子どもとお出かけ!井草森公園と魅力的な商店街を巡る親子でお出かけコース

親子おでかけ (233)
6747views
コースをメモする
子どもとお出かけ!井草森公園と魅力的な商店街を巡る親子でお出かけコース

「上井草駅」と「下井草駅」の間にはさまれた西武新宿線「井荻駅」。まずは駅前に広がる「ポンテ井荻商店街」にある本格的インド・ネパール料理のお店「SITA(シタ)」でランチ用の本格カレーをテイクアウトするところからスタートです。その足で新緑が広がる「井草森公園」へ。ランチの後は子どもたちが大好きな公園遊びがスタート。子どもたちが満足した後は再び駅前に戻り、「apconcept studio(アップコンセプトスタジオ)」で週末開催されているマルシェへ。こちらでママはお買い物タイムです。最後に地元で人気のパン屋さん「BREAD BOARD(ブレッドボード)」でおやつ用のパンを買います。 「次はあれを買ってみたいな」「次はあれを食べてみたいな」「次はあそこで遊びたいな」 と、次の訪問が早くも待ち遠しい井荻駅周辺の親子で満足できるおでかけコースです。

昼からスタート!

1
【11:00】井荻駅スタート
【11:00】井荻駅スタート 【11:00】井荻駅スタート
井荻駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/iogi/
西武新宿線井荻駅に到着。出口は南口と北口の二手に分かれます。立体化工事が行われる以前は、開かずの踏切を渡らないと反対側出口へ行くことができなかったこの駅も、地下を通る「跨線橋(こせんきょう)」ができたことにより、安全且つ楽に行き来ができるようになりました。

コンパクトな改札ですが、ベビーカーが通れる幅の広いレーンもちゃんと設置されています。ホームへのアプローチには広いスロープが完備されていました。

2
【11:10】インド・ネパール料理のお店「SITA(シタ)」で本格カレーをテイクアウト
【11:10】インド・ネパール料理のお店「SITA(シタ)」で本格カレーをテイクアウト 【11:10】インド・ネパール料理のお店「SITA(シタ)」で本格カレーをテイクアウト
シタ SITA インド料理
駅前商店街「ポンテ井荻商店街」に入ってすぐに見えてくるインド・ネパール料理のお店です。
ふかふかのナンと一緒に食べる本格インドカレーが最高!辛さも選べるので子どもにも安心です。
テイクアウトができるのも嬉しい。

南口を出てすぐに見えてくる「ポンテ井荻商店街」。広々とした通りは歩道もしっかりと確保されているので、車両の往来があっても安心して子どもと歩くことができます。

まもなく左手に見えてきました。「カレー屋さん」ということが一目でわかる色鮮やかな外観です。

まだオープンして間もない時間だったせいか、店内の活気もこれからという様子。
いつもなら先陣を切ってお店に入るタイプじゃない息子ですが、大好きなカレー屋さんとなれば話は別。薄暗い店内へも堂々と入店......いや、でもやっぱり恐る恐るでした。

こぢんまりとした店内にはすでにカレーの香ばしい香りが。 シャイな雰囲気だけれど、どことなく感じの良さが伝わってくる店員さんがすぐにメニューを用意してくださいました。覚悟はしていたけれど迷わずにはいられないほどカレーの種類が豊富です。
優柔不断な私に代わって夫が一言「ほうれんそうとチキンカレーセット(950円 税込)」。
はい、決定。
店内で食べていたら大好きなナンがおかわりできたのね!残念。。。

この日はとても暑かったのですが、カレーを待っている間スタッフの方がすでに汗だくの子どもたちにラッシーを用意してくださいました。
とても感じの良い店員さんで、このお店にして良かったです。

3
【12:00】防災公園にも指定されている「井草森公園」でランチ
【12:00】防災公園にも指定されている「井草森公園」でランチ 【12:00】防災公園にも指定されている「井草森公園」でランチ
井草森公園
http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/kouen/01/igusa/1007086.html
井荻駅周辺では一番広い公園です。地下駐車場も完備されています。「原っぱゾーン」「森と水ゾーン」「多目的運動場ゾーン」と大きく三つのゾーンがあります。災害時には「防災公園」としても機能するため、ゲートシャワーやスプリンクラーなどさまざまな施設が備えられています。

できたてのカレーを手にいざ次なる場所へ。地下道を通って北口側出口に向かいます。
スロープがあることも確認。
ベビーカーは卒業しているとはいえ、母となってからこの辺りのチェックは欠かさないようになりました。

井草森公園に到着です。カレーが早く食べたいという思い(特に息子)から、自然と足早に歩いてくれた子どもたちのおかげで移動もスムーズでした。

木々に囲まれた入り口。新緑の季節ならではの心地良さです。入ってすぐに「この公園は当たり!」という母の勘が働きました。

目の前に広がる新緑を楽しみながら、設置されたベンチでまずは腹ごしらえです。
テイクアウトなのでおかわりはできなかったけれど、やっぱりナンが食べたくて、ギリギリになって追加オーダーした私。
袋をあけてみたら1枚でも十分大きくてびっくり!「さすが本場!」と一人大喜びです。

屋外で食事をする場合、電車移動だと食べ終えた後のゴミも一緒に持ち帰る覚悟でいるのですが、井草森公園ではこんなに立派なゴミ箱がいくつか設置されていました。
これは嬉しい発見。最近はゴミ箱が撤去されている公共施設が増えているので助かります。
ランチがカレーだっただけに喜びも倍増!

広場周辺には立派な遊具も設置されていました。遊具で遊びたい衝動にかられながらも目の前にある大好きなカレーも食べたい!
息子の落ち着かない様子に彼の心の中が手に取るようにわかる私。
さぁ!早く食べて遊んでいらっしゃーい!

4
【13:40】アトリエ「apconcept studio(アップコンセプトスタジオ)」で開催されている「下井草マルシェ」へ
【13:40】アトリエ「apconcept studio(アップコンセプトスタジオ)」で開催されている「下井草マルシェ」へ 【13:40】アトリエ「apconcept studio(アップコンセプトスタジオ)」で開催されている「下井草マルシェ」へ
apconcept studio
http://apconcept.jp/studio/
「apconcept studio」は、優しい光が差し込む小さなスタジオ(アトリエ)です。このスペースを利用して、アトリエ、セラピー、ワークショップが数多く開催されています。
今回お邪魔したのは、毎月第一土曜、日曜に開催されている「下井草マルシェ」。杉並区近郊でモノづくりに携わる人々とこちらのスタジオとがコラボレーションして開催しているマーケットです。

人と地域が繋がることを第一の目的として、出展している作家の個性的な雑貨はもちろん、素材にこだわったお菓子や野菜などが並びます。

このまま井草森公園で1日が終わってしまいそうな雰囲気になるのを必死に止め、私が行ってみたかった次なる場所へ。
再び南口側の「ポンテ井荻商店街」に戻り、カレー屋さんの「SITA(シタ)」があったその通りをさらにまっすぐ歩きます。
よし、この調子なら子どもたちの体力もまだいける!

「apconcept studio(アップコンセプトスタジオ)」に到着。
お目当てはこちらで毎月第一土曜、日曜に開催されている「下井草マルシェ」です。

さっそく店内へ。個人の作家さんの作品はもちろん、他ではあまり見かけない輸入雑貨などがところ狭しと並んでいます。「子どもたちがもうちょっと小さかったらこんな帽子をかぶせてあげたいなぁ」とカタログの写真に我が子の赤ちゃん期の姿を重ねました。

スタジオに入る前から気になっていた野菜やフルーツたち。フルーツの好き嫌いが比較的多い息子なのですが、ブルーベリーは大好き!すかさず「これ食べたいな〜」と手にしました。
国産のブルーベリーはなかなかお目にかかれません。
今夜のフルーツはこれできまり。
ブルーベリー 800円(税込)

5
【14:20】「BREAD BOARD(ブレッドボード)」でおやつ用のパンを購入
【14:20】「BREAD BOARD(ブレッドボード)」でおやつ用のパンを購入 【14:20】「BREAD BOARD(ブレッドボード)」でおやつ用のパンを購入
ブレッドボード
「ポンテ井荻商店街」にある地元のパン屋さんです。オーナーはもともと「アンデルセン」で技術指導や店づくりに携わっていた方だそう。広いとはいえない店内ですが、それがかえって「まちのパン屋さん」という雰囲気を醸し出しています。

パンの内容はデニッシュ系が豊富でおしゃれなラインナップ。
パンの焼き上がり時間を知らせる黒板が、このお店にパンを買い求める人々の多さを表しています。

「下井草マルシェ」を後にし、井荻駅方面へ。環八通りを渡った側にも「ポンテ井荻商店街」は続いています。通りを入ってすぐに地元で人気のパン屋さん「BREAD BOARD(ブレッドボード)」に到着しました。

パンを選ぶ娘の姿がいつになく真剣です。

「これがいい!」と元気よくオーダーしたのフランボワーズペストリーでした。
そんな妹に影響されて「ぼくも!」と右へ倣えな息子。同じパンにしてくれた方がケンカにならずに済むので、息子の気が変わらないうちにお店の方にお願いしました。
私は隣のバナナブレッドを。

フランボワーズペストリー 172円
バナナブレッド 259円
*共に税込価格

6
【14:45】ゴール!再び井荻駅に到着!
【14:45】ゴール!再び井荻駅に到着! 【14:45】ゴール!再び井荻駅に到着!
井荻駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/iogi/
井荻駅に戻ってきました。昔は開かずの踏切があり、交通渋滞が問題視されていたという駅周辺ですが、整備されたおかげで子連れでも安心して楽しめる環境でした。
地元ならではの魅力的なスポットの数々に、早くも次の訪問が楽しみです。

*このコースは2016年5月7日に取材しました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP