大人気!ブルーベリー栽培発祥の地、小平でブルーベリー狩りとグルメを楽しむ親子おでかけコース

親子おでかけ (230)
12574views
コースをメモする
大人気!ブルーベリー栽培発祥の地、小平でブルーベリー狩りとグルメを楽しむ親子おでかけコース

日本で最初にブルーベリーの栽培を始めたというブルーベリー発祥の地、小平市。そんな小平市にある花小金井駅周辺でブルーベリーを満喫するお出かけコースです。まずは「ベンズファーム」でブルーベリーの摘み取りを体験し、ベトナム料理店「チャオエムカフェ」でランチ、最後に「玉川屋」でブルーベリーを使った和菓子を買います。 ブルーベリーの美味しさをたっぷり感じられる、ブルーベリー好きの方必見のコースです!

朝からスタート!

1
【10:30】花小金井駅スタート
【10:30】花小金井駅スタート 【10:30】花小金井駅スタート
花小金井駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hana-koganei/
今回のお出かけはブルーベリー尽くしの1日!
ブルーベリーの産地、小平市にある「花小金井駅」からお出かけをスタートします。
花小金井駅は西武新宿駅から急行で約25分。都心からこんなに近い場所でブルーベリー摘みができる場所があるなんて驚きです。
2
【10:40】バスで移動
【10:40】バスで移動 【10:40】バスで移動
花小金井駅
ブルーベリー摘みをする農場が駅から離れているため、バスに乗って移動します。
花小金井駅南口のバスターミナルから「国分寺駅北口」行きのバスに乗り、「共済住宅」で降りましょう。花小金井駅から共済住宅までの乗車時間は約13分間です。
3
【11:00】「ベンズファーム」でブルーベリー摘み
【11:00】「ベンズファーム」でブルーベリー摘み 【11:00】「ベンズファーム」でブルーベリー摘み
ベンズファーム
http://www.bensfarm.com/
バスを降りてバス停から歩くこと3分、目的地の「ベンズファーム」に到着です。
ベンズファームは、ブルーベリーとお花の摘み取り農園。夏はブルーベリー摘みを実施しています。また、1年を通して農園で採れた野菜や花の直売も行っています。

ベンズファームのブルーベリー摘みは、食べ放題ではなく、収穫した分を買い取る形式です。
農園の入園料が小学生以上100円、中学生以上200円。(幼児は無料)収穫したブルーベリーは、100グラム200円の量り売りになります。※いずれも税込価格

ブルーベリーの木が本当にたくさんあるので、どこで採ろうか迷っていしまいます。
農園の方が美味しいブルーベリーの見分け方を最初にアドバイスしてくださるのですが、手で触るだけでポロッと実がとれるくらいのものが熟していて美味しいそうです。また、できるだけ大きい木を選んで採った方が良いとのことでした。

ブルーベリーは木の下の方まで実がついているので、身長の低い子どもでも簡単に摘み取ることができます。
息子も、「大きいの採れたよ〜!」ととても嬉しそうに収穫していました。

農園には摘み取り用のパックが3サイズ用意されているのですが、私達は一番小さいパックが丁度一杯になるくらいの量を摘み取りました。この量で税込480円。
実が大きくて甘くて、やはりスーパーで買うブルーベリーとは比べ物にならない美味しさでした。

なお、今年のブルーベリー摘みは既に終了していますが、農園で収穫したブルーベリーの販売は10月初めまで行われているようです。(買いに行かれる際は事前に農園に確認することをおすすめします。)

ブルーベリー摘みをした後は、農園内にあるトレーラーハウスの喫茶室で一休み。この喫茶室は季節問わず営業しています。

喫茶室では、「ブルーベリージュース」(税込380円)を頂きました。オーダーを受けてからブルーベリーをミキサーにかけて作るジュースなので、飲むとブルーベリーのつぶつぶ感が少し残っていて、本当にブルーベリーそのものを飲んでいるようなフレッシュさにビックリ。ブルーベリー農園でしか味わえない特別なジュースです。
また、自家製の「まるごとブルーベリージャム」も販売されていたので購入しました。(こちらはSALEで安くなっていて税込200円。ブルーベリーの加工品はタイミングによっては置いていない時もあるようなので、こちらも確認してから買いに行くのがおすすめです。)

ブルーベリー関連の商品以外に、農園では野菜や花も販売されています。もちろん、全てベンズファームで収穫されたものです。

ちなみに、ベンズファームでは花の摘み取りも行っており、私達が訪れた時は、アスター、ルドベキア、けいとう類が暑さにも負けずきれいに咲いていました。

4
【12:00】バスで花小金井駅まで戻る
【12:00】バスで花小金井駅まで戻る 【12:00】バスで花小金井駅まで戻る
共済住宅バス停
ベンズファームでブルーベリー摘みを満喫した後は、ランチのために再びバスに乗り、花小金井駅まで戻ります。
5
【12:30】「チャオエムカフェ」でランチ
【12:30】「チャオエムカフェ」でランチ 【12:30】「チャオエムカフェ」でランチ
チャオエムカフェ
ランチは花小金井駅徒歩5分、小金井街道沿いの踏切近くにあるベトナム料理店「チャオエムカフェ」で頂きます。
ベトナムの方が経営されているお店で、お料理も雰囲気も正にベトナムの屋台を再現したようなお店です。

フォー、カレー、おかゆ、ブンという米粉麺に豚肉をのせたものなど……7種類のランチセットがありました。

私達は定番の「日替わりフォーセット」(税込1,000円)をオーダーしました。生春巻きとデザートは全てのセットについてきます。

優しい味のフォーなので、小さな子どもも美味しく頂けました。私達は一皿をシェアしましたが、ランチメニューにプラス200円でミニサイズのフォーを、プラス500円でベトナム風サンドウイッチをつけることもできるので、子ども用に一皿欲しい時はそちらをオーダーするのもおすすめです。※いずれも税込価格

あちこちにベトナムの雑貨が置かれていて、お店全体の色合いもカラフルな、エスニックテイストの店内。ベトナム雑貨や食材、お菓子も販売されていました。

6
【13:45】「玉川屋」でブルーベリーを使った和菓子を買う
【13:45】「玉川屋」でブルーベリーを使った和菓子を買う 【13:45】「玉川屋」でブルーベリーを使った和菓子を買う
玉川屋
http://www.kodaira-net.jp/kd1134303/
ランチの後は、ブルーベリーを使ったお菓子を求めて、「玉川屋」という和菓子屋さんに向かいます。ランチをしたチャオエムカフェからは徒歩3分で到着です。
「小平ブルーベリー」をPRしようということで、花小金井駅周辺のお菓子屋さんや酒屋さんではブルーベリーを使った商品を展開しているお店が多く、玉川屋もその一つ。洋菓子にブルーベリーはよく使われますが、和菓子にブルーベリーってどんな味!?と気になり訪れてみました。

大福や羊羹などシンプルな和菓子と一緒になって、ちょっと変わり種のブルーベリーを使ったお菓子がショーケースの中に並んでいます。お店の方がそれぞれの商品の味を説明してくださったので、初めて訪れたお店でしたがとても買いやすかったです。

「ブルーベリー蒸しどら」(200円)と「ブルーベリー入りあんドーナツ」(140円)を購入しました。※いずれも税込価格

ブルーベリー入りあんドーナツは、ドーナツ生地の中にブルーベリーの実がゴロッと入ったあんがはさまれています。普通のあんドーナツが苦手な人でも食べられそうなくらい、ブルーベリーあんがさっぱりとしていて、美味しかったです。サイズも小さめなので、子どものおやつにもピッタリ。

ブルベリー蒸しどらの方も、中には紫色のブルーベリーあんが詰まっています。こちらはどら焼きの皮の部分も柔らかく、ブルーベリーあんもなめらかな口あたりでした。
和菓子とブルーベリーの相性が良いというのは、新たな発見です。

7
【14:15】「花小金井駅」ゴール
【14:15】「花小金井駅」ゴール 【14:15】「花小金井駅」ゴール
花小金井駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/hana-koganei/
摘み取ったブルーベリーと玉川屋で買ったブルーベリーのお菓子をお土産に……帰りも「花小金井駅」から西武線に乗って帰ります。
玉川屋から花小金井駅までは歩いて7分ほどで到着です。

美味しいブルーベリーに親子で大満足だった花小金井ブルーベリーコース。
10月初めまでは農園でブルーベリーの販売もしているということなので、ブルーベリー好きの方は是非9月中にお出かけしてみてください。

※このコースは、2016年8月6日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP