浅間山公園でさわやか山ガール気分の女子旅コース

女子旅 (154)
3206views
コースをメモする
浅間山公園でさわやか山ガール気分の女子旅コース

今回は、おしゃれな山ガールに憧れるものの体力に自信のない方におすすめ、気軽に歩ける「浅間山公園」をご紹介します。「多磨駅」から人見街道をてくてく歩き、まずは「浅間山公園」の近くにある築145年の古民家カフェ「茶寮おもだか」で元気の出る韓国料理の定食をいただきます。緑がたくさんで夏でも木陰の涼しい「浅間山公園」を散策したあとは、「ジェノワーズ洋菓子本店」でお土産のケーキを購入し、おしゃべりをしながらのんびり歩いて「多磨駅」に戻って帰ります。

昼からスタート!

1
【11:45】「多磨駅」スタート!
【11:45】「多磨駅」スタート! 【11:45】「多磨駅」スタート!
多磨駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/tama/
スタートは西武多摩川線の「多磨駅」です。西武多摩川線は「武蔵境駅」と「是政駅」の間を12分ほどで走る短い路線です。今回は友達と「武蔵境駅」始発の電車に乗ったので、5分ほどで「多磨駅」に着きました。緑の多い目に優しい車窓の風景だったので、もう少し乗っていたいくらいでしたが、あっと言う間に到着しました。

「多磨駅」の改札を出て右折し、人見街道沿いをてくてく歩きます。古くからある有名な街道ですが、交通量が多く歩道や路側帯が狭いので、2人では並んで歩きにくいところも。
「なんだか遠足気分だね」と話しながら一列になって歩きました。

人見街道沿いは主に住宅街なのですが、よく見ると八百屋さんがあったり、小さな珈琲屋さんや雑貨屋さんがありました。かわいらしい看板を見つけては、「何屋さんだろうね」と立ち止まりながら、楽しく歩きました。

「浅間山公園」までは少し歩きますが、おしゃべりに夢中になって道がわからなくなっても、いたるところに案内があるのでわかりやすくて安心です。

2
【12:00】「茶寮おもだか」の定食で英気を養う
【12:00】「茶寮おもだか」の定食で英気を養う 【12:00】「茶寮おもだか」の定食で英気を養う
茶寮おもだか
https://www.facebook.com/saryo.omodaka
築145年の古民家カフェ「茶寮おもだか」で韓国料理の定食をいただきます!古民家を改装した趣のあるカフェなので、写真好きな方にもおすすめの撮影スポットです。
「多磨駅」からは人見街道を歩いて10分ほどで到着します。
歴史を感じる素敵なカフェで、山歩きの前にしっかり食べて元気になりましょう!

人見街道沿いには、お店の名前の看板や、メニューの書き込まれた黒板があります。
ここで早くも、カキ氷やコーヒーに目移りしてしまいました!

外からの入り口の暖簾をくぐると趣のある玄関。お店の中も外も古民家を活かしながらもモダンでおしゃれなお店です。どこを撮っても雰囲気の良い写真が撮れるので、カメラ好きの友達は、はりきって何枚も写真を撮っていました。

店内には囲炉裏や懐かしの振り子時計が。ところどころに飾られているお花たちもさりげなく彩りを添えていて心安らぐ空間です。

店内手前のテーブル席も、あまり目にすることのない大きな暖炉が近くにあったり、昔ながらの建築物の程よい湿度が心地よく、ついつい長居したくなりました。
奥のテーブルにいらっしゃったご夫婦はゆったりとランチビールを楽しんでいらして、ものすごく魅力的でしたが、今回は山歩き前なので控えました。

ランチは、おもだか韓定食(税込1000円)で、私たちがおじゃました時には「赤定食:豚キムチ」と「白定食:韓国肉じゃが」がありました。
スタミナをつけたい私は、「赤定食」をいただきました。ご飯は府中産古代米入りごはんということで、スタミナもついてキレイにもなれそうです!

辛いものが苦手な友達は、「白定食」。定食は他に「三枚肉定食:豚バラの焼肉定食」(税込1500円)がありました。

すっかりお腹も満たされて、大満足でお店を出ると、素敵なお庭が。友達に記念撮影をしてもらってから、「浅間山公園」へ向かいます。

3
【13:30】「浅間山公園」でリフレッシュ!
【13:30】「浅間山公園」でリフレッシュ! 【13:30】「浅間山公園」でリフレッシュ!
浅間山公園
http://musashinoparks.com/kouen/sengenyama/
東京都立公園の「浅間山公園」は、緩やかな坂道や整備された階段を登ると「浅間山」の山頂に到着できるので、トレッキングや登山をしてみたいけれども体力に自信がないという方にオススメです。木陰の涼しさや木々に囲まれるトレッキングの雰囲気を気軽に体験できます!
実は私も山ガールに憧れたもののいきなり道具を揃える勇気がなくて、迷っていたところ、多磨に通学していた友達に「近くに山っぽい公園があったよ」と教えてもらい、来てみました。

「浅間山公園」は広いので、いたるところに現在地のわかる地図があります。トイレも複数あって安心です。

登りやすく整備された階段があります。すごく急なところはないので、友達とおしゃべりをしながらでも、森林浴を楽しめます。

山の中にはキノコ、ではなくてサルスベリがあったり、いろいろな種類のチョウチョがとんでいたり、普段の生活ではなかなか見られないかわいい発見がたくさんありました。

山頂からは少し離れていますが、人見街道を歩いてきたので興味を持ち「人見四郎の墓跡」へ。「人見街道って、人見っていう集落があったところだったよね」「人見という名前の集落の四郎さんってことなのかな?」「そういえば、小学校の頃は自分たちの住んでいた地域の歴史を勉強する時間とかあったよね」など昔話に発展し、思い出話に花を咲かせながら山頂へ。

「浅間山公園」の中にはいたるところに休憩スペースがありました。お弁当やおやつなどを持ってきて、山のおいしい空気と共に食べるのも良さそうです。

そして、特につらく感じることもなく山頂へ到着!真夏でしたが木陰が多くて涼しかったので、私にも楽々登ることができました。おしゃべりしながらのあっという間の到着でしたが、やっぱり山頂と思うと、ちょっとした達成感が。もちろん、こちらでも友達に記念撮影をしてもらいました!

山頂には「浅間神社」があります。私たちも無事に帰宅できるようお祈りして下山します。
ちなみに、友達は最近常に祈ることは同じのようで「ステキな出会いがありますように」だそうです!叶いますように!

気軽に登れる山ですが、下りは滑るところも。やはり、トレッキングシューズとまではいかなくても、スニーカーなどの歩きやすい靴で行くことをオススメします。

4
【15:00】「ジェノワーズ洋菓子本店」でお土産を購入
【15:00】「ジェノワーズ洋菓子本店」でお土産を購入 【15:00】「ジェノワーズ洋菓子本店」でお土産を購入
ジェノワーズ洋菓子本店
http://www.food-surprise.jp
「浅間山公園」のすぐ近くに「ジェノワーズ洋菓子本店」があります。こちらでは府中産のブルーベリーを使ったケーキなど、いろいろなケーキ類がたくさん選べます!下山の途中、お店の看板が見えたとたん、楽しみで足早になりました。

お店はオレンジ色のアメリカンな雰囲気の外観で、駅から離れているにもかかわらず、絶えずお客さんたちが出入りしていました。お店の見た目だけですでにテンションマックスです!

そして、お目当てのケーキ!本当に種類がたくさんで目移りします!
通年のモンブランやチョコレートケーキなどの他に、夏限定の「ブルーベリータルト」や「アンデスメロンショート」など、見ているだけでウキウキします。ずっと見ていたい光景です。

焼き菓子も充実の品揃え。ボックスなどラッピングもとってもかわいいです。友達はこれから実家に帰るということで、早々に焼き菓子を調達していました。

店内にはイートインスペースもあって、コーヒーやオリジナルジェラートもおいしそうでした!
結局、私は、友達に呆れられるほど長い間迷いに迷って「ブルーベリーチーズ」(453円 税込)と「贅沢プリン」(450円 税込)を買いました。
季節限定の商品も気になりましたが、「ブルーベリーチーズ」のおいしそうな断面に惹かれました!

5
【16:30】「多磨駅」ゴール!
【16:30】「多磨駅」ゴール! 【16:30】「多磨駅」ゴール!
多磨駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/tama/
帰りは多磨霊園沿いをてくてく歩いて「多磨駅」へ。
山登りと意気込まなくても、楽しく森林浴ができました!
「これくらいなら筋肉痛にもならないね!」「山の向こう側のご褒美ケーキが良かった!」「私も古民家カフェで素敵な写真が撮れて楽しかった!」と、楽しい女子旅でした。
都心近くの「浅間山公園」で手軽にリフレッシュ、運動不足で体力に自信のない方にもオススメのコースです。

自宅に帰り、さっそく「ブルーベリーチーズ」とアイスコーヒーを。やはりこの断面、間違いありませんでした!タルト部分もサックサクで幸せな気分に満たされました。お土産にプリンも買ってきましたが、甘いものには目がないもので、一口と言いつつほとんど私が食べてしまいました。しっかり固めのクリームと滑らかな口当たりの「贅沢プリン」も本当に美味しくて、お土産話も弾みました!

※このコースは2016年8月13日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP