駄菓子屋「ぎふ屋」で昭和にタイムスリップ!?新井薬師前駅周辺の親子おでかけコース

親子おでかけ (207)
9272views
コースをメモする
駄菓子屋「ぎふ屋」で昭和にタイムスリップ!?新井薬師前駅周辺の親子おでかけコース

中学生の娘と食欲の秋を満喫する親子おでかけコースを紹介します。「新井薬師前駅」をスタートし、「グラン・パ 中野新井店」で、できたて・もちもちの生パスタランチを食べた後、地元民に愛される昔ながらの駄菓子屋「ぎふ屋」でお買い物をします。ティータイムは、ラテアート体験ができたり手作りパンで人気のこだわりカフェ「macky cafe」でのんびり。翌日の朝食用のお土産に、駅からすぐのところにある、手作りで温かい雰囲気のパン屋さん「カザミドリ」でお買い物をして帰るおでかけコースです。

昼からスタート!

1
【11:30】西武新宿線「新井薬師前駅」からスタート!
【11:30】西武新宿線「新井薬師前駅」からスタート! 【11:30】西武新宿線「新井薬師前駅」からスタート!
新井薬師前駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/araiyakushi-mae/
今日は娘と一緒に商店街のある南口からスタートします!
西武新宿線「新井薬師前駅」は、新宿区、練馬区、中野区が隣接し、歩きでの散策が楽しいエリアです♪

南口を出たところのたこ焼き屋さんの良いにおいにつられそうになった娘ですが、目的地へ急ぎます!

新井薬師公園でゆっくりするのも楽しそうですが、まずはランチへGO!

2
【11:40】「グラン・パ 中野新井店」でもちもちの生パスタを満喫!
【11:40】「グラン・パ 中野新井店」でもちもちの生パスタを満喫! 【11:40】「グラン・パ 中野新井店」でもちもちの生パスタを満喫!
グラン・パ 中野新井店
https://grandpa-nakaoarai.owst.jp/
中野近辺を中心に展開している、できたてもちもち生パスタのお店です。素材と相性が良い味付けメニューがラインナップされています。”550円パスタの日”などもあって、気軽にイタリアンが楽しめる雰囲気。こちらの店舗は2階席もあって、貸切パーティなどにも良さそう!

娘「生パスタって何?」
母「そうだよね。うちだとほとんど乾麺だからね。パスタは小麦粉や卵や水を練って作るんだけど、スーパーなどで売っているのは長く保存しやすいよう乾燥してあるの。ここのは練って作りたてということ。」

娘は「温泉卵のせカルボナーラ」(900円 税込)、私は"贅沢メニュー"の方から「ソーセージ・ナス・キノコ・温泉玉子のせボロネーゼ」(1200円 税込)をチョイス。ボロネーゼはお店の人気トップ3に入るそうで、つい食べたくなります!
乾麺と違うもちもちの食感がやはりたまらない♪ できたての生パスタは最高ですね。

生麺なのでゆで時間が短いせいか、娘といろいろ話してたら10分前後でお料理が運ばれてきました。早い!

娘は食べ盛りなので、大盛りでもいけたかもとのことでした。

店内はカジュアルな雰囲気で、スタッフの方もフレンドリーです。シェフも奥から「いらっしゃいませ!」「ありがとうございまーす!」と元気にお声かけしてくださいました。3階には製菓の工房もあるそう。
娘は、次回スイーツも試してみたいとのことでした!

3
【12:40】昔ながらの駄菓子屋「ぎふ屋」で大人買いを楽しむ
【12:40】昔ながらの駄菓子屋「ぎふ屋」で大人買いを楽しむ 【12:40】昔ながらの駄菓子屋「ぎふ屋」で大人買いを楽しむ
ぎふ屋
http://www.visit.city-tokyo-nakano.jp/category/eating/cafe/5692
新井薬師前駅方面に戻り、線路を越えた北口を過ぎたところにある東亜学園高校に隣接した「ぎふ屋」さん。名前の由来は、先代のご夫婦が岐阜のご出身ということからだそう。私自身も岐阜出身なので、岐阜ネタで盛り上がってしまいました!

昭和24年にタバコ屋としてオープン。現在のご主人が引き継ぎ、10年程前にお店を奥へ広げるよう改築され、現在のように駄菓子やなつかしいおもちゃなどを扱うようになったそうです。今時、税込10円からお買い物できるお店は貴重ですね。

店構えも昭和な感じ。お店の前には10円で遊べるパチンコゲームなどがあり、小さな子から小学生ぐらいの子どもたちが入れ替わり立ち替わり訪れていました。ゲームは穴に入るとメダルが出てきてお菓子に交換できるので、子どもたちは真剣です。

雑誌「るるぶ中野区」にも中野でのおすすめスポットとして掲載されたそうです!

ブリキのおもちゃ、めんこ、吹き矢、スーパーボールなどが所狭しと並んでいます。
袋に入ったカード引きや、ブロマイド、くじ引きなどもツボ。小さい頃に食べたなつかしいお菓子にも出会えました。

こんな感じで小さな買い物かごにどんどん入れて大人買い。ミニカー(165円 税込)、電車のチョコ(40円 税込)、ビー玉(1個29円 税込)、キャラメル、こんぺい糖、都こんぶなどを買って全部で809円(税込)でした。

店内で話しかけてきてくれた5歳ぐらいの男の子は、毎週日曜日に連れてきてもらうことになっている、と嬉しそうに選んでいました。小さい子がお小遣いを持ってくるのに自分で計算しやすいように、税込での表示にしているとお店の方がおっしゃっていました。そんな優しさもご近所で愛される理由のひとつなのですね。

ウルトラマン、仮面ライダー、トーマスなどのコレクションだけでなく、懐かしいコミックがセットで並んでいました。古いコミックは、漫画好きな中学生の娘もほとんど知りませんでした。

売り場の割に品数が豊富ですが欲しくなるものは好みによって千差万別なので、何に出会えるかは行ってからのお楽しみ!童心に帰って大人も楽しめるお店でした。

4
【13:10】ラテアート体験ができる「macky cafe」でほっと一息
【13:10】ラテアート体験ができる「macky cafe」でほっと一息 【13:10】ラテアート体験ができる「macky cafe」でほっと一息
macky cafe
http://www.mackycafe.com/
バリスタ資格のあるこだわりマスターがいるカフェ。
ラテアート体験もできます。マスターがマキノさんなので、マッキーカフェとのことです!
ご実家がケーキ屋さんだそうで、小さい頃から飲食店の経験が豊富、さらにカフェ開業前も喫茶店でのご経験がおありとのこと。

(新井薬師前駅よりも、お隣の中井駅のほうが近いのでお急ぎの方は電車での移動でもよいかもしれません。)

サンドイッチも看板商品。北海道まで小麦粉を買い付けに行くほどのこだわりで、酵母も北海道で入手したマル秘のものですよ。パンから手作りするカフェはなかなか少ないですよね。行った時もちょうどサンドイッチ用の食パンが焼きあがったところで、店内は湯気といい香りに包まれていました。

自家製アップルパイもパイ生地から手作り。ご実家のケーキ屋さんより直送の生地を使ってマスターが作った焼きたてがいただけます。

ラテアート体験(450円 税込)は、娘のみ参加。図柄はくま、うさぎ、ねこなどの4タイプから選べます。ベースをマスターが作ってくださるので、爪楊枝で顔を描けば完成です。

うさぎちゃんにリボンをつけたこんな顔に仕上げた娘、とても楽しそうでした。コーヒーが飲めない場合は、ホットココアでもラテアート体験可能とのことです。

絵を描くのが好きで夏休みもアトリエに通っていた娘ですが、結論誰でもできるとのこと(笑)
でも、自分で描いたカフェラテはさらに美味しく感じたようです!

お茶菓子、コーヒー、中国茶の販売もありました。お茶は、定期的に定休日を利用し日帰りで台湾まで買い付けに行かれるそうですよ。

本や漫画も置いてありました。
娘は「進撃の巨人」を嬉しそうに手にとっていました。マスターのものではなく、お客様の寄付だそうです。

ペット連れの方や外を希望する方には、テラス席もあります。こんな川沿いの席です。

ちょうど犬を連れたお客様がテラス席にいらっしゃったので、可愛いわんちゃんと少したわむれる娘。知らない地元の方とも動物がつないでくれるのもいいですね。

5
【14:00】地元に愛される「カザミドリ」でお土産パン購入
【14:00】地元に愛される「カザミドリ」でお土産パン購入 【14:00】地元に愛される「カザミドリ」でお土産パン購入
カザミドリ
駅から近い昔ながらのベーカリー「カザミドリ」の店内は、美味しいパンの香りに包まれ、常連さんが多いせいか和やかな雰囲気で自然な会話が飛び交う温かい空間です。価格もフレンドリー。

駅からだと、ちょうど新井薬師公園へ行く途中にこの緑色の庇が見えてきます。

こちらはどちらかというと甘い菓子パン系の棚。レジ右横のほうの棚が惣菜パン系でした。レジ左奥は、クッキーやパウンドケーキ類が並びます。

食べ盛りの中学生、一人で3個はいけます。お値段がお手ごろで助かりました。

レーズンロール(80円)、ガーリックフランス(80円)、カリフォルニアスティック(250円)、3色パン(160円)、かぼちゃパン(140円)、クッキーなどなどたくさん購入。
翌日の朝ごはんにみんなで美味しくいただきました♪
※全て税込

6
【14:30】新井薬師前駅に到着。おでかけ終了!
【14:30】新井薬師前駅に到着。おでかけ終了! 【14:30】新井薬師前駅に到着。おでかけ終了!
新井薬師前駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/araiyakushi-mae/
新宿方面へ帰宅なので、北口より。駅前は住宅地なので、日曜日はゆるやかな雰囲気でした。地元の方が訪れるスポットは、どこも顔なじみ同士の温かさがあふれる場所でした。
「グラン・パ 中野新井店」のスイーツ、「macky cafe」のサンドイッチも未体験なのでまた日を改めて行ってみたい!
懐かしの駄菓子屋で童心に返ると、子どもとの会話も盛り上がりますね。
地元に愛されるディープスポットを、ぜひ親子で体験してみてください♪

※このコースは2016年11月13日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP