子連れで楽しくランチができる!キッズカフェ「ZOO cafe」とひばりヶ丘のおすすめスポットを巡る親子おでかけコース

親子おでかけ (222)
17724views
コースをメモする
子連れで楽しくランチができる!キッズカフェ「ZOO cafe」とひばりヶ丘のおすすめスポットを巡る親子おでかけコース

子どもと出かけても、子どもと入りやすいレストランが分からなかったり、親の買い物に付き合わせて申し訳ないと思ったりなど、子どもとのお出かけに出不精になってはいませんか? 「ひばりが丘PARCO」に2016年末に新しいキッズカフェができました。 こちらを利用すれば、子どももお母さんも楽しくリラックスして食事ができますよ! そして、すぐ近くの「ひばりが丘公園」で元気に遊んで、「パティスリーオン」で贅沢スイーツを買って帰ります。 春の親子での外出がさらに充実すること間違いなしのおすすめコースです。

昼からスタート!

1
【11:50】「ひばりヶ丘駅」南口からスタート
【11:50】「ひばりヶ丘駅」南口からスタート 【11:50】「ひばりヶ丘駅」南口からスタート
ひばりヶ丘駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hibarigaoka/index.html
西武池袋線の「ひばりヶ丘駅」は、急行の停車駅。西武線池袋駅から最短14分で到着します。
現在、北口方面は再開発中、南口方面には大型商業施設が2つあり、家電から服、雑貨、家具、書籍など何でも揃えられます。10分ほど足を伸ばすと緑豊かな公園があり、最近マンションの建設も盛んな、注目エリアです。
今回は、南口から出発します。
駅構内には、多目的トイレやエレベーターなどの設備は整っていますし、駅ビルには雑貨店やパン屋さん、お菓子屋さん、ドラッグストアが入っているので、子連れでも安心です。

訪れた日は快晴!
駅を出て、右方向へすぐのところにある「ひばりが丘PARCO」に入ります。

2
【12:00】オープンしたばかり!「ZOO cafe」で子どもを遊ばせつつ、ランチタイム
【12:00】オープンしたばかり!「ZOO cafe」で子どもを遊ばせつつ、ランチタイム 【12:00】オープンしたばかり!「ZOO cafe」で子どもを遊ばせつつ、ランチタイム
ひばりが丘PARCO
http://hibarigaoka.parco.jp/page2/10720/
「ひばりが丘PARCO」の5階にある「ZOO cafe」は、2016年12月に開店したできたてほやほやのお店。桜台駅の近くにある「ZooKids cafe」の姉妹店です。
ひばりが丘周辺に住むママたちの間では、待ってました!と話題沸騰のキッズカフェなんです。私たちが訪れた日も平日ながら、このベビーカーの台数。ほぼ満席状態でした。
現在電話予約はできないそうなので、待ちたくないという方は少しお昼の時間をずらせば、スムーズに入れるかと思います。

1歳~6歳の就学前の子どもたちが遊べるプレイスペースです。
うちの子はまずおままごとからスタート!
大人はテーブル席に落ち着いて座り休みながら、子どもを見守ることができます。
写真の奥に手洗いスペースがあるのが分かりますか?
子どもの背丈にぴったりなサイズがありがたいです。

「ズーカフェキッズプレート」(650円)を注文しました。
子どもが好きなハンバーグやエビフライ、果物、ゼリーなどがあり、大きな口でパクパクと完食していました。他に、パンケーキやパスタ、カレーのプレート、合わせて4種類あるので、また次回試してみたいと思います。
キッズドリンク(100円)は、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、アップルジュース、麦茶の中から選べます。
0歳児には、離乳食の用意もありましたよ。

私は、「濃厚ミートソースのペンネプレート」(980円)を注文しました。
店内の厨房で調理して出してくれるので、おいしくいただきました。
※すべて税別

「森の動物園」をコンセプトにしているお店なので、いたるところに動物モチーフや木々の飾り付けがしてあって、かわいい!
楽しく落ち着けるカフェです。
(店内奥にカーテンで覆われた授乳スペースもありました。)

我が子が遊ぶと、こんな感じに散らかってしまいました。ごめんなさい。
それでもお互いさまと気兼ねしなくてよいのが、キッズカフェの良いところ。
(もちろん、少々お片付けはして退店しました)
奥にあるのが、ママがとことんくつろげるローテーブルの座敷席です。
ハイハイまでの0歳児ママだとこちらがおすすめですね。

食事後は、パルコ店内でお買い物。
おもちゃを用意してくれている子ども服店もあるので、うちの子も飽きずに待っていてくれました。
3階には、オムツ替え台や給湯施設、授乳ルームがあるベビースペースがありますし、1階のインフォメーションカウンターでベビーカーを貸してもらえます。

3
【14:30】「ひばりが丘公園」でひと遊び!
【14:30】「ひばりが丘公園」でひと遊び! 【14:30】「ひばりが丘公園」でひと遊び!
ひばりが丘公園
http://www.city.nishitokyo.lg.jp/sisetu/koen_ryokuti/hibarigaoka.html
ランチ&ショッピングの後は、「ひばりが丘PARCO」のすぐ裏手にある「ひばりが丘公園」で体を動かしましょう。
マンションの影になっているため気づきにくいのか、駅から徒歩3分ほどの便利な場所なのに、意外と空いている穴場の公園です。
程よい広さで目が届き、子どもを自由に遊ばせられます。
こちらのカラフルな複合遊具が園内中央にあります。

公園に入ると、手前にベンチ、奥に見えるのが砂場、スプリング遊具がありました。
この他、ブランコもあります。
園内には数本ですが桜もあり、お花見も楽しめます。

うちの子は、コアラのスプリング遊具に乗ってはしゃいでいました。
お隣が「西東京市ひばりが丘図書館」で、絵本を読める広々としたスペースもあるので、こちらでさらにゆっくり過ごすのもいいですね。

トイレは、三角屋根の家をイメージして作られているそう。
男女兼用トイレではありますが、ちょっとメルヘンでかわいいな♪

4
【15:30】「パティスリーオン」で贅沢スイーツを購入
【15:30】「パティスリーオン」で贅沢スイーツを購入 【15:30】「パティスリーオン」で贅沢スイーツを購入
パティスリーW・ON
http://www.patisserie-won.com/
「パティスリーオン」は「ひばりヶ丘駅」南口からバス通りを南へまっすぐ7分ほど歩いたところにある、人気のお菓子屋さんです。
暮らしやすいと話題のひばりが丘の街を見学しながら、おやつを買いに行きました。
シックででおしゃれな外観です。
店名の「オン」は穏やかの穏(おん)だそう。
扉を開くと、甘い香りと共に優しく落ち着いた雰囲気を感じました。

壁沿いに焼き菓子がずらりと並んでいます。
サブレ、フィナンシェ、ガレット、マシュマロなど、30種類以上はありました。
こちら都内の有名店で修業を積まれたパティシエさんが、フランス菓子をベースに作っているそうです。センスの良さが分かります。

大人のためのお店かなと思いきや、奥に子ども向の絵本を置いた小さなスペースが。
こういう心配りが母親には嬉しい!!
子連れでも気兼ねなく、また来ていいんだとほっとします。

そして、ショーケースの中には、芸術作品のように美しいケーキが輝いています。
どれにしようか迷うーー!!

自宅用なら、「おやつプリン」(135円)がおすすめ!
卵とミルクの味がしっかり分かります。
子どもの食べきりサイズで手ごろだし、カップのふたにかかれている顔のイラストが一つ一つ違ってかわいいんです♡

お父さん用には、ユニークな一品「ビールみたいなりんごゼリー」(185円)、
私用には、イチゴショートケーキ「シャンティフレーズ」(380円)を買いました。これが、生クリームもスポンジ生地も上質でおいしいんです。
え?自分のが一番高いって?
ま、これが母親のささやかな贅沢、特権なのです!!

他、クマのぬいぐるみが入ったプチギフト「くまちゃんギフト」(580円)などもあり、お土産を選んでもきっと喜ばれる素敵なお店です。
※すべて税込

5
【16:00】「ひばりヶ丘駅」南口に戻る
【16:00】「ひばりヶ丘駅」南口に戻る 【16:00】「ひばりヶ丘駅」南口に戻る
ひばりヶ丘駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hibarigaoka/index.html
大事にケーキの箱を提げて、「ひばりヶ丘駅」南口に戻ってきました。
キッズカフェでランチをして、子ども服などを見て、公園で遊び、スイーツを買うという、プチおでかけでしたが、どの場所も友達におすすめしたくなるような居心地の良いスポットでした。
今後さらに街が変化・成長していく「ひばりヶ丘駅」周辺、要チェックです!ぜひ足を運んでみて下さい。
※このコースは、2017年2月6日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP