玉川上水緑道で森林浴を楽しむお散歩デート

デート (146)
17885views
コースをメモする
玉川上水緑道で森林浴を楽しむお散歩デート

西武鉄道国分寺線「鷹の台駅」からの、おすすめデートコースです。 よく晴れた日もいいのですが、少し曇った過ごしやすいお天気の日に出かけてきました。 駅前の「しょう’s ベーカリー」でパンをいくつか買って出発です。 森林浴を兼ねて玉川上水緑道を散策して、おなかがすいたので「いずん堂」でランチをし、「小平神明宮」と「小川寺」を参拝。軽いウォーキングを楽しめるプランです。

朝からスタート!

1
【11:00】「鷹の台駅」で待ち合わせ
【11:00】「鷹の台駅」で待ち合わせ 【11:00】「鷹の台駅」で待ち合わせ
鷹の台駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/takanodai/index.html
まずは鷹の台駅で彼と待ち合わせです。鷹の台駅周辺は、津田塾大学、東京創価学園、白梅学園、朝鮮大学校、武蔵野美術大学など、大学や付属の小中学校、高校が点在しています。通学時間帯は学生たちで賑わい、それ以外の時間帯は落ちついた雰囲気です。

西武国分寺線は国分寺駅 、恋ヶ窪駅、鷹の台駅、小川駅、東村山駅の5駅。1894年に川越鉄道によって敷設された路線で、実は西武鉄道で最も歴史が古いのだそうです。

2
【11:10】「しょう’s ベーカリー」でパンを購入。小平名物の「丸ポスト」も。
【11:10】「しょう’s ベーカリー」でパンを購入。小平名物の「丸ポスト」も。 【11:10】「しょう’s ベーカリー」でパンを購入。小平名物の「丸ポスト」も。
しょう’Sベーカリー
「しょう’s ベーカリー」は、ショートニングやマーガリンなどを使わず、低糖のパンや無糖の食パンなど体に優しいパンを多く作っているそうです。焼き上がり時間が店頭に掲示されているので、焼きたてを手に入れたい方は要チェックです!

鷹の台駅を降りてすぐの道を左に進むと、パンを模したロゴが目に飛び込んできます。植栽がお手入れされていて、おすすめパンが黒板で紹介されています。丁寧なお仕事ぶりがうかがえます。

手描きのイラストや、パンの説明文にほっこりします。ショーケースに並ぶたくさんのラインナップに迷います。彼は「窯焼き野菜のカレーパン」(165円)を、私は「たっぷり野菜のラタトゥイユ」(235円)と「ダノワーズオランジェ」(155円)を選びました。

お隣と奥は雑貨店やギャラリーになっていて、軽井沢にありそうなおしゃれな雰囲気の一角です。

パン屋さんの先の雑貨店の近くには、昭和生まれの私たちには懐かしい「丸型ポスト」が凛として立っていて、子ども時代を思い出しました。小平市は丸型ポストの数が都内ナンバーワンで、37本もあるそうです。小平市のウェブサイトには「丸型ポストの設置状況地図」があるので、探検気分で探してみるのも楽しそうです。

3
【11:20】玉川上水緑道を散策(鷹ノ橋~寺橋)
【11:20】玉川上水緑道を散策(鷹ノ橋~寺橋) 【11:20】玉川上水緑道を散策(鷹ノ橋~寺橋)
玉川上水緑道
http://musashinoparks.com/kouen/tamagawa/
羽村市、福生市、昭島市、立川市、小平市、三鷹市、武蔵野市、杉並区を流れる玉川上水。その川に沿う緑道です。かつて江戸幕府は多摩川の水を江戸に引くことを計画し、完成した水路は「玉川上水」と名付けられ、江戸の街の隆盛に大きく寄与しました。
全長はなんと約43km!そのうち玉川上水緑道として整備されているのは、杉並区の浅間橋から福生市の平和橋までの約24kmだそうです。今回はその一部を歩いてみます。

「鷹の台駅」から線路沿いに進むと、川と橋が見えてきます。この「たかのはし」からスタートです。

地図で道のりを、案内板で緑道の歴史を確認できます。国指定史跡であることや、無数の橋が設置されていること、東京都の清流復活事業によって清流が保たれていることがわかります。

木のベンチに腰をおろして、先ほど購入したパンを食べることにしました。朝ごはんを食べずに家を出たので、ウォーキング前に腹ごしらえです。

彼が買ったカレーパンを少し分けてもらうと、具だくさんの中身に驚きました。ミニトマト、じゃがいも、しめじがゴロっと入っていて、とってもボリューミー。ラタトゥイユもオランジェも、食べごたえがありました。

「すいしゃばし」では鴨がお散歩をしていました。こういった小さい橋がいくつもあり、交通の助けになっているようです。

水や緑がキレイなところに、集まってくるのかもしれません。

風情のある石垣や建物が多いのも特長です。

5つ目の橋「寺橋」を過ぎると、右手に公園が現れます。ログハウスのような外観のお手洗いがあり、一休みにちょうどよさそうです。近くに幼稚園や学校があって、ちょっとした賑わいがあります。

4
【12:30】和と洋の空間が調和した「いずん堂」でランチ
【12:30】和と洋の空間が調和した「いずん堂」でランチ 【12:30】和と洋の空間が調和した「いずん堂」でランチ
いずん堂
http://izundou.com/
さきほどパンを食べたばかりですが、彼が「歩いたからお腹すいてきたね〜。」とつぶやいたので、お昼ごはんを食べることに。大人の雰囲気が漂う「いずん堂」に行ってみます。

明るい日差しが差し込む店内は、ロッキングチェアあり、お座敷ありで洋風と和風がマッチした空間になっていました。鉄瓶や床の間の小物、整然と並んだアート雑誌の一つひとつにこだわりを感じます。すぐそばに美術大学があるので学生さんも訪れているのではないでしょうか。

ハヤシライス、キッシュ、パスタ、チリコンカンなど魅力的なメニューばかりで悩んだ結果、ふたりとも「今週のサンドイッチ」に決めました。

ミニサラダ、付け合せ、自家製ピクルスが付いた、たけのこと豚肉の生姜焼きサンド(800円)です。具がたっぷりの厚みが伝わるように、横から撮ってみました。

色鮮やかなトマトに、甘辛いたけのこと豚肉がぎっしりです。栄養バランスもお腹も満足な一品でした。和風の味付けのサンドイッチという、和洋折衷なメニューでした。

店内がタイミング良く席が空いていたので、奥のお座敷でいただきました。

5
【13:30】350年の歴史を誇る「小川寺」を散策
【13:30】350年の歴史を誇る「小川寺」を散策 【13:30】350年の歴史を誇る「小川寺」を散策
小川寺
http://www.ksnc.jp/kodairashoukai/syosenji/syosenjitop.htm
1956年に小川九郎兵衛が小川村の開拓を始めた際に建立した寺院がこの「小川寺」です。小川寺梵鐘と小川九郎兵衛の墓は、小平市の文化財になっています。

「小川寺梵鐘」です。

「迫力があるね〜」
「小平市の有形文化財だそうだよ。

ユニークな、ひょうたん型の装飾が施されています。

門の左手には六地蔵が鎮座していました。

当時の消防車でしょうか。「平成十二年一月復元」と記されています。荷台に水瓶やホースのようなものと鐘を搭載しています。

6
【14:30】天照皇大神が祀られている「小平神明宮」を散策
【14:30】天照皇大神が祀られている「小平神明宮」を散策 【14:30】天照皇大神が祀られている「小平神明宮」を散策
小平神明宮
http://kodaira-shinmeigu.jp/yuisyo.html
小川寺から青梅街道を挟んだ向かいに「小平神明宮」があります。伊勢神宮の神様と同じ、天照皇大神が祀られています。左手にたくさんの白い提灯が並んでいる鳥居をくぐって参道を進んでいきます。

参道の途中には写真館があり、お宮参り、七五三、成人式など人生の節目で記念写真を撮ることができます。レンタル衣装の貸出しや美容室の紹介、ロケーション撮影も手がけられているそうで、安心して相談できそうです。

境内に幼稚園が併設されているため、子ども向けのオブジェが点在していて、アットホームな雰囲気です。

家内安全と健康を祈願しました。ほぼ毎月行事があるようで、1月は「平安祭」、2月は「節分追儺祭」、4月は「八雲祭」、6月は「夏越しの大祓」…と、五穀の豊穣やお祓いの儀式が行われます。

八雲祭でお神輿と一緒に登場する、大太鼓のようです。ガラス張りの建物に収納されているため、間近で見ることができます。圧巻の大きさです。

7
【15:10】鷹の台駅前の「三鈴」で海苔巻きをおみやげに
【15:10】鷹の台駅前の「三鈴」で海苔巻きをおみやげに 【15:10】鷹の台駅前の「三鈴」で海苔巻きをおみやげに
三鈴
https://tabelog.com/tokyo/A1328/A132804/13089233/
海苔巻きと大判焼きのお店「三鈴」に立ち寄りました。かんぴょう、きゅうり、卵焼きなどがギュッと詰まった太巻きがとても美味しかったです。

青梅街道を鷹の台駅方面に歩き、駅まで戻ってきました。大判焼きがおすすめと聞いてきたのですが、焼くのに時間がかかるそうで、今回は太巻きにしてみました。

太巻き半分(195円)は最後の1本で、買うことができてラッキーでした。

大判焼きを焼いている様子です。手書きの力強い看板が、食欲をそそります。

店頭に飾られたスカイツリー、都庁、東京タワーのオブジェが、待っている間の目を楽しませてくれました。

8
【15:30】「鷹の台駅」から帰宅
【15:30】「鷹の台駅」から帰宅 【15:30】「鷹の台駅」から帰宅
鷹の台駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/takanodai/
来るときに降りた、同じ1番ホームに到着する電車で、国分寺駅方面に向かいます。時間帯により、上りも下りも1番ホームからの発着となるようでした。

黄色い車体が、なんだか幸せを呼び込んでくれそうです。

オレンジ色の座席がかわいい感じです。車内で「今日はたくさん歩いたね。」と彼と話しながらスマートフォンの歩数計と今日撮影した画像をチェッ♪
賑わいと落ち着きを兼ね備えた鷹の台駅お散歩デートの半日が終わりました。

※このコースは2016年4月21日に行ってきました

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP