トキワ荘の巨匠たちに思いを馳せながらお洒落バーで乾杯!秋の夜長に話が尽きないデートコース

デート (149)
2448views
コースをメモする
トキワ荘の巨匠たちに思いを馳せながらお洒落バーで乾杯!秋の夜長に話が尽きないデートコース

西武線池袋駅からたった一駅とは思えないローカル感が魅力の「椎名町」。駅の改札を出るとすぐ右手に見えるのが「椎名町駅ギャラリー」です。駅で豊島区ゆかりのマンガ家とトキワ荘についての知識をゲットしたら老舗「松葉」でラーメンを。「トキワ荘」のマンガ家たちが通ったことで有名なラーメン屋で腹ごしらえをしたら、いよいよ「トキワ荘お休み処」でトキワ荘について学びます。日が暮れたら、デートの締めは地元の人で人気のお洒落バー「Zizz」で乾杯。マンガの聖地巡りは、男子向きかと思いましたが、女子にとっても意外と新鮮で興味深いデートになりました♪

夕方からスタート!

1
【16:00】「椎名町駅」からスタート!
【16:00】「椎名町駅」からスタート! 【16:00】「椎名町駅」からスタート!
椎名町駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shiinamachi/
「椎名町駅」は西武線池袋駅からたった一駅!一駅電車に乗るだけで、突然池袋の喧騒とは違う街並みでびっくりです。駅は新しく綺麗♪「トキワ荘」についてはほとんど知らない私ですが、マンガの聖地を巡るのは楽しみです。新しい学びがあるデートは、文化の秋って感じでいいですね!
2
【16:05】「椎名町ギャラリー」でゆかりのマンガ家について学ぶ
【16:05】「椎名町ギャラリー」でゆかりのマンガ家について学ぶ 【16:05】「椎名町ギャラリー」でゆかりのマンガ家について学ぶ
椎名町ギャラリー
椎名町駅の改札を出るとすぐ右手に、「椎名町ギャラリー」があり。豊島区ゆかりのマンガ家について学ぶことができます。「トキワ荘お休み処」を訪問する前に、こちらで少し知識を入れておきましょう。

駅からトキワ荘までの道や、付近のモニュメントについての解説が。この辺りでは南長崎マンガランド事業という、「トキワ荘」を復元するための事業計画が進行中だそう。すでに完成した手塚治虫さんの「ジャングル大帝」のモニュメントや、寺田ヒロオさんの「背番号0」の紹介パネルについて、こちらで解説されています。事業が進んで、この地図がどんどん賑やかになるのが楽しみですね。

「トキワ荘」といえばこの方、手塚治虫さん。マンガにあまり詳しくない私でも、知っている偉大なお方ですが、有名なマンガ家たちのゆかりの地を訪ねるということで、私の彼は興奮気味です(笑)

こちらは、タイムカプセルならぬ、タイムメール。地元の小・中学生1000名分の手紙は入っているそうです。池袋からたった一駅なのに、すでにローカル感が満載の椎名町。今日のデートは面白くなりそうな予感♪

3
【16:15】「トキワ荘通りお休み処」を訪問
【16:15】「トキワ荘通りお休み処」を訪問 【16:15】「トキワ荘通りお休み処」を訪問
豊島区トキワ荘通りお休み処
https://www.toshima-mirai.jp/tokiwaso/index.html
椎名町駅から徒歩7分ほどの場所にトキワ荘通りと呼ばれる通りがあります。「トキワ荘通りお休み処」には、トキワ荘の様子を再現した部屋があるだけでなく、1階ではマンガの閲覧ができたり、周辺施設のことを知ることもでき、ここに来るだけでトキワ荘やゆかりのマンガ家について詳しくなれます。

解説の方がとても丁寧に説明して下さるので、マンガファンでなくても、ここに来たらワクワクでいっぱいになること間違い無し。30分くらいあれば十分かと思い、閉館間際に来てしまったので、あまりゆっくり見れませんでしたが、ここはまたゆっくり再訪してみたいです♪

じゃん!何と言ってもここのメインは、寺田ヒロオ先生の部屋の再現!解説のおじさんが、この部屋についてとても詳しく説明して下さいます。大体どの部屋もこのくらいの広さだったそう。こんなに小さな空間から数々の名作が生まれたことを考えると、すごいなぁと改めて感心してしまいます。

トキワ荘の模型もありますよ。この模型、すごく忠実に再現されていて、中の部屋も細かく再現されているんです。右から見たり、左から見たり。彼と二人でまるで童心に帰ったようにはしゃいでしまいました(笑)

オリンピックイヤーに向けて、トキワ荘を再現するプロジェクトが進行中だそうです。どこまで当時に近いものができるのでしょうか。楽しみですね!

こちらに訪れる外国人観光客も多いそうで、英語の解説も充実しています。

こちらが、トキワ荘の部屋割り。巨匠ばかり!すごすぎます。

当時の品もいろいろと展示されています。これは!この後、訪問する予定の中華料理店「松葉」の当時の器だそう。今にもラーメン大好き小池さんが飛び出してきそうです。

こちらの解説の方が、「松葉」のおすすめメニューも教えてくださいましたよ。

4
【17:00】マンガ家ゆかりの「松葉」で軽く食事
【17:00】マンガ家ゆかりの「松葉」で軽く食事 【17:00】マンガ家ゆかりの「松葉」で軽く食事
中華料理 松葉
「トキワ荘お休み処」訪問後は、トキワ荘のマンガ家達ゆかりの中華料理店「松葉」で軽食を。店の中も外もマンガでいっぱい!トキワ荘について触れた後で、まさにその巨匠達に愛された味を今も味わえるということで、お店を見ただけで彼のテンションはMAXです(笑)

お店の外には、「松葉」がでてくる、マンガの一部のコピーが貼ってあります。自分がこれからマンガの一コマになるようで、ワクワクします♪

店内は、マンガ家のサインでいっぱい!マンガにあまり詳しくない私でも知っている方がいっぱい!彼は目をキラキラさせながら眺めていましたよ(笑)
早い時間にも関わらず、お店は地元の常連客の方で賑わっていました。地元で長く愛されるお店といった感じで、なんだか和みます。

「松葉」に来たらこれ!ラーメン(500円税込)そして飲み物はチューダー(350円税込)。おつまみの焼餃子(400円税込)もオーダーしてみました。チューダーは、焼酎のサイダー割りで、トキワ荘の住民から愛された飲み物だそうで。私は初めて飲みましたが、ちょっと甘めで女性でも飲みやすい感じでした。

ラーメンは、見た目以上にアッサリな醤油味。週に何回でも通いたくなるような、とても優しい味の中華でした。さすが、昔から愛され続ける名店ですね!

5
【18:30】おしゃれバー「Zizz」で乾杯
【18:30】おしゃれバー「Zizz」で乾杯 【18:30】おしゃれバー「Zizz」で乾杯
Zizz
ダイニング&バー「Zizz」は、山手通り沿いの一際目立った赤い建物が目印です。こちらで、ちょっと今日の感動を振り返りながら、少し落ち着いた時間を過ごそうと思います。

お店は2階建てで、店内は結構広いです。私たちは2階のソファ席へ。ゆっくり語ることができるので嬉しいです。さっきまでのレトロな世界とは全然違う空間(笑)

ここで、ちょっとクールダウンしながらゆっくりします。

店内は真っ黒な中に赤い家具やダーツ。おしゃれです。
常連さんの中にはダーツをしに来ている人もいました。

早速、ビール(570円税別)とジンジャーエール(380円税別)で乾杯!
おつまみはカルパッチョ4点盛り(680円税別)。

店内は地元の常連さんが多いようで、店員さんたちと気さくに話していてカジュアルな空気。コストパフォーマンスが良いので、気軽に立ち寄れる感じが良いですね。

2階席は、少しプライベートな時間が過ごせて心地よかったです。

こういう作りのお店、オーダーするのに店員さんの様子を伺ったりしないといけないことが多いのですが、こちらのお店はテーブルのベルを鳴らすとすぐに店員さんが来てくれるので、オーダーも快適。彼も私も何杯かおかわりしてついつい長居しちゃいましたよ。

6
【20:30】椎名町駅でゴール!
【20:30】椎名町駅でゴール! 【20:30】椎名町駅でゴール!
椎名町駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/shiinamachi/
夕方からのデートでしたが、なかなか濃く充実のデートでした。池袋から一駅でこんなにディープな世界観が味わえるなんて!飲食店のコストパフォーマンスの良さも印象的でした。また、「トキワ荘プロジェクト」の進行具合も確かめに再訪してみたいです♪

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP