ダイエットに効果的!乗馬クラブで心も体もリフレッシュする女子旅コース

女子旅 (139)
2433views
コースをメモする
ダイエットに効果的!乗馬クラブで心も体もリフレッシュする女子旅コース

西武池袋線仏子駅周辺で乗馬や狭山茶を楽しむ女子旅コースを紹介します。午前中は「シエナ乗馬クラブ」で乗馬体験。乗馬をいつか始めてみたいと思っている方や、経験者の方にも大変おすすめのスクールです。ランチは「駒弥」で狭山茶を使った茶葉料理をいただき、最後は「カフェスペース ア ウン」のソファー席でゆったり時間を過ごします。

朝からスタート!

1
【9:20】仏子駅に到着
【9:20】仏子駅に到着 【9:20】仏子駅に到着
仏子駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/bushi/
西武線池袋駅で友達と待ち合わせをして急行に乗り、45分で「仏子駅」に到着です。仏子駅は関東平野と関東山地の境に広がる加治丘陵のふもとにあります。駅ではハイキングに向かおうとしている方もちらほら見かけました。
2
【9:30】「シエナ乗馬クラブ」で乗馬体験
【9:30】「シエナ乗馬クラブ」で乗馬体験 【9:30】「シエナ乗馬クラブ」で乗馬体験
シエナ乗馬クラブ
http://www.siena-rc.net/
「シエナ乗馬クラブ」は深い森と目の前には一級河川の入間川が流れる素晴らしい自然環境にある乗馬スクールです。事前にホームページを見て、体験騎乗が25分できるコース(3780円税込)を申込みました。危険防止のため着用するヘルメットとベストはレンタルしました。(各300円税込)

クラブまでは仏子駅往復の送迎をお願いしました。駅からは5分ちょっとでクラブに着きました。

中に入ると、クラブに通われている方々が既に馬に乗って練習をされていました。
その様子を眺めながら、インストラクターの方にこのクラブにいる馬のことや乗馬についてのお話を伺いました。
上手に乗っている方たちの姿はとても気持ち良さそうに見えましたが、近くで見ると馬が思っていたより大きい!

「思っていたよりも馬が大きいね」
「だんだん緊張してきた...」

私たちを乗せてくれるお馬さんとご対面!
立派な風貌ですが、とてもおっとりした性格で初心者レッスン向けの6歳のオス馬くんです。
インストラクターの方の真似をしながら、鼻や顎のあたりを撫でたりして本日お世話になるご挨拶を。いよいよ体験開始となりました。

写真はインストラクターの方が馬を慣らすために乗っているところです。すっかり緊張して自分の写真をお願いする余裕がありませんでした。

私たちは乗馬初体験だったので、乗り方・手綱の持ち方・座り方から進み方・止まり方・曲がり方などを丁寧に教えていただきました。
意外と揺れるので最初はドキドキしてしまいましたが、インストラクターの方がリードを持ちながらアドバイスして下さるおかげで徐々に慣れて、終了時間になった時には、まだもう少し乗っていたい!と残念な思いでした。

騎乗後は馬の足を洗ったり、顔や体を拭くお手伝いをさせていただきました。クラブに通われている方からニンジンをお裾分けしてもらい、あげたりすることもできました。

「緊張したけど、とっても楽しかった!」
「馬に癒されたわ〜!」

「シエナ乗馬クラブ」は人と馬の共存共栄を理念とされており、馬をとても大事に扱っている乗馬クラブでした。25分の乗馬体験は、汗ばむくらいのいい運動になったと同時に、素晴らしい自然環境の中で大切に育てられている馬とふれあう時間にとても癒されました。

3
【12:30】ランチは「駒弥」で狭山茶を使った茶葉料理を堪能
【12:30】ランチは「駒弥」で狭山茶を使った茶葉料理を堪能 【12:30】ランチは「駒弥」で狭山茶を使った茶葉料理を堪能
駒弥
http://ictv.easymyweb.jp/member/komaya2/
仏子駅まで送っていただいた後は、狭山茶を使った茶葉料理が食べられるという「駒弥」に向かいます。
うなぎ屋としても有名なお店だそうですが、こちらの茶葉料理は埼玉県が認定をしているご当地グルメブランド「埼玉S級グルメ」にも選ばれているそうです。
狭山茶は静岡茶・宇治茶と並んで「日本三大茶」と呼ばれるお茶の産地。
お茶の名産地でお茶料理がいただけるとあって期待が高まります。

入間産の狭山茶を使っている「いるま茶御前」(3700円税抜)をオーダー。まず最初に品評会にも出品している煎茶を入れてくれました。一口にも満たないわずかな量ですが、「舌の上にじっくり乗せて味わって下さい」と言われ、口に入れたところ、濃厚なお茶の甘みが口中に広がりました。お茶の旨味だけをじっくりと抽出したこの一口には、天然のアミノ酸が含まれているそうです。

「普段飲んでいるお茶と全く違う!」
「お茶の旨味をこれほど感覚を研ぎ澄ませて感じたのは初めて。」

その後のメニューは、鰻の白焼き(煎茶塩つき)・煎茶オリーブ油炒め・茶ふりかけ御飯・地元の野菜のサラダ(煎茶の塩漬け乗せ)・お漬物(煎茶の醤油漬け添え)とお吸い物とお茶尽くしでした。こんなに様々な形でお茶の葉を料理に使えるのだとまたまた驚いてしまいました。

中でも印象的だったのが「茶ふりかけ御飯」です。
煎茶を焙じたものとミネラルたっぷりのお塩をかけていただきます。
煎茶のパリパリとした歯ごたえはまさにふりかけなのですが、熱々のご飯に煎茶をかけるとその熱で蒸されて、茶香炉を炊いているかのようにお茶のいい香りがします。視覚・味覚・臭覚で味わうことのできるお茶料理でした。

デザートの抹茶アイスも、最初に飲んだ煎茶をすり潰したパウダーとこの季節ならではで新芽の葉がトッピングされているこだわりようでした。

日本茶を飲んで味わうだけでなく、料理としていただくという新たな魅力を発見することができました。

4
【14:00】「カフェスペース ア ウン」でくつろぐ
【14:00】「カフェスペース ア ウン」でくつろぐ 【14:00】「カフェスペース ア ウン」でくつろぐ
カフェスペース ア ウン
加治丘陵の中腹ににある「駒弥」から駅に戻る途中に見つけたカフェ「カフェスペース ア ウン」に立ち寄りました。和・洋・中のご飯メニューが充実のお店ですがデザートメニューもありました。

デザートはみんな手作りのようです。「アップルケーキ」(350円税込)と「ホットコーヒー」(180円税込)を注文。ふわっとしたスポンジと上に乗った甘酸っぱいリンゴとのバランスが絶妙です。コーヒーは、オーダーした後にひいてくれる本格派なお店です。

店内にはテーブル席とソファー席があります。ソファー席は一段高いスペースにあり、靴を脱いでスリッパに履き替えます。そのせいかとても心地良く、ゆったりとした気分でくつろいでしまいました。

5
【15:00】仏子駅到着
【15:00】仏子駅到着 【15:00】仏子駅到着
仏子駅
https://www.seiburailway.jp/railway/ekimap/bushi/
仏子駅に戻って来ました。
自然豊かな環境で乗馬体験をし、狭山茶の旨味をたっぷり味わう茶葉料理をいただいた後は、カフェでのんびりくつろぐ贅沢な時間を楽しんだおかげで、2人とも身も心もすっかりリフレッシュ!
「また来たいね〜」と話しながら帰路に着いたのでした。

※このコースは2016年4月16日に行ってきました。

FINISH

FINISH

今回のコースマップ
今回のコースマップを見る

このおでかけコースについてどう思いましたか?
アンケートにご協力ください。

投票する
この記事のガイド

合わせて読みたい!おすすめコンテンツ

ページトップへ

ランキング

    PAGE TOP
    PAGE TOP