癒しのデートコース!青梅街道でまったり過ごすデートコース

デート (122)
2219views
コースをメモする
癒しのデートコース!青梅街道でまったり過ごすデートコース

少し都心から離れたエリアで癒しのデートコースを開拓しようと、青梅街道駅に行ってきました!普段なんとなく、青梅街道は新宿辺りで歩いたりするけれど、青梅街道駅は初めて。今回紹介するデートコースは、青梅街道沿いを歩きます。手打ちうどん屋の「関根屋さん」→夫婦欅があるパワースポット「熊野宮」→おしゃれなカフェで休憩「CAZE CAFE なかまち」→お土産「手作りクッキーの店 歩」というコースです。

昼からスタート!

1
【11:40】「青梅街道駅」スタート!
【11:40】「青梅街道駅」スタート! 【11:40】「青梅街道駅」スタート!
青梅街道駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/ome-kaido/
今回は西武多摩湖線青梅街道駅からスタートです。
青梅街道駅に来たのは初めて!楽しみです。

多摩湖線は単線なんですねー。降りてみて気がつきました。

さあ、いよいよ、青梅街道散策です。

途中、玄米工房のお店を発見しましたが、今日はお休みでした。残念・・・

2
【12:00】細いうどんに、さっぱりしたつゆが美味しい!小平市の手打ちうどん屋「関根屋」へ
【12:00】細いうどんに、さっぱりしたつゆが美味しい!小平市の手打ちうどん屋「関根屋」へ 【12:00】細いうどんに、さっぱりしたつゆが美味しい!小平市の手打ちうどん屋「関根屋」へ
関根屋
あんまりアゴの力がない私には嬉しい、柔らかな麺と煮干しと昆布のおつゆがなんとも優しく、一気にするっといただけるうどん屋さん。なんといっても、コスパがいい!会社の近くにあったら、毎日でも通いたいところです。
駐車場も3台完備。一軒家のお店でした。駅からテクテク歩いて10分くらいのところです。

おしながきは、シンプルイズザベスト。私が頼んだのは、玉子うどんの中サイズ。いなりずしも頼みたかったんですが、あいにく売り切れでした。

相方さんは、お腹が減っていたようなので、Aセット頼んでいましたよ。
しかし・・・後に少し後悔することに・・・。

あら?焼き団子があるみたい。おうどんが出てくるまでにちょっといただきました。

上新粉100%で、一粒ずつ機械を使わないで手作りしたものをカウンターにある炭火で焼き上げていますので、店内には香ばしいいい匂いがします。

カウンター8席とテーブル席2つ、お座敷が5つ、感じのよいおかみさんらしき人とお団子を焼いているお兄さん、中にはお父さんらしき人が3人でお店を切り盛りしていました。

え?これで中サイズですか?フツーにしっかり量ありました。麺は刻んだキャベツが入っているので「吉田のうどん」みたいですが、あそこまでコシは強くなかったです。

相方さんのAセット。フツーにこりゃ2人前ですね・・・。天玉中サイズと、もり中サイズです。これ食べられるの??小サイズにしておけばよかったー。

しかし、二人ともスルスル食べてしまいました!でも、もうお腹いっぱいです。

小平は、昔から水の乏しいところで田んぼはほとんどなく、小麦などの穀類が耕作されていたんだそうです。お正月などには、畑で収穫した地粉で手打うどんを打つ習慣があったんですって。小平糧うどんは、冷たい盛うどんを温かいつゆで食べるといったシンプルなものらしいですが、なかなか奥の深い郷土料理ともいえるかもですね。
どおりで、おいしいわけだ。ご馳走様でした。

3
【13:30】民家の中に立派にそびえ立つ鳥居がある神社「熊野宮」
【13:30】民家の中に立派にそびえ立つ鳥居がある神社「熊野宮」 【13:30】民家の中に立派にそびえ立つ鳥居がある神社「熊野宮」
熊野宮
http://kumanogu.com/
お腹もいっぱいなので、更に青梅街道沿いをお散歩することに。
すると、立派な鳥居が見えてきました。「小平熊野宮」です。
この「熊野宮」は、宝永元年(1704年)に創健されたんですって。やっぱり、神社に歴史ありですね。

ここ、参道なんですが、民家の間を行く道となっていました。

こじんまりとした神門がお出迎えしてくれました。

神門を通り抜けた先の社殿正面に、樹齢約250年から300年と言われている二本の欅(ケヤキ)が寄り添って繁っているという「夫婦欅」を発見しました。夫婦仲良く末永く幸せに、という御利益を授けてくれるらしいので、パワーをもらってきました。だって、相方さんとは仲良くやっていきたいですもんね。

ちょっと逆光ですが、社殿の奥には、「一本榎」がそびえ立っていました。
昔この一帯が川もなく水の便が非常に悪かった頃、一本の榎が立っていて、この街道を行き来する人たちのよい目印になっていたんですって。本当にこういう木を見るたび、歴史を感じるから、すごいなーと思います。
ちなみに、「一本榎」は、良い縁を結び実を結ぶという御神木とのことなので、いいご縁をこれから期待したいなと♪

4
【14:30】そろそろ一休みをと「CAZE CAFE なかまち」へ
【14:30】そろそろ一休みをと「CAZE CAFE なかまち」へ 【14:30】そろそろ一休みをと「CAZE CAFE なかまち」へ
なかまちテラス
行ってみてびっくりしましたが、関根屋さんのお隣に、こんな近代的な建物があったとは。
なんだろうと思って中を覗いてみると、小平市の公民館と図書館でした。
建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞した妹島和世(せじまかずよ)さんが手掛けたそうです。すごい建物ですよね。

館全体が、メッシュ状の金属板で覆われていました。でも実は、軽量で強度があり、換気、採光、見通しがよいなどの特長があるんですって。確かに、中から見ると外が非常によく見渡せるんですが、外からは見えづらい構造になっているのでちょっとした迷路みたいでおもしろいです。心地よい風も入ってきて、休憩するにはもってこい。
お腹は一杯だったので、コーヒーを飲みながらほっと一息できました。

5
【15:15】駅からすぐの「手作りクッキーの店 歩」でお土産!
【15:15】駅からすぐの「手作りクッキーの店 歩」でお土産! 【15:15】駅からすぐの「手作りクッキーの店 歩」でお土産!
手作りクッキーの店 歩
http://wocayumi.sakura.ne.jp/www/index1.html
結構歩いたし、それなりに充実したので、そろそろ帰ろうかなーと思いながら、駅の反対側にも少し目をやると、手作りクッキーのお店を発見しました!

店内は2人で入ると身動きがあまり取れないくらいのスペースしかないところに、様々なクッキーが勢揃い。なんだろ、不思議な感覚。店内がバター臭くないんですよね。そのせいか、どれもこれもおいしそうに見えてきたので、せっかくだから購入してみました。

私はレモンティークッキー、相方さんは、色んな味が楽しめる方がいいってことだったので、夏のクッキーというのを買いました。お家まで我慢できず、食べてみると、とてもサクサクしていて、バターの風味も抑えられていてすごく美味しかったです。

6
【15:30】「青梅街道駅」到着!
【15:30】「青梅街道駅」到着! 【15:30】「青梅街道駅」到着!
青梅街道駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/ome-kaido/
結構歩いて、青梅街道駅に戻ってきました。
思いつきで来てみた駅でしたが、かなり満喫しました。
こんな一日の過ごし方も悪くないなと思いました。
あいにくの曇天でしたが、まあ、歩くにはちょうどよい気候だったかも~。
駅はこじんまりとしてよかったですよ。
次はどこの駅に降りてみようかなー。

※このコースは、2016年7月16日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP