足湯につかってのんびりしていると、注文したものが運ばれてきました。

「桶に入ってくるなんて、ほんとおしゃれ。あんみつもラテもおいしそうだね。」
「お水のグラスもおしゃれだし、ほんと絵になるカフェだね。」

さっそくあんみつを食べてみると、疲れた体にほっとする甘み。
寒天や白玉、あんこの甘みと、抹茶の苦みとが相性抜群でした。

抹茶ラテもほろ苦さとの中に甘みが感じられて、おいしかったようです。

「さっきアイス食べたから、温かい足湯と甘みのある抹茶ラテはうれしい♪」

と友人はかなりご満悦。

のんびり足湯に入っていると、お店の人が和傘の電気を付けに来てくれました。
「暗くなったら更に風情が出て素敵だろうね。」

「おしゃれだし、おいしいし、何より足湯が気持ちいし、幸せな気分。ここまた来たいね!!」

庭の和傘を眺めながら河越抹茶あんみつとラテをいただく・・・優雅なひとときでした。

お店の営業は19時まで。
地ビールのCOEDOビールや地酒「鏡山」を使ったカクテルがメニューにあったので、次は日が暗くなる頃来て、足湯に浸かりながら、お酒も楽しみたいです。

5
【17:30】「本川越駅」到着。おでかけ終了!
【17:30】「本川越駅」到着。おでかけ終了! 【17:30】「本川越駅」到着。おでかけ終了!
本川越駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hon-kawagoe/index.html
「川越 椿の蔵」から10分程歩いて本川越駅に到着。本日のお出かけは終了です。
茶そばにあんみつ、お土産のわらび餅と河越抹茶を堪能した1日でしたが、道中に素敵なお店もいろいろと発見できて、大満足の1日となりました。
古いけど新しい「河越抹茶」。まだ味わったことのない方はぜひ試してみてください。

※このコースは2017年2月17日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP